第六番から第十番 そして吉野川越え


  平成16年5月29日 晴れ またまた、朝一番の列車とフェリーを利用して徳島入り。
  徳島バスの鍛冶屋原線で東原駅へ。バスが停車した場所は、前回時間切れで引き返した
  交差点の近く。でも、停留所の標識が見あたりませんでした。バスの運転手さんが
  「安楽寺は交差点を右だよ」と・・・。ここってお遍路さん専用の停留所かな。
  5分ほどで安楽寺に到着。お参りの前に隣のお店で1000円の金剛杖を購入。
  一番札所で買おうかなと思ったのですが、高額な高級品?しかなかったのでやめました。
  でも、同行二人 やっぱり必需品ですね。
  ここの宿坊には薬草風呂があるとのこと、でも、先を急ぐのですぐに出発。
  10分程度で十楽寺へ。目に飛び込んできたのは朱と白の派手な門。ここは中国か。
  見学することが出来たので写真を撮っちゃいました。よかったのかな・・・。
  熊谷寺へ行く途中にあった御所小学校。例の銅像がありました。
  
この辺りの小学生は
自転車に乗るときに
ヘルメットをかぶる
みたいです・・・。
熊谷寺への道しるべ
倒れていたので起こ
そうと思いましたが
意外に重い・・・。
なかなか立派な仁王門でした。でも、この写真
を撮っているときに、車が通り抜けていきまし
た。お四国って生活に密着しているのですね。

しばらく歩くと、また門があり、記念撮影。この門の前で首からぶら下げていた地図を外して
お参りの準備のために納め札入れを首にかけていると、お参りを終えた女性が出てきて、門に
向かって一礼した後、「ご苦労様です。頑張ってください」と声をかけてくれました。突然の
ことで、「あ、ありがとう」と、返事をしたときには、通り過ぎた後でした。振り返ってよく
見ると、普段着のようだったので、地元の人かもしれません。頑張らないと・・・。
熊谷寺から法輪寺へ行く途中に田んぼが広がっていました。30分ほどで到着。
団体さんで賑わっていたので、しばらく門の前で写真を撮りながら休憩。お参りを後回しにして
先に納経所に行ってみると、若い女性4人が納経帳や掛け軸の墨書を待っているところでした。
これは時間がかかるなと順番を待っていると、端の方から「お一人の方どうぞ」と言われ、先に
墨書してくれました。感謝感謝。それにしても大きなカバンに納経帳がいっぱい。JTBの添乗
員さんって大変な仕事ですね。「ガンバって・・・。」
切幡寺へ行く途中に
あった小豆洗大師
長い坂道の先に現れた仁王門。チョット、いや、かなり痛んでいるよう
な気がしました。
切幡寺の長〜い階段。333段だそうです。同行二人の金剛杖が必要
かな。まだまだ体力を温存していたので、軽快に階段を駆け上ってき
ました。感謝の気持ちを込めて、金剛杖の記念撮影。
民家?の前にあった
藤井寺への道しるべ

向こうに見える山。
西南西の方向なので
ヒョッとしたら剣山
かな。
いよいよ、吉野川越え。この橋、何故か欄干が
ありません。大雨などで水嵩が増すと沈むとか
「潜水橋」と呼ばれているそうです。

今日はここまで。
阿波川島駅から列車と
フェリーを乗り継いで
帰宅。

コースと交通費