「黄金色の朝に」


 「ムーンブルク王女、椿(つばき)様は生きておられます。落ち延びる際に姿を変える必要がありまして」
「何にです?」
「犬です」
「いぬぅ?」

 素っ頓狂な声が少年達から上がった。一方は黒髪青瞳の凛々しい少年。その片割れは金髪緑瞳の穏やかな少年。

 「で、椿は今どこに?」
「それは分かりません」
「そんなぁ、無責任な……」
「とは申されますが、ギリギリの状態だったんですよ」
「王宮付きの魔術師にしては無責任すぎるっ!」
「まあまあ、榎(えのき)。ここは落ち着いて……」
「柊(ひいらぎ)は呑気すぎるっ!」

 青瞳に剣呑な光を滾ぎらせる榎を宥めた柊は、金の髪を揺らして話の続きを目配せ催促をする。その先には銀髪と翠の瞳の背の高い青年がいた。

 「貴方が椿に術を施したのですか?」
「はい」
「術者が無事で肝心の椿が行方知れずとは皮肉だな?」
「ですよねー」
「貴様! 国難を他人事みたいに笑う奴があるかっ!」
「失礼。ロトの血筋はぽややんか、短気かの両極端で困りますね。どうして程好く交じらないのか不思議ですよね」
「ふざけるな! 叩っ斬るぞっ! いい加減にしろっ!」

 飄々とした物言いとふざけた態度に榎が切れた。その眼前に青年が手のひらを翳す。唐突に塞がれた視界と、自然な挙動に榎は息を呑む。剣技の天才と称される自分がこの隙だらけの青年の所作を見切れなかったのだ。

 驚愕と困惑とで固まる榎を意に介すことなく、青年はもう片方の 手を二人に差し出していた。そこには小さな女物の手鏡。

 「これで王女の術は解けます。この鏡は人の真実の姿を映し出します。これで元の姿に戻ることが出来ます。どうぞお取り下さい」

 柊が手鏡を受け取った。二人は揃って覗き込んだが、別段変わらぬ少年達の顔しか映り込んではいない。

 「ただの鏡、だよな?」
「じゃ、そういうことで。私はこの辺で失礼しますね」
「ちょ! これって一体? そんな、何て無責任なっ!」
「おい、待てよっ! 逃げるのかよっ?」

 銀髪の青年は呼び止めに応じることなく、額に指を添えて空気に溶けるようにして姿を消した。後に残るは唖然と立ち尽くす少年達のみ。

 「……何て奴だっ! 無責任極まりないっ!」
「どうしようか?」
「どうするって言っても、椿を見付けるしかないだろ!」
「今は情報が手に入っただけでも良しとすべき、かな?」
「……で? この町だけで犬は何匹いるんだよ?」
「さあ?」
「犬の特徴とかも無しか! あの野郎、ふっざけんな!」
「でも、虱潰しに探せば椿は必ず見付かるんだよ」
「お前、幸せな位に前向きだよな」

 榎がげんなりと頭を抱える傍で、柊は感慨深げに手鏡を覗き込んでいた。それは縁に繊細な細工が施された美しい代物だった。

 「しかし、お前達の婚約から一ヶ月と経ってないとは」
「正式発表の予定を擦り合わせるためにちょっと帰国したその間にだなんて……ね。間が悪すぎるよ」
「幸せの終わりなんて呆気ないもんだよなぁ」

 榎が悔しそうに足元の小石を蹴ると、柊は激しく頭を振った。

 「終わりじゃない! 榎がそんな馬鹿言わないで」
「ああ、悪ぃ…… ごめん」
「あの笑顔を取り戻すためなら、僕は絶対に諦めないよ」

 柊は微笑んでいた。その綠瞳の力強い光を目の当たりにした榎は降参とばかりに肩を竦めながら両手を天に向ける。

 「強いな、柊は。俺はそんな風に笑えない」
「僕は全然強くないよ。榎みたいな剣技もないし、魔法も弱い。信じることだけが僕に出来ることだからね」

 笑顔の下の深い苦悶を嗅ぎ取った榎は、それ以上は何も言わなかった。




 「いつになったら、椿は見付かるんだ? 椿~ どこに行ったんだよぉ」
「うん…… どこだろうねぇ」
「この町にはいないのか? どこを探せばいいんだよ?」

 二人は宿の中庭のベンチに腰掛け、疲労困憊の態で鏡を見詰めていた。この数週間、町の犬という犬に鏡を翳し回ったが全て徒労に終わっている。夜更けの風はそんな二人を労うかのように涼しく吹き過ぎて行く。

 「銀色の人の言うことは正しかったのか? もしかして、椿はもう……」

 自棄っぱち気味で零した榎は慌てて口元に手をやり、隣を横目で伺う。柊はそんな榎を非難することなく曖昧に微笑んでいる。榎はがっくりと首を垂れ落とした。

 「魔法を扱えるお前が、婚約者のお前が一番辛いよなぁ。考え無しでごめん。俺は配慮が足りない……」
「気にしないの。僕も本音を隠して気を遣われるより、腹を割ってずけずけと話してもらえる方が嬉しいよ」
「すまん」
「榎はガーガー遠慮無しに喚いてる方がいいよ」
「それって誉めてんのか、貶してるのか分からないぞ?」
「勿論、誉め言葉だってば」

 榎が足元に落とした苦笑を踏み潰す横で、柊は今までと打って変わった強い光をその瞳に宿していた。

 「願いが叶うその時まで、僕から終止符を打つつもりはないよ。絶対に彼女を思い出になんてさせやしない。僕は絶対に諦めない」
「本当に強いよなぁ、お前って奴は……」
「そんなことないよ。君のいない陰で泣いてばっかりさ」
「はは…… それは初耳だ」

 柊の告白に榎はおどけて笑い返す。

 「僕はね、君がこうやっていつでも傍に居てくれるから、辛うじて正気を保っていられる。ありがと。感謝してる」
「魔力もなく、椿の探索の役に立ってないのにかよ?」
「魔力だけがこの世の全てじゃないんだよ。その心根の優しさと強さに僕はすごく救われてるって言ってるの」
「恥ずかしいことをしれっと口に出来るよな、おい!」
「はは…… 何でだろうね。今晩はすごく気分がいい」

 柄にもなく照れる榎を横目に、柊は夜空を見上げた。

 「今日は随分と星が流れる夜だね。光の洪水みたいだ」
「ああ、本当だな。綺麗だ」
「この流れ星達を椿も見ていてくれればいいんだけど」
「俺達に早く迎えに来いと恨み言を唱えているのかもな」
「椿はそんなに性悪じゃないよ」

 二人が流星を見上げながらくすくすと笑い合っていると、 柊の胸元が急に輝き出した。柊が取り出した鏡は、満月の光のような美しい青銀の輝きを放っている。

 「鏡が光ってる? 今までこんな事なかったのに」
「お、おいっ! 待てよっ! どこに行くんだよっ!」

 そんな鏡を覗き込んでいた柊が突然、中庭を駆け抜けて行ってしまった。その後を慌てふためいて榎が追う。




 星降る夜の街を二人は走っていた。理由は分からない。こっちだと身体と心の奥からの声が囁き誘うのだ。やがて、そんな二人が足を止めたのは、とある美しい噴水の前。

 「ごきげんよう。こんばんは、ロトの末裔方。ようやく鏡に魔力が満ちたようですね」

 椿の生存と鏡をもたらした青年が噴水に腰掛けていた。

 「は? あ、これ? 魔力が満ちたって?」
「それは元々、椿王女愛用の手鏡だったんですよ」
「椿の?」
「魔法の鏡じゃなかったのか?」

 二人の呆然とした呟きを受け、青年は極上品の笑みを浮かべる。そのどこか気に障る笑みに苛つきつつ、榎が半眼で低く唸る。

 「説明してもらおうか?」
「その鏡には希望の魔力を集めるよう細工を施しました」
「希望の魔力? そんな魔力があるんですか?」
「例え話です。竜の姫君がそう呼び習わしているので」
「竜?」
「ムーンブルクは月に…… 竜に愛された国ですからね」

 疑問符に塗れた二人に青年は話し続ける。

 「竜の女王の命を受け、王女の安全を図ってきました」
「貴方は最初から椿の居場所を知っていたんですか?」
「はい」
「お前っ! 何、ふざけてんだっ! 俺達がどんな思いでっ!」
「彼女は今どこにっ?」
「ここです」

 気色ばんで詰め寄ってきた二人を片手で制し、青年はその翠の瞳を膝へと流す。そこに一匹の子犬が眠っていた。

 「王女の意識は、この子犬の奥底で眠っています」
「ど、どうやったら…… 目覚めさせられるんです?」
「魔力が満ちた鏡に王女の姿を映せば封印は解けます。あなた方が王女を諦めないならば、この世界の滅亡も諦めないだろうとロト達は希望を託されました」
「俺達はロトに試されていたのか?」

 青年が口にしたロトの名に榎がぐっと口許を引き締める。榎のロトに対する憧れは生半可ではない。

 「鏡はあなた方の言葉と行動をずっと映していました。あなた方の紡ぐ不屈の言葉と、前向きな行動が合わさって希望の魔力を生み出すという細工が施されていました」
「……」
「今晩は沢山の希望が飛び交う魔力の強い夜。次の流星群まで待つ筈でしたが、ロトの血は予想を外すのが上手で」
「……」
「さあ、もうすぐ夜明けです。早く試してごらんなさい」
「えっ? ああ、はい…… 柊、鏡を……」

 子犬を石畳の上に降ろし、二人は恐る恐る輝き続けている鏡を翳した。溢れ出た銀色の光が鏡面から水のように溢れ出し、空から落ちてきた金色の光と合わさって眩しく炸裂した。

 やがて、目を開けた二人の前に緩やかに波打つ紫の髪の少女が座っていた。

 「あら……」
「椿っ! ごめんね、遅くなって。辛かっただろう?」

 紫の少女を抱き締めながら、柊は声を上げて泣き始めた。そんな肩と背中を優しくあやす椿は優しく微笑んでいる。

 「柊。ほら、もう泣かないで? 私はここにいるわ」
「うん。本当に良かった…… 本当に、よく無事で……」

 椿は柊の金色の髪を撫ぜつつ、榎を見上げて笑った。それは変わらない、榎もよく知った花の笑顔。

 「ありがと、榎。あなただけは柊と一緒だと信じてた」
「いや、俺はこいつに引きずられて来たようなもんだ。俺は色々愚痴ったり、諦めたりと情けない限りでさ」
「ううん。柊は一人じゃ駄目なのよ。支えになったり、護る者がいないと本当に頼りない人なの。こんな風にね」
「はは…… よく分かってるな。さすがは婚約者殿だ」

 銀色の青年は三人の笑顔の前に恭しく膝を折った。

 「それでは、私は失礼致します。王女、今まで窮屈な場所でお疲れ様でした。これから先があなた方の本当の試練の時。全員揃って時空の輪への帰還を願っております。 あなた方に天帝神のご加護と御武運があることを」
「今までありがとうございました、時司政長のエルフ殿。どうか竜の女王と聖司政長殿によろしくお伝え下さい」
「確かにお伝えいたします」
「え…… エルフ?」
「うわ…… でっかい耳の人」
「全く。あなたはいつになっても同じことを繰り返す」

 椿の言に二人が改めて銀色の青年の出で立ちに目をやる。美しい銀色の髪から覗く耳の形は人間のそれではない。 柊の呟きに青年は苦笑を零すと、初めて会った時と同じ気取った仕草で朝日の光の中へと消えて行った。

 「柊、榎。これからは私も一緒に行かせてね。私達三人が力を合わせれば、きっとどんな困難も越えて行けるわ」
「勿論! 僕達は一緒だよ。三人で一緒に世界を救おう」

 黄金色に輝く朝日の中、三人は決意を固めた笑みを交し合っていた。





Kz様「yellow」より