お金学院

お金学院|講座一覧

お金の学校
お金の小・中学校 お金の小・中学校
■ より良き幸せな未来のために
■ お金の知識
■ 保障と保険の知識
■ ライフプランニングとお金
■ お金の動きと情報
■ 日経新聞の見方
■ 金融・保険商品とは
■ 金融商品・保険商品の見直し
■ お金を貯める・増やすその方法

詳しくはこちら

お金の高校 お金の高校
■ お金の流れを読むための知識
■ マネー運用のための分析
■ テクニカル分析

詳しくはこちら

お金の大学 お金の大学 FX(為替)学部
■ FX(ドル/円)取引の基本とルール
■ ファンダメンタルズ分析
■ テクニカル分析

詳しくはこちら

お金の大学 お金の大学 商品先物取引(CX)学部
■ 貴金属(金・白金)、石油(原油・ガソリン・灯油)取引の基本とルール
■ ファンダメンタルズ分析
■ テクニカル分析

詳しくはこちら

お金の大学 お金の大学 投資信託学部
■ ファンド商品について
■ 証券、債券、不動産、商品ファンドなど
■ 投資方法
■ 投資の実践

お金の大学 お金の大学 証券・指数先物投資学部
■ 株式・債券投資の基本とルール
■ 日経・TOPIX先物の基本とルール
■ ファンダメンタルズ分析
■ テクニカル分析

お金の大学 お金の大学 保険学部
■ 損害保険、生命保険、共済
■ 損害保険、生命保険の契約と見直し


お金・投資・トレードの勉強は「麦藁帽子


相場格言に、「麦藁帽子は冬に買え」という言葉があります。

これからの時期、寒さが厳しくなる気配があると冬物衣料が売れ出します。
ところが、寒い時には夏物用品を買おうとする人はいません。
冬休みに暑い南国へ旅行するため夏物用品を買いにいってもまず品物がないのが普通です。
季節はずれのものは売れないから、品物が店先から消えているのは当然です。

同じように、麦藁帽子を冬に買う人はいません。
必要がないからです。品物があったとしても誰も見向きもしません。
仮に夏の売れ残りがあったとすれば、在庫処分で、ただ同然で売ってくれるでしょう。
この誰もが見向きもしないときは、安く買えますからの絶好のチャンスということになります。
その後訪れる暑い季節に買うよりはるかに安く買え得することになります。
「麦藁帽子を冬に買え」というのは、この安い時に買うという原則を教える格言です。

「麦藁帽子は、冬に買え」と同じように、「お金や投資の知識は、必要の無い時学べ」です。

今は、お金の勉強は不要。
マネー運用なども不要。
投資の勉強も不要。
運用するほど資金がない。

などと考えず、しっかりとしたお金の知識を見につけておけば夏が来訪れると活躍します。
冬からいきなり秋、冬にはなりません。

誰もが、知識の必要性を感じ出した時、注目した時から、同じように学んでも夏に麦藁帽子を買っているのと同じです。

するとどうでしょう。
勉強を始めて運用や投資が出来るようになるころには、市場はピークを過ぎ夏から冬に向かうことになり、勉強し、そのころから初めて投資すると冬に向かう状況下で始めてしまい、いきなりから失敗することが往々にしてあります。

本当は、相場環境が冬である時に勉強を始め、夏に向かう状況で、スタートできるようにするのがよいにも関わらず、市場が沸いて周りが騒ぎだすと自分も始めてみようかなと行動に移すものです。
これが人間の心理かも知れませんが、ここで大きく差が出来ることだけは間違い有りません。

お金学院の講座の申込状況を見てもわかるのですが、株式、FX、商品市場が活況に沸いてくると受講のお申込みが一気に増えます。

しかし、そこから勉強を始めて、いざ市場に参加出来るころには、市場が休憩中であったり調整局面に遭遇することになります。

また、講座でもお申込が急増する中で受講して頂くのと、そうでない時に受講して頂くのとでは、余裕を持って勉強出来るか、慌ただしい中で勉強するか。
身に付き方が違ってくるように思います。

訪れた夏は、また冬に向かうものですし、訪れた冬は、また夏に向かうものです。
 
テレビや新聞で、市場、相場の話題が増えてから勉強を始めたのでは遅いということです。 
本来は、テレビや新聞で話題にならない時こそ勉強を始める時です。
そすると、話題になるころには市場に参加できます。
  
お金の勉強は、「麦藁帽子は、冬に買え」と同じように、「必要の無い時」から勉強を始めて下さい。


<< 前のページに戻る