「アイオライト組」


  「はい、コーディはこっち。ディークは…… あれ? コーディは胡椒、ディークはお塩が足りないわね。貰ってくるから待ってて」

 栗色の短髪を揺らし、アイオライトは食堂の厨房へと身を翻す。小柄な身体はそこらの村娘と比べても華奢で、彼女が世界を救う勇者だとは俄かに信じられない。あどけなさが前に立っているが、 あと数年で誰もが振り返る美女になることは想像に難くない。

 子リスの如く駆けて行く後姿を見送りつつ、テーブルで向かい合う二人の男達は柔らかに微笑んでいた。

 一人はその腕と胸板の厚さが歴戦ぶりを物語る青年で、後頭部で括られた長い黒髪は女性が溜息交じりで羨ましがる程に艶やか。片や神秘的な紅瞳と青銀の髪のアンバランスさ故にその一挙手一投足を目が追い掛けてしまうような妖しげな雰囲気を持つ青年。

 「塩や胡椒なんてものは、店の者に頼めばいいのによ」
「あのふんわり、ほわほわ感が彼女の持ち味ですからね。逆に きびきび、はきはき彼女も想像出来ませんが」
「あいつは勇者というより、お姫様だもんなぁ」
「何不自由のないお嬢様として育ってきて、オルテガ殿の死により、いきなり勇者にというのが酷な話なんですよ」
「そのために俺達が付いてるんだ。そうだろ、ディーク? 俺達はアイオライトを元の生活に戻してやるのが務めだ」
「そうでしたね、コーディ」
「そう、そこんとこ忘れるなよ」

 二人は互いを見返し合いながら、笑みを浮かべた。


 ――本来のアイオライトはレースやリボンで飾られたドレスを着て、花で溢れたサロンでふかふかクッションに埋もれ、お茶のカップを手に微笑んでいるべき少女なのだ。今は男のような嘆かわしい短髪だが、綺麗にくるくると巻いた髪をそよ風に揺らしているのがあるべき姿。長剣が捲き起こす風に前髪を揺らす少女ではない。

 オルテガの後を継ぐは一人娘アイオライト。彼女は希望の光だとぼんくらアリアハン王はほざきやがった。親の仇を娘が討つなんてただの英雄譚。王は張り切って触れ回った。魔王を討った暁には、国の美談として自慢するのだろう。アイオライトに辛酸を舐めさせ、自分達はのうのうと胡坐を掻いて。本来は最愛の父を失った娘と 深く庇護されるべき少女の上で。俺は討伐の同伴をすぐに申し出た。幼馴染の兄としては当然の話。魔物から彼女を守れるのは、俺のこの腕一本、足一本だけ。俺は心の底からそう硬く信じてる――


 「コーディ? どうしましたか? 何か心配事でも?」
「ん? いや。俺達も随分と遠くまで来たよなと思って」
「そうですね。随分と来ましたよねぇ」
「だよな」


 ――屈託なく笑う彼の笑顔に吊られて私は微笑んでいた。一見強面だが、その内面が滲んだ笑顔を見せる。その裏表のない性格は昔から何も変わらない。賢者の家に生まれたものの、その意義を見出せずに引き籠もっていた私を外へ連れ出してくれたのは、彼とアイオライトの二人だった。

 アイオライトのバラモス討伐に私は自分の存在意義を確信した。私はこの少女のためにあると。私は志を同じくしたコーディと共に修行に励んだ。己の体力と技術で勝負するコーディと儚げな少女を魔物達から護るのは私の精霊の力だけ。他の誰がどう思おうとも、私はそう硬く信じている――


 「遅いな。飯が冷めちまう。またすっ転んだか?」
「そういう心配は、まるでお父さんのようですね、コーディ」
「俺、お父さんなのか? 参ったなぁ……」


 ――片頬杖を突くコーディは黒い瞳を遠くに流している。その視線が求めるのはアイオライトのみ。伊達に彼らの傍にいる訳ではない。彼女が彼の直向きな視線に気付き、その手を取るのならば、私はそれを心から祝福しようと思っている。コーディは誰より彼女を想っているし、何より信頼出来る。


 「俺がお父さんなら、お前は何だ? おじいさんか?」
「老獪とはよく言われますが、私はその意味の年寄りでは」
「老獪ってずる賢いって意味だろうが。字面しか合ってねぇ」
「間違いの指摘が出来ましたね、コーディ。勉強したんですね」
「ほざけ」
「褒めてるんですよ」
「そんな風には聞こえねぇよ」


 ――全て見通したような笑顔に安心する俺は変なのか? こいつの前では何も繕わなくてもいい安心感がある。こいつは隠し事がないからだ。たった一つのことだけを除いては。俺がアイオライトの姿を追う時、添ってくる視線がある。俺の背を突き抜け、追い越して行く紅い視線。アイオライトがこれに振り向いて受け入れたら、俺は笑っておめでとうを言う。相手が ディークなら俺は潔く身を引ける。


 男達は漆黒と真紅の色を絡ませ、穏やかに笑い合っていた。そんな二人の間に可愛らしい少女の声が飛び込んで来た。

 「お待ち! 主人が要領悪くて。でも、菫青が助けてくれたの! き、ん、せ、い、だぁい好きぃ!」
「あたしは通りすがり。で、無駄にベタベタとくっ付くの止めて」
「私達、仲間でしょ~ 菫青、私のこと嫌い?」
「あんたが腕に絡まってると、トレイを落としそうなの」
「んも~ 菫青ったら。私とトレイとどっちが大事?」
「あたしは意地悪じゃなくて、常識で物を言ってるの」

 纏わり付く少女に小言を垂れるは、白銀の髪を短く刈り上げた女性。豊かな身体つきや身に纏う雰囲気は艶めいている。白髪に小麦色の肌、吊り気味の青瞳という不思議な組み合わせは、その魅力を損なう所か、更に彩りを増している。しなやかな猫という表現がぴったりの美女。

 素気無く扱われても、菫青にぴっとりと身を擦り寄せるアイオライトの様に誰からともなく溜息が零れる。それは深くて重く、隠し切れないやるせなさが滲み出ている。



 それぞれの想いがそれぞれの思う処へと無事に行き着くであろう日は遠い。