塗り込みピックガードの交換

マーチンの古いギターによく起きるピックガードの縮みよる浮きです
昔はアコースティックに限らずセルロイド材をピックガードに使用する事が多く
経年変化で縮みが起きるセルロイド材のピックガードは
このように縮んでそっくり返ってしまいました
ピックガードの下、黒ずんで見える部分は本来ピックガードの下に隠れている部分です
つまりこれだけ縮んだわけですね
塗装後にピックガードを貼り付けられたギターの場合は
特に工夫せずとも違和感無くピックガード交換出来ますが
古いマーチンなどはピックガードを貼ってから塗装されていましたのでちょっと厄介な事になります
ピックガードが塗装に塗りこまれトップ塗装と馴染んで「てろ〜ん」となっているのが
このタイプの魅力でもあるのですが多くのリペアショップはピックガード張替えの時には
ただ新しいピックガードを貼るだけのところが多いようです
しかも元のピックガード跡を隠すように
オリジナルより一回り大きく作ったピックガードを貼ることが半ば常識となっているようです
しかし、当店ではボディに付いたピックガードの跡から型を取り
オリジナルとジャストサイズで製作し貼り付けた上からウレタンのクリア塗装して仕上げます
塗装前の姿です
オリジナルとジャストサイズで製作したピックガード(縮みの無い塩ビ材で製作します)の裏に
ピックガード専用の極薄の両面テープシートを貼り
元位置とズレないように慎重に慎重にボディに貼り付けます
ボディ側にはピックガードの跡が塗装のバリになってありますので
ちょっとでもズレると目立ちますからね!
その後、上の写真のようにピックガード以外をマスキングしてピックガードだけに塗装します
塗料は厚塗りしやすく耐久性の高いウレタン塗料を使います
厚塗りする事で「てろ〜ん」感を作り出すワケです
厚塗りと言っても0.2ミリも無いでしょうが(^_^;)
「厚塗りしたらマスキングを取った後に塗装の厚み分ボディと段差になるんじゃないか!?」
そう思われるかもしれませんが、なりません!この辺はコツがあるのですが企業秘密です(^_^)
ヒントは「表面張力とマスキングを剥がすタイミング」ですな
塗装の乾燥が終わったらまたピックガードの周辺をマスキングし
ピックガード表面の水研ぎ・バフ掛けをして艶を出します
ちなみにトップ板ピックガード接着部分の下地が割れていたり変形が酷い場合は
このようにボディに貼り付けてから塗装するのではなく
ピックガードを塗装してから貼り付けます
じつはその方が多いんですよね(^_^;)
完成写真です
「てろ〜ん」感が再現されてるのが分かるでしょうか?
もちろん塗装だけでこの感じを出している訳ではなくて
ピックガード自体の面取りもしていますが
ちゃんと塗装してこそこの雰囲気が出せるのです
よくよく見てもらうと元のピックガード跡の塗料バリとちゃんと馴染んでいるのが
分かってもらえると思います

「アコースティックピックガード交換塗りこみ風」の工賃は16,000円〜(材込み)です
(今回の例の場合は16,000円です)
前の記事 目次に戻る 次の記事
HOME


Mailお問い合わせ