大宝神社のサンヤレ踊りを83年ぶりに復興  











 2020年のサンヤレ踊りは、コロナウイルス万延防止の
 為に大宝神社の神輿渡御が中止になりサンヤレ踊り
 も中止しました。




 2019年5月4日 サンヤレ踊りを奉納しました。

   11時 笠川稲荷神社でサンヤレ踊りを奉納 (5回、挨拶、5回)
   12時30分 大宝神社でサンヤレ踊りを奉納 (5回、挨拶、5回)
   
    笠川稲荷神社では子供会はじめ地元の人達に披露しました。















 
 2018年5月4日 サンヤレ踊りを奉納しました。

   12時30分 大宝神社でサンヤレ踊りを奉納 (5回、挨拶、5回)
   15時 市川原八幡宮でサンヤレ踊りを奉納 (5回、挨拶、5回)
    市川原八幡宮では多くに方に見てもらえやりがいがあった。

















歌:2名 太鼓打ち:4名 太鼓受け:2名、笛吹き:17名 踊り手:9名 鉦:1名 計35名
(笛内訳:小学生7名 中学生7名 中学生OG1名 指導者2名)





栗東市の広報で紹介してもらいました。











 サンヤレ踊り2018年活動を開始しました。

   3月11日 参加者顔合わせ
   今年も栗東西中吹奏楽部から7名が参加してくれます。
   3月18日から練習開始


   4月30日 合同練習
   5月4日 12時半から大宝神社に奉納
     15時頃市川原八幡宮に奉納





 サンヤレ踊り現地交流会 実施
    2017年11月19日(日)
   サンヤレ踊り現地交流会を無事行いました。
   1.サンヤレ踊り保存会会長挨拶
   2.副会長(私)がパワーポイントで説明
   3.子供達も参加してサンヤレ踊りの披露で盛り上がりました。











サンヤレ踊り現地交流会 開催
 
 サンヤレ踊り復興事例を紹介し、参加者と意見交換を行う。
主催 滋賀県民俗文化財保護ネットワーク・滋賀県教育委員会
共催 栗東市教育委員会
日時 2017年11月19日(日) 13時30分〜16時30分
場所 コミュニティーセンター大宝    参加無料
詳しくは下記チラシを参照ください。








レイカディア大学大学祭でサンヤレ踊りの復興を発表

子供たちとサンヤレ踊りを披露しました。
2017年8月3日











大宝神社でサンヤレ踊りを奉納

2017年5月4日12時30分から










小学生19名、中学生5名、高校生1名、指導者10名、計35名 笠川・市川原自治会長






栗東文化祭で披露

子供たちとサンヤレ踊りを披露しました。
2016年11月13日








大宝学区ファミリーフェスティバルオープニング

子供たちとサンヤレ踊りを披露しました。
2016年11月6日








第10回東海道ほっこりまつりでサンヤレ踊りを披露

  子供たちとサンヤレ踊りを披露しました。
     2016年10月23日











大宝神社にサンヤレ踊りを奉納
日時:2016年5月4日 12時半から

また同じ日に下記でも行いました。
栗東市笠川 稲荷神社 12時から
栗東市市川原 八幡宮 14時半から

太鼓打ち3名(小学生)、太鼓受け2名
笛6名(内地元中学生5名)
踊り手3名、鉦1名、歌1名




小学生6名、中学生5名、指導者9名、その他4名


大宝神社のサンヤレ踊り 2016年5月4日大宝神社例大祭で奉納


大宝神社のサンヤレ踊り参考資料


サンヤレ踊りは室町時代に始まり主に湖南地方を中心に行なわれていた。
大宝神社では5月の祭大礼で行なわれていましたが明治に入り途絶えます。
大正4年に復興されますが昭和7年に再び途絶えてしまいます。
昭和7年の資料にもとづき復興しました。


イメージ図



「瑞穂」という名前の楽譜





昭和54年に市が調査した当時88歳の山本わえさんが歌ったサンヤレ踊り

サンヤレ踊り練習用1回 

サンヤレ踊り練習用3回 
HOME