「トルマリン組」


 「あーっ! あそこで結婚式やってるっ!」

 赤黒いポニーテールを揺らし、商人特有の鞄を肩から下げたショールが指差す先は教会前の人だかり。

 「あんな豪華な式は滅多にないわ。パライバ! 見に行くよ!」
「……え? あの、私……? そういうの興味ないし……」
「硬いこと言わない! 女の子ですもの、見て損はない!」
「え…… あの、ちょっ、ちょっとっ! ショール!」

 パライバの手をショールはむんずと掴み、その小柄な身体のどこにと疑うばかりの力で引きずって行く。

 「ショールに掛かったら、天下の武闘家も形無しですね。あの細腕で魔物を瞬時に沈める技の持ち主だというのに。御覧なさい。あのうさぎのような情けない目を」
「情けないじゃなくて、助けを求めてるんじゃないの?」
「おや、君は商人根性丸出しで式の品定めをしているショールに水を注せる度胸があると? いやあ、トール君も成長しましたねぇ。さすがは勇者様。いやはや、感心感服」

 笑いながら、インディコライトは御自慢の藍色の長髪を軽く掻き揚げる。その髪の下の額を飾るのは賢者の宝玉。

 「晩御飯抜きは御免だけど、パライバが可哀相かなって」
「ショールに感化されて、彼女は欲や表情を出した方がいい」
「そんなものかな?」
「トール君はまだ若いですからねぇ」
「その年寄り臭い物言い、何とかならない? まだ二十代だろ?」
「年寄りじゃなくて、成熟したと言って欲しいですねぇ」
「もういいや」

 トールは話を打ち切り、人だかりへと足を向けた。風が金髪を揺らし、サークレットの宝玉に光をもたらす。幼さの抜け切らぬ面立ちに宿る瞳の色は宝玉と同じ青。




 人だかりを縫って赤黒いポニーテールがあちこちへと楽しげに跳ねている。そんな華やかさから離れ、ぽつんと佇む青緑色の髪の女性の許へとトールは歩み寄った。

 「パライバはこういう華やかな場は嫌い?」
「ええ…… ちょっと苦手、かな」
「僕は似合うと思う。だって、パライバは綺麗だもの」
「え?」
「あっ…… いや、その……」

 トールがあたふたと視線を逸らすと、パライバは掴み所のないふんわりとした微苦笑を浮かべる。

 「華やかな場というより、結婚式が…… 苦手なのよ」
「ごっ、ごめんっ! 僕はそんなつもりじゃあ……」
「過去の話よ。いつまでも引きずってる私の方がおかしいの。そうね、でも、無作法に私の詮索をした罰として聞いてもらおうかな」

 パライバは指を唇に宛がって微笑んだ後、話し始めた。

 「私は孤児なの。武に才があるとして、武闘家に引き取られた」
「だから、そんなに強いんだ。あっ! いや、その……」

 場違いな相槌を恥じるトールを気にした風もなく、パライバはどこか遠くを見詰めている。

 「恋人がいたの。将来は二人で道場を開くことを願ってた」
「……え?」
「でも、そんな甘い夢は破れたわ。師範には一人娘がいて、道場を継ぐ婿を迎えねばならない。その白羽の矢が立ったのが彼。彼の実家は師範から莫大な借金があった。師範は商売人でもあったのよ。 その手腕はショールに聞いて?」

 パライバは突然の身上話に狼狽えるトールに対し、薄い溜息にも似た笑みを浮かべる。

 「彼女は幼い頃から私と同じ物や私の物を欲しがる癖があった。彼が婿に選ばれたのは、私の恋人だったから。だから、彼の実家は不条理な借金地獄に嵌められたんだという噂があるわ」
「酷い話だっ! それで、パライバは何も抗議しなかったの?」

 トールが声を荒げると、パライバは乾いた苦笑を噛む。

 「私は物を言える立場ではなかったもの」
「借金の片に婿入りとは時代錯誤もいい所だ。その彼にだって拒否することは出来たんじゃないのかい?」
「彼は師範にも家族の者にも、私にも何も言わなかったわ。ただ、結婚式の前夜に一言。ごめんって……」
「はぁぁあ? 何だよ、それ」
「それがまた可笑しいのよ。その隣で彼女が知らなかった、知っていたらこの話は断ったって言ってきてね。その時は泣きの涙ではなく、笑いの涙を堪えるのに必死だったわ。だって、みんな私達の事を知ってたのよ。その跡取り娘だけが知らないなんてある?  彼女は私の物が欲しかっただけ。彼は物と同じ扱いをされたの。お笑い草よね」

 喉を鳴らす笑い声は、昔話を茶化すというより自虐的な猛毒を含んでおり、トールは口を噤むしか術はなかった。

 「その後、私はあなたに同行するように申し渡された。門下から勇者のお供を出すとは大変な誉れだという大仰な言葉と共にね。娘婿の傍を昔の恋人がうろつくのは、相当に目障りだったようね」
「……」
「こういうのを渡りに船って言うの? あもすもなく私は城へと、あなたの下へと送り出されていたわ」
「……じゃあ、パライバは…… 仕方なく、僕と……?」

 パライバは弾けたように笑い出した。それは耳に突く響きの中に物悲しい調べを伴った奇妙な笑いだった。パライバは目尻に浮かんだものを指で拭いつつ、固まるトールに向かって微笑んだ。

 「ごめんなさい、トール君。そういう訳ではないのよ」
「あ…… うん。いや…… その……」
「彼女は彼を、私の物が欲しいと行動に移した。対する私は黙って 指を咥えてただけ。それがどんなに意地汚く、いじましい手だったとしても、彼女の方が私よりも何倍も勇気があったのよ」
「……?」
「私達は本気で愛し合ってなかったのね。恋に恋って奴? 彼は 家族や一切を捨てる勇気はなかったし、私も何一つ行動を起こさなかった。周りが傷付かぬ為と言い繕い、私達は体よく逃げたの。あの時の私はね、自分の中の弱い自分に完全に負けていたのよ」
「……パライバ…… そういうのって…… 痛くない?」
「痛くないって言ったら嘘になるわね。でも、これは意気地なしだった私への罰なのよ」

 パライバは肩に掛かってきたトールの戸惑いと、自身の青緑の髪を手で払った。そして、真っ直ぐに見返してくる瞳には迷いの色は微塵もない。

 「私はね、自分自身の為に旅に出ることを決めたの。魔王を討ち取れば、私は私自身をこの手に掴み取ることが出来るではないかと考えたの。これはあなたの為でもなければ、世界の為でもない。私自身の為の戦いなの」
「だから、その身体と手を魔物の血で汚すのも厭わないというの?  そんなの哀しすぎる! パライバが悪い訳じゃないっ!」

 トールの言葉の火花に、パライバの瞳に挑戦的な炎が灯る。

 「以前、自分一人が汚れることで他が汚れずに済むなら、それで由と言ったのはトール君だったわよね?」
「うん…… そうだけど……」
「私は闇である魔物を退けることで自分自身という光を掴めると考えてる。その為に傷付き汚れることは恐くない。それがどんなに他から哀れみを受けるものだとしてもね。トール君はトール君の 志のまま、光の道を歩めばいいの。私は私の道を行くだけ」
「うん…… だけど…… それでいいの?」
「武を志す者に二言はないわ」

 きっぱりと言い切り、微笑むパライバをトールは痛々しげに、それでも、どこか眩し気に目を細めて見詰める。

 「僕、パライバがそいつを選ばなくて良かったと思う」
「……え? 何か言った? トール君?」

 パライバが首を傾げると、前髪が音を立てて流れた。トールはそんなパライバからあたふたと視線を逸らす。

 「何でもない。そうだね、魔王を絶対に討ち取ろうね」
「頑張りましょう。私、もっと修行して強くなるわ」
「……うん。そう、だね…… うん、頑張ろうね」

 屈託なく微笑むパライバに、トールは無駄に頷くばかり。




 「……トール君、前途多難ですねぇ……」
「こういう時にこそ、ガンガン押さないでどうすんのよっ! あの ヘタレっ! 後ろから蹴り飛ばしてやろうかしら!」

 出歯亀していたショールは激しく足を踏み鳴らし、インディは 肩から抜け落ちるような深い溜息を落とす。

 「まあ、まあ。落ち着いて。ショールさん。あなたが出て行って暴れたりしたら、全てがぶち壊しですよ」
「あの二人には荒療治が必要だわ」
「世には雨だれ石を穿つの言葉もありますし、その辺に期待です」
「焼け石に水って言葉もあるわ。あの的外れ痛女に軟弱で悠長な手が通用する? ああ、もう! 焦れったいわねっ!」

 ショールが鞄の紐を絞り上げると、インディは苦笑を漏らす。

 「そういうお節介はね、馬に蹴られて死にますよ」
「この私がそんな無様な真似する訳ないでしょっ! この私を誰だと思ってんの? あっちがすこーんと蹴られればいいのよっ!」
「というか、こっちの方が完全に当てられてますけどねぇ」
「だ、か、ら、余計に腹立つんじゃないのよぉっ!」

 キリキリと奥歯を噛み鳴らすショールを尻目に、白とピンクの 玉を次々に口の中へとインディは放り込んでいく。

 「それにしても、このお菓子は美味しいですねぇ」
「ドラジェって言うの。アーモンドをお砂糖で包んだお祝い菓子よ。他人にも振舞うなんてお金持ちなのね。私も頑張らなくっちゃ」
「おや? ショールさんは玉の輿狙いでしたか?」
「私は他人なんか当てにしないわ。式の費用位は自分できっちり稼いでみせるって言ってんのよっ!」
「ショールさん、結婚は一人では出来ませんが?」
「私一人でも充分、立派に家族を養っていく自信はあるわよ。それでも文句ある?」
「じゃあ、私なんてどうです? 才色兼美の賢者。お買い得品でしょ?」

 インディは極上の蕩けるような笑顔を浮かべたが、その相手は口の中のドラジェを音高く噛み鳴らしただけ。

 「そんな闘技場やカジノで一発的な博打は考えられないわね」
「私は運はかなりいい方だと自負しているんですが?」
「商人は堅実が一番。運だけで世の中は渡っていけないの。ごめん、やっぱ遠慮しとくわ」
「そうですか…… じゃあ、またの機会に」

 つれない返事にも全くめげたような様子のないインディに対し、ショールは溜息と共に付け足した。

 「あの二人が上手く行ったら考えてあげてもいいわよ。勝算は かなーり低いけどね」
「商売も、心も、時間と手間暇で如何様にも化けますよ」
「あんたに商売論を説かれるようじゃ、私も終わりだわね」

 インディの軽口にショールはひょいと肩を竦める。

 「努力の積み重ねが幸せな明日を連れて来るんですよ」
「トールが言うならともかく、あんたは胡散臭すぎ」
「とりあえずはトール君に頑張ってもらいましょうかね」
「先物取引より危ない賭けの気がしないでもないけどね」

 でくの棒のように佇む二人の後姿を生温かく見守りつつ、 ショールとインディはドラジェを口に放り込んでいった。