睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群とは

●睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中の無呼吸や低呼吸が1時間に何回か起こるものを言います。呼吸障害のために生じる浅い眠りや無意識の覚醒によって"昼間の眠気"や"精神神経活動の機能低下"がみられ、社会問題を引き起こす危険性があることや、また生活習慣病(高血圧、脳血管障害、糖尿病、心疾患)との因果関係が示唆されております。
 睡眠時呼吸障害とは、いびきはあるが無呼吸は問題にならない程度の軽症の場合〜上記のような重症の場合までが含まれております。

●睡眠時呼吸障害の多くは上気道が閉塞することによって起こります。のどの奥、口蓋扁桃や口蓋垂(のどちんこ)と軟口蓋(のどちんこの周辺)の形態との関連が大きく、また肥満や顎の形態、鼻呼吸の障害(鼻づまりがあり口呼吸で寝る) も影響します。上気道が塞がれる傾向があるといびきがみられ、さらに上気道が完全にふさがれてしまうと睡眠時無呼吸を引き起こします。

●いびきが大きい、睡眠中に呼吸が一定時間止まったあとに深い呼吸をする、夜間に中途覚醒がある、昼間の異常な眠気・だるさなどの症状がある、などの症状がみられるような場合、一度、睡眠時呼吸状態の検査をおすすめします。
無呼吸の有無、程度、生活習慣病へのリスクになっていないかどうか、治療の必要性、その他いびきの状態や改善方法を知ることは重要です。

診断方法

●鼻・のどの診察や症状の問診を行います。
●睡眠時呼吸障害の疑いがある場合には、@PSG(終夜ポリグラフィー)(睡眠中の鼻呼吸、気道音(イビキ)、SpO2=経皮的動脈血酸素飽和度、心電図、脳波を調べるもの)(入院が必要)またはA簡易検査(@から心電図と脳波検査を省いたもの)(場合によって後に@にて詳しく睡眠状態を再検査する必要がある)により診断します。

治療方法

●無呼吸がなく、いびきなど軽度の症状の場合
 日常生活習慣の改善:仰向けでなく横向きに眠る、低い枕を使う、アルコール摂取を控える、減量・ダイエットする、睡眠薬や筋弛緩薬をやめる、鼻づまりがあるときは点鼻薬を使うなど。
●睡眠時呼吸障害と診断された場合、
CPAP(Continuous Positive airway Pressure:経鼻的持続陽圧呼吸療法)、
マウスピース(歯科装具)
外科治療:扁桃肥大がある場合の扁桃摘出術、鼻閉が強い場合の鼻閉の改善な

※当院ではまず通常の鼻のどの診察を行った上で、検査が必要と考えられる場合に携帯型ポリグラフィーを貸し出しし自宅で装置を装着し検査を行っていただきます。(装置は100g程度の小型のもので装着方法も簡単です) 検査後当院に装置をご持参いただき内臓メモリに保存されたデータを解析します。
検査装置の貸出は予約 になります(貸出当日約15分ほどの検査方法の説明も必要)(保険適応)




トップへ
戻る