アナログに関することを何でも書いております。

トラの穴ログインデックス トラの穴ログの過去の記事です。
 
 レコードは傷まないぞ!!

 レコードはかければかけるほど傷む、と思いますよね。
 私も以前そう思っていました。
 それでアナログレコードをDATに記録なんてことをしていたのでした。
 しかし最近は考えが変わってきました。
 レコード盤、針先のクリーニングを十分に行い、アームやカートリッジ等装置の調整を十分にやりさえすれば何度かけてもそうそう傷まないような気がします。
 昔から何度もかけるレコードがあるのですが、ほとんど気になる傷みやノイズは有りません。
 特に自分流のレコードクリーニング法が確立したここ10年くらいは、はっきり確信しました。
 何度かけてもレコードは傷まないぞ、と。

 新品レコードもクリーニング

 最近は新しくアナログレコードがプレスされることがほとんど無くなりましたので、新品のレコードを入手すること無く、ひたすら中古を探すことになります。
 ところがまれに新品を入手することがあり、これも一応クリーニングを行います。
 以前、全集ものの新品を大量にクリーニングしましたが、VPIクリーナーの廃液が黒っぽいことを発見しました。
 おそらくプレス時にレコードの微粉が付着したのだと思われます。
 もちろん再生には良いわけはなく、レコードも傷めることになります。
 
 やはり新品もクリーニングが必要です。

 中古レコード

 中古レコード屋のエサ箱を漁りに行って、ついでに店番の「おやじ」とオーディオ論やお互いの自慢話をやりながら、過ごすのは無上の楽しみです。

 あとはネットオークションを狙うのですが、これはよほどほしいものでない限り、出品されているものを1枚だけ落札なんてことはしません。
 送料だけでも結構な値段になってしまうためで。
 買うときはそれこそ百枚単位でガバットいってしまいます。
 もちろんダブリや失敗もありますが、中には思わぬ掘り出し物が有ったりしてなかなかスリルがあります。
 また個人のコレクションをそのまま引き継いだりしますと、未知の出会いがあったりして、それはそれでなかなか意味があります。

 そうやって我が家に来たレコードたちの状態を見ると、以前の持ち主によってはめちゃくちゃ綺麗で驚くもの。
 たとえばジャケットとレコードを別々に保存していたために、レコードはもちろん、ジャケットも全く傷んでいないもの。
 反対にカビだらけ汚れだらけというのもよくあり、カビは珍しいものではありませんのでさほど驚きませんが。一度以前の方がタバコを吸われていたのか、表面に油汚れのようなものが付着しなかなかしつこかったことがあり驚きました。それもよく聴かれると思われる片面だけに汚れが集中していました。
 とにかくそうやって入手したものは「縁有って」我が家にきたのですから、これ以上は汚さないぞという気持ちにさせます。
 丁寧に全てクリーニングしてから試聴します。

 驚くことに外見は傷だらけでとんでもない音がするのかと思っていると、ほとんど気になるノイズがなかったり、反対に、めちゃくちゃ綺麗な盤面であるのに再生してみるととんでもなくノイズがあったりします。
 これもアナログレコードの不思議です。

 レコードクリーニングU

 前回ナンノのレコード法を紹介しましたが、知り合いから「VPIのクリーナーなんか使っている人はほとんどいないぞ」と指摘を受けました。
 そこで今回はナンノと同じく知り合いの中古レコード屋の親父が、独自に開発した「おやじ液」を使用されている、八尾の阿部さんから独自のクリーナーニング法の画像をいただきましたので、紹介させていただきます。

 画像の説明は阿部さんですが、ナンノも適当に補足しております。


 おやじ液

 レコードクリーニングの要、おやじ液です。
 私は写真のようにスプレイで適量をレコードにかけてクリーニングしています。

 クリーニング後はノイズが減りほこりが付きにくくなります。




 デンター・システマ ブラシ

 カセット・ケースでも良いですが私は互い違いにブラシをセットしたかったので8ミリビデオのケースで作成しました。

 反省点としてはブラシにより高さが若干異なる為、同一種類のブラシを購入した方が良かったかも。


 クイックドライタオル

 このタオルは吸い取り能力が凄いのでビックリしました。
 軽くあてるだけで、液を吸い取ってくれます。

 もう販売されてませんので早めに入手して下さい。
 
 ジャンク・レコードプレイヤー

 レコード・クリーニング専用台として使用。 カバーがあれば乾燥台としても使用可能です。
 オークションかハード・オフで安く入手して下さい。

 クリーニング法


 
クリーニング・ブラシ使用時

 軽くあてるだけで効果があります。 あまりしつこくやり過ぎると良くないようです。
 回転スピードは色々と試してみて下さい。

 ここまではVPIクリーナーと基本的に一緒です。
 バキュームで液を吸い取る代わりに、クイックドライタオルで吸い取ります。


 クイックドライタオル使用時

 こんな感じで軽くあてるだけで液を吸い取ってくれます。
 試してみれば結構感動ものです。
 吸い取り完了後、乾燥すればクリーニング完了です。

お疲れ様でした。レイカよりも簡単だと思います。


 かける前のクリーニング

オーディオテクニカのAT6018を使用、ただし液は付属のAT634ではなく、「おやじ液AT6018用」を使用します。これはやはり「おやじ」が開発したもので、濃縮タイプの液をAT6018用の容器に入れドラッグストアーなどで販売している精製水で薄めます。

 これはナンノのおすすめです。
 

         ホーム