最後の修行(1) 八八越え 2006年11月3日

  

 今回は朝一番の高速バスで四国入り。大阪から近いために夜行便はありません。
 バスの出発時間は決まっているのに、早めに出かけてしまいナンバで40分近く待つことに・・・。
 待合所代わりになっているホテルの入り口に着くと、お遍路姿の団体さんが待っていました。
 高松行きに乗るのかなと思っていたら、全員が7時発の徳島行きの乗り込み遍路は私だけ・・・。

 7時25分発の高松行き「たかなんフットバス」は 3連休とあって車内は満席でした。

 高松から琴電を利用して瓦町駅へ。11時5分 リ・スタート。今日は琴電の志度線に沿って歩きます。
 この電車に乗れば志度駅まで30分。「電車とバスで巡る遍路」もいいかもしれません。

 国道11号を歩いていると色んな店が目にとまりますが、そんな中に大きな卵を飾っている店を見つけました。
 4個も並ぶと結構目立ってましたが、なんの店だったかは忘れてしまいました。(^_^;)
 歩道のある道は思いっきりキョロキョロしながら歩きましょう。

 歩き始めて40分。ようやく屋島がハッキリと見えてきました。標高280m位なので楽勝かな。
 12時9分 山道に備えて遍照院でチョット休憩。登り口の案内によると本堂まで1665mだそうです。
 遍路地図では標高は約280m。楽勝楽勝と歩き始めてビックリ。

 ダラダラと続く登りは意外とキツイなぁ。たまに、こんな写真を撮るふりして休憩しながら登りましょう。

 12時38分 屋島寺。境内に入ると観光客が目立ちます。ドライブウェイで一気に上がれるようですが、
 歴史ある屋島ケーブルは休業中だそうです。
 納経所は売店の中にありました。そのせいか皆さん笑顔です。納経所で励まされるのは久しぶりでした。
 「ありがとうございます」の声がひときわ大きくなりました。やっぱり嬉しいですね。

 青い空に赤い鳥居 「遍路日和だな〜」と思いながら眺めていて気が付いたのですが、なんでタヌキ?
 朱塗りの鳥居と言えば狐でしょう。京都伏見のお稲荷さんには“お狐さま”が鎮座していたけどな。

 12時58分 裏門から出て直ぐの池の前で休憩。途中のコンビニで買ったオニギリで昼食。
 朽ちかけたホテルの前に出ると、パッと視界が広がり壇ノ浦から八栗山が見わたせます。
 崖っぷちでは、5人の女の子が「かわらけなげ」に興じています。源平合戦の史跡跡はのどかでした。

 この崖を一気に下るのか。きつそう。逆打ちの人は大変だろうな。実際は垂直に降りるのは僅かの間でした。

 14時 本陣山田屋の前を通過。大勢の人が行列をつくって待っていました。讃岐うどんの有名店だそうです。
 そう言えば、讃岐を歩いてるのに、うどんを食べてないな。

 14時6分 ケーブル乗り場。ここから八栗寺への登りが始まります。150m位なので屋島寺よりは楽かな。

 14時22分 八栗寺 本堂の向こう側に五剣山の峰がそびえ立っています。ここも観光客でいっぱいでした。

 黙々と境内を掃いています。清掃をしているのかなと思ったのですが、掃き模様をつけていたのかな。
 自分の足元を見下ろすと確かに掃き模様が残っています。まったく気づかないまま横切ってました。

 14時41分 大師堂の前を通って駐車場へ。遍路道を探していると、清掃をしていたオバサン(奥さん?)から
 声をかけられ、「進むべき道」を教えて頂きました。

 県道145号を一気に下り降り、讃岐牟礼で琴電に沿って歩きます。途中で明日の宿を予約するために、
 白鳥温泉に電話をすると満室とのこと。
 翌日、霊山寺まで歩くためには、白鳥まで歩いておきたかったのですが残念。大窪寺前に宿を取りました。

 16時5分 志度寺。陽が傾いた境内に遍路姿は私を含めて二人。夕陽に映える五重塔は印象的です。
 境内の隣では菊花展が開かれていましたが、ひっそりしていました。
 納経を済ませて境内の写真を撮り、志度駅へ。今日はここまで。
 以前、仕事で志度まで来たことがありますが、その時は遍路にはまったく関心が無く通り過ぎていました。

 16時42分 琴電志度発瓦町行きに乗車。車輌は真っ赤なサンクス号でした。30分ほどで瓦町に到着。
 駅地下の食品売り場で、トンカツ弁当と明日の朝食をゲットしてビジネスホテルへ。