「恋の魔法を始めよう」


 桟橋に係留された見事な帆船を、ロトの子孫達は唖然と見上げていた。その前髪を潮風が揺らして通り過ぎている。

 「どうぞお使い下さい。勇者ロトの末裔の方々のお手伝いが出来るとなれば、これほど光栄なことはありません」
「ルプガナの多大なるご協力とお心遣い、ロト三国を代表して心から感謝致します」

 ローレシア王子が深々と頭を下げ、サマルトリア王子とムーンブルク王女もそれに倣う。白髪頭の老人は頭を振る。

 「そんな王族方が…… どうぞお顔を上げて下さい。皆様が孫を救って下さらねば、儂は息子夫婦にあの世で合わせる顔がありませんでした。これ位はお安い御用」
「本当にありがとうございます」

 老人は船員と打ち合わせと言って、船への階段を登って行った。残った少女が三人、いや、サマルトリア王子の前へと進み出てきた。

 「アルテア。ありがとう。何とお礼を言えば……」
「少しでもお役に立てるのであれば、私も祖父もこんなに嬉しいことはありませんわ。旅の無事を祈って……」

 アルテアの柔らかい微笑みがゆらりと崩れ揺らいだ。金色の巻き毛に縁取られた薄茶色の瞳には暗い影。

 「私、助けていただいたあの時からあなたのこと……」
「アルテア。ちょ…… ちょっと、ちょっと待ってっ!」
「あの……」
「ええっとね、あのさ…… うん。その、なんだ……」
「ほら、ホーリィ。しっかりしなさいよ!」
「ホリホック、男だろ? しゃんとしろ!」
「マルヴェシア! ハイビスカス!」

 ローレシア王子とムーンブルク王女に背を押されたサマルトリア王子は、その勢いのまま少女の細肩にがっつりと両手を掛ける。

 「アルテア、その先はっ!」
「あの…… 私、やっぱり……?」
「アルテア、その先は僕の方から言わせて!」
「じゃ、そういうことで」
「あっ! 二人共」
「お邪魔虫はこの辺で消えますぅ~ ごゆっくり~」
「先に宿に戻ってる」

 咳払いで動揺を散らす背に悪戯っぽい笑みを投げ、王子と王女は揃って踵を返していた。




 「あの二人は最初から上手く行くと私は思ってたのよねぇ。自分の危機を颯爽と救ってくれた王子様よ? 世の女の子が憧れる一目惚れの最強王道でしょ」
「俺もお前も一緒にいたけどな」

 潮風に髪を乱す王子が混ぜ返すと、王女は楽しげに笑う。

 「雛鳥が最初に見たものを追い掛けるあれと同じよ」
「そんな刷り込みだけの恋が長続きするものなのか?」
「肝心なのはその後の話よ。ホーリィも何かと理由を付けては構ってた訳でしょ? 他人とは当たり障らずの飄々ホーリィがよ?  ずっとあの二人から目が離せなかったんだから」
「暇なのな、お前」
「恋話が目の前で展開してるってドキドキしない? まんざらでもない二人が距離を少しずつ縮めて行くのを目の当たりにして、きゃあ~ってならない?」
「ならねぇよ」
「マールて本当に朴念仁なのねー つまんなーい」

 王女は足元に転がる白い貝殻を海へと蹴り飛ばした。それは青い海にぽちゃんと沈み消えていった。

 「でも、あの二人は当分は遠距離恋愛な訳よね?」
「船主の孫娘とはいえ、ハーゴン征伐に同行させる訳にはいかないしな。一日でも早く旅の成就をってやつだな」
「そうね。世界を早く平和にしなくっちゃね」

 王女は不意に意味深な笑みで肩越しに振り返った。

 「ねぇ、恋人には待ってて欲しい? 一緒にいて欲しい?」
「はぁあ? 何をいきなり……」
「ねぇ、どっち?」
「自分が心から大事に想う奴は安全な所で笑っていて欲しいと思うのは当然だろうが? ホリホックだって」
「もぅ! 今はホーリィの話じゃなくて、マールの場合は?って訊いてるの!」
「全く…… 本当に脈絡がないよな、お前は……」

 王子の溜息にお構いなしで王女は一人で浮かれて歩を進めて行く。

 「マールは付いて来て~ なんて言い出しそうよね?」
「付いて来てって…… 俺は子供かよ?」
「マールは自分の世話がからっきしなんですもの。なんかその辺のことをお願いします、みたいな感じ?」
「誰がそんな召使いみたいな扱いするか!」

 さあ、どうかしらと王女は肩を竦めて一人で楽しげに笑い転げる。

 「そうだな…… 確かに。俺はいつでも自分の目と声とこの手の届く場所にいて欲しいと思わなくもないかな」
「あら、素敵な殺し文句ね。マールにしては上等だわ」
「……」
「何? 急に黙って。珍しく褒めてもらえてそんなに嬉しかった?  ……っと! おっとと」

 振り返った王女は、王子の胸へと頭を突っ込んでいた。

 「あたた…… ご、ごめんなさい。こんなすぐ後ろにいるなんて思ってなくて…… あの? 何? えっと?」

 謝りつつ離れかけた王女は、そのまま抱き込まれていた。王女は驚いてあたふたと身を捩るが、その両腕はびくともしない。いつもと違う雰囲気に王女はどぎまぎとした声を上げる。

 「あの、マルヴェシア・葵殿? 何の冗談かしら? それとも、何かの嫌がらせ? あの、そろそろ離して下さいませんこと? 人が見て…… んっ」

 あれこれと言葉を紡ぐ可憐な花びらを王子は問答無用で封じた。腰と後頭部を掴まれて身動きのつかない王女の瞳が見開き、細い肩が驚きで跳ね竦む。それらを完全に無視し、王子は目まぐるしい勢いで王女を翻弄し始めた。




 「ねえ、そろそろいい加減に俺の気持ちに気付いてくれても良い頃なんじゃないの?」

 唇に直接乗せられてきた言葉の重みに耐え切れず、王女はへなへなと崩れ落ちた。口許に宛がった指の間から漏れる息は荒く、 腰砕けの状態で王子を見上げる目尻には涙と朱が差している。

 「マール…… あの…… 今の……?」
「ねえ? ハーヴィ」
「……?」
「他の奴らなんてね、どーでもいいんだよ。勝手に幸せになればいいんだ。それはそれで、おめでたいことだからな」
「……」
「そう、人のことは別にどーでもいいんだよ。ずっと君の隣にいる俺のことは? 俺は君にとってどんな存在? ねえ、俺の気持ちに気付いてるの? 気付いてないの?」
「……」
「ねえ、ハーヴィ? どっち?」

 笑っているのか、怒っているのか判然としない曖昧な色と表情で王子は王女を見下ろしていた。唯一真摯さを失っていない瞳に王女は息を呑む。この群青色の瞳はこんなにも綺麗だったのか、これに気付かずにいた自分はなんと愚かだったのか。王女は奥底から湧き上がってくる甘い痛みに為す術もなく打ち震えた。

 一捌けの潮風が吹き過ぎ、その風に引かれるようにして王女がゆるゆると声を絞る。

 「ごめんなさい。たった今…… 気付きました……」
「そう、それは良かった」

 零れんばかりの満面の笑顔から差し出されてきた手に、王女は自身の手をそっと乗せていた。