森田理香子プロのスイングの秘訣

本サイトは、岡本綾子プロのスイングをお手本に
理想的なボディーターンの解説を目的とするものですが、
岡本綾子プロとの関係は一切ございません。

ボディーターンで打球の方向性を高めるための秘訣
 大切なポイント:解説の言葉
「ここでは、岡本プロの膝(ひざ)の動き、ニーアクションにご注目下さい。
岡本プロの飛びの秘密は、このニーアクションにあると言っても過言ではありません。」
このビデオ動画「岡本綾子プロの指導」の腰の動きには、
岡本綾子プロのように、力(りき)みのないしなやかさの中に、
飛距離と方向性を兼ね備えたスイングをマスターするための秘訣が隠されています。
その秘訣を解説したいと思います。

下の比較に見られるように、
ダウンスイングを始動する際の僅かな「間(ま)」と「あそび」の取り方の違いによって、回転の軸やインパクトまでの腰や肩の回り方、
インパクト前後の腰や肩の開き具合や、リストを反すタイミングが違ってきます。
岡本綾子師匠は、バックスイングからダウンスイングへ切り換える際に、
まず、バックスイングの終盤で左ひざを曲げ、左肩を入れてから、
曲げた左ひざをそのまま踏み込んでいくように外側へ捻って、

左尻を僅かに打球方向へスライドさせながら回す一瞬の「間(ま)」とともに、
バックスイングの勢いを吸収する「あそび」が腰と左肩にあるので、
お尻(下半身)の動きに対して、肩(上半身)はワンテンポ遅れて回り始め、
腰に捻りが生じるとともに、左腕は振り上げながら引き下ろされています。

この動きは、頭を支点、左尻をおもりにした振り子をイメージして、
バックスイングでは、おもりが右に振れるように右足に荷重が乗り左ひざを曲げ、
ダウンスイングでは、おもりが左に振れるように左足に腰が乗るイメージで、
左足を踏み込んで曲がった左ひざを外側に捻りながら、左尻を僅かに打球方向にスライドさせます。

つまり、左ひざを曲げてから踏み込み外側へ捻る一連の動作が、
バックスイングの終わりであり、ダウンスイングの開始でもあるのです。

左の岡本綾子師匠のフォームを見ると、
「左足を踏み込む瞬間に右腕をグッと固めてグリップを残し、腰を左足にのせるようにスライドさせながら回して、それに引かれるように肩が回ってグリップが引き下ろされる」感じです。

トップオブスイングで、右ひじ、右グリップをしっかり固め、グリップを右肩の右横に残す意識がなければ、遠心力で右ひじが伸びたり、ヘッドが膨らんだりしてしまい、このフォームは絶対にできません。

つまり、グリップを早く振ろうとするよりも、グリップをトップオブスイングの位置にしっかり残して遅らせるように我慢する意識の方が大切なのです。

左足を踏み込んで、左足に腰が乗ってこのフォームができてから、右足かかとを上げ、踏み込んだ左足を軸にして左足股関節を捻って右腰を回し込むのに応じて右ひざを左ひざの右横に送りながら左足に乗り込むように、
腰が飛球線方向を向くまで、腰と肩をほぼシンクロさせて回しボールを捉えておられます。
インパクト前後では、決して肩の回転を緩めずに左腕を引き抜く瞬間までクラブヘッドがボールに到達しないように右手のコックと右ひじの曲げを緩めずに、
踏み込んだ左足を軸に、右腰を回すのと一緒に右ひじを回し込みながら、

左腕を振るのではなく、
肩を回して胸が飛球線方向に向かい左肩が左後方に向かって回り始める直前に、
ハンドファーストにグリップエンドからクラブを引き抜くようにボールを捉えて
そのまま肩の回転でリストを反さずに左腕を振り抜いておられます。

右ひじが右腰と一緒に回り込みながら、インパクト直前から伸び始めるので、
クラブヘッドの軌道が右側から左側(打球方向)への楕円軌道となり
打球方向へのヘッドの軌道の直線性が増すとともに、

インパクト前後では、コックを緩めず、リストを反さずに、
肩の回転で左腕を引き抜いてクラブを振り抜かれているので、
フェースの反りが抑えられ、ヘッドは狙った方向を向いたまま振り抜かれ、
ボールへの横方向のスピンが抑えられ打球の直進性が得られます。
(ボールがクラブフェースから離れた直後から、コックが緩みリストが反り始める)

全体的に自然なしなやかさと全身の一体感を感じられるスイングになっています。
(さすがに、ソフトボールの名選手だっただけあって、
プロ野球のホームランバッターのスイングのような印象があります。)



上のバックスイングからダウンスイングへの切り返しのビデオを見ると、
バックスイングのところで説明した通り、
バックスイングのトップの位置(トップオブスイング)が高く、
左足を捻りながら踏ん張るのとほぼ同じタイミングで積極的に右足かかとを上げて、
身体の中心(体幹)を軸にお尻を先行させてしっかり回し

スイング軌道を調整しながらダウンスイングすることによって、

岡本綾子師匠の腰をスライドさせる振り子の動きに似たお尻と肩の間の捻りが自然にでき、お尻の後から肩が回って左腕が引き回されているように見えます。

それ故、腰が充分に回ったところで、上半身(肩)や右ひじが回り込んでくるので、
インパクト前後は、岡本綾子師匠と同じように肩の回転でクラブを引き抜くようにボールを捉えてフィニッシュまで肩を回して振り抜いておられます。

下の後方からの連続写真からもわかるように、
トップオブスイングが大きかったが故に、腰が先行して回る間(ま)が自然にでき、
インパクト前に腰をしっかり回してから左足を踏ん張り、
腰(お尻)と肩の間にできた捻りを解放するように、
肩を回して左腕を引き回しておられます。



つまり、大きくバックスイングすることによって、
腰(お尻)と肩の間に捻りが生じ、ダウンスイングの始動で
岡本綾子師匠のように、
バックスイングの勢いを吸収するような「間(ま)」とか「あそび」がなくても、

腰(お尻)の後から肩が回り込んでくるフォームがバックスイングで出来ていたので
ダウンスイングの開始からインパクトまでの時間が長く
岡本綾子プロのようなゆったりとしたスイングリズムを感じました。
ところが、上の比較写真の左側では、トップオブスイングを若干小さくされたために、一見、岡本綾子師匠のトップオブスイングに近づいているように見えますが、

ダウンスイング開始時に
バックスイングで内側に曲げた左ひざを外側へ捻ると同時に、
右足かかとを上げ、右ひざを内側に寄せながら、
腰を回すのと一緒に肩も回り始めています。


それ故、左足の踏み込みで振り子のように腰を僅かにスライドさせながら、
左足に乗り込む「間(ま)」とか、
バックスイングの勢いを吸収して「タメ」をつくる「ゆとり」が少ないように感じられます。

(このバックスイングでの左ひざが極端に内側に曲がるのは、
ビデオを撮影する際のアングルの違いが原因なのかもしれませんが、
岡本綾子師匠のスイングに比べ、左右のひざが、もの凄く左右に動いているように見えます。)


トップオブスイングを若干小さくしたことにより、
腰(お尻)と肩の間の捻りが小さくなったので、
従来より早く右ひじが右脇腹に落ち、
ダウンスイングの開始からインパクトまでのゆとりが少なくなり、
見た目には、スイングリズムが速くなったように感じられます。

(注:コマ送り写真では、同じようなフォームをつなぎ合わせて比較しているので、
同じリズムに見えてしまいます。実際のスイングリズムは、ビデオを見てご確認下さい。)


右足かかとを上げるタイミングが、ダウンスイング始動とほぼ同時なので、
ボールを捉える前に、右足かかとが上がりきってしまい、
インパクトでは左足1本で上半身の回転を支えなければならなくなるので、
インパクト直前に左足を強く踏ん張ってしまうために右腰の回転が止まり、
腰の回転をインパクトで活用できなくなります


さらに、お尻の回転軸が、左足ではなくお尻の中心(体幹)になってしまうので、
インパクト直前にお尻の回転が止まると、グリップが回り込む際の支点となる右ひじが、ボールよりやや後方(右側)で伸びることになってしまいます。

結果的に、
トップオブスイングを小さくしたことで、
右ひじが早く落ち、インパクトを迎えるタイミングが早くなったので、
腰がしっかり回る前に左足を踏ん張ってしまい、右腰の回転が止まり
振り下ろした慣性力とヘッドの遠心力などによって、意図しない早いタイミングで、
自然に右ひじが伸び、腕が振られてボールを捉える
ことになります。

こうなると、従来と同じようにリストを反さずに
肩の回転でグリップエンドからクラブを振り抜こうとすると、
フェースの反りが遅れてしまい、プッシュアウト気味の打球が出やすくなるので、
インパクト直前に意図的に右ひじを緩めて遠心力でグリップを落とし、
リストを捻ってフェースを反さなければならなくなります。


岡本綾子師匠のスイング分解写真をよく見て欲しいのですが、
本来は、右足かかとを上げるタイミングは、
左足を踏み込み外側へ捻る間(ま)を置いてからなので、もっと遅く、

右足に押されて回り始めた右腰に右ひじが届いてから、
意図的に右ひじを緩めず全身の回転によってフェースを反しながらボールを捉え、

その後も、右腰は左足を軸に、右ひじと一緒に飛球線方向を向くまで回り続けることで、右ひじが早く伸びてリストが反ってしまわないようにして、打球の方向性を安定化させるのです。

だから、ボールを捉えた後もリストは反さず、
左手の甲が正面を向いたまま、ダウンスイングからの流れで打ち抜かれています。

ところが、トップオブスイングを小さくしたことによって、
バックスイングからダウンスイングへの間(ま)が取りづらくなり、
インパクトのタイミングが早くなって、
インパクト直前に、右腰の回転が止まって左肩の回転も一瞬緩むことで、
岡本綾子プロのように、
慣性力によってグリップが落ちてしまうのを肩の回転で吸収できなくなります。

連続写真に分解すると、
腰の回り込みが以前よりも浅い状態で止まり、相対的に左肩の回転よりも左腕の振りで、ボールを捉えて打ち抜いているように見えてしまいます。
身体の回転でクラブをグリップエンドから引き抜くようにインパクトするというよりも、左腕の振りに合わせて、
コックを解きリストを反しながらヘッドを走らせておられるようにも見え、
(コックを解いてリストを反さなければ、右方向へプッシュアウト気味の打球になる。)
岡本綾子師匠というよりも、
下のような男子プロのインパクトに似ているようにも感じます。

こうなると、非常に力強いスイングである反面、堅いスイングになるので、
このビデオ動画のようなベストショットが出来たときは飛距離が出るかもしれませんが、腰と肩の回転のリズム、腕の振り(右ひじの伸び)とコックを解くタイミングなど、すべての要素がマッチせずに、インパクトで僅かでもズレが生じると、
ボールを捉える前後のフェースの向きやヘッドの軌道が乱れ易くなり、
ボールの落下地点では大きな差となって現われるため方向性は落ちます。



岡本綾子師匠はインパクト直後でもコック(右手首のタメ)を解かず手首も反さず肩をしっかり回してハンドファーストにクラブを引き回してボールを打ち抜いておられます。

多分、インパクトは、ヘッドを打ち込むというよりも
肩を回してグリップエンドからクラブを引き抜くようなイメージで
ボールを捉えておられると思います。

これは、グリップやクラブヘッドが早く落ちてしまわないように
右腕(右ひじ)、右手首でしっかりタメを作り、
ヘッドがボールに到達するタイミングを遅らせることにより、
右足かかとを上げて、右尻と一緒に右ひじを押し出しながら
より大きく肩を回して(身体を開いて)ボールを捉える。


つまり、飛球線方向に向かって胸を張るように左後方に左肩が回って、
左腕が引き抜かれる瞬間にボールを捉えることによって左腕の捻りが抑えられ、

インパクト直後のフェースの反りをなくすことによってボールとの接触時間を長くして狙った方向にボールを押し出し、
打球の方向性を高められていると考えられるのです。

インパクト前後で腕が振られる(フェースの向きが乱れる)要因を極力排除することにより、腰と肩を回すことのみによってクラブを振り抜いて狙った方向にボールを飛ばすスイングであり、
打球の方向性は、左腕の捻り(振り)とか、コックのリリースなどに影響されず、
腰と肩の回転のみで決まると言っても過言ではありません。

つまり、調整点が少なくシンプルなスイングなので、
再現性が高く、精神的なプレッシャーの影響を減らせるスイングなのです。

このインパクトのイメージを実現するのに大切な事は、
バックスイングからダウンスイングへの切り返しで、ゆとりを持って、
  1. 右手首を親指側にしっかりコックして右手首を固定しながら、
    右ひじを曲げるように力を入れてグリップの位置を固定するのとほぼ同時に
  2. 左足をグッと踏みしめて、「あそび」を持たせたまま左肩を入れて
  3. 動作を止めることなく連続的に、曲げた左ひざを外側へ捻るように踏み込み、

    腰を振り子のように僅かに左側へスライドさせながら左腰(左尻)を回し、

    左の写真のフォームが出来る「間(ま)」をおいてから、 右足かかとを上げ、踏み込んだ左足を軸にして右尻(右腰)を押し回す
までの、上半身に力(りき)みのない下半身リードのリズムなのです。

これによって、ヘッドの軌道が打球方向に長い楕円軌道となって、
インパクト前後の直線性が増し方向性が良くなるのです。

下のアニメーションでは、
右足かかとを上げるタイミングが岡本綾子師匠に比べ若干早く、
左足をしっかり踏ん張って身体の中心近くを腰の回転軸にして腰を先行して回しているために、振り子のような腰の振れ(スライド)がほとんどなく、
ヘッドの軌道が真円に近く非常にスムーズな回転になっています。

ヘッドの軌道が真円に近くなる分、
僅かなタイミングやリズムのずれが、クラブヘッドにダイレクトに伝わり、
フェースの乱れとなって再現性を損なうため、ミスショットに繋がり易くなります。

ダウンスイング開始時の「間(ま)」とか「あそび」のあるスイングリズムが、
打球の方向性を安定させる上での、「しなやかさ」の鍵なのです。

さあ、それでは以上を踏まえた上で、
岡本綾子プロのスイング動画をもう一度ご覧下さい。

 大切なポイント:解説の言葉
「ここでは、岡本プロの膝(ひざ)の動き、ニーアクションにご注目下さい。
岡本プロの飛びの秘密は、このニーアクションにあると言っても過言ではありません。」
スイング全体のより詳細な解説は、以下をご覧下さい。
ボディーターンスイングの意識とイメージ
ダウンスイングの開始動作として、左ひざを捻ることを意識し過ぎると、左足を踏み込んで左足に乗り込む前に膝が割れてしまうために、腰を左足に乗せづらくなり回転軸が安定せずに上半身が流れやすくなります。

また、腰を回すことを意識し過ぎると、両足で踏ん張ったままお尻の真ん中(体幹)を軸に腰を捻るように回そうとしてしまうために、腰の左側が引けて左足にしっかり乗り込めず、腰を飛球線方向まで回せなくなります。すると、肩を回すか腕を振り下ろしてインパクトしてしまい、手打ちのようなスイングになりやすくなります。

さらに、左足を踏み込む際に左ひざが伸びきってしまわないように注意してください。
左ひざが伸びきってしまうと左半身が伸び上がり、腰を充分に回せなくなって打球が安定しなくなったり、お腹が極端に前に突き出るような弓なりのフォームがきつくなり腰への負担が大きくなったりします。

イチローにも影響を与えていた岡本綾子プロのスウィング
実は、岡本綾子のリズムは、大リーガーのイチローにも影響を与えていた、というのだ。イチローの幼少時代、父・宣之氏は、当時米ツアーで活躍していた岡本綾子のルーティンやスウィングリズムが、常に一定であることに感銘。それを真似するようにイチローにアドバイスしたことが知られている。
振り子打法を考えつくきっかけとなったのも、彼女を真似て、重心を移しながらバットを振ったことに始まると言われている。

イチロー選手のスウィングは、常にムダな力みを感じさせず、そのリズムのよさがヘッドスピードとエネルギー効率につながっている。
世界を狙えるアスリートは、究極のリズムとテンポを身につけているものなのだ。

「週刊ゴルフダイジェスト」 - 2013年5月7日号より


ベン・ホーガンが50年も前に、名著『モダン・ゴルフ』
「両腰が回転することでダウンスィングを始動する。この腰の運動が自動的に両腕と両手とを腰の高さあたりの位置まで引き下ろす。
ゴルファーがダウンスイングを腰の回転から始めたときには、にわかに自分の蓄積された巨大な力に気がつくものだ。
このとき手首のコッキングはまだほどかれていないが、これが「タメ」であり、ボールをまっすぐ遠くに飛ばす秘訣だ。」と解説しています。

「スイングを台無しにする「ある動作」とは?」