新居浜へんろ道 東へ 2006年9月15日
  
 
 前回に続いてオレンジフェリーを利用して東予港へ。連絡バスに乗り換えて6時45分に伊予西条駅に到着。
 遍路の身支度をしようと待合所へ行くと、既に3人のお遍路さんがベンチに座っていました。
 男性が一人と、ご夫婦でしょうか。東京から夜行バスで到着したとのこと。考えることは皆さん同じですね。
 男性遍路と挨拶を交わし、7時に西条駅を出発。
 今日は暗くなる前に伊予三島までたどり着ければいいかなと、遍路道の写真を撮りながら歩くことにします。
 歩き始めて40分くらいの所で稲穂が倒れている田んぼを発見。
 実りの秋だというのに強風で倒されてのでしょうか。

 8時30分 中萩通過。遍路道はここで旧街道に入るのですが、そのまま進むと大型トラックに怯えながら歩く
 ことになります。この先で右折して旧道に入りました。

 9時45分 喜光地商店街の中程にある広場でトイレを見つけたので休憩。
 途中の八百屋さんで、「酸っぱいけど」と、青いミカンを2個頂いていたので、ここで食べることにしました。
 それにしても酸っぱいな〜。でも、疲労回復には効きそう。

 新居浜市の国道11号沿いでワラ人形?を発見。真夜中にヘッドライトに浮かび上がったらギョッとするかも。
 愛媛に宇宙人襲来か?。ホームページに使おーっと。

 12時10分 土居町に入った付近で、お遍路さん御用達の自販機を発見。徳島や高知で見たときはコーラと
 アクエリアスだけでしたが、爽健美茶がメニューに加わっていました。重たいけど後半戦に備えて2本ゲット。

 少し歩いたところで石垣を発見。建物が建っていないようなので城跡かと思ったのですが、どうも違うようです。
 結局よく判りませんでした。

 13時5分 延命寺の少し手前でガードレールに、謎の「三鈷杵ペイント」を見つけました。これまでにも
 あったのかな〜、気がつかなかったな〜。「シノニッキ」さんのブログには高知で見つけたと書いていたな。

 3頭のナミアゲハがフワフワ舞っていたのでシャッターチャンスを待ってみましたが、なかなか難しいですね。

 13時15分 延命寺着。チョットペースが落ちてきたな。曲がり角に丸ポストがあったので記念に1枚。
 15分ほど休憩して出発。それにしてもチョットペースが落ちてきたな。脇見しすぎかな。

 13時50分 土居付近の空き地に消防車と救急車が駐まっていましたが、何故か人影はありません。
 車体には「四国中央市消防署」とありました。地図を見ると近くに土居分署があったので臨時駐車場かな。
 市町村合併で、この辺り一帯が四国中央市になったようですが、伊予何とか市にして欲しかったな〜。

 四国山地の山並みを眺めながら歩いていると、谷間がシルエットになっていて水墨画のようでした。
 これも四国の風景ですね。

 伊予三島で秋祭りの案内ポスターを見つけました。10月20日〜23日だそうです。4日間もあるんですね。
 思いがけず地域の祭や催し物に出くわすのもいいかな。でも宿は混み合うのかな・・・・

 伊予三島の手前で遍路道は三角寺へ向かうのですが、その分岐の交差点で地図を見ていると、おじさんに
 「道 判りますか」と声をかけられました。駅へ行きたいと言うと「この道をまっすぐ行って郵便局を左と」
 教えてくれました。
 歩き出そうとすると、別のおじさんが「駅へ行くから付いておいで」と案内してくれました。

 駅前でワカメうどんと野菜炒めを食べ、スーパーFUJIで明日の食料と飲み物を仕入れて宿へ。18時着。