題名 画像 内容
西木屋町川の柿

 有栖川との交差の下流にある柿を描きました。11月上旬というのに葉がまだ青々と多く、線画に手間取りました。描き始めてから3時間、一寸したトラブルがあり中断したが書き上げる。合計5時間半。
 今回から家族に孫も入れて外面中央に入れている。更に、たまたまつがいの鴨が飛んできて仲良く泳いでいたため書き込む。吉祥と思い、泳いでの波も描く。
 最近は、外で5時間のお絵描きも疲れるようになった。また、近くにトイレなどある広々とした観光施設で車の通行が少ない方が体力温存と危険の排除になると感じた。
 来年はアラ古希になる、やり方を考えよう

瀬戸川からの愛宕山

 5月かと思う晴れた暑い日。いそいそと電動自転車(電ちゃん)に乗り、丸太町を西に、清凉寺の奥の瀬戸川に着く。近くの嵯峨落柿舎北 公衆トイレを借りて7:30から描き始める。一点透視であり構図は楽だが、木が多く、八重桜も咲いており、手前の山と愛宕山の書き分けなどインキングに手間取る。絵の構図に合わないものは取捨選択。先回から孫も絵に入れる、ちょうど橋があり好都合
 晴れた空、暑いくらいの陽射し、若葉の生気が満ちる。瀬戸川の流れは穏やか、鴨のつがいが仲良く飛んできて睦まじい。
 11:30に描き上げる。丸太町から新二条通、三条通を通るが右京(千本より西)の道は寸断されていると感じた。

トップページにもどる