さんぷる道の駅

お金学院 FXレベルアップ(ドル/円)講座プログラム

こちらの講座は、お金学院FX講座の受講者様向けの講座です。 

FX講座で勉強して頂き、日々勉強、研究に励んでおられることと思います。
お金学院では、受講者様のご要望にお応えし、更にレベルアップを目指される場合に以下の3つの講座をご用意しております。

レベルアップFX講座

中級~上級編

相場を観るためのテクニカル分析の手法、上級実践編及び真の目標値計算の方法を学ぶための講座です。
レベルアップFX講座は、 受講時間5時間~でお金学院FX講座を受講頂いた受講者様に受講頂けます。
内容等詳細についてはお問合せ下さい。




(注)お金学院FX講座の受講者様以外は、いかなる内容のお問合せを頂きましてもご返答致しかねますのでご了承下さい。
また、上記お問合せフォームまたはお金学院講座問合せメールアドレス宛以外のお問合わせには一切ご返答致しかねますのでご了承下さい。

FXで勝ち続ける為の「講師の分析視点」講座

上級実践編



お金学院の講師が、日常のトレードにおける勝ち続けているチャート分析の手法を伝授します。
ご自身のトレードにおいて疑問をお持ちの方や自信のない方にとっては大変意義のある講座です。

様々な市場において、15年以上トレード経験を持つ講師陣が通常講座では話さない分析視点をお話しします。
お金学院のFX講座受講者様で、コンサルティングメンバー様に受講して頂けます。
講師陣が普段のトレードで行う分析手法をもとに、トレードの真実をお話しします。

(1)勝ち続ける為の条件
(2)勝ち続ける為のチャート分析
 

「講師の分析視点」講座は、一般には開講しておりません内容をお金学院コンサルティングメンバー様、サポートをご利用中の受講者様に受講頂けます。
内容等詳細につきては、担当講師または下記のお問合せフォームよりお問合せ下さい。


(注)お金学院のコンサルティングメンバー様、サポートをご利用中の受講以外は、いかなる内容のお問合せを頂きましてもご返答致しかねますのでご了承下さい。
また、上記お問合せフォームまたはお金学院講座問合せメールアドレス宛以外のお問合わせには一切ご返答致しかねますのでご了承下さい。

テクニカル分析の実習講座

テクニカル分析の実習講座は、分析の実務がわかる講座です。



相場の基本と分析を勉強したのに勝てない理由の一つには、テクニカル分析を使っているつもりだけで本当の使い方が理解できていないことがあります。
理解できていなければ永遠に正確な分析は出来ません。
いくらレベルの高い講座においてテクニカル分析の手法を学んでも、テクニカル分析の基本と使い方を知らなければ役に立ちませんし、「猫に小判」にならないようにしないといけません。
                           
また、相場で儲けるためには、相場の分析は独学や机上論(教科書論)では儲かりません。
儲けるための相場分析の実務論を勉強しましょう。
本講座は、講座内において実際にテクニカル分析の分析方法における実務実習をして頂くことにより、テクニカル分析の手法をマスターして頂くことを目的とした講座です。

基本講座及びレベルアップ講座を受講後に、勉強されたテクニカル分析を実際に使用して上手く使えない受講者様や自分の分析方法が合っているか、更に正確な分析の活用方法を知りたい受講者様向けの講座です。

テクニカル分析の実習講座は、基本講座または基礎講座を受講された受講者様であればどなたでも受講頂けます。
内容等詳細につきては、担当講師または下記のお問合せフォームよりお問合せ下さい。


(注)お金学院FX講座の受講者様以外は、いかなる内容のお問合せを頂きましてもご返答致しかねますのでご了承下さい。
また、上記お問合せフォームまたはお金学院講座問合せメールアドレス宛以外のお問合わせには一切ご返答致しかねますのでご了承下さい。

「テクニカル分析実習講座」を受講しての感想

■吉川様・大阪・男性


今回、「テクニカル分析の実習講座」を受講してわかった事を結論から言うと、今まで基本講座を受講後何をしていたのだろうということでした。
つまり、実際のテクニカル分析と、私が理解して行っていた分析とは異なるということです。
勝って利益を出すために行うテクニカル分析と、ただ相場の動き(流れ)を見るためのテクニカル分析とは全く異なるということでした。 

私が行っていた分析は、基本講座で学んだ内容を基にして、チャートを設定し、トレンドラインを引いたり目標値を見つけたりしてトレードを行っていましたが、実はそれは全くの基本であり、テクニカル分析のスタート地点に立った状況に過ぎなかったと言うことを知りました。

最初私は、約3カ月程練習してトレードデビューしました。
最初はそれなりに上手く出来そうだと思っておりましたが、思い続けて約3カ月が経過した今、出来そうだと思う域から出られずコンスタントな利益を得て行くことに繋がりませんでした。
そこで日々、テクニカル分析を見直し、自分なりの分析方法を研究はするものの、それが合っているか、間違っているのか考えれば考える程分からなくなっていました。
受講してチャートの設定と見方から誤っていることや、自分都合の分析をしていたことにショックを受けました。

私の感じた印象を言わせて頂くと、私は趣味で釣りをするのですが、その釣りに例えて言うと私が今まで分かったつもりで分析していたテクニカル分析は、
趣味で魚を釣る釣り人です。

でも、講座で学んだテクニカル分析は、漁師さんが仕事として魚を釣るための方法です。
確実に、趣味での魚釣りと漁師さんの仕事の釣りでは、全く道具や手法や方法が異なることだと理解しました。
お陰で受講料を十分回収できるトレードが出来ました。

私の感想をお読み頂いたトレーダーの皆さんも、勉強したのにテクニカルが上手く使えず利益に繋がらないと思っておられたとしたら、受講されて仕事(実務)としてのテクニカル分析を学んでみてください。
それと、この講座は講義を聴くだけではなく実際に分析の練習を実習として行うことで理解出来る幅がかなり広くなります。
一目均衡表の雲の中でもがいていた私が、一気に雲を上抜けし見通し良く快晴になった気分です。

■星野 様・福岡・女性

私も漏れなく、テクニカル分析は出来ているものと思っておりましたが撃沈です。

今までいくつかの講座を受講させて頂き出来るつもりになっていたようです。
今回受講しようと思ったのは、今まで多くの知識を教えてもらって、その方法で分析しているのに実際は正確な分析にならいことのほうが多くて、いつも
何故だろう?と疑問を持って分析していました。
そして、何が違うのだろうと思いだしたことから、テクニカル分析実習講座を受講することにしました。

受講させて頂き、衝撃を受けたことは2つです。

まず一つは、テクニカル分析の使い方には本音と建前があったということ。
もう一つは、相場から分析するはずのものが、いつの間にか自分都合の分析を相場に当てはめる分析に変わってしまっていたこと。
自分一人では気付けなかったことが、はっきりとわかりました。

テクニカル分析の本音と建前については、講座の案内にも書かれてたと思いますが、テクニカル分析の机上論と実践のトレードにおいて分析する実務の分析は異なるということです。

今まで勉強した内容はテクニカル分析の基本で、先生は「分析を行うにあたっては使用するテクニカルを検証されて下さい。」と言われていたと思います。
その検証が出来てこそ、実務の分析に近づくという意味でした。このことは、この講座を受講するまで全く気付けなかった内容です。

しかも、実務においての検証方法を教えて頂き、目が点になる状況で、一目瞭然とはこのことです。
これが出来て、初めて正確な分析が出来ると教えて頂いてからは、今までとは全く視点の異なる分析が出来るようになりました。
そして、もう一つの自分都合の分析は、本来のテクニカル分析は自分のトレード方法に合わせてチャートを設定するところから既に始まっていました。

分析システムにおいて何気にチャートを設定し、それでもって分析をしていたわけですが、それは全くの誤りでした。
その時点で、相場に合わせてチャートを設定しているのではなく、自分に合わせて設定してしまっている現実。
多くのトレーダーさんはその間違いをされてそうです。

そこから、間違ってしまうとテクニカルの見方、使い方に至るまで狂ってしまうことになります。

今回の分析の実習において、理解していたつもりのテクニカル分析が全く異なったものであることに気付け