ちどりまさむねcHIdorimasamune

千鳥正宗



 文久元年、兵庫県有馬郡高平村木器(こうづき)にて、初代岡村幸平は、醤油醸造、2代目岡村栄吉から酒造業を創め、現在、5代目岡村隆夫に至る。

 古くは、「山草正宗」と銘じていたが、大正10年、当主が飲み口の軽やかなほろ酔いの酒にちなんで、「千鳥正宗」に商標を改める。「千鳥」は、縁起の良いものとされ、古くより茶道では、懐石の時、「千鳥」という酒の酌み交わし方がある。正客から亭主へ、次客の更に次客から亭主へ酒を酌み交わしていく。客の一人一人への亭主の心遣いがその中に感じられるのと同時に、客から亭主へのねぎらいでもある。

 明治の中頃、現三田市域には、14軒の造り酒屋があり、最盛を誇っていたが、その内の1軒、当酒造場だけが、今なお酒造りを続けている。

 「酒造り守りてひとすじ寒にはいる」毎年、冬が来ると、酒造りがはじまり、自ら杜氏となり仕込んでゆく。米、水、人そして、自然の恵みが融合し、自然の力に任せて造り上げられる。

 「さんだ」の地名の由来は、市内の古刹、金心寺の国指定重要文化財「弥靱菩薩坐像」の胎内にあった「恩田、悲田、敬田」の三福田を以って三田という…と伝えられ、三田は古くから良質の稲作と深い関わりがあり、また、明治初年、灘の若井酒造が三田の米を元来に用いて醸造した銘酒「牡丹正宗」は、福沢諭吉が自ら味わい、その味を絶賛している。

 三田の気候風土の中で育まれた米、外国航路の飲料水として使われていた程の名水と言われた羽束川の
伏流水を使用し、醸した酒は、味わい深く、こくがある。どうか心ゆくまでご賞味ください。


製造工程
洗米→浸漬→蒸米→麹造り→初添→踊り→仲添→留添→上槽→新酒誕生



酒造りに入る前に蔵の柱からタンク、道具を洗い、仕込みの準備に入る



浸漬したお米を蒸す
 


麹室で米麹を造る
 


櫂でやさしく攪拌する
日本酒の歴史

ようこそFacebookへ! 


shop info.店舗情報



岡村酒造場

〒669-1412
兵庫県三田市木器340
TEL.079-569-0004
FAX.079-569-0238
e-mail.kozuki@ares.eonet.ne.jp
営業時間:8:30〜19:00
休業日 月曜日(12月は無休)

未成年者への酒類の販売は
いたしておりません