森田理香子プロのスイングの秘訣
本サイトは、岡本綾子プロのスイングをお手本に
理想的なボディーターンの解説を目的とするものですが、
岡本綾子プロとの関係は一切ございません。
ゴルフのスイングは、腕を振って身体の正面でフェースを狙った方向に向けボールを打ち飛ばすようにクラブヘッドを振り抜くリストターン系のスイングと、出来るだけ腕は振らずに身体を回すことのみによって、腰の横でフェースを狙った方向に向けボールを弾き飛ばすようにグリップエンドから振り抜くボディーターン系のスイングに分けることができます。
両者はスイングの理屈が異なり、ボールを捉えるインパクトの瞬間のイメージやフォームが大きく違ってくるために、どちらのスイングの習得を目指すのかによってダウンスイング時の身体の動かし方や力の入れ方が大きく違ってきます。
それ故、両者を混同したままでは、どっちつかずの練習をすることになり上達が遅れます。
続きはここをクリック
ボディーターンによるスイングは、慣れないうちはボールを正確に捉えることやスイングのタイミングを取る事が難しく、短期間で結果を求められるアマチュア向けのゴルフ教室などではなかなか教えてもらえないので、独学で練習するしかないのですが、練習を積み重ねスイングのリズムとイメージが身についてくるに従い、狙った方向に真っ直ぐ遠くまで飛ばす事が再現性よくできるようになるとともに、腕や手首をできるだけ固定して使わないので腰と肩の回転のみに集中でき、スイングの修正も容易になるので、慣れてくるとリストターン系のスイング以上に飛距離と方向性を出すことが出来るようになります。

最も理想的なボディーターンのスイングは、岡本綾子プロの全盛期のスイングだと私は思うのですが、その岡本綾子師匠は、自らの著書に次のように書かれています。

ゴルフスウィングの基本は、しっかりとした下半身を土台に、上体をねじり上げて溜めたパワーを一気に開放する回転運動です。
正しいアドレスをして、回転軸がブレなければ、クラブヘッドは最初に構えた位置に自然に戻ってきて、ボールを正確にとらえます。
ここで大事なのは、上半身と下半身のバランス。上下がバラバラに動くと、体を大きく回転させるというひとつの目的を達成できません。

以上 岡本綾子師匠の教本「岡本綾子LESSON」 より抜粋


つまり、究極のボディーターンのスイングは、トップオブスイングでできた両腕の形を崩そうとせずに、フィニッシングフォームまで腰と肩を回し切ろうとするだけでナイスショットが打てるということです。

岡本綾子師匠のスイング
BOOK DVD

正しいバックスイングをしてそのまま正しく腰と肩を回転させることができればムチをしばくように自然にクラブは振られるのです。 岡本綾子師匠が、「スイングの基本は単純な回転運動。」と言われる極意が、この辺にあるのではないかと思われます。
即ち、ボディーターンのスイングをマスターするために心掛けなければならないことは、
と言うことなのです。

ひょっとして、「え〜っ、何的外れなアホなこと書いてんねん。」と思われましたか?
そんな貴方は、ただひたすらヘッドスピードを上げれば飛距離が伸びると信じ、左のイラスト(ベン・ホーガン著:「モダン・ゴルフ」より)のようなインパクトのイメージを作ろうと、
「ゴルフのスイングは、左足を踏ん張って壁を作り体重を乗せてから、ボールをしっかり見て身体の正面で腕の三角形を作るように左腕を振って、ヘッドを打ち込んでボールを捉えるもんや!」と思い込んでクラブを振り回していませんか?

もしそうなら、岡本綾子師匠や女子プロのスイングビデオをよ〜く見て下さい。
イラストのように身体の回転を止めて、身体の正面で腕の三角形を作ってヘッドを打ち込むように打っておられますか?
ゴルフが上手くなる秘訣は、いかにして狙ったところにボールを飛ばすかということです。そのためには、飛距離方向性が重要になります。

ゴルフのスイングにおいてクラブヘッドは、クラブが振られることによってそのフェースの向きを左回りに変化させながら最下点近くでボールを捉えます。
それ故、飛距離を出そうとしてクラブを思い切って速く振ると、ボールを正確に捉えることができなかったり、まともに打ててもインパクトでのフェースの向きが大きく乱れ、とんでもない方向に飛んでいくことがあり、いかにして飛距離と方向性を両立させるかを説いた様々なスイング理論が存在する訳です。

飛距離を出すために、クラブを腕の振り(リストターン)か、身体の回転(ボディーターン)のどちらを優先させて振るかでスイングそのものに違いが生じ、どちらを優先するかによって、「いかにしてクラブフェースを狙った方向に向けてボールを捉えるか?」という方向性を高めるための方法(理屈)も違ってきます。つまり、これが正しいというたった一つの王道のようなスイングが存在する訳ではありません。

リストターン主体のスイングは、腕を振ってヘッドを打ち込むようにクラブを振り抜く際に生じる左腕の捻りによってクラブフェースを狙った方向に向けるために、インパクト前後(「ビジネスゾーン」と呼ぶらしい)に集中しなければならなくなるのに対し、ボーディーターン主体のスイングは、ヘッドを打ち込もうとせずに遅らせて身体をしっかり回して左腕を引き回しクラブフェースを狙った方向に向けるために、トップオブスイングからフィニッシュまで身体の回転にヘッドの振りが同期する一定のリズムでスムーズに身体を回すことに集中しなければならないという違いがあり、ボールを捉える瞬間のイメージには、
という違いがあります。

要するに、ボディーターンのスイングは、腕を振るリストターン系のスイングとはボールを飛ばす原理(考え方)も根本的に異なるために、両者の違いをきちんと理解した上で理想とするスイングを追求していかないと、無闇矢鱈にゴルフ雑誌やゴルフ教材に書かれているいろんなスイングのいいとこ取りをしても、訳がわからなくなって迷路に迷い込むばかりで、いつまでたっても上達できないのです。
そこで、まずボディーターンのスイングイメージを理解していただくために、その概要から説明した後、以下の順序で詳細に解説します。


ボディーターンのスイングイメージを一言で言い表すと、
「体(腰と肩)の回転によってムチのようにクラブをグリップエンドから振り抜い(引き回し)てボールをしばくように弾き飛ばす」ということで、

腰(お尻)−>肩−>腕 (グリップ)−>クラブヘッドの順で回すのです。
(「ムチのように」といっても、本物のムチのようにヒジを伸ばしたり手首のコックを使ってヘッドを走らせるといっているのではなく、ムチをしばく際の腕の動きを、私が理想的と思う下の4枚の写真のような一連のトップオブスイング、ダウンスイング、インパクト、フォロースルー(フィニッシュ)による体(腰と肩)の回転によって作り出し、「ムチをしばく原理」を使ってクラブを振り抜きボールを弾き飛ばすのです。尚、最初のトップオブスイングのみ岡本綾子師匠の写真を使用してます。)

左から順に、1 - トップオブスイング,2 - ダウンスイング,3 - インパクト,4 - フィニッシュとすると
  1. 1〜2までは、ダウンスイングの開始は、左足を捻るように踏み込んで踏ん張り、右足かかとを上げて右ひざを左ひざに寄せながら、左足を軸に右腰(右尻)を左斜め前方に回し込み左足に腰を乗せていくと同時に、上半身(肩)はバックスイングでできた腰との捻転差を保ち、グリップをトップオブスイングの位置に残したまま、左腕を引き回しながら右ひじを右脇腹に絞り込むように、腰の回転に連動させて首筋を軸に肩を回す。

    肩が回ることによって、左腕(グリップ)が引き回されるのであって、決して左肩に力を入れて左腕(グリップ)を振り下ろすのでもなければ、クラブをグリップエンドから引き下ろすようにグリップを落とし込むのでもありません。クラブを振り下ろそうとか引き下ろそうと意識するのではなく、右腕で振り上げた位置にグリップを残すことを意識するのです。
    また、ダウンスイング開始直後は、腰より先に肩を回そうとしてはいけません。左足を踏み込んだ後、右足かかとを上げながら左股関節を捻ることによって右腰が回り込み、それに引っ張られるように肩を回すことを意識します


    下の写真のフォームをイメージして、左足を捻るように踏み込んで左腕を引き下ろした後、右足かかとを上げて右腰と肩を回して左腕を引き回すようにダウンスイング!
    左腕(グリップ)を振り下ろしてはいけないので、トップオブスイングで出来た腕の形を崩さない(グリップやクラブヘッドが遠心力で外に膨らまない)ように左のフォームをイメージして右腕(右ひじ)と右手首に力を入れてしっかり角度をつけ、グリップやクラブヘッドを遅らせてタメをつくり、左足を踏み込んで左肩を回し左腕を引き回すと同時に、しっかり曲げた右ひじを右脇腹に引き込む(右ひじをグリップよりも先にボールに向かって回し込む)ように右肩を回して右手グリップを引き下ろす。

    なかなか100を切れないアマチュアゴルファーの多くが、クラブを速く振ってヘッドをボールに強く当てようとして、この段階から左腕(グリップ)を振り下ろしボールを打ちにいってしまうか、遠心力に負けてグリップやクラブヘッドが外に膨らんでしまう。あるいは、腰より先に肩を回してしまうなどにより、スイングの再現性が損なわれてボールを捉える瞬間のフェースの向きやヘッドが落ちる位置が安定しないために、ミスショットが多くなるのです。

    グリップやクラブヘッドが早く落ちないように右腕に力を入れて遅らせるというのは、これまでとは全く逆の力の入れ方になるので、受け入れがたい方も多いと思いますが、ヘッドスピードを上げるために腕を振ろうとする限り、遠心力も加わってヘッドが早く落ちて身体が回る前にクラブヘッドがボールに到達してしまうために、スイングの再現性が損なわれるばかりでなく、身体の回転パワーや体重をボールに全く乗せられないということをご理解下さい。
    <スイングを台無しにする「ある動作」とは?>をご一読あれ!

    より詳しくは、http://www.eonet.ne.jp/~naruhodo/index_2.htm

  2. 2〜3までは、2の段階から腕を振り下ろしてヘッドを打ち込もうと意識(リストターン)するか、それとも、腕は振り下ろさずに、さらに身体(腰と肩)を回してグリップエンドから引き回そうと意識(ボディーターン)するかで、どこにどう力を入れ、ボールをどのようなイメージで打ち抜くかが全く違ってきます。(リストターンのインパクトイメージを持ったまま、ボディーターンを使ったスイングでボールを打とうとすると方向性が全く安定しなくなり迷路に迷い込む)

    ボディーターンで打ち抜くには、2の段階からも、右ひじの曲げと右手首の曲げ(コック)を解かずにグリップとヘッドを遅らせるように右腕を意識したまま、軸にした左足をしっかり踏ん張って、右尻を押し出すように右足かかとを上げて左股関節を捻って右腰を回し込むことによって、右ひじを右脇腹に引き込みながら首筋を軸にスイングプレーンと平行に飛球線方向に向かって胸を張るように左肩を左斜め後方に回して左腕を引き回すのです。

    すると、3の段階近くまで身体が回ったところで、右腰の横、右肩の右前でムチの先端でボールをしばくようにヘッドが回り込んでボールを弾き飛ばすことが出来ます。

    上の連続写真でインパクトまでのクラブヘッドの入り方、ボールを捉える瞬間のグリップの位置、インパクト後のクラブの抜け方、インパクト前後の肩の回り方などの違いに注目して見比べて下さい!

    ボディーターンでは、ヘッドを打ち込もうとしてはいけない!
    ボディーターン主体で打ち抜くためには、上左側の岡本綾子師匠の連続写真のように、右ひじの曲げと右手首の曲げを保持するように力を入れたまま、インパクト直前までクラブシャフトをスイング軌道の接線方向に保ちクラブヘッドを遅らせ身体の回転でクラブをグリップエンドから引き回します。

    上半身がボールに正対しても決して身体の回転を止めずに、右腰と一緒に右ひじを脇腹に絞り込むように回しながら、打ち抜く方向に胸を張るように左肩上がり右肩下がりになるところまで首筋を軸にしっかり肩を回すことによって、右肩と一緒に右手グリップを回して左肩で左腕を引き抜くと、腰が飛球線方向を向くあたりでグリップが右ひじを支点にクラブを引き回すようにインサイドに小さく回り込み、グリップの角度が急速に変化することで、クラブヘッドが加速されながら後から回り込んで、腰の右横、右肩の右前で、左肩、グリップ、クラブヘッドが一直線になったところで、クラブフェースが狙った方向を向いてボールを捉えるのです。

    ボールを捉えた直後は、右ひじの曲げの力をリリースしてグリップを打球方向に放り出すように肩を回しきるのです。

    正面からの連続写真では、インパクト直前に右ひじの曲げや手首のコックを解いているように見えますが、身体全体が回りながらグリップがインサイドに回り込むことによって正面からはそう見えるだけであって、実際は「遠心力や慣性力に負けて右ひじや右手首のコックが伸びてヘッドが早く落ちてしまわないように我慢して、腰と肩の回転のみでクラブを引き回してボールを捉える」と意識します。
    すると、腰の回転が限界近くになったところで慣性力(クラブの重み)などによって右ひじが自然に伸び、ムチをしばくようにクラブは振られクラブヘッドが回り込んでボールを打ち抜くのです。
    そして、バックスイングからダウンスイングにかけて常に一定の振り子のリズムでスイングすることを心がけると、身体の回転によって生じる慣性力と遠心力によるクラブの振りが安定して、再現性の高いスイングを身につけることが出来ます。
    (右ひじの曲げを早くリリースしてしまうと右側の写真のように打ち抜かれる。)
    また、コックが解けないように右手首に力を入れたまま身体を回してグリップエンドから振り抜くようにボールを捉えることで、左肩からクラブヘッドまでの大きなスイングアークが得られ、身体の回転パワーと体重をボールに乗せることができるだけでなく、インパクト直後のフェースの反りが抑えられ狙った方向に向かってボールを押し出すように弾き飛ばすことができ、横方向の回転が抑えられた曲がりの少ないストレートで飛距離の出る打球になります。
    右ひじと右手首を曲げグリップとヘッドを遅らせて引き下ろしているので、構えた時よりも右肩下がりになるところまで肩が回り込んだところでヘッドがボールに到達するのです。

    つまり、決してインパクト直前にコックを緩めたり右ひじを伸ばしたりしてヘッドを打ち込もうとしてはいけない!のです。トップオブスイングの位置にグリップをとどめたまま出来るだけ腕を振ろうとせずに、クラブフェースが狙った方向を向いてボールを捉えられるように腰と肩をいかに回すかだけを意識することが重要なのです。

    なぜなら、右ひじも、右手首もしっかり固めたままでインパクトするくらいを意識していないと、スイングリズムやクラブが変わるごとに遠心力や慣性力が変わり、ダウンスイングの途中で右ひじや右手首の伸び方がバラついてヘッドが落ちるタイミングが狂ってしまい、それがミスショットの原因となります。クラブが長く重くなるほど遠心力や慣性力の影響を受けやすくなるため、どのクラブも常に同じリズムでスイングするためには、この右腕の固めが大切になってきます。

    ところが、いくら右ひじや右手首をしっかり曲げてダウンスイングを開始しても、ゴルフを始めたころによく教えられる「ボールをしっかり見て、身体を回しながら腕の形を身体の正面で構えた時と同じ三角形に戻すようにしてヘッドを落とし込んでボールを打つ。」という思い込みとその練習によって出来上がったインパクトのイメージが頭にある限り、そのイメージ通りにボールを捉えようとして、上右側の連続写真や下の連続写真のように、上半身がボールに正対したあたりで肩の回転が緩み慣性力と遠心力によってグリップとヘッドが落ちてしまい、身体の正面で腕を振りながらコックを解いてヘッドを落とし込んでしまう手打ちから逃れられないのです。



    左腕を振り下ろさないように右ひじや右手首を固定していても、リストターンのインパクトイメージを持ったまま頭を動かさずにインパクトの瞬間をしっかり見ようとし過ぎると、無意識の内にインパクト直前に腰や肩の回転が緩んで、上の連続写真のように、1〜2の段階でつくられた慣性力と遠心力によって右ひじの曲げや手首のコックが解かれてしまい、意図しない形でグリップやクラブヘッドが落ちて、身体の正面で腕を伸ばすようにしてヘッドを打ち込む手打ちのような打ち方でボールを捉えてしまいます。
    このような手打ちのインパクトをしていても、これまでのインパクトイメージと大きく違わないので、ビデオなどで客観的に確かめない限り、自分ではまともなスイングをしていると思い込んでしまいます。


    そこで、さらに左の岡本綾子師匠のように、ヘッドを落とし込まずにハンドファーストにグリップエンドから打ち抜こうとして身体の正面でコックを解かずにクラブを振り抜くと、間違いなくフェースが反らずに開いたままボールを捉えることになるので、右方向へのスライスとなります。

    即ち、腕を振ろうとせずに、身体の回転力を最大限活かしたボディーターンをマスターするには、右ひじ、右手首をしっかり曲げたまま腰と肩を回してクラブをグリップエンドから引き回し、身体の正面ではなく、


    というインパクトのイメージと、それを実現するためのスイングリズムを身につけることがとても重要なのです。

    腕を振ろうとせずに身体を回しながらインパクトすることで、身体(腰と肩)の回転力によってボールをヒットすることができ、インパクトからフォロースルーにかけて左肩からクラブヘッドまでの大きなスイングアークで、体重が乗って力強く、曲がりにくくて飛距離の出る打球が打てます。

    ボディーターンのスイングでは、コックを解いてフェースを反すのではなく、腕は振らずにコックも解かず、グリップやヘッドは遅らせたまま身体をしっかり回し、インパクト直前から左腕を引き抜くように肩を回すことで、右ひじを支点にグリップの描く弧が急速に小さくなり、左肩を回すことによってグリップが僅かに引き抜かれるだけで、グリップの角度が大きく変化し、引き下ろした勢いに「ムチをしばく原理」が加わり、ヘッドが大きな弧を描いて勢いよく回り込み狙った方向を向いてボールをしばくように弾き飛ばすのです。

    つまり、上右側の連続写真のように、インパクト前に右ひじを伸ばし手首のコックを解いてヘッドを打ち込むようにしてボールを捉えるのではないので、右手首のコックのリリースは、積極的に腕を振るリストターンとは真逆になるのです。

    ボディーターンのスイングは、右腕はトップの形を崩さずに固定したまま、グリップやクラブヘッドが落ちようとする勢いを吸収するように腰と肩を回し続けることによって、腰と肩が充分に回ったところで最適な角度でボールを捉えることができるので、ダウンスイングからフィニッシュまでのスイングリズムが大切になります。

    バックスイングで、身体の横に振り上げたグリップを出来るだけ動かさずにボールを捉えようとすると、インパクトはほとんど身体の横になるので、腰と肩を飛球線方向まで回し込んだインパクトフォームになるのです。
     大切なポイント:岡本綾子師匠のお言葉
    「インパクトからフォロースルーにかけては、全く意識の中になく、
    ただスイングの中でボールを捉えてボールを運んでるっていう状態です。」
    インパクト(ビジネスゾーン)を意識し過ぎると、却って変な力が入りインパクトが乱れる。

    より詳しくは、http://www.eonet.ne.jp/~naruhodo/index_3.htm

  3. 3〜4までは、3のインパクトの瞬間に決して上半身の回転を止めずに、右ひじと右手首の角度を保持したまま肩を回してボールを捉え、インパクト直後にタメを解放してグリップを放り出すように自然にクラブを振り抜き、上体が起き上がらないように注意してフィニッシュまでしっかり肩を回してグリップを振りきってしまう!(と意識している)と、遠心力と慣性力によってヘッドが自然に回り込み下の写真のように美しく振り抜けるのです。
    決して上体が起き上がらないように肩を回しながら、グリップを大きく振り抜いてフォロースルー!
    インパクトの瞬間に両足を踏ん張って、ボールにヘッドをぶつけるように点で打とうとするのではなく、身体の回転力と体重をボールに乗せ、フォロースルーで右腕のタメを一気に解放できるように打ち抜くために、ゆったりとした一定のリズムで左足を踏み込んでから右足かかとを上げるのに連動させて腰と肩を淀みなく連続的に回し、ボールを弾き飛ばすように線で打ち抜くのです。

    また何度も言いますが、ボールを捉える直前に、リストターンのスイングのように自らタメを解放してヘッドを回し込もうとか、右ひじや右手首を意識的に伸ばしてヘッドを走らせようとすると、上の右側の連続写真のように肩の回転が止まり、フォロースルーでグリップが詰まってクラブヘッドだけが先に出て、インパクト直後のスイングアークがグリップから先のクラブのシャフトのみになってボールに体重が乗っていかないために飛距離が出にくくなるばかりでなく、身体の回転と腕の振りやコックの解放のタイミングが合わなければ、クラブフェースの向きやスイング軌道が狂って打球の方向性が不安定になりやすく、最悪の場合、ボールの手前をダフったりしてミスショットに繋がりやすくなります。

    より詳しくは、http://www.eonet.ne.jp/~naruhodo/index_4.htm

下半身リードでタメをつくってコンパクトにダウンスイングして、身体全体でボールを捉え、インパクト後は上半身リードで大きくフォロースルーしながらタメを解放してフィニッシュまで振りきる! 
再現性を損ねる腕の振りは極力使わずに、腕よりも強い筋肉(足と背筋)を使ってスイングする!
それでは、ボディーターンのバックスイング(テイクバック)から詳細に解説していきますが、その前に、ボディーターンスイングを修得するためのいくつかの練習器具をご紹介します。

不要な方は、バックスイングからダウンスイングへのしなやかな切り換え へ

 

「SWING PRO」は、実際のクラブに比べ非常に軽くて柔らかく、しっかりとしたボディーターンでムチをしばくように振る必要があるが故に、下の動画のようにある程度のスピードでバックスイングをして下半身リードのボディーターンによるダウンスイングにしなやかに切り換えるリズムをつかむように数回振った直後に、実際のクラブを振ってみると左肩で左腕を引き回す感覚やクラブの重みでタメが解放されムチのようにヘッドが飛び出す感覚がメチャクチャはっきりと感じられ、ボディーターンのスイング感覚やスイングリズムを研ぎ澄ますのに適していると感じています。(私個人的には、INDOORよりも長いSWING PRO 2の方が、ここに書いているボディーターンのスイング感覚やスイングリズムを磨くのには適していると思います。)
(Ryoma GOLF SWING PRO について

実際のクラブでは、スイングプロと同じリズムと感覚を意識しながらスイングしても、遠心力と慣性力が大きく影響するので、その分ヘッドが早く回り込んでフェースは打球方向を向きます。ヘッドが走る感覚を体感できます。
スイングプロは、非常に柔らかく、素振りをしてボディーターンのスイング感覚下半身リードの身体の動きを身に付けるのに適しています。それに対し、スイングドクターは、実際にボールを打ちながらボディーターンでのインパクトのイメージや右腕のタメのリリースポイントを身に付けるのに最適です。


ドライバー アイアン ウェッジ
パター
サイズ選択あり!
商品画像をクリックして
Amazonページで選択
少しハード:ブラック
メンズ:オレンジ
レディス:ピンク 
シャフト選択あり!
商品画像をクリックして
Amazonページで選択
オレンジ:スタンダード
イエロー:よりソフト
レディス:ピンク 
 シャフト選択あり!
商品画像をクリックして
Amazonページで選択
オレンジ:スタンダード
イエロー:よりソフト
好みの色をクリック!
  34インチ
右用
オレンジシャフト

スイングドクターのシャフトは、通常のクラブと比べると柔らかく、釣竿のようなしなりをイメージしていただくといいかと思います。シャフトが柔らかい分、棒を振るようにクラブを振ってヘッドを打ち込んでボールを打とうとすると、シャフトがしなってフェースが開いてボールを捉えてしまうため、必ず右方向への打球になってしまいます。

スイングドクターで真っすぐボールを飛ばすためには、右ひじの曲げと手首のタメをしっかりキープして、身体の回転によってグリップエンドから鞭のように引き回してヘッドが自然に飛び出す勢いでボールを捉えなければならず、身体の正面ではなく、腰や肩がしっかり回った右腰の横、右肩の右前でボールを捉える瞬間のインパクトのイメージを作るのに適しています。

スイングドクターでボールを打った後で実際のクラブでボールを打つと、右ひじの曲げとコックのリリースをインパクトまで我慢してしっかり肩を回してクラブを振り抜けるようになりボールの捕まりが良くなるので、腕を振らずにボディーターンのみで狙った方向にボールを飛ばすことができるようになります。


ダウンスイングへしなやかに切り換えるためのバックスイング

ボディーターンのバックスイング(テイクバック)は、左の連続写真の岡本綾子師匠を見習って、クラブを身体の右横に、背筋を軸に肩を回しながら左腕は伸ばしたまま、右ひじを曲げながらグリップに角度をつけ、グリップエンドをボールに向けてスイングプレーンに沿うようにインサイドに振り上げます。

腕を振り上げるに従って肩が回り、肩に引かれて腰が回り右足荷重になるので、右ひざが動かないように右足をしっかり踏ん張ります。

左腕が水平になるあたりで、左手小指側を突き出すようにして両手首を親指側にコックして、左腕とクラブシャフトが直角になるくらい手首にしっかり角度をつけるとともに左ひじをしっかり伸ばします。

そこから、スイングプレーン上に左腕とクラブシャフトがのるように意識しながらグリップを振り上げ、振り上げられなくなる直前あたり (トップオブスイング)で、振り上げた勢いを利用して右ひじをグッと曲げるようにしてグリップを軽く振り上げ、左腕の付け根を顎の下に入れて、左腰を回し始めたら自然にグリップエンドからボールに向かってクラブが引き下ろされるようにボールを狙って両腕を固めタメを作ります。

両腕を固めるのと同時に、連続的に内側に引き寄せられた左ひざを曲げるように左足をグッと踏み込みながら外側へ捻って(ニーアクション)、グリップエンドからボールに向かって左腕を引き回すように左足に乗り込んでダウンスイングを始動します。このとき、決して両腕の形が崩れるような動作をしてはいけません!

トップオブスイングでは、感覚的には、グリップを振り上げるというよりも、手首に角度をつけた左グリップの小指側を、自分の右耳の右横(自分の頭の右横)に突き出すようにして左ひじをしっかり伸ばしたまま、左足を踏み込む瞬間に左腕をボールに向かって真っ直ぐ引き下ろせる位置に、右腕でグリップをしっかり固定する感じです。

つまり、上半身はバックスイングの終わりの動作でタメをつくりながら、下半身は左ひざを曲げて捻るように踏み込んで右足から左足に荷重を移しながら、腰をわずかに左側へスライドさせるように回し始めダウンスイングが開始されますが、グリップだけが振り上げた位置に残るようにワンテンポ遅れて引き下ろされます。

この上半身リードのバックスイングから下半身リードのダウンスイングにしなやかに連続的に切り換えるリズムがスイングの善し悪しを決定する大きな要因と言っても過言ではありません。

大きく振り上げようとすると左ひじが曲がって手首のコックが緩んでしまいます。すると、ダウンスイングの始動で左腕を引き下ろせなかったり、曲がった左肘を伸ばそうとして腕を振ったりしてインパクトが乱れ易くなってしまいますので、左腕をしっかり伸ばせる位置でグリップを固定することが大切です。
岡本綾子師匠は身体の回転に応じて右ひじを曲げながらスイングプレーンに沿って振り上げるように意識しておられます。
このように意識することで、左腕をしっかり伸ばせる位置でグリップにしっかり角度(コック)をつけ、真後ろから見たときにボールと左腕とクラブシャフトが一直線になるようなトップから、下半身リードで腰と肩の回転をシンクロさせてボールを狙って真っ直ぐシンプルに左腕を引き回すことができます。

ボディーターンのスイングは、肩の力で腕を振るのではなく、身体の回転で左腕を引き回すようにダウンスイングすることによって、遠心力や慣性力を活かすためのスイングのタメをつくることができるようになるので、左腕を伸ばしたまま左肩の回転に引っ張られるようにグリップエンドからボールに向かってクラブを引き下ろせるスイングプレーンを意識しながらバックスイングすることが大切です。

さらに、左の岡本綾子師匠のバックスイングのトップでの両腕の形とインパクト直前の両腕の形がほぼ同じになっていることからも分かるように、左腕を振り下すのではなく、バックスイングのトップで出来た両腕の形をできるだけ崩さずに左腕が身体から離れないように腰と肩を回して左腕を引き回すのが理想的なのでトップでの両腕の形がとても大切です。

下半身の動き(ニーアクション)のみによって自然にグリップが引き下ろされるトップオブスイングの形ができていれば、例えバックスイングが小さくても、上半身の無駄な力や動きがなくなり、身体の回転が安定してシンプルに下半身リードで鋭いインパクトが再現性よく出来るようになります。

左足の踏み込みと身体の回転によって腕の形を崩さずに真っ直ぐボールに向かって左腕が引き下ろされ、その回転力が確実にクラブヘッドに伝わり、フェースの向きが常に狙った方向を向いてボールを捉えるためには、左の岡本綾子師匠のように左腕をしっかり伸ばし、下半身の動きに連動してボールに向かって自然に引き回される位置(スリークウォーター)に右腕でグリップを固定して手首にしっかり角度(コック)をつけてボールを狙うことが大切です。

大切な事なのでもう一度言います。
左膝を捻るように踏み込んでダウンスイングを始動したとき、「しっかり伸ばした左腕をボールに向かって真っ直ぐ引き回せる位置に、右腕でグリップを振り上げて固定する。」が、ボディーターンのつぼその1です。

岡本綾子師匠の教本「岡本綾子LESSON」には次のように書かれています。
肩はフル回転で腕はスリークォーター、小さなスウィング改造で、飛距離もアップする。・・・中略・・・ やってみて改めてわかったのは、飛距離が落ちるどころか、スリークォーターの方が逆に伸びるということでした。つまり、トップをコンパクトにすることで、回転が以前よりスムーズになり、スウィングの無駄がいっそう省かれて飛距離がアップしたというわけです。」   ・・・ 以上抜粋 ・・・

バックスイングをする際に、上体が大きくぶれないようにするためには、身体の回転軸を意識して頭を正面に向けたまま決して眼を動かさないように注意しながら、右ひざが伸びたり、外へ流れたり、右腰が極端に後ろに引けたりしないように右足をしっかり踏ん張ってやや右足荷重になるように、左腕の付け根越しにボールを見るようなところまで、左腕をしっかり伸ばしたままスイングプレーンに沿って右斜め後ろ(右耳の右横)にグリップを振り上げるように左肩を回し込みます。

バックスイングする際に、腕を振り上げるのに応じて眼が動いてしまうと、右の連続写真のように肩と一緒に頭がずれるように動いても、頭の動きに応じて眼が動くことによって見えているボールが動かなければ、「頭はずれていない」と脳が勘違いして、腕を振り上げるにつれて上体が次第に右側へずれ、回転の軸から大きく外れてしまい、結果的に腰から上が極端に捻られた上体の揺れが大きい不安定なスイングになってしまいます。

オーバースイングになると左足の踏み込み(ニーアクション)に合わせてスムーズに左腕を引き下ろせなくなり、無意識の内に上半身に力が入り左腕を振り下ろしたり、不自然に先に肩を回してしまいヘッドがボールに到達するタイミングがずれてミスショットに繋がります。
なぜ、このようなバックスイングになるのか疑問に思われる方もおられると思います。
なぜなら、以前の私も含めほとんどのアマチュアゴルファーは、ボールをより遠くまで飛ばすためには、腕を速く振ってヘッドスピードをより速くすることが不可欠だと思っているので、左腕をしっかり伸ばして、ひじをしっかり曲げた右腕でグリップを振り上げ、手首にしっかり角度をつけるなんてことをすると、腕がとても振り辛くなってしまい、却ってヘッドスピードが落ちると思ってしまうからです。

しかし、「クラブヘッドをバックスイングのトップの位置からボールに到達させて狙った方向に飛ばす。」という限られた動作を、どの筋肉を使って効率的で再現性の高い方法で達成するかを考えたとき、腕を振ることを主体にしてしまうと、力の弱い筋肉を使った再現性の低い方法でその動作の大半をこなすことになり、足腰の強い筋肉による回転運動の占める割合が減ることになります。

逆の言い方をすると、腕の振りを全く使おうとしなければ、足腰のより強い筋肉による回転運動を活かした再現性の高いスイングができることになります。ですから、極力腕の振りは使わない。強いて言えば、むしろ腕は使い辛くしてバックスイングのトップの位置で固定した方が、足腰の強い筋肉を活かした下半身リードのボディーターンのスイングがし易くなるのです。

それほど力の強くない女子プロがアマチュア男子以上の飛距離を出せるのは、腕の振りよりも力の強い筋肉を活かした身体の回転を優先したスイングを意識しているからなのです。
つまり、バックスイングのトップからボールに到達するまでのクラブヘッドの軌道を、腕の振りによって振り下される割合を極力減らし、身体(腰と肩)を回すことによって引き回される割合を極大化して、クラブヘッドがボールに到達したときにフェースが狙った方向を向くような腕の形を作ろうとするとこうなるのです。

バックスイングは、ゆっくり上げなさい。」と言われることがありますが、ボディーターンで打つ場合、極端にゆっくり過ぎるのも良くありません。
バックスイングの最後で、左腕を伸ばしひじを曲げた右腕でグリップを振り上げトップの形をつくるとやや窮屈な感じがします。この形をゆっくり振り上げながら作ろうとすると、勢い(慣性力)が生まれず右腕で余計な力を入れて振り上げなければならなくなり、トップでの窮屈さを早く解放しようとして左腕を振り下ろしてダウンスイングを始動してしまいヘッドが早く落ちてミスショットの原因になります。

それ故、ある程度の慣性(勢い)がつくくらいのスピードでバックスイングすることで、バックスイングからダウンスイングへ切り換えるスムーズなリズムが生まれるのです。先端におもりのついた棒を右側に振り上げながら右足荷重にしてから、おもりがトップに到達した反動によって反対側に振り戻ろうとする寸前に、その振り戻ろうとする勢いを吸収するように左足を踏み込んで腰をスライドさせ左足に荷重を移しながら左腕を引き回すという振り子のリズムをイメージして下さい。

決して、グリップを力任せに振り下ろしたりせずに、振り上げたトップの位置にグリップを残したまま左足の踏み込みによって下半身リードでダウンスイングを始動できるバックスイングのリズム、
つまり、岡本綾子師匠のように上半身リードのバックスイングから下半身リードのダウンスイングへのしなやかな切り換えができる振り子のリズムをつかむことが大切です。

このバックスイングからダウンスイングへのしなやかな上半身から下半身への動作の切り換えのリズムというのは、ボールを置かずに連続して素振りをしたときの感覚に近いです。ところが、いざボールを打とうとするとインパクト前後のヘッドの軌道を意識し過ぎて慎重になりバックスイングのトップで動作を一瞬止めてしまいます。すると、動作が硬くなってバックスイングからの連続的なリズムでダウンスイングし辛くなり、バックスイングのトップで却って上半身に変な力が入りスイングリズムが乱れやすくなるのです。

ボールを打つ場合でも、素振りと同じリズムとスピードでバックスイングをして連続的な動作でダウンスイングできるかが、ボディーターンのスイングの善し悪しを決定づける大切なポイントです。

岡本綾子師匠の著書『情熱と挑戦 - 私の履歴書』の中には、
「バックスイングを上げたら、一般的にはトップからの「切り返し」というが、私の考え方では「切り返し」という言葉は禁句である。アドレスからフィニッシュに至る、ボールを打つ一連の流れの中で、「切り返し」はない。トップオブスイングへいくまでに、すでにダウンスイングの動作は始まっているからだ。「切り返し」という言葉を使うと、どうしても余分な力が入った動きをしようとしてしまう。教え子たちには「『切り返し』といってスイッチを入れ直すことは絶対にないからね。止まっている瞬間はないんだからね」と力説している。「タメをつくる」動きはあるけれど、「切り返し」という表現はしない。」
- - - 以上引用- - - と書かれています。

立ち位置とボールとの距離は、これからご説明するダウンスイングで、右ひじを右脇腹に絞り込むように右腰を狙いよりもやや右前方にスムーズに回し込める前傾がとれる距離を見つけて下さい。前屈みになり過ぎるとスムーズに腰を回すことができなくなりますので、頭がつま先の少し前に出たくらいのあまり前傾しなくてもいい近めの方が理想的なボディーターンがしやすくなります。

2000年代前半にマスターズで歴代日本人最高位の4位になるなどの大活躍をされ「キング オブ スイング」と称されるほど美しいスイングだった伊沢利光プロが、2002年に出版された「伊沢利光の結論 [飛距離と精度]」には
「腰のターンが最初から最後まで主体になるように意識する」
「下半身から切り返した瞬間、手は何もしてはいけない」
「まず下半身から動かし出す。その感覚を体にしみこませる」
「プッシュアウトが出ても腰のターンと腕の振りを連動させることだけ考える」
「タメて下してきたヘッドは勝手に走らせるようにする」
「ダウンスイングで絶対に左脇を開けないで振り下ろす」 などの内容のほか、ボディーターンのスイングをマスターする上での多くのヒントが詳しく解説されています。
BOOK DVD

続きは、ボディーターンの秘訣 - 「下半身リードのダウンスイング」