へろへろ夏遍路(1) 2006年7月15日



 5時30分 一番列車に乗るためにホテルを出発。
 5時48分 伊予氷見駅 今日はここから続きを歩きます。朝早いせいか比較的涼しく約3キロの
 道のりを快調に歩くことができました。この調子なら新居浜辺りまで歩けるかな。

 6時30分 前神寺 早朝にもかかわらず二人の歩き遍路さんが、お詣りを終えて納経所が
 開くのを待っていました。

 本堂へ向かう静かな参道。石段を掃き清める、サッサーというほうきの音が聞こえてきました。

 参道の奥 木々に包まれるように本堂が建つ、霊気が漂う静かな札所でした。
 今日は日曜日 数時間もすると、団体のお遍路さんのお詣りで賑やかになるのでしょう。

 お詣りを終えて大師堂の前で休憩していると、昨日横峰寺でお会いした歩き遍路さんと再会。
 遍路道のことが気になったので尋ねてみると、奥の院から香園寺へ下ったそうで、途中、
 危険なところもあったようですが、慎重に歩けば通れるとのこと。

 7時10分 前神寺付近は高台になっているので、北側に広がる田園風景が見わたせます。
 北の空には雲が多いのですが、東側には青空が広がっていて日差しが応えます。

 国道11号沿いを歩いていると水飲み場があったのでチョット休憩。西条は湧き水が豊富な街
 ということで、いたるところに「うちぬき」と呼ばれる湧き水どころがあるそうです。

 8時5分 加茂川橋通過。日差しが徐々に強くなり、歩くスピードが落ちてきました。
 やっぱり、昨日の疲れが残っているな〜。
 今日はここまで。西条駅から帰阪することにしました。

 計画通り歩けなかったのは夏場ばかりで、今回で3回目。
 一人罰ゲームということで、普通と快速を乗り継いで帰ることにしました。
 9時間以上かかりましたが、方言を聞きながらの列車の旅を楽しみました。

コースと交通費など