管理者からのお願い!

       この投稿欄はスポーツをこよなく愛し活動する方々、若しくはスポーツに
      関心のある全ての方々を対象とし、政治・宗教関係を除くその他全般に関
      する記事を掲載していただくコーナーとして利用して下さい。そして日頃
      から思っていたこと・記録として残しておきたかったこと・提案してみた
      かったこと等、公是良俗に違反せず他者を誹謗中傷しない範囲で、自分の
      日記代わりに思いの丈を投稿して下さい。
             (投稿はe-mailでご連絡ください!)



第六八〇号

   歴史と芸術と文化の中を通り抜ける魅力的なコース!


2018年12月11日
AAC東京支部会員

奥田 有史氏

   東京支部・準会員のステファノのアテンドでイタリアの「フィレンツェマラソン」に
   参加してきました。今回はAAC東京支部のイベントとして募集しましたが、最終的
   に日本からの参加は松田さん金涌さん私の3名となりました。

   1日目(出発)
   金曜日の朝に関空を出発して、フィレンツェについたのはその日の夜。 有名なベッキ
   オ橋の近くのホテルにチェックイン後、早速ステファノが近くのレストランに連れて
   いってくれました。
   トスカーナの名物といえばプロシュート(生ハム)やサラミですが、なんと言っても
   絶品なのはフィレンツェ風ビーフステーキ。 良質な赤身の牛肉を炭火で香ばしく焼い
   たものを塩コショウのみでいただくという大変シンプルなもの。すごいボリュームが
   ありましたが、ワインと共にペロリと平らげることができました。

   2日目(マラソン前日)
   土曜日は今回唯一のフリーデーなので、我々3人はフィレンツェから1時間ぐらい電車
   に乗ってピサの斜塔を観光しました。斜塔をバックに色んなポーズで写真を撮ったり、
   斜塔に登ったり、他の建物を見学したり半日ほどピサの街を満喫しました。
   その後、フィレンツェに戻ってきて、市内観光。「屋根のない美術館」と言われるフィ
   レンツェはどの建物も歴史ある厳かなもので、「本当に明日はこんなところを走って
   いいの?」という感じでした。
   夕方、ステファノとマラソンエキスポで合流して、マラソンに参加する現地メンバー
   とエール交換&写真撮影。その後は、創業1865年の歴史あるレストランで会食。
   前日に続きこの日もステーキやワインをたくさんいただき「カーボローディング」な
   らぬ「ミートローディング(?)」で翌日に備えました

   3日目(マラソン当日)
   当日は朝から生憎の雨。ステファノのチームとホテル前で合流して写真撮影後、歩い
   て10分程のスタート地点へ。前日に見学したドゥオーモ広場がスタート地点。お祭り
   のような雰囲気に包まれた中、午前08:30にスタート。
   途中シニョリーア広場、ヴェッキオ橋など歴史と芸術と文化の中を通り抜ける魅力的
   なコースです。早くゴールしてしまうのがもったいので、3人で写真を撮りまくりなが
   ら走っていましたが、意外に周りのイタリア人はみんな真面目に走っており、所々
   立ち止まりながら記念撮影しているのは我々だけでした。
   沿道からは「フォルツァ!」「アレアレ!」と熱狂的な声援を数多くいただき、高揚し
   た気分のままあれよあれよという間に気がつけばゴール地点。金涌さんとははぐれ
   てしまいましたが、松田さんとは並んでゴールすることができました。タイムは3時間
   25分。写真を撮りながら走ってた割には、何故か普段一生懸命走っ てるタイムと
   あまり変わりませんでした。
   その夜は、ステファノ所属のランニングチームと合同での打上げ。出場した人もして
   ない人も集まってピザパーティーが賑々しく行われました。日本から来た我々はフレ
   ンドリーな皆さんに大歓迎され、両チームのユニホームの交換会も行い、お互い交流
   を深めることができました。
   イタリアの皆さんも日本でAACの皆さんと走ってみたいとのことでしたので、その際
   は暖かく迎えてあげてください。

   4日目(帰国・おまけ)
   前日夜遅くまで盛り上がりましたが、寝ぼけ眼のままホテルを4時半にチェックアウト。
   朝6時半の飛行機でイタリアを後にしました。途中トランジットのためにオランダで5時
   間程度の待ち時間があったので、電車に乗ってアムステルダムの街を探索。
   フィレンツェよりも北にあるせいか、凄く寒かったのですが、綺麗な運河の街並みを、
   予定外に見学できて得した気分でした。
   その後、関空組のお二人とは別れ、一人成田へ。翌朝成田に到着後そのまま会社に
   出勤し、一連の弾丸ツアーは終了しました。

   今回は上記のように短期間のため大変バタバタしたツアーでしたが、内容の濃い貴
   重な体験ができました。ステファノは毎年フィレンツェマラソンに出場する(来年の
   分も既に申込み完了) そうですので、皆様も一度参加されてみてはいかがでしょう。
   ・・・できれば、1週間ぐらいかけて(笑)
   (大会開催日:2018・11・25)