「たんぽぽの告白」


 「ビアンカ。やっと見付けた。なんで勝手に外に出るんだよ」
「こんなに良いお天気に部屋に籠もるなんて勿体無いわよ。リュカ、どうしたの? 浮かない顔ね」

 振り返ったビアンカは青瞳を細める。そこには不思議な黒瞳の青年。膝を抱えて座っていたビアンカが隣をぱんぱんと叩くと、青年はそこに音高く腰を落としてきた。その背中は心なしか丸い。

 「そうよねぇ、どちらを選ぶのか迷っちゃうわよね。あそこのご姉妹、どちらも綺麗で素敵な方々ですもの。私だって迷うわ」

 空を見上げるビアンカの金糸の前髪を爽風が揺らして通り過ぎる。

 「あはは。私、良い具合に巻き込まれちゃったわね。ご姉妹のみだったらしこりが残るけど、私を混ぜて確率を上げれば傷は浅くなるものね。さすがカジノを経営してるだけあって計算高いわぁ」

 ビアンカは手近にあったタンポポの綿毛を摘み取り、一気に吹き 飛ばした。それらは青い空に散り散りになって消えて行った。二人が座するは一面に黄色いタンポポが咲く丘の上。その眼下には サラボナの町が広がっている。

 「で? どちらを選ぶのか決まったの?」
「ビアンカが…… それを訊ねるの?」
「お姉ちゃんとしては、ちゃんと見届けておかないとね」

 綿毛を吹きながら他人事のようにのんびり口調で話すビアンカに、リュカは不満げに鼻を鳴らす。

 「花嫁候補はあの姉妹と君を含めての三人だろ?」
「馬鹿ね。実は嫁に出す気は無かったなんて言えないし、片方がそれで行きそびれたなんて世間体が悪いでしょ?  たまたま幼馴染みの姉がいたもんだから、あの人も選ばれなかったしと当て馬に混ぜ込まれただけなの。私は元々は関係ない部外者……」
「それでもっ!」
「リュカ? どうしたのよ? 何がどうしたの?」

 突然の大声に驚いたビアンカが身を竦める。それを見たリュカは空気の抜けた風船のように力無く項垂れた。そして、無言で周りに咲くタンポポの花を次々と手荒く手折り始めた。

 「あのね、僕は父さんの遺言で天空の盾が必要なんだ」
「そうね」
「だから、炎のリングを手に入れた。人に大怪我をさせてまでね」
「それは…… あなただけが悪いんじゃないでしょ? そんな風に言うものではないわ」
「更にビアンカまでも傷付けるような真似になって……」

 リュカはタンポポの花を摘み取っていく。その荒っぽい子供の仕草にビアンカが苦笑を零す。

 「馬鹿ねぇ…… 誰が傷付いたって?」
「その、そういう訳じゃ…… お礼も何も出来てないし」
「私は報酬目当てで手伝った訳じゃないわ。お陰でこんな賑やかな町に来られた。あの山奥で一生を終えてもおかしくなかったのよ。冒険も楽しかったし。良い思い出をもらったわ。ありがとね」

 ビアンカの笑顔を食い入るようにじっと見詰めた後、リュカは 溜息混じりに呟いた。

 「僕はね…… 人を物みたいに扱うのは嫌なんだよ。僕自身、物と同じに扱われてきた身だからね」
「でも、今のそれとこれとは話が違うでしょ?」
「いや、同じことを僕はしようとしてるのかもしれない」
「私にはあなたの言っている意味がよく分からないわ」

 ビアンカが不思議そうに首を傾げると、リュカは黒瞳に一抹の苛立ちを浮かべた。

 「僕は天空の盾のために結婚するのは、失礼なんじゃないかと思うんだ。それって、盾のおまけを選んでるのと同じみたいだ」
「私はあなたを出迎えたご姉妹の顔に嘘はなかったと思う。どちらもあなたの帰りを心待ちにしていたわ。女の勘に狂いはないわ」
 ビアンカの必死の執り成しにも、リュカはいっかな頑なな態度を崩そうとはしない。

 「じゃあ、リュカは結局はどうしたいの? そんな風にぐたぐた、 うじうじしてても仕方がないわ。一体、何が不満なの?」
「このリング達と引き替えに天空の盾だけ欲しい」
「はぁあ? 何を言ってるの、あなたは! 正気なの?」
「このリングがあれば幸せになれるんだろ? 僕は幸せはいらない。これであの姉妹は幸せになればいいんだ。僕と結婚したら今までの優雅な生活とは反対の厳しい旅の生活が始まる。そんな天と地の差もあるような苦しい生活って…… あの姉妹は幸せなのかな?」
「そうねぇ。お嬢様には最初は厳しいかもしれないけど、そういうのは次第に慣れるものなのよ。大丈夫よ、心配は要らないわ」
「……」
「ね? 大丈夫よ」

 姉妹との結婚に対する不平不満ではなく、これから先の心配だと了解したビアンカは広い背中を肩をぽんぽんと宥めるように優しく撫で上げた。

 「ビアンカは?」
「私?」

 ふいに手首を捕られ、ビアンカの動きが凍った。覗き込んできた瞳には今までに見たことのない光が宿っている。何かを探り、暴き出そうとするような強くて鋭い視線にビアンカは慌てて顔を逸らす。

 「ビアンカは生活が変わるのって嫌い?」
「私がどうしたって言うのよ? そうねぇ、私はあなたの結婚式を見届けて山へ帰るだけよ。変化はないわ。だから、今は私は関係ないでしょ? 今は自分のことだけ考えなさい」

 ビアンカはリュカの手を解き、その意匠返しとばかりにその頭を幼子にするように優しく撫で回す。

 「ビアンカ。僕と一緒に来て」
「え? 何を突然…… ああ、一人で皆様の前へ行くのは勇気が いるわもんね。仕方ないな、いつまでも経っても子供なんだから」
「違う。僕の言ってる意味はそんなんじゃないっ」

 ビアンカの茶化しをリュカはばっさりと斬り捨てた。その正面から見据える視線は真摯な色。ビアンカの肩の線がわずかに竦む。

 「リュカ? 一体、どうしたって言うのよ?」
「僕が奴隷だった間、会いたいと願っていたのは君なんだよ。まだ 見ぬ誰かさんなんかじゃない。君にもう一度会えるならばと耐えたことは一度や二度じゃない。あれから会いに行ったけど、君はもうあそこにはいなくて……」
「あの…… あのね、リュカ。ちょっと落ち着いて?」
「その時、僕がどんなにがっかりしたか分かる? 再会出来た時、すごく、すごく嬉しかったんだ」
「うん、私もよ。私も色々あって突然引っ越してしまったもんね。でも、今は昔話じゃなくて、これから先の話をしてるのよ」
「僕は君が好きだ。君以外は何もいらない」

 真っ直ぐな言葉と眼差しに耐え切れず、ビアンカは両手で顔を覆った。この先は聞きたくないとばかりに身を力無く揺する。

 「それは駄目よっ! パパスおじさまの願いはどうなるの?  あなたの使命は? 私如きでそれらを、今までの努力を全て無駄にするつもり? そんなの、私は全然嬉しくない」
「僕は勇者を探し、天空の一式を集めなきゃいけない」
「そうよ。だから、あのご姉妹と…… 馬鹿なことは言わないで」
「でも、盾のひとつ位、いいかなって。居場所は突き止めたんだし、伝説の勇者が自分で貰い受けに行けばいいんだ。それまで預かってもらえばいいんだよ」
「そんな子供染みた我が侭…… やめて…… お願いよ……」

 ビアンカの弱々しい懇願もリュカはあっさりと脇に押し遣った。

 「厄介な宿命を背負う僕の、これが最初で最後の我が侭」
「我が侭と笑って片付けられる話じゃないのよ。どれほどの人達の思いや願いが込められてるか、あなたも充分に分かってる筈だわ。だから、馬鹿なことは言わないで」
「僕自身は馬鹿なことを言ってるつもりは全然ないんだけど」
「リュカ、あなた、正気じゃないわ。色々と状況が急変してるから混乱しているだけよ。少し頭を冷やしなさい」

 ビアンカは叫ぶように声を張った。そこに悲痛な涙色が混じる。リュカはゆっくりと頭を振り、ビアンカの肩に掛かる見えない何かを優しげに振り払う。

 「君との思い出があったから、僕は今までどんなことにも耐えてこられた。これからは君と一緒ならば、どんな困難にだって立ち向かって行ける。乗り越えて行ける。僕と一緒に生きて、ビアンカ。僕には君が必要なんだ。だから……」

 リュカは呼吸を整えた後、晴れやかに言い放った。

 「僕と結婚して下さい」

 顔を上げたビアンカの視界には、差し出された黄色いタンポポの花束とリュカの心からの笑顔が広がっていた。