森田理香子プロのスイングの秘訣
本サイトは、岡本綾子プロのスイングをお手本に
理想的なボディーターンの解説を目的とするものですが、
岡本綾子プロとの関係は一切ございません。

ボディーターンの秘訣 - Part 3 からの続きです。


ボディーターンとリストターンとではインパクトのイメージが全く異なる
インパクトの瞬間に積極的に腕を振ってクラブフェースを反すリストターンと、腕を振ろうとせずに肩を回すことによって自然にクラブフェースを反すボディーターンのスイングとでは、ダウンスイングの段階から
のように異なる意識をもってダウンスイングを開始しなければなりません。
これは、リストターン主体のスイングとボディーターン主体のスイングでは、ボールを捉える瞬間のインパクトのイメージが大きく異なっているからで、ボディーターンのスイングをマスターする上においては、ボールを捉えるインパクトの瞬間をどのようにイメージしているかがとても重要なのです。
リストターンのスイングとボディーターンのスイングとでインパクトのイメージが違うのは、インパクト直前からインパクトに至るまでのボールを見る視線上でのグリップとクラブヘッドの位置関係とボールを捉える瞬間の腰や肩の向きや角度が違うからです。上の岡本綾子師匠の5番アイアンのインパクト前後と下の男子プロのインパクト前後を右手首の角度(コック)とグリップの位置に注意して見比べてみて下さい。

岡本綾子師匠は、手首の角度(コック)を解かずに肩の回転でクラブを引き回すようにしてボールを捉えておられるのでインパクトの時のグリップの位置は視線より前に出てハンドファーストになっており、コックを解かない分しっかりと腰と肩を回して身体の回転でボールを弾き飛ばしておられるように見えます。
それ故、ボールを打ち抜く瞬間は、左肩からクラブヘッドまでの大きなスイングアークが得られ、身体の回転力でボールを弾き飛ばす比率を大きくすることができます。
腕の振りを積極的に使ったリストターンのスイングをされる方は、ダウンスイングは身体の回転でクラブを引き下し、身体がボールに正対したあたりで意図的に左足を踏ん張って壁を作り、身体の正面でボールを見る視線に沿って頭とグリップとクラブヘッドを一直線に近い状態にしてボールを捉えるイメージを頭に描いて、インパクト直前から右ひじを伸ばし始めてグリップを回し込みながら手首のコックを解いて、身体の正面あたりで両腕を伸ばして(クラブヘッドを打ち込んで)ボールを捉えて、腰と肩を回しながら腕を振り抜きグリップを反しながらフィニッシュをとるように打ち抜かれます。

リストターンの場合、ボールを打ち抜く瞬間は、右手首のコックをリリースしながらボールを捉えるために、ヘッドの回転に同期させてグリップを振り抜けなければ、グリップから先のクラブシャフトのみがスイングアークとなって、クラブのみが振り抜かれる勢いでボールを打ち抜く比率が大きくなってしまいます。

ボディーターンのスイングのマスターを目指して、腕は振らずに右腰と左肩を回して「ムチをしばく」ようにグリップエンドからクラブを振り抜こうと意識していても、腕を振るスイングによってできてしまったボールを見る視線上でグリップとヘッドを一直線にして、身体の正面でボールを捉える瞬間を真上から見るようなインパクトのイメージを頭に描いていると、脳はそのイメージ通りの形を作ろうとして、ダウンスイングの後半で、無意識のうちに右ひじを伸ばしたり手首のコックを緩めたりしてグリップやクラブヘッドを早く落としてしまう。

あるいは、無意識のうちに身体の正面でボールをしっかり捉えようとして、身体がボールに正対したところで肩の回転を緩めてしまい、ダウンスイングの勢いと遠心力によってグリップやヘッドが落ちて、身体が充分に回らないままボールを見る視線上でグリップとクラブヘッドを一直線にして中途半端にボールを打つことになります。
その結果、下の写真のように歪な手打ちのインパクトフォームとなって、グリップエンドからクラブを引き抜いてボールを弾くように捉えることが出来ず、フェースが開いたままで右方向への打球が多くなります。
腕を振るリストターンのスイングで「身体の開きが早い!」とか「クラブが振り遅れている!」と言われるのが真にこれです。
このようなスイングでの腕の振りは意図したものではなくヘッドコントロールが出来ていないので、インパクトのタイミングやクラブフェースの向きがばらつきやすくなり打球の方向性や飛距離が安定しなくなります。

「下半身リードでスイングすると、スライスやプッシュアウトが出やすい。」と言われるのも、上の写真のように右腕のタメを意識せずに腰を回してダウンスイングをすると、インパクトで肩が充分に回る前に若干身体が開き気味になった状態でクラブヘッドが早く落ちてしまい、グリップをしっかり反せずにフェースが開いたままボールをヒットしてしまうことが多くなるからです。

大概のゴルフ初心者向けのスイング解説では、

とか
などの図解を添えて、こちらのスイング解説に書かれているように、 クラブを左右対称に振りながら「身体の正面でボールを捉える」とか、「最初に構えたときの腕の三角形を崩さずにインパクト」とか、「インパクトでは、身体を開かない」とか、「インパクトの時に肩を水平にする。」というのがゴルフスイングでは当たり前の鉄則のように書かれていますが、ほとんどの女子プロや石川遼プロをはじめ一部の男子プロのスイングをよく見ると、インパクトで身体を開かずに、身体の正面で、肩を水平にして、最初に構えたときの腕の形に戻してボールを捉えるなんてことを意識しているとはとても思えません。

また、岡本綾子師匠のスイング教本を読んだり、自分で色々試行錯誤した結果、これらのことを意識しながら練習をして、一旦そのスイングイメージが出来上がってしまうと、女子プロのようなボディーターンを生かしたスイングに変えようとしても、なかなかそのイメージを払拭することができず、却ってその習得が難しくなると感じています。

これらはインパクト直前から積極的に腕を振り出すリストターンのスイングの場合、インパクトの際に肩が水平になって正面を向いていないと、腕の振りを活かしてヘッドをダウンブローにしっかり打ち込めずインパクトが緩んでボールをしっかり捉えることができなくなるから言われているのであって、 ボディーターンのスイングを目指す上では、バックスイングのトップの位置から腕は極力振らずに肩を回してグリップエンドから振り抜くことを前提にダウンスイングをしているので、インパクト直前に肩が回らずに腕が振られてグリップが落ちてしまうとクラブフェースが開いたままでボールを捉えることになってしまいます。
すると、狙った方向にフェースを向けるためにインパクト直前でフェースを反さなければならなくなり、結局、インパクト直前にフェースを反すために手首を反しながら腕を振るスイングに戻ってしまうのです。

つまり、インパクト前後の「ビジネスゾーン」を意識し過ぎて、「身体を開かずに身体の正面で肩を水平にしてボールを捉るインパクトのイメージ」にこだわり続ける限り、ボールを打ち抜く前に肩の回転が止まってしまい、無意識の内に必ず腕を振ってヘッドを打ち込んでインパクトしてしまうことになり、いつまで経ってもボディーターンのスイングはマスターできなくなるのです。

さらに、過去の私がそうであったように、アマチュアゴルファーの多くは、ゴルフ雑誌などで見かけるプロの写真の形にこだわって、その一瞬のフォームを作ろうとして身体の回転を止めてしまいスムーズなスイングにならなくなる。あるいは手打ちになってしまうのです。

ですから、ゴルフ雑誌の分解写真にあるような一瞬のフォームにこだわり過ぎてはいけないのです。
スイングチェックをする場合、連続写真かコマ送りやスローモーション再生ができるビデオ映像を見ながら、身体の連続的な動きを確認することがとても重要なのです。

これは、ボディーターンのスイングに限ったことではなく、リストターンを使うスイングにおいても、ボールを捉える際の一瞬のフォームを意識し過ぎると、インパクトの前後で身体の回転が止まって手打ちになってしまいます。

「身体の正面で肩を水平にしてインパクトする。」というのは、身体の正面で肩の回転を止めるということではなく、連続的なスイング動作の中でボールを捉える瞬間を写真に撮ると、身体の回転と腕の振りのタイミングがそのようになった瞬間にボールを捉えているというだけであって、仮に、プロゴルファーのスイング連続写真などで、インパクトの瞬間がそのようなインパクトフォームになっていたとしても、そういう形にしようと意識してそうなっているのではなく、スイング動作の流れの中のほんの一瞬を切り取ったらそうなっているに過ぎず、決してそのようなフォームで身体の回転を止めて腕を振ってボールを打っているという訳ではないのです。

意識すべきは、真下(ビジネスゾーン)にあるボールにクラブを上手く当てることよりも、狙った方向、つまりボールを飛ばす方向にクラブを淀みなく振り抜くことです。

真下(地上)にあるボールをしっかり見たからと言って、必ずしもナイスショットが打てる訳ではなく、却って、変な力が入ったり身体の動きが固くなってミスショットすることが多くなるのですが、打球方向に向かってしっかりとしたフィニッシングフォームをイメージして、一定のリズムで淀みなくボールに向かってダウンスイングをして最後まで力むことなくクラブを振り抜けた時の方が、ボールを上手く捉えることが出来ナイスショットが出る確立は高くなります。
つまり、ボールを打つことを意識し過ぎずに、素振りと同じ感覚でクラブを振り抜けるかどうかが重要であり、その結果として、ボールを上手く捉えられるかどうかが左右されるのです。

立ったままで腰を飛球線方向に向けたインパクトの瞬間だけのフォームを作って、腕を捻らずにどのくらいまで肩を回せばフェースが狙った方向を向くかチェックしてみてください。
腕を振ってリストターンでインパクトをする場合は、インパクト前後で左腕が捻られるためにそれほど左肩を開かなくても上体がボールに正対したところでフェースは狙った方向を向きます。
ところが、腕を振ろうとせずにボディーターンのみでインパクトする場合は、女子プロのように肩が開いたところまで左肩を充分に回さなければフェースは狙った方向を向きません。
つまり、肩が充分に回るまでヘッドがボールに到達しないようにグリップやヘッドを遅らせ我慢することが必要になるのです。
大切なことは、肩をどこまで回したところでクラブフェースが狙った方向を向くかです。

つまり、腕を振ってボールを打とうとするリストターンのスイングと、下半身リードによる身体の回転で生ずるタメを利用してボールを飛ばすボディーターンのスイングとでは、全く異なる原理でボールをヒットしているので、両者の理論やインパクトのイメージを混同してはいけないのです。
ゴルフのスイング解説を読む場合も、そのことを理解した上で、どちらが主体のスイングを解説するものなのかを見極めることが必要です。

リストターンとボディーターンのスイングをイメージする上で根本的な違いは、インパクト前後で
だと私は感じました。

ボディーターンのスイングでは、腰と肩の回転のみでグリップエンドからボールに向かって引き下ろすようにダウンスイングして、上体がボールに正対しても決して肩の回転を止めずに身体全体が充分に回ったところで、右腕にできたタメを最大限利用してインパクトしその後ヘッドを振り抜きます。

それ故、右の写真のように、インパクトでは上体の前掲を保持したまま下半身のリードで肩を回してクラブを引き下ろせば、インパクトでは腰は飛球線方向を向き、上体はやや開くように左肩上がりとなり、グリップと一緒に回した右肩はやや右肩下がりのところまで回ってきます。

つまり、右腕でグリップを引き上げグリップが遅れて回るように力を入れて右腕を固定して、できる限りテイクバックのトップでの腕の形を保持してインパクト直前まで腕を振らないように我慢してタメを作り出し、腰と肩の回転力でボールをヒットしようとするなら、意識としては、ほとんど身体の横でボールを捉えるようなイメージになるのです。

また、ボディーターンで打つことを意識していても、「クラブヘッドでボールを打つ!」とか、「ヘッドスピードを上げる!」という意識があると、無意識の内にインパクト直前に腕を振り右ひじを伸ばしてヘッドを速く回し込んでボールを打とうとしてしまいます。すると、バックスイングのトップでの手首の角度(コック)を保持したままリストを反さずに腕を振り下ろすと、インパクトのタイミングが早まる分、身体の回転不足となりフェースが開いたままでボールを捉えてしまうために右方向へのスライスやプッシュアウトが出やすくなります。

このような打球が出ると野球のバッティングと同じように「ヘッドが振り遅れているからだ。」と勘違いして、インパクト直前に意識的にコックも緩めてヘッドを早く回し込もうとしてしまい、ヘッドの軌道がアウトサイドインになったりフェースが被ったりして、今度は左方向への打球が出やすくなってしまうのですが、決してヘッドが遅れているのではなくて、インパクト直前に腕を振ることによってインパクトのタイミングが早くなり、その分肩の回転不足によって、フェースが狙った方向を向く前に開いたままでボールをヒットしていることが原因ですから、右ひじをしっかり曲げたままグリップをトップの位置から落とさず、そしてコックをインパクトまで解かずにクラブヘッドを遅らせ、インパクトのタイミングをずらして腰や肩をしっかり回す事のみによってフェースを狙った方向に向けボールを捉えようと意識することが大切なのです。つまり、ヘッドが回り込むタイミングを遅らせる意識が必要なのです。

ヘッドをボールに上手く当てようとか、遠くへ飛ばそうとか、ヘッドスピードを上げようとか意識すればするほど、クラブヘッドをコントロールしようとして腕の振りや手首の動きばかりに意識が向かい、
左足の踏ん張り、腰の回転、肩の回転などへの意識が疎かになり、インパクト直前に腰や肩の回転を止めて左肩で左腕を振り下ろしたり、右ひじを意識的に伸ばしてヘッドを速く振ろうとしたり、手首を使ってフェースを反したりして、ヘッドが早く落ちて腰や肩が充分に回る前に腕の振りのみでボールをヒットして右の連続写真のように身体の回転パワーを生かせていないヘッピリ腰の打ち方になってしまうのです。

そればかりか、腕や手首の動きは変化しやすく、またスイングリズムを速めるために、フェースの乱れとインパクトのタイミングや打点のずれを生じやすく、結果的に、スイングの再現性を低下させ打球の方向性と飛距離を損ないミスショットする確率を高める事に繋がっていくのです。

リズムが早くなるほど、肩の回転と腕の振りとのタイミングやスピードを合わせることは難しくなります。
それ故、「力まずにゆっくり振りなさい!」とよく言われます。実際、力まずにゆったりと振ったときの方が肩の回転と腕の振りが同期してボールがよく飛ぶなんてこともありますが、
これでは「遠くへ飛ばしたい。」という意識と「力まずにゆっくり振る。」という動作に矛盾が生じてしまい、常に同じリズムでゆっくり腕を振るという動作は、速く腕を振ることよりも難しい動作なので、肩の回転と腕を振り出すタイミングやスピードに狂いが生じ易くその再現性は低くなります。

さらに、コース上ではそのときの心理状況や1打ごとに変化するコースの状況やクラブの違いなども大きく影響して、ショットごとにインパクトのタイミングが微妙に狂って、クラブフェースの向きやヘッドが打ち込まれる位置が乱れ、ミスショットに繋がります。
そして、それを修正しようとして、スイングのリズムに始まり、テイクバックの位置、腰の回転、肩の力加減や手首の反し、腕のひねりなど色んな箇所を修正し始めて、ますます乱れ、ダフッたり、トップしたり、プッシュアウトしたり、スライスして大きく右へ飛ばしたり、フックしたり、ひっかけて大きく左へ飛ばしたりと方向性がムチャクチャになります。

また、腰や肩の回転のパワーが生かされないため飛距離もそれほど出ず、ミスショットを恐れて振り切れなくなり、ますますリズムやタイミングが狂い始め、結局、コース上では何をどう修正したらいいのかわからないまま最終ホールを迎えることになり、練習場でいくらナイスショットが打てていても、コースに出ればスコアはいつも通り平凡なままで終わり進歩が見られないのです。

何度も言いますが、ボディーターンのスイングを習得するためには、ダウンスイングのきっかけでクラブヘッドを振ろうとするのではなく、腕はテイクバックした位置に固定したまま下半身に意識を集中して、しっかり左足を捻るように踏み込んで左足に乗り込み、左股関節を捻りながらゆったり淀みなく腰と肩を回すリズムに合わせて、グリップエンドからクラブを引き込むようにスイングする感覚を身体で覚えることが最も大切なのです。意識すべきは、「腕でクラブヘッドを振り抜く」ではなくて、「腰と肩でグリップエンドから引き回す」なのです。

岡本綾子師匠は、スイング全体に力みのないゆったりとしたリズム感と美しさがあるにも関わらず、
しっかりと飛距離が出るのは下半身のリードでスイングされているからで、
腕を振って飛距離を出そうとすると、ゆっくり腕を振ってボールを正確に捉えることはとても難しいので、まず間違いなくスイングのリズムが早くなってしまいます。

だから、ボディーターンで打つなら腕を振ろうとしてはいけない!
「振り下ろす。」ではなくて、「引き回す。」であり、「腕でクラブを振る。」のではなく、「身体の回転によってクラブは振られる。」のです。

飛距離を伸ばすためには、左足の踏ん張り(ひねるような踏み込み)の強さを高めると、腰と肩の回転の切れが良くなりインパクトがより鋭くなります。つまり、
飛ばすための力の入れ所は、腕(肩)ではなくて左足なのです。

また、ボディーターンのスイングでは、腰と肩の回転によってクラブをグリップエンドから引き回すことによって、ムチをしばくようにボールを捉えなければならないので、インパクト前後で肩の回転が止まらないようにしなければなりません。
ところが、ヘッドアップしないようにインパクト後も頭を残そうとすると、却って頭といっしょに肩の回転が止まってしまうこともありますので、やや頭を右に傾げてインパクトの瞬間を見た後は、上体が起き上がらないように気を付けて、肩と一緒に頭も回して打球を見るくらいの気持ちの方が肩をスムーズに回せます。
右上の連続写真のように腕を振ろうとせずに、「テイクバックで右耳の右横に振り上げたグリップをできるだけ動かさずに、インパクトの瞬間は頭をやや右に傾げて、右肩の右前でボールを捉えるイメージを描いて、フィニッシュまで肩を回しきる。」ことを意識すると、回転の軸がずれないようにボールを見ながら、右尻を回し込むのに合わせて肩が回り、構えたときよりも左肩が開き、ヘッドが自然に回り込み右肩がやや下がったところでボールを捉え、フォロースルーでは頭をやや右側に傾げたように残して振り抜けます。頭を正対したままでインパクトを見ようとすると肩をスムーズに回せません。

左足の踏ん張りによって生まれた回転力によって、腰はほぼ前方(打球方向)近くまで開き、肩も斜め前方に向いたところまで回って、胸がやや左前方に開いたところで、左肩、グリップ、クラブヘッドが一直線になって、次の写真のようにヘッドが振り抜かれます。


ここまでをおさらいしますと、
1、バックスイングでは、右ひじをしっかり曲げて、しっかり伸ばした左腕の付け根が押し付けられるように感じるまで右腕でグリップを引き上げ、右手首をしっかり曲げて左腕とクラブシャフトが直角になるように角度をつけてスイングプレーン上に乗せる。

2、バックスイングが終わる直前に、左ひざを捻りながら左足をグッと踏み込み右尻を回し込むように左足に腰を乗せると同時に、右ひじを脇腹に絞り込むように腰と肩を回して左腕を引き下ろした後、上体がボールに正対したあたりから左股関節を捻りながら右尻を押し出すように右足かかとを上げ、左足を軸にしっかり曲げた右ひじを右尻と一緒に回し込みクラブをグリップエンドから引き回す。

3、腰が限界まで回ったあとは、肩の回転を止めることなく狙った方向に胸を張るように左肩を回して左腕を引き抜きグリップエンドからクラブを振り抜くと、回転によって生じる遠心力によって右ひじを支点に右腕が自然に伸び、ムチをしばくようにヘッドが勢いよく回り込んでボールをヒットします。ただし、インパクトの瞬間は、右ひじは完全には伸びきっておらず、右手首の角度(コック)は保持されています。

ボールをヒットした後、回転の軸がずれないように上体の前傾を保ったまま左肩を回してグリップを飛球線方向へ放り出すように両腕を伸ばすことで手首のコックが自然に解かれヘッドが振り抜かれます。連続写真ではヘッドを振り上げているように見えますが、クラブヘッドではなくグリップを放り出すように振り抜くイメージが大切です。

腰の右側でボールをインパクトした直後に右太ももの右裏側が右肩越しに見えるくらいであれば、腰と肩をしっかり回した後にインパクトしている証拠です。
ボディーターンでのスイングの習得し始めは、どうしても昔ながらの癖で腕を振ったり、手首を使ってヘッドを打ち込もうとしてしまうために、右の連続写真のように肩の回転を途中で止めてしまい、腰や肩の回転が浅い状態でクラブフェースが開いたままボールを捉えることが多く、右へのプッシュアウトやスライスの出る確率が大変高くなります。
このような打球が出ると、男子プロのスイングをお手本にして腕の振りを積極的に使っている人からは、「もっと体の正面でボールを捉えなさい。」とか、「ヘッドが振り遅れているからだ。」とか、「身体の開きが早いからだ。」とか、「左肩が上っているからだ。」とか、「右肩が下がっているからだ。」とか、「もっと手首を反しなさい。」とか、「フォロースルーで左脇を締めなさい。」と言った忠告を受けますが、これらの忠告を聞いて修正しようとすると訳がわからなくなります。

たまに凄いショットが打てても、結果的には、ナイスショットが出る確率はどんどん低下していきます。
なぜなら、このような忠告をされる方は下の連続写真のようなリストターンのスイングをイメージしてアドバイスしておられるからです。リストターンのスイングでは、インパクト直前に右ひじを伸ばしてグリップを反しながら、身体の正面でヘッドを打ち込むように腕を振ります。要するに、腕の振りを使うスイングのイメージに惑わされていたのでは、いつまで経っても腕の振りを極力使わないボディーターンのスイングには辿り着けないのです。


左の連続写真のインパクト前後のフォームと上の連続写真とをよ〜く見比べて下さい。女子プロのスイングと男子プロのスイングの比較でも分るように、
ボディーターンでボールを打つのと、リストターンでボールを打つのとでは、必然的にインパクトの瞬間の腰や肩の開き度合いや角度が全然違ってくるのです。

それ故、ボディーターンのスイングを修得しようとする場合、極力グリップは振り下ろさず、右ひじや手首の角度(コック)も変えずに左腕を身体の回転で引き回すのですが、ボールに上手くヘッドを当てようとか、狙った方向に遠くまで飛ばそうという思いが強過ぎると、どうしても肩の回転を止めて腕を振ってしまい、
左肩で腕を振るのではなく、身体を回してクラブを振り抜くので、
両肩のラインと左腕のつくる角度は、インパクトまでほとんど変わらない。

何度も言いますが、美しくダイナミックなボディーターンのマスターを志すなら、右ひじを曲げてヘッドを遅らせ、腕は振らずにしっかり腰と肩を回して身体を開き、頭をやや右側に傾げて右肩の右前、腰の右横でボールを打つ瞬間を見るぐらいを意識する方がいいのです。ボディーターンではクラブヘッドよりも身体の回転を先行させなければナイスショットは打てないのです。
結局、男子プロのように肩をまわしながら腕のパワーを積極的に使ってクラブを振り抜くか、女子プロのようにボディーターンのみで腰を回し切って身体を開きクラブを振り抜くか、はっきりとした選択が必要であり、
どっちつかずの中途半端なスイングが一番良くないのです。

全く異なるスイングの要素をごちゃ混ぜにしようとするから訳が解らなくなるのです。
ボディーターンをマスターしようとした際に、最初スライスやプッシュアウトが出やすいのは、身体が開いているからとか、ヘッドが遅れているからではなく、意識がクラブヘッドにありヘッドを速く打ち込もうとするために、無意識の内に腕あるいは手首を使ってクラブヘッドをボールに当てようとしてしまい、腰や肩がしっかりと回り切っていない回転不足のまま、フェースが開いてボールを捉えているからなのです。

もう一度言います。ボディーターンで打つことを目指すなら、身体の正面で腕を振るリストターンのスイングをする人の忠告は聞き流して、腕を振ろうとせずにヘッドを遅らせ、身体の軸を大切にして左足を踏ん張って右尻と左肩をしっかり回し、右ひじを曲げたまま右腰の横を肩の回転でグリップエンドから引き回すことを心がけて下さい。
すると、ゆったりとしたリズムで振っているにも関わらず、しっかりとしたタメができ、ムチをしばくようにシャフトが生かされ、ヘッドがしっかりとボールを捉え、振り抜きも大きくスムーズになり、見違えるような打球が飛ぶようになり、あなたに忠告してきた人の鼻をあかせること間違いなしです。



フォロースルーは、回転の軸をしっかり保持して、肩の回転によってグリップを前方へ放り出すように両腕を伸ばすイメージが大切です。インパクト時には腰は限界近くまで回っているために、インパクト後はグリップを放り出すように両腕を伸ばすことによって、遠心力によってヘッドが振り抜かれグリップが自然に反ります。インパクト後のフォロースルーで意識的にヘッドを反そうとすると、却ってフェースの向きが不安定になりフック気味の打球が出やすくなります。

狙いよりも左方向への打球や極端なフック気味の打球が出るときは、
  • 肩の回転を意識し過ぎて、腰の回転よりも肩の回転が先行している。
  • 腰が充分に回っていないために、支点となる右ひじが遅れ腕の振りが強く出てヘッドが回り込む。
  • ダウンスイング時の右脇の締めが甘く若干アウトサイドからヘッドが入っている。
  • インパクト直前に手首を反してクラブヘッドを打ち込みクラブフェースが早く覆っている。
  • インパクトで肩の回転が止まって左脇を締めるような腕の振りのみになっている。
などが考えられますので、ダウンスイング時に右ひじが絞り込まれているか、グリップエンドから打ち抜かれているか、インパクト時に肩の回転が止まっていないかチェックして下さい。

肩を回しながら、インパクトまでは右腰でグリップエンドから引き抜くように回し込み、インパクト後は肩の回転とともにグリップを大きく前方へ放り出すように両腕を伸ばして振り抜くと、インパクトでは手首を反すことなくボールを押し出すように打ち抜いた後のフォロースルーで自然に手首が反ります。


また、「フォロースルーでは、左脇を締めろ。」とよく言われますが、左肩を支点に腕を振ると、インパクト直後に左腕が左肩よりも先に出るためにフェースが開いたままでインパクトされやすく、スライス気味の打球がよく出ます。それ故、インパクト前後でクラブフェースを反すために「左脇を締めろ。」と言われるのです。しかし、左肩を支点として左脇を締めるように振り抜くと、下図左のようにヘッドの描く弧が小さくなるとともに左腕の捻りも加わってインパクト前後のフェース面の変化が大きくなり、左脇を締めるタイミングがほんの少しずれるだけで、スライスしたりフックしたりと方向性が安定しなくなります。

ボディーターンで首筋の裏を軸にして肩を回してグリップエンドからクラブを振り抜き、ボールをヒットした後グリップを前方へ大きく放り出すことを意識すると、下図右のようにフェースが前方を向いたままボールを押し出すようなインパクトとなるので真っ直ぐで飛距離の出る打球が打てます。


つまり、意識的に、腕でクラブを振り抜こうとしたり、手首でクラブヘッドを走らせようとしたりしないで、腰と肩の回転でスイングをしていれば、インパクト後の左脇の締めを意識する必要はないのです。

ボディーターンで打つなら「左脇を締めよう。」と意識するのではなく、「フォロースルーは肩を回してグリップを大きく前方に放り出す。」ことを心がけるとフェースが安定したままでボールを捉えた後、身体の回転とともにスムーズなフォロースルーができます。
【ど素人の仮説】右上の写真は、2014年5月9日ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ2日目に撮影されたものですが、2012年、2013年に撮影された他の写真と比べて腰の回し方が凄くしなやかになっているように感じます。
http://www.alba.co.jp/special/livephoto/?tsdid=90906&round=2&phno=21864&mode=noauto#livephoto


フィニッシュでは、(上体が起き上がらないように)首筋の裏の軸をずらさないように肩を回してしっかりとフィニッシュのフォームをとることです。上体が起き上がるようなフォロースルーをすると、腕を振ってしまってヘッドの抜けが悪くなりフェースが反らずスライス気味の打球が出やすくなります。

打つ前から、スイングプレーンとフィニッシュをイメージして、常にしっかりとしたフィニッシングフォームまでスイングプレーンと平行に肩を回してクラブを引き回すことを意識します。すると、自然な肩の回転ができてスムーズなリズムで振り切れます。全体的には、左肩の力で腕を振るスイングよりも一見ゆったりとしたスイングに見えるのですが、インパクトの瞬間は力強くボールもしっかりと飛んでいきます。フィニッシュで左足太ももが緊張してフィニッシングフォームがしっかりできたか確認して下さい。
森田理香子プロのフィニッシュ 「フォロースルーは、上体を起こさないで、肩を回して前方へグリップを放り出すように振り抜きフィニッシュをとる。」がボディータンのつぼその6です。

多くの女子プロは左肩が後ろにいくくらい、フィニッシュが美しくダイナミックです。これは腕の振りではなく肩の回転で振り切っているからで、ボディーターンでスイングできると誰でも自然にこのような美しいフィニッシングフォームをとることができるようになります。
フィニッシングフォームをイメージして振り切ると上体が早く起き上がることなく自然に肩が回りクラブもスムーズに振り抜け、結果的にナイスショットへ繋がります。
フィニッシングフォームを意識していないと、インパクトの瞬間に肩の回転が止まり腕の振りのみで振り切ってしまった時は、ヘッドの反りが早くなりフック気味の打球が出やすく、逆に、肩の回転とともに上体が起き上がってしまった時は、クラブヘッドの抜けが悪くなり、いわゆる『こすり球』のスライス気味の打球が出やすくなります。

腰と肩をちょうどいい感じで回しきるリズムというのは、イメージしたフィニッシングフォームまで振り切ろうとしたときにできるものなのです。
つまり、ミスショットしたからフィニッシュが決まらないのではなくて、フィニッシュまでしっかりと振り抜く事を意識していないためにスイングのリズムが狂いミスショットしてしまうのです。

私の経験では、上半身主導で腕を振ることを意識していた時は、飛ばそうとして力むとミスショットする確率が高く、思い切ったスイングをすることに戸惑いがあり、フィニッシュも中途半端だったのですが、ボディーターンで打つようになってからは、腰や肩の回っていない中途半端なスイングほど、ミスショットすることが多く、フィニッシュまで振り切ることに躊躇いがなくなり、力むことなくしっかりフィニッシュまで振り切ったときほどナイスショットが出る確率が高まりました。

ただ時々、ついつい「飛ばそう!」として腕(上半身)に力が入りスイングリズムが速くなってしまい、結局ミスショットして飛距離を損ねることがありましたので、アドレス前に岡本綾子師匠のスイングイメージを思い浮かべてリズムが速くならないように心がけています。
ここに書いたことを実践される上で、右のDVDにある岡本綾子師匠のスイングとそのリズムはとても参考になります。




練習場にて
ボディーターンによるショット習得への近道は、
「絶対に左肩に力を入れない。」、「腕でクラブを振らない。」と、
これまでとは真逆のことを身体に覚え込ませるために
「クラブは、腰と肩の回転に引っ張られるようにグリップエンドから引き下ろし、
左肩をやや開いて腰の右横でボールを捉える。」
ことを強く意識しながら練習することです。

左肩の力でクラブを振るのではなく、腰と肩の回転でクラブを振り抜くので、
左腕と左肩の間に出来る角度は、振り下ろしからインパクト直前までほとんど変わらずに肩が回ります。
左肩に力が入ると、左肩を支点に左腕が先行してこの角度が崩れミスショットに繋がります。


ボディーターンのスイングは、
左肩の力で腕を振ってクラブを打ち込むのではなく、
これまで上半身主導でスイングしていた方が、いきなりドライバーでボディーターンのスイングをやるのは難しいので、まずはショートアイアンを使って、左足をひねるように踏んばることによって腰と肩が回転し、クラブがグリップエンドから引き下ろされた後、ボールを捉えるまでのタイミングやインパクトのイメージを習得してください。この段階では、右脇の締めはあまり意識する必要は無く、むしろ、左肩と右手首を固定したままで身体の回転のみで振り抜くリズムを会得します。
腕でクラブヘッドを打ち込むとか、身体の正面で打ち込む必要はありません。
むしろ、腰をしっかり回して右足太ももの右でインパクトするくらいのつもりで調度です。

クラブをグリップエンドから引き下ろし、そのまま腰で振り抜くというのがツボです。「そんなことしたらヘッドが遅れるやろ!」と思われるかもしれませんが、左足をしっかりと踏ん張ることで腰と肩がしっかり回ると、例えグリップエンドから引き下ろしても、インパクトではクラブフェースは前方を向いています。
ただし、上体がスウェーして肩の回転の軸が左側にずれると、クラブヘッドが開いたままでインパクトしてしまい打球は右に出ます。上体の軸をしっかりキープして肩を回転させることが大切です。

身体の回転によって振り抜く感覚とリズムが身についてきたら、徐々に長いクラブに変えて練習します。クラブが長くなるに従って右脇の締めをしっかりすることとフィニッシュまでしっかり振り抜くことを心がけてください。

腕で打ち込もうとすると、ヘッドが落ちるタイミングが早まってダフるか方向がばらつきやすくなります。手首を使うとフック気味のボールが出やすくなります。変に腕(肩)や手首を使おうとせずに、
  1. テイクバック時の手首の位置と角度 (スイングプレーンを外れていないか?)
  2. 左足の踏み込みによる左腕の引き下ろし
  3. 左足の踏ん張って右足かかとを上げ右腰を回し込む
  4. 右肩の回転でグリップを引き下す (左肩で腕を振り下ろしていないか?)
  5. 手首の角度を保っているか? (グリップエンドから振り下ろされているか?)
  6. 右ひじの曲げと右脇腹への絞り込み (スイングのタメが出来ているか?)
  7. 腰の右横でのインパクト (下半身のリードでスイングできているか?)
  8. インパクト時の肩の開き具合 (左肩の回転が止まっていないか?)
  9. フィニッシュでの上体の角度 (インパクトの瞬間に上体が起きていないか?)
1秒に満たないゴルフスイングにおいては、フィニッシュをイメージしながら、2によってダウンスイングを開始し、7,8を確認しながら1,3,4,5、6を修正します。
手首に角度をつけ左腕を突き出すように伸ばした後、左足の踏み込んで踏ん張り、右腰の回し込み、右ひじの締め、左肩の回転のリズミカルな連動を意識しながらスムーズな身体の回転を修得します。

あくまでも、インパクトまでは腰を回しフィニッシュまで肩を回して振り切ることが大切ですので、腰や肩の回転が止まった分解写真のようなインパクトのフォームを作ろうと意識しながらスイングしてはいけません。最後まで肩を回して振り切れなくなります。

腰−>肩−>腕 (グリップ)−>クラブヘッドの順で回すのです。

くれぐれもクラブヘッドをボールに当てようとしてはいけません。手打ちになります。
左足の踏ん張りによる腰の回転でクラブを振ったら、たまたまその軌道中にボールがあったというイメージです。つまり、ゴルフはバッティング(打つ)ではなくて、スイング(振る)なのです。
究極のボディーターンのスイングは、テイクバックしてできた両腕の形を崩そうとせずに、フィニッシングフォームまで腰と肩を回し切ろうとするだけでナイスショットが打てるのです。
つまり、正しいテイクバックをしてそのまま正しく腰と肩を回転させることができればムチをしばくように自然にクラブは振られるのです。 岡本綾子師匠が、「スイングの基本は単純な回転運動。」と言われる極意が、この辺にあるのではないかと思われます。
腕を振るスイングとボディーターンによるスイングの違いはご理解いただけたでしょうか?
腕を振るスイングはクラブヘッドをボールに当てることは割りと容易にできても、クラブフェースを狙った方向に向けてボールを正確に捉えることが難しく、常に真っ直ぐ遠くまで飛ばすには相当な練習量が必要になるのです。野球に例えるなら、たまに豪快なホームランは打てても、ほとんどの打球がどの方向にどれだけ飛ぶか分らない打ち方と言えます。

ボディーターンによるスイングは、慣れないうちはボールを正確に捉えることやスイングのタイミングを取る事が難しいのですが、練習でそのリズムが身についてくると、狙った方向に真っ直ぐ遠くまで飛ばす事が再現性よくできるようになるとともに、腕や手首を使わないようにすれば腰と肩の回転のみに集中でき、スイングの修正も容易になるのです。野球に例えるなら、常にセンター返しのライナーを打てる打ち方と言えます。

もし、まだお読みでなければ、「私の体験談」です。クリックしていただくとお読みいただけます。


私は、たまたま送られてきた「新左一軸ゴルフ上達プログラム」DVDの紹介サイトの案内メールがきっかけで自分のスイングを見直そうと思い、試行錯誤して上述したような自分なりの考えを見出したのですが、20年以上ずっと持ち続けた「テイクバックから構えた時に両腕と胸で出来る三角形に戻してヘッドを打ち込むように、腕を振って身体の正面でボールを捉える。」という思い込みが、不自然で不合理で複雑かつ無駄な身体の動作を生み、それがスイングを難しくして再現性を損ねて上達を阻み、ゴルフの面白さを奪い続けていたことに気付きました。
本当は、「テイクバックで出来た両腕の形を崩さずグリップエンドから引き回すように、腰と肩を回して腰の右横でボールを捉える。」だったのです。「もっと早くこれに気付いていたら、、、。」そんな後悔のような思いすら今はあります。

ごちゃごちゃと小難しいような講釈を書き並べましたが、どんなスイングを修得するにしても「ゴルフが本当に上手くなりたい。」と思っておられるなら、しっかりとしたスイングイメージを持った上でご自分のスイングを自分自身の眼で確かめる事が絶対必要不可欠です。

私は、このレポートを書く上で自分が意識したことが実際の動作にどのように反映されているのかをスローモーション映像で何度も何度も確認しながら修正しました。なぜなら、自分が意識したことが実際のスイングには思った通りには反映されず、頭の中で思い描いたスイングイメージから大きくかけ離れていたからです。まさに試行錯誤の繰り返しで、ハイスピードカメラがなかったならこのレポートを書くことはできなかったと言っても過言ではありません。

さらに、スイング理論というのは様々なものがあるために、ゴルフ雑誌に書かれているような断片的な説明や友人などから指摘されたことを試してみたら、自分が目指しているスイングとは全く異なるスイングのためのものであったり、ボディーターンのスイングにはそぐわないことも多く、さらには記事を書いておられる方がどのくらいのレベルの方なのか知りませんが、単にプロの連続写真を見て思い付いたとしか思えないような解説を、さも当たり前のように掲載されている事もあり、それらを鵜呑みにすると、却って結果を悪くしてしまうことがあることも解りました。
つまり、何が正しいかは自分自身で確かめるしかないのです。

このホームページ作成者の2015年12月時点でのスイングです。
ここに書いていることを心がけて、ボディーターンでスムーズな素振りができるようにはなったのですが、いざボールを打つとなると、グリップが早く落ちたり、インパクト直前に身体の回転が止まったりして、左足へしっかり乗り込めずに、右腕のタメが解けてグリップが落ちてしまい、腰が引けたような姿勢のままで、ヘッドが回り込んでボールを捉えているので、身体の回転で打つというよりも、ヘッドの回り込みでボールを掃うようなインパクトになっています。頭でわかっていても、理想のスイングイメージ通りにボールを打つことはなかなか難しいです。

自分の中にボールを正確に自信を持って飛ばす事のできるしっかりとしたスイングイメージができ、
飛距離が伸び、狙ったフェアウェイやグリーンに真っ直ぐぶっ飛んでいく球が思い通りに打てるようになるとゴルフがますます面白くてたまりません。

 ゴルフが上手くなるための近道は、打ちっ放し場へ行って無闇矢鱈に数多くのボールを打つことではなく、自分が修得したい理想のスイングイメージを持ち、実際の自分のスイングとのギャップを自分自身の眼で客観的に確かめ、どう意識すれば、どうイメージすれば理想どうりのスイングに近づくのか?
撮影した自分のスイングフォームをチェックしながら、理想のイメージ通りにスイングできる再現性を高めることなのです。

まずは、自分が目指す理想のスイングイメージを持たれる事をお薦めします。
理想的なボディーターンのスイングイメージは、岡本綾子プロと伊沢利光プロが大活躍されていた頃のスイングを収録した以下のDVDがお薦めです。
ド素人のスイング理論を、最後までお読みいただきありがとうございました。