「世界で一番のお姫様」


 「お迎えに上がりました、ローラ姫様」
「レグホーン、あなたが? あなたが伝説の勇者なの?」
「俺も知らなかった。幼い頃から憧れていた伝説の勇者の生まれ変わりが幼馴染みの下級貴族の三男坊だなんてがっかりだよな」

 レグホーンが自嘲気味の笑みを浮かべると、ローラは亜麻色の髪を揺らしながら俯いた。

 「……馬鹿」
「だよな。言いたくなる気持ちも分からなくはない」
「べ、別に。それより早くここから連れ出して」
「では…… お手をどうぞ、お姫様」

 恭しい仕草で差し出された手にローラは曖昧に微笑む。

 「あなたがそんな王子様面で跪くなんて変な気分だわ」
「では、変ついでに。ちょっと失礼」

 レグホーンはローラをぐっと引き寄せ、次の瞬間には膝裏に腕を差し回して抱き上げていた。それは俗に言うお姫様抱っこ。

 「な、何? レグ、いきなり何するのよっ! 私は」
「むさ苦しくて恐縮ですが、しばらく顔を伏せていて下さい」
「はぁあ? な、なんで私がそんなことっ!」
「この先には俺が殺したドラゴンの死体が転がってます。一撃で急所を仕留めてはいないので、辺りは血の海で壮絶な有様。あんな光景はお姫様には耐え難いし、わざわざ見せたくもありません。そのドレスも汚したくはありませんしね」
「私を誰だと思ってるの? アレフガルド王家の姫よ!」
「そういう姫だからこそ、丁重に扱うのが臣下の心得」
「馬鹿にしないでっ! そんなの平気よ!」
「これ以上ごちゃごちゃと我侭口を叩くのなら、容赦なく小突き回します。強がるのも時と場所を考えて。それ位も理解出来ずに何がアレフガルド王家の姫でしょう」

 青瞳を吊って抗議したものの、それ以上に苛烈な視線にローラはたちまち口を噤む。




 「あの、レグ? 私…… その、重いんじゃない?」
「別に。これ位は鍛えてないと務まりません。髪の乱れとか、服の汚れなんて気にしません。昔はもっと平民の娘同然でしたしね」
「だ、だからっ! あの頃とは違うのっ! 私はね」
「分かってます。世界で一番のお姫様ですよね」
「もう降ろして! 危険な場所は終わったのでしょう?」
「駄目」

 ローラはレグホーンを睨み付ける。無遠慮な言葉以上に、その無愛想極まりなしの顔が腹立たしい。

 「その華奢な靴で洞窟を歩くのは無理。転けるだけ。この先はおんぶ。白馬の馬車を手配出来ませんでした」
「私がそんなことも分からないと? 私は馬鹿じゃないわっ! おんぶって子供じゃあるまいし!」
「今は無駄口は叩かずに大人しく従って下さい。追っ手が付くのも時間の問題です」
「そうじゃなくて! 何も分かってないんだからっ! 私だってね、やる時はちゃんと出来る子なんですっ!」

 ローラは眼前の逞しい胸を押し退けると、レグホーンの剣をひったくり、自身のドレスの裾をざくざくと切り裂き始めた。

 「折角のドレスを破いてどうするんですか、勿体無い」
「こんなの動きにくいだけよ。それでまた捕まったなんて洒落にもならないわ。さてと、これで文句ある?」

 得意げに胸を張るその足元には布の山。それらを拾い上げたレグホーンはローラに手近の岩に座るよう指示した。




 「こうやって巻けば靴も脱げないし、足膝への負担も軽くなる。 少々の不恰好はドレスを破った者の責任で」

 レグホーンはドレスの切れ端を包帯のように切り分け、ローラの足に巻き付けていた。それは靴の土踏まずや踵を巻き込み、靴が脱げないよう固定していた。更にそれらは踝から膝へと巧みに巻き上がり、足の補強を担うものとなっていた。

 「あのっ! あのっ…… ありがとう」
「ん?」

 足を看て跪くつむじにローラが感謝の言葉を落すと、きょとんとレグホーンが顔を上げた。そんな無防備さに視線を逸らしつつ、ローラは早口で先を続ける。

 「た、助けに来てくれて、ありがとう。私だけの騎士になって、護ってくれるって…… あの……」
「あんな遊びを覚えてましたか? まだまだ子供ですね」
「そういうあなただって覚えてるじゃないの」
「子供の頃の思い出話です。あなたの救出は勅命任務ですから」

 レグホーンは儀礼的で隙のない笑みを浮かべていた。それは ローラの幼い思い出の中にはない大人びた笑顔。

 「それだけ?」
「他に何と言えば?」
「だから、もっと…… 言い様はないの?」
「私如きに勿体無きお言葉。姫の御身が御無事で何よりでございました。王もきっと喜んで下さることでしょう。この先は、不肖の私が城にまでお連れさせていただきます。ご安心召されますよう」
「……」
「これでいいですか?」

 紋切り型口上で返されたローラは、がっくりとした溜息を吐く。

 「相変わらずムカつくわ、その態度。融通の利かない堅苦しさは昔からちっとも変わってない」
「ああ言えば、こう言う。あなたも相変わらずの我侭ですよね」
「こっちが素直にお礼を言ってるのに。どーしてあなたはいつもそうなのっ! 腹立つわねっ!」
「そうは言われますが、今では我々は主従の間柄なんですよ。幼馴染みとはいえ、その辺の線引きはきっちりと付けておかないと。臣下の者に示しが付かずに困るのはあなたなんですよ。お姫様」
「今の私は心から個人的にあなたにありがとうと言ってるの。 どーして、そんな風に堅苦しく構えるのかしら? 素直に、普通にどういたしましてって言えないのよっ! 本当に朴念仁なんだから。 んもーっ! 分からず屋っ! 鈍感っ! 馬鹿、馬鹿っ!」
「はい、はい、はい…… そんなに足を振り回すと丸見えですよ。もう裾の長いドレスじゃないんですからね」
「えっ? わ…… きゃっ!」

 いきり立ってレグホーンの肩を足蹴にしていたローラは勢い余ってバランスを崩した。すかさずレグホーンに強く抱き寄せられ、辛うじて転倒を免れたローラはどぎまぎと顔を赤らめる。

 「あ…… あの、あの…… レグ? 私、私ね……」
「ほら、言わんこっちゃない。お転婆、我侭も大概にして下さい。 いつまでも子供のままではいられないんですよ、お姫様」
「……」
「さあ、立って。ご自分で歩かれるのでしょう?」
「子供、子供って…… いつまで経っても……」
「……?」
「馬鹿ーっ!」

 甲斐甲斐しくドレスの埃を払っていたレグホーンが顔を上げた瞬間、その頬に赤い花が炸裂する音が華々しく響き渡っていた。




 「ご夫婦ですね。それでは、こちらへ」
「え? いや、あ…… ちが」
「では、お願いしますわ、ご主人」
「はい、奥様。直ちに」
「ちょっ……」

 宿の主人がレグホーンの狼狽に気付くより早く、ローラは優雅に歩き出していた。その後をレグホーンは慌てふためいて追い掛ける。




 去り行く主人の足音に耳そばだてていたレグホーンが鋭く振り返った。そして、地を這う暗鬱に塗れた声がそれに続く。

 「分かってます? 夫婦者と言われたんですよ?」
「済んだことよ。同じ部屋だと安いんでしょ? 私だってそれ位の常識あるわよ」
「過去形ですか? 短絡的というか、考えが浅いというか……」

 笑うローラの余裕の前に、レグホーンはげんなりと肩を落とす。反してのローラは、うきうきとした声を上げた。

 「私、お風呂に入りたいわ」
「は?」
「お風呂。そろそろ臭ってきてるんじゃないかしら? ここに付くまでにご主人に気付かれるんじゃないかとヒヤヒヤものだったわ」
「ヒヤヒヤって…… この状況より、そっちの心配ですか?」

 レグホーンはその場に崩れるようにして両膝と両手を床に着く。緊張の糸が切れる音とはこんな音階だったのかと妙な感動と底知れない強い脱力感にレグホーンは沈んだ。そんなレグホーンを置いてけぼりにして、ローラの話はあれこれと勝手に続いていた。

 「破ったドレスはあなたのマントで隠れてると分かってても、ドキドキだったわ。こんな汚い娘がアレフガルドの姫だと知れたら、恥ずかしくてその場で死ねるわ。ね、レグもそう思うでしょ? ねぇ、そう思わない?」
「俺にとっては、そのままでも充分、他のどこの誰より可愛らしく、世界で一番の綺麗なお姫様ですが? 別に少々汚れていようが、 そんなの全然気にするようなことではありませんけど」
「え?」
「最低最悪の事態をも覚悟して来たから、じゃじゃ馬ローラの言いたい放題、我侭三昧をまた聞くことが出来て俺は嬉し…… い」
「えっ?」
「ああっ! あっ! いや…… そのっ! 違うっ!」

 レグホーンは見開いた鳶色の瞳と肩で動揺を弾ね上げ、口許に手を宛がって顔を大きく背けた。しかし、時は既に遅く、絡んでしまった視線は逸らせない。二人は身動きすら取れずに見つめ合う。噛み合った瞳は互いの胸内を探り合い、重い空気の中で見えない何かを咎め合う。

 「ごめんっ! 今のは無しっ!」

 ほうほうの態で吐き出された一言で、凍て付いた時間が一気に 溶けて流れ始めた。レグホーンは土下座せんばかりに深く低く頭を垂れ、ローラは組んだ両の指を忙しなく絞り上げる。

 「そ、そんなことは、どーでもいいからっ! 早く宿にお風呂の手配をお願いしてきてっ!」

 気まずい雰囲気をローラの金切り声が払い、その指は真っ直ぐに レグホーンの背後のドアに向かう。

 「それから、その間に可愛い服を調達してきて! えっと…… そして、何か甘い物も食べたいわ! いつになっても気が利かない んだから! 早くしてっ!」
「はい、はい、はい」
「返事は一つでいいのっ!」
「はい、はい」
「一つ減らしただけじゃない! いい加減にしてっ! 馬鹿っ!」

 手近にあった枕をローラは力一杯投げ付け、それを躱しつつ立ち 上がったレグホーンは脱兎の如く身を翻した。

 とばっちりを受けたドアが上げた悲鳴に紛れ、二人が胸奥で呟いた言葉は全く同じものだった。




 「君は本当に、何も分かってない」






ryo様「ワールドイズマイン」より


awk様、アニマ様
「アナザー・ワールドイズマイン」より