◆ぶどうの木の会主催「平和を祈る会」より◆

6月15日(日)ぶどうの木の会主催の「平和を祈る会」が行われました。
私たちの学んだことを紹介します☆

前回に続き平和を考える時を与えられました。

「やさしく学ぶ、憲法、有事法、教会」と題して
高見牧師に解説していただきました。

有事法が成立した今、基本的な人権を守ることの意味、
信仰の自由を奪われることがないように
憲法第9条及び20条を死守すること。

また戦前の様に子供達に愛国心をうえつけ、
戦う人間を育てるための、教育基本法の改悪を阻止するために
大きく声をあげていくことの必要性を再確認しました。

前回のぶどうの木の会「平和を祈る会」についてはこちらをどうぞ

戻る