シバケンの単なる雑談NO.199

雑談NO.196 雑談NO.197 雑談NO.198
雑談NO.191 雑談NO.192 雑談NO.193 雑談NO.194 雑談NO.195

雑談NO.160 雑談NO.170 雑談NO.180 雑談NO.190 雑談NO.195
雑談NO.110 雑談NO.120 雑談NO.130 雑談NO.140 雑談NO.150
雑談NO.60 雑談NO.70 雑談NO.80 雑談NO.90 雑談NO.100
雑談NO.10 雑談NO.20 雑談NO.30 雑談NO.40 雑談NO.50
題目一覧表

目次

雑談NO.200

NO.2260 再度の、京都工業保険会の話(4) 「アボルブカプセル0.5mg」の話

NO.2259 再度の、京都工業保険会の話(3) 「ユリーフ錠4mg」の話

NO.2258 単なる雑談<雛祭りの話>

NO.2257 単なる雑談<孫君3号、七五三プロモーション・ビデオの話>

NO.2256 再度の、京都工業保険会の話(2) 残尿、210ccの話

NO.2255 再度の、京都工業保険会の話(1) 悪い通知で、モヤモヤの話

NO.2254 単なる雑談<ン十年ブリに、嘔吐するの話>

NO.2253 単なる雑談<左脇腹背中に激痛走るの話>(3)

NO.2252 単なる雑談<左脇腹背中に激痛走るの話>(2)

NO.2251 単なる雑談<左脇腹背中に激痛走るの話>(1)

雑談NO.198


NO.2251 単なる雑談<左脇腹背中に激痛走るの話>(1)

いやねの、いやね。
過日、2月の15日。とは、この木曜日の話。

いやね。
16時頃と、思うですが。
突然に、左脇腹、背中の方。更に、細かくには、左肩胛骨の下部。更になら、その尖端辺り。
激痛走りの、違和感発生。

いやね。
何をしたの怪と、問われて、ンの、重たい荷物を運ぼとした時。
とか、立ととしたら。
とかとかの、これと申すよな、思い当たるの、特別なるの事、してませんでして。

とりあえずは、左腕と、するのか、左脇腹、背中の方に違和感覚え。それを是正と、するのか、腕動かしたですが。の途端と、するのか、激痛走り。
イヤ、動かす云々は、定かには、覚えてませんですが。違和感あったは事実。ンのそやねえの、違和感あれば、誰でも、その箇所、動かすやろな。

以来、立つに、机の上に手で、カラダを持ち上げるに支えるやろな。一気、すっく、とは、立てませんでして。
その際、激痛走りの、ンの、暫し、息を飲むの状態になりての。息飲めば、腹にチカラ、入るやろな。要は腹筋にや。
さすれば、そのチカラで、又、肩の方に激痛走りで、暫し、グと、痛み去るをガマンと、するのか、ガマンやねえ。耐え忍ぶに相成るですが。
要は、動作停止で、静止状態。とも、云えずの、身が縮みの、屈んでしまうです。

いやね。
立ってるから、座るに。座ってるから、立つに。
歩くの道中、数歩で、激痛。

いやね。
こんな状態にては、風呂入るに、服脱ぐですが。その脱ぐに、一苦労、二苦労の、大変でして。
更には、湯船に入るにも同様の、出るに、カラダをタオルで、拭くも、ままならずの、今度は、パンツ履くに、どしょかと。
身を屈めるに、激痛走りの、どしょもあらへんでして。

いやね。
そんな状態故、寝間に入るに、身を横たえるに、思案黙考の、どんな手順で、寝るの体制に入るかを、決めねばならぬし、寝ても、寝返り打つに、激痛との、我慢比べの、耐えねば、事進まんの状態。

イヤイヤ、大袈裟なるの、表現してませんの、間違おても、車の運転なんか、出来ませんの、コレ、まずは、運転席に座るまでが、大事での、座れても、ハンドル操作に、腕動かすなんか、トンでも状態の、自殺行為。
嘘やないの、左腕動かせば、激痛走りの、ンと、息が詰まりの、動作停止やでと。
動作停止で、腹にチカラで、腹筋がで、その作用で、又、背中、肩胛骨の下部に激痛がと。
この繰り返しで、どしょかと。

いやね。
さりとての、立った状態にての、或いは、座ってての、意図的、意識的にの、腹にチカラ入れても、激痛走らず。
要は、痛み走っての、息が詰まりの、一連の作用にての、無意識の内に、腹にチカラで、その反動での、又、背中の方がと、相成るです。

いやね。
コマツタなと。
暢気な事、云うてるの場合で無いですが。
この状態、基本、内臓疾患の可能性も、ありで。
そら、場所が、場所だけにの、膝関節の、違和感とは、又、異なりましての、されどの、肩胛骨の下部、尖端辺りに、何の臓器あるの怪と。
肺、心臓怪の。されどの、感覚的、表面哉と。

イヤ、内臓と、するのか、内側での、激痛で無くの、表面でして。
要は、筋肉痛、筋違いの類の、哉と。
哉でありの、医者先生、ドクターでも無いの、我輩に、分かるモンかと。自慢や、ないけどや。
筋肉痛の類にしたって、さての、どのよな、対処法、手立てあるかは、コレ又、医者先生に非ずの、単なるの、電気工学科専攻の我が身に、聞く方が無駄。

ましてやの、ロームでは、電気工学の事、してませんの、品質管理やでと。全くの無関係のと、までは、申さんの、そらな、電子部品の製造屋でして。ロームがや。
親父、電気屋でもありまして。

オッとの、そんな話は結構の。
原因不明のままの、左脇腹、背中の方。更になら、肩胛骨の尖端の方。

いやね。
思い起こせば、昨年<2017年>10月の初旬。
「大井神社」秋の大祭、「御神輿」に参加のための、歩け、歩けの歩くの訓練、鍛錬と、関係してるか、してないかは、分からんの。
家での話の、これは、右足なれどの、突然の、動かし難く、なてもてね。
居間で、なれどの、何周か、無理矢理にの、歩きの、動くよにはなったですが。以来、右膝、関節部辺りに違和感覚え。それが、次第、次第にの、辛くもなって。

遂に、町医者の整形外科に出向いたですが。
これは、車の運転なら、自力で、出来るの事よの、結果、加齢に寄るの、膝関節、軟骨の擦り減りなりと。ども出来ませんですと、情けないの診断されて。
結果的、炎症剤、痛み止めと、するのか。ならばの、鎮痛剤になるの哉の、「ロキソニン ゲル1%」と称するの塗り薬1本をと。

いやね。
されどの、何ちゅうかの、マシには、成って来てるは、来てるですが。4箇月半経過の、現在唯今、如何なるの状況かと、申せばの。
いやね、特段の当時でも、歩くに歩けてるの、痛くも、痒くもありませんの。
但しの、その後、明くる日にでもなればの、右足、膝の、皿の箇所に違和感、感じてるです。どの程度かと、なればの、大声出して、違和感、違和感あると、訴えるの程でも無くて。
されどの、左足には、全くの、違和感無く。

いやね。
これ、日にち薬と、思てましての。その内には、霧散するやろと。
にしては、既に、4箇月半経ってるですが。これが、加齢に寄るの回復の遅さ哉と。

いやね、いやね。
それでして。
云うてる、思てるの問題なるは、右足、関節部、皿の辺りのは、痛みは無いです。違和感でして。
違和感とは、どんな違和感怪と、問われたならばの、返答に窮する事よの、違和感は、違和感での、だけでして。
その当時には、足組むに、問題の右足をば、上にするは、トンでも状態にあったですが。その辺りの事なら、現在唯今、右足上も、どて事あらへんわと。
の程には、回復してるですが。

いやね。
正直申せば、その内には、元の状態、全くの違和感、霧散の程には、成ると、確信してるですが。
これが、加齢に寄るの大問題の、現状回復するに、異常なるの、日数要するの、簡単には、年齢と共にの、指数関数的にと。

いやね。
それでや。この激痛、左肩胛骨下部尖端が、何箇月も、継続してみい。地獄、悲惨、目眩するです。
そらね、申してるの、立つに激痛、座るに激痛。
服着る、脱ぐ、飯喰うに激痛では、生活全般激痛だらけで、生きるに激痛。

いやね。
だけでは無いの、クシャミするに、鼻水かむに、一々の、激痛あってみい。悲惨で済まずの、どする兵衛と、相成って。
オッとの、この調子、状態では、車の運転さえも、まま成らず。
そらなあ、危険やわと。
呆け症状以上の大問題での。とても、とてもの、とてもや無いの、自殺、殺人行為。ハタ迷惑行為の、そもそもがの、車にさえ、乗るが大問題、大課題。
云うてるです。運転席に座るのための、その道中でさえが、難儀の、そこまでも、到達出来んやろと。

まあな、そこを、我慢、ガマンの、激痛に耐えの、座るだけなら、運転席にも、座れるですが。
ハンドル持つに、握るに一苦労の、そこまでの、危険冒してまでもは、運転せずが一番也と。

オッとの、この話、現在唯今、完全なるの、現状回復してる。
とまでは、申さんの、明日<2月18日>にも、なればの、限り無くの、その状態には、接近の。
運転するに、自信有りになってる哉の、状態でして。
その経過の話をば、してるです。
(18/02/18)


NO.2252 単なる雑談<左脇腹背中に激痛走るの話>(2)

いやね。
正直には、どなるの哉と。
反面、単なるの、筋肉痛、筋違いの類やわと。
とは、思うにしてたですが。
更なるの反面、内蔵疾患からなら、困るなと。
もと、云えば、治るにしても、日数どれ程掛かるの哉と。

いやね。
この程度の、筋肉痛、筋違いの類なら、若き時なら、おそらくは、瞬時。
下手しても、数分、数十分。痛いだけで、それこその、指数関数的に、治るの方向にあるを、実感してるの程度で無い怪と。
それが、一向に、改善、治るの方向に伺えませんでして。
とは、その時の話やでと。

イヤイヤ、申してるです。
一寸した、擦り傷が、跡形消えるに、ン箇月。下手したら、半年、1年。
過月の、右足膝、皿の辺りの、筋肉痛と、するのか、同様にしての、筋違い哉のは、今だ、継続中。

いやね。
とりあえずは、一寸の以前なら、無視してるよな、衝撃で、擦り傷してて。
イヤ、これが、結構あるです。足の傷には、その手のが多く。こんな傷、イツしたのか、思い当たらんでして。足だけで無く、腕にも、胸にも、してるです。
してても、結構の、以前なら、数日。精々が、一週間もあれば、治るの目算のが、月単位。下手したら、年。
桁の違うの、回復の遅さに自身、感心してまして。

いやね。
その手、擦り傷程度は、どて事無いです。
痛くは無いが故、気が付いてませんでして。気が付く程の、衝撃なら、相当でして。

いやね。
その程度ので、擦り傷であれ、傷が付くのが大問題。
要は、皮膚の柔軟性が異常低下してるを身を以て、知らしめられてまして。云うたら、コラーゲン不足怪と。
とか、冗談云うてるの場合で無いわと。

いやね。
その当日、2月15日には、風呂上がりで、嫁はんに、湿布薬、ここと、思しきの箇所に貼ってもろて。
この時には、肩胛骨の下部、尖端の箇所が一番に痛いは、分かってませんです。
左脇腹から、背中の方、どんな具合哉と、見てもらうも、特段の、赤くなってたり、腫れてたりも、して無いのらしく。フウンと。

いやね。
何故にすぐにも、医者にと、向かわんかったかと、なればの、基本、筋肉痛の可能性大と、思てまして。
そらな、痛いです。腕動かすに、激痛。立つに、座るに、歩くに、服脱ぐ、着るにも、激痛走って、息詰まるです。
息が詰まれば、動作停止で、腹筋、腹にチカラが入ってもての、それが原因で、又、痛くなりの、息詰まりの、繰り返しで、痛み収まるまでは、グと、ガマン、我慢の子。イヤ、ジジイ。
がしかし、一晩寝て、明日の状況は、ど哉と。

その一晩明けるも、大変でしたですが。
再度申せば、寝るにも、一旦は、座らねばならずの。その座るに、激痛に耐えの。横になるにも、耐えの。寝返り打つも、一苦労の、どしょかと。
とかとか、し乍ら、考え乍らも、寝たですが。

さての、明くるの、16日<金曜日>。
朝眼が覚め、残念乍らの、回復したとは、云い難く。
余り、替わらんなと。
ならばの、町医者、整形外科医院にでもと、なるですが。モ暫く、様子見したいなと。
そらね。
なるべくなら、病院通いなど、しとは無いです。
なるべくも、出来る限り、行きとは無いです。大体が、医者嫌い。

まあな、咳、鼻水、逆睫がと。ならばの、悪化も困るの事よの、出来るなら、早めにと、思うですが。
これは、自身、概ね、生命、財産、致命的で無いのと、医者の事も、様子も承知してまして。
されどの、整形外科なんか、この人生で、何回かと。
オッとの、二十数年昔の、足骨折では、数箇月、掛ける事の、2度、入院してるですが。

いやね。
その件以外で、整形外科なんか、どなんやろねえ。おそらくは、2度。
一度は、右足、膝関節の軟骨すり減りと、診断されたのと、モ一回、行ってる筈が、思い出せませんです。
モ一回とは、診察券がある故でして。
オッとの、ローム入社の、新人時代、実験中に、指の切削にての、これは、亀岡に非ずの、五条西大路病院で、縫て戴いたですが。

いやね。
明くるの日は、金曜日故、行くなら、行けるですが。休診日でありませんでして。
されどの、自身の、気持ち的、明けて、明けての、モ一日、明けての、月曜日まで、様子見しても、宜しい哉と。
急ぐ事も無いと。

まあね。
月曜日まで、このままなら、可成り焦るですが。
焦るもあるし、心配増幅するですが。
まあね。そこまで、耐えるが出来るかも、問題なれどの、そらね、辛いわと。痛みは、なと。
動かんでも、座ってて、身動きしたら、激痛走るの事もあって。

では、あるですが。
ホンの僅か、気分的もあるですが。マシになってるよな、感もしてて。
兎に角、モ暫く、様子見をと。
反面では、早期に専門医に診て戴きの、しかるべくの、投薬、貼り薬、飲み薬、塗り薬でもを、用いたら、その分、早くに楽になるのになの、気もあるですが。
何よりも、痛み止めがと、思うですが。
さすれば、動くに、楽になる故、痛みさえ、緩和されたらと。

いやね。
そこ、してる内の、金曜日の、昼過ぎ辺りより、急に、良くなってるの傾向、伺えて。あくまでもの、自身の判断、気分なれど。
云うたって、ならばの、自分で、車の運転出来るかと、なればの、無理、ムリ、無理の、自殺行為故、致さんですが。
とまあ、そこまでの、回復はしてませんでして。昼過ぎ辺りの状況ではなと。

いやね。
されどの、回復の方向にあるは、実感出来てましての、更なるの、明くるの、土曜日。話簡単の昨日<2月17日>。
朝起きて、起きるに、激痛走らず。
オッとの、あくまでもの、激痛は、でして。痛みはあるです。
要は、息が詰まる程では、無くなっててね。結構なると。
かと、申しの、まだ、車の運転、出来るの程で無く。
かとかと、申しの、昨日とは、数段の回復感じてまして。

いやね。
それこその、腹筋、腹の周辺、筋肉痛。
これは、それまでの、蓄積的なるが、原因の、痛みで、既に、息が詰まりの、動作停止状態には、なりませんでして。
正直、ヨカツタなと。

いやね。
そらね、現在唯今、尚、痛いけどや。痛さの度合い、数段に違うわと。
それこその、明日にでも、なればの話の、車の運転出来るなの、判断してるです。
但し、運転するは、用事があればの事なれど。

オッとの、それでや。
一応は、右膝、関節部の云々での、処方して戴いたの、塗り薬、「ロキソニン ゲル1%」は残ってる故、塗ってるです。
云うたって、気休め的、風呂上がりでの、日に、1回のみ。
(18/02/19)


NO.2253 単なる雑談<左脇腹背中に激痛走るの話>(3)

いやね。ハタと。
イヤ、過日、2月16日であったの哉の、JA職員、男女2名様、ご来訪の件。
なれどの、1人は、集金担当君。
モ1人、妙齢の美女がと、申したですが。
<参考=「単なる雑談NO.198」NO.2250 単なる雑談<年金、堀川、ロームの話>

>ンの、確かに、見た事のあるよな、無いよおな、でして。

そこで、てな事、記載してるですが。
ハタと、思い出したです。3日も経ったの、本日<2月19日>なれど。
いやね、余計なるの話、思い出すだけ、まだ、呆けて無いと、思てるですが。

ンの、何の話かと、申せば、申してるです。同伴の妙齢の美女。
既婚、独身も、知らんですが。
見た事のあるよな、無いよな、でしてと。

それを、ハタと、思い出したです。
まあ、つまり、見た事あるは、どこで、どの場面でかを、でして。
当たり前に、JA職員故、JAで、でして。
<参考=「禁談・奇談ⅢNO.5」NO.46 その後の話(9) 再度の、嫁の味方也の話>(15/07/25)

いやね。2015年7月故、2年半前になるですが。
イヤ、上記<参考>に記載の通りの、JAの受付でして。

母の葬儀費用支払いがため、定期貯金の解約で、JA受付に出向いたですが。
その数日前かに、「JA友の会」の脱会手続き致し。そら、亡くなった故でして。
そしたら、即にも、JAから、電話で、「JA友の会」脱会されましたかと。ハイの、亡くなったが故と、返答致しの、後日、JAに解約にで、その受付女性が、電話して来たの方。

要は、貯金解約の理由を問われの、正直、葬儀費用の支払いですと。
返答したなら、嗚呼の、トモさんの、ご親族ですか。ハイと。電話したの、自分であると。へえと。
来たは、その時の、窓口女性でしたです。

いやね。
申しておくの、そもそもがの、受付に用事で行くは、早々には、無いです。年に、1回やろかの、頻度でして。
ましてやの、受付担当の顔なんか、皆目の、記憶してませんですが。
珍しく、記憶したは、彼女、母の名を覚えてたが故でして。

それでも、2年半前の事なれどの、我れ乍らにへえの、よお、覚えてたなと、感心するですが。
いやね。反対には、彼女の方、2年半も、前の事故、忘れてると、思うですが。
イヤイヤ、以来、何度か、云うても、2度、3度。間違おても、10度は出向いてませんの、居てませんでしたです。おそらくは、担当替わったか、やろなあと。
イヤ、分からんですが。大体は、受付窓口に出向くの都度、人、違うです。よて、尚更に、覚えませんですが。
彼女のみ、その手、会話あったが故、記憶したです。

いやね。
正直申しの、記憶力の良い子やなと。ンの、子とは、失礼なる表現なれどの、事実、記憶は宜しいです。単に先日、電話したのは、自分ですと、だけなら、なれどの、母の名を覚えてるに感心したです。

オッとの、トトトの、それで、思い出したです。
6月10日<日曜日>開催予定の、葉加瀬太郎コンサートの件。
申込み期限、2月28日まで、でして。
イヤ、嫁はんと、2人分、申込みしよかと、決めて、申込みするを失念してたです。明日にでも、一発と。
イヤイヤ、申込み多いと、抽選ですて。多分なら、多いやろなあと。当方、音楽音痴でさえが、葉加瀬太郎なら、生で、聞きたいなと、思う程でして。

いやね。それでね。
実は、JA職員2名様、ご来訪の時、斯くなるでの、左脇腹、背中の方。要は肩胛骨の下尖端なれどの。
アイタタ、タッタの、タのタの、タッタの時でして。
いやね。
呼び鈴、ピンポンのパンで、誰かと、玄関出るに、正直、四苦八苦の、痛い、イタイを、愚の、グと、我慢の、必死に堪えの出たんやでと。
表情的、その手、苦痛は出さずの、苦労と、するのか、苦労やねえ。
そして、主題、年金をJAにの、話で、コマツタわと。


オッとの、その話は結構の。
アイタタ、タッタの、タのタの、タッタの件。
左後方、肩胛骨の辺りの、痛みは、相当に回復してるです。回復したです。
当然の、完全に、では無いですが。日常の動作、生活には、困るの事は無くなったです。但し、車の運転は、今一、避けてるですが。
それと、何をどんな具合にすれば、可能性がも、概ね判明して来たです。
いやね、左腕を右斜め前方に急激に移動、動かした時、肩胛骨と、するのか、痛みは、無いものの、違和感あるです。
違和感あるですが、その程度にまで、収まって来たです。結構なると。

での、ででの、早いモノで、明後日<2月21日>には、「京都工業保険会」の泌尿器科に行くの日でして。
いやね。
特段の、食事制限無くの、兎に角、11時までにの話でして。云うたって、前回同様の、9時14分哉の、嵯峨野線で、行くの積もりでして。
これも、一時には、左脇腹、背中の方の激痛、アイタタ、タッタの、タのタの、タッタで、行けるやろかと、危惧したですが。行けるなと。

今度は、場所も分かってまして。
ついでにの、タバコを吸えるの場所、コンビニも、3箇所見つけてましての、結構なると。
但し、排尿検査と、採尿があるです。これが、厄介やなと。
理由、尿が如意に出るやろ怪と。

いやね。そらね。
待ち時間の事もありの、小用に行くのタイミングが難しく。
行って、即の、呼び出しあって、さあの、採尿や、排尿検査と、云われてみい、どしょかと。
とは、思えどの、行って、しかるべくの、検査を受けな、仕方が無くて。そのよに、先生より、云われ、了解してまして。
した途端、頻尿は、頻尿も、結構出てね。且つは、一気に出てね。コマツタなと。

そらね。
なかなかに出ませんとか、頻尿は、そのままなれどの、残尿感の話もしてるですが。
残尿感、薄れて来てての、再度の、コマツタなと。
おまけで、夜の、起きるまでの、小用件数、以来、ゼロ回で、我れ乍らに、へえと。
(18/02/20)


NO.2254 単なる雑談<ン十年ブリに、嘔吐するの話>

オッとの、イツであったか、昨日か。
孫娘より、電話一発、合格したと。
いやね。
昨年の10月であったかの、22日<日曜日>。
台風22号の最中に、ソロバンの検定試験でね。孫娘の。
イヤ、この時、長男夫婦、ハワイ旅行でね。台風で、帰国、延びたですが。22日に帰るの予定がや。

いやね。留守居役にての、孫共皆連れて、試験場、神戸商工会議所に行ったですが。
結果、検定試験、不合格と相成って。

それでや。
再度の、3級の試験があっての、合格したの旨の電話でして。嗚呼、それは、それは、ヨカツタなと。オメデトさんと。

が、昨日の、何時頃であったの哉の。
ンの、一昨日の事であったの哉の。最近、失念速度、超の快速故、忘れてもたですが。
そらね、中身は覚えてるです。先の、検定合格したと。

いやね。
その話の可成りの後。
元々が、日を間違おてるの可能性あるですが。電話のや。

いやね。
何時頃か、23時頃と、思うですが。腹の具合、異変を感じてまして。
どんな具合にかと、なればの、汚い話、なれどの、上、下、出しそでね。
イヤ、最初、下からは、出まして。嗚呼、これで、解決かと、思いきやの、そは成らずの。
イヤイヤ、出たは、軟便、下痢症状の、では無くの、正常便。
沢山かと、なればの、そんなにはなの、中途半端な量。
イヤイヤ、特段の便秘症状にはなってませんの、朝にはと、するのか、適宜、やってるですが。

いやね。
出ても、少量。且つは、上から、口から、出した方が、気分的、治るの感してて。
話簡単には、ゲロを吐く。難しくの表現なら、嘔吐した方が、この感覚、治るのではと。

いやね。
そもそもがの、夕食、嫁はんと、一緒のを、喰てるです。
只ね、余り、好きで無いのが、出てたは事実。
鯖の天ぷらと、アボガドでして。

いやね。
いつも、喰てるです。
且つは、アボガドなるは、コレ捨てロール対策、特に、悪玉退治、対策に効果ありと。尚且つの、動脈硬化対策にもなってと、健康維持には、最適の食材でして。
いやね。当方から、嫁はんに頼んでるです。買おて頂戴なと。

いやね。
よて、このところ、夕食の食材の一つとして、時々なれどの、出てるですが。
正直、旨くは無いねえ。有り体には、不味いねえ。
不味くとも、食すべしと、一生懸命に、喰てるですが。そんなに量いらんのではの量でして。云うたって、嫁はんと、半分ずつ。
その半分が、ノツコツ状態なれどの、健康のためと、コレ捨てロール対策也と、喰てるですが。

昨日はねえ。それが、辛く、ツラクの、辛くてね。
最後の一切れまで、喰えるやろかの、難儀したですが。腹一杯もあったですが。
それと、鯖の天ぷらでして。オッとの、他にも、オカズはあるですが。鯖の天ぷらも、時々、喰てるですが。そんなには、苦手感無く、喰てるですが。
ならばの、好きかと、問われたならばの、大体は、魚苦手。骨が苦手。鯖の天ぷらに、骨ありませんですが。

いやね。
正直、ノツコツ状態で、それら、喰たは事実なれどの、特段の、これが、初の組合せでも無く。
何でやろと、思いつつの、吐きそでね。
での、遂に、ゲと。本物の、ゲと。
イヤ、云うてるは、表現上の、ゲで無く、ゲが出たです。ゲの意、日本国全土に通じるかは、分からんの、平たくならばの、ゲロ。

いやね。
何年とは、云わずの、何十年ブリでして。ゲを出すがや。
おそらくは、40年は、ゲなど、吐いてませんです。
いやね。そらね。
吐きそな状態、気分には、なっても、実際には、吐いてませんでして。
それが、出だして、へえと。
当たり前だの、クラッカーの、トイレに駆け込み、便器目掛けて、吐いてるです。

只ねえ。
その記憶してるの、よな、ゲでありませんでして。イヤ、ゲは、ゲで、胃の、モノを吐き出すですが。
その昔に、吐いたは、大量でして。喰うたもの、全部、吐いて出してしもてるの程の感したですが。
此度のは、頑張って、頑張って、しんどいめして、ゲぇ、ゲぇ、出してるの割には、ンの、自分乍らも、少ないなあと。且つは、ネバネバ系でして。
まあね、胃液も一緒に出てるは、分かるですが。

とかとか、コレを、二度、三度。
一度目は、ゲぇ、ゲぇ、云うてるを嫁はん、聞いてたですが。トイレ閉めて、やってましての、一度目は、その余裕あったですが。
二度目、閉めるまでの、余裕無く。便器の蓋、開けるのは、あったですが。さもなくばの、トイレ内、大変になるですが。
イヤイヤ、背中をさすって呉れて、助かったですが。

いやね。
口の中が、ネバネバでして。これを、拭いても、拭いても、出て来まして。
いやね。
当然の、洗面台のところで、水道水で、口すすぐですが。見掛け、すすげてるですが、止まらんでして。
イヤ、止まらんとは、少しずつなれどの、口の中が一向にスキリとせず。

いやね。
加えての、喉が痛く。
理由分からんの、喉に、その胃液やろ哉のが、引っ掛かってる感致し。要は、喉が気色が悪くの、唾と、一緒に飲み込むに、その飲み込むの運動と、するのか、喉の動作で、痛く、痛くの、どしょかと。
事実、ヒリヒリ感ありの、又、辛い感ありの、何とも、表現のしよの無い、辛さ。

いやね。
喉が不快で、唾も出て来るし。その唾と、一緒に、飲み込むに、喉が辛く。コマツタなと。
特段の、風邪症状で、痛いで無いですが。何でやろねえ。
喰たモノ、出るの時、喉を痛めたの怪と。

では、あるですが。
一応は、ゲを吐き、胃の状態、楽には成ったですが。多少は、でして。
モ一発、出て呉れたら、更に、楽になるの気配あるも、吐く時の辛さがと。
目一杯、口を開けるんやねえ。開くのやねえ。苦しいねえ。

いやね。
そんな事で、23時頃より、零時を少々回っても、尚、気分爽快の領域には、入れずでして。
モ一発、出たら、楽なれどの、吐くに、大変かと。
且つは、喉が変と、するのか、痛いしねえ。ハテサテの、この状態で、寝られる怪の。
寝ん事には、明日<21>には、「京都工業保険会」に出向くと、するのか、出向くんやねえ。
残尿検査を受けんならんしと、夜は、早めに寝てもたです。

いやね。
当然の、胃の状態も、ムカムカ感、軽くはなっても、マダ、してまして。
喉は痛いし、唾飲み込むも、ためらうの程の、コマツタなと。
思てるの間にも、明くるの、当日、21日になてもたですが。

まあね。
寝て起きたら、食欲は無いものの、胃の状態そのものは、嘔吐感無く。
喉も、大分収まって呉れてましての、ヨカツタなと。
イヤ、この状態なら、円町<京都工業保険会」に行けるなと。
(18/02/22)


NO.2255 再度の、京都工業保険会の話(1) 悪い通知で、モヤモヤの話

再度の、汚い話なれど。
口語での、ゲ、又は、ゲロ。
難しくは、反吐<へど>、嘔吐<おうと>。

このゲで、唾飲み込むに、中途半端に、喉に引っ掛かったのドロドロ感あるの胃液を飲み込むに、喉痛く。
これ、吐く時、異常に喉を開けた結果哉と。とする程には、口開けたよには、思てませんですが。
イヤ、この喉の痛さ、尋常で無く。飲み込むに、恐怖感じるの程でしたですが。
要は、飲み込むに、痛い故、洗面台で、吐いたり。
イヤ、唾なり、微量の胃液を、です。トイレに駆け込み、出すの程でもありませぬ故でして。
イヤ、そこまでの、量でも無いと、するのか、むしろ、口をすすぎたいがありまして。
そらね、口内、極めての不快。

いやね。
磯津千由紀さん、「シバケンの掲示板」に投稿賜るに、その、喉の痛なったの原因、胃液、酸性での、火傷ですて。へえと。
ンの、酸性は承知も、それで、火傷かと。
イヤ、分からんで無いです。風邪でも引いたの如くの、ヒリヒリ感あって。唾なり、出てきてるの、胃液を飲み込むに、超の不快感と、痛み、辛さでして。
イヤイヤ、コップに水も、飲んだですが。それがさえ、辛くの、飲み込むの動作、喉の動きさせるが、難儀、苦痛の状態でしたです。

いやね。
でしたですの、過去形になって、ヨカツタなと。
そらね、明くるの、21日、尚、不快感あるなら、「京都工業保険会」えは、キャンセルの電話連絡するの気もあったですが。
そらね、完全には、その手、不快感、解消までは、してませんですが。唾飲み、どしょかと、思う程の、辛さ、痛さはありませんでして。嗚呼、ヨカツタなと。
但し、胃の不快感、食欲減退は、本日<2月22日>も、尚、継続してるです。ゲの気配は無いですが。要は、空腹感、ありませんでして。
よて、食欲減退としたです。

いやね。
斯くなるでの、このゲは、20日の夜の事。
明くるの、21日<水曜日>には、泌尿器科には、予約と、するのか、予約やねえ。
入れてるが故、朝一番の様子見しての、朝飯喰うは止めての、コーヒーのみ、飲んで、行くにしたですが。

いやね。
申すは、「京都工業保険会」より、帰っての、郵便受けに、入ったの封書。
何用かと、中身見たなら、過日、2月7日の、内視鏡検査の、「結果報告書」。
イヤイヤ、良い知らせに非ずの、その時には、老先生より、異常無しと。少々、荒れてるですが、コレ、ピロリ菌退治の後ですと。
とは、明確に聞いて、へえの、ありがとうございますと、御礼申し述べてるですが。
内容、「最終判断が変更となりましたのでご報告いたします。」
「上部消化管内視鏡検査は次回12ケ月後にお受けください。」
「判定=経過観察」
と、してあっての、担当医名での、押印してあって。ゲと。
ならばの、異常怪と。
<参考=「単なる雑談NO.198」 NO.2241 健康診断結果に寄るの、精密検査の話(2)

かと、申しの、何をせよは無く。12ケ月後に再度の、内視鏡検査を受けよと。
云われて、我々では、何ちゅうかの、この手の検査を受けるに、どする兵衛の、申すは、そこらの、総合病院では、一見さん、お断り的、紹介状無ければ、2000円に消費税云々の話ありで。
我々にとて、2000円もは、高額負担故、気楽に、ホイとは、行けませんでして。

いやね。
事実、そでして。一見さんお断りの、風邪や、歯痛、逆睫程度で、総合病院に来るなと。
その程度のは、町医者也と、されてまして。
総合病院では、所謂の精密検査等々、要するの、重病哉と。
それがあるが故、健康診断結果に基づきの、検査をした、「京都工業保険会」に、予約の上、出向いたです。
そらね、話早いです。

いやね。
結果報告書を基に、その手、近在の総合病院にての、精密検査を受けるも結構也の、事も記載してあったですが。
行っても、先生より、問診され、内視鏡予約で、再度の出向くに相成って。
その替わりに、電車で無く、車で行けるですが。
その替わりに、半日仕事になるなあと。ンの、「京都工業保険会」でも、半日と、するのか、半日やねえ。時間掛かるですが。
偶には、電車も結構哉と。との、気もあって。
加えての、円町<えんまち>の最近の状況、ど哉と。学生時代には、単車、ホンダの、スーパー・カブで、通過してたし、結婚式場、「玉姫殿」もあったのところでもありの、パチンコ屋もあった、なと。
オッとの、本題から、逸れ掛かった故、元に戻すですが。

いやね。
申したい事、こんな具合に、あれこれ検査しての基準超えあるやろと。
相応の歳故での、全くの無罪放免、一点も、引っ掛からずの、超の優良、健康ジジイ。
なんか、居てるの怪の、居てて、健康で、長保ちするの怪の、極めての、不信。

いやね。
かと、申しの、基準なるは、何かの根拠があっての事也と。
話簡単、突然の心臓停止、頭の血管切れての、半身不随の言語、動作不具合なんかになてもてみい。
それこその、ハタ迷惑の、自身も、早く死にたい、死なせて頂戴に相成るわと。

いやね。
時折、寝た切りになったの年配の方、諸般の災害、事故に遭遇も、嗚呼、生きててヨカツタと、申されてるですが。
イヤ、テレビでの話の、インタビューに答えての事なれどの、当方的、否定は致さんですが。長生きしたいは、個々人に寄りの、基準、考え異なりまして。

いやね。
健康で、なら、なんぼでも、長生き結構なれどの、健康で無いなら、ハタ迷惑は、当方、身を以て、承知してるわと。
オッとの、くれぐれもの、それは、又、家族として、当然の事也と、当方自身思てるですが。思てるが故、そのよに、実行致しの、責任と、する程の大層、大袈裟にも、考えずの、されどの、責任やねえ。義務感やねえ。
果たして来たと、自負しの、何等、後ろめたさは、ありませんですが。
ンの、コレも又、そとも、云えずの、親の要求、皆が、皆、実現は無理難題の上での、そらね、あしてやれば、こしてやればの、思いは、現在唯今、尚、あるわと。

いやね。
こんな事、やれば、やる程に、幾らでも、あるわと。
オトトの、又もやの、話逸れそ故、元に戻すも、結果的、その事でして。

云うてもたらの、ハタ目、ええお母さん、お父さんやなあと。
出来た、お母さん、お父さんやなあと。
思えどの、それは、ハタ目の事での、聖人君子でも、あるまいにと。
親子間、それも、長年ズと、一緒やてみい。そらな、云いたい放題。どちもがや。特には、親たる、子に対し。

話飛ぶの、されどの、申し述べるの、時には、そらなの、どついたろかと。
云うとくの、実際に、どつけば、傷害罪。下手したらの、下手しんでもの、殺人罪に相成るわと。
よて、どついたろかは、あくまでもの、表現上の事での、実際に、拳、振り上げるは、毛頭の、あらへんわと。語気なら、荒くなるですが。
コレ、親子故。
売り言葉に、買い言葉なるは、再度申すの、長年一緒の親子故の、簡単には、尾引かんわと。
これがや。
親子たりともの、長年で無いと、尾引くです。

いやね。
どんどんと、余計な方に、話行てもてね。
健康なら、長保ちしてもは、あくまでもの、当方の考え。
それは、所謂の介護を重々の承知故。
されどの、何度も、申すの寿命は如意不可。

イヤイヤ、でででの、21日<水曜日>なるは、9時14分のJR嵯峨野線に乗りの、円町、「京都工業保険会」に二度目、行ったです。
乗れば、精々の、15分。
駅まで、歩くに、20分哉と。円町からは、数分、5分程度故、どて事ありませぬ故、電車で、行くですが。
駐車場も、駐められるの台数、少ないしねえ。
それこその、健康のため、歩け、歩けと。
(18/02/23)


NO.2256 再度の、京都工業保険会の話(2) 残尿、210ccの話

オッとの、云うを忘れてたです。
ゲの日、20日の日なれどの、葉加瀬太郎コンサートの申込みしたです。
イヤ、申込書は、郵送物に同梱での、それに、しかるべくの、記載の上、ファックスか、申込書を送付でして。
送付よりは、ファックスが安上がり故、電送にしたです。
イヤ、申込者数多いと、抽選でして。

トトトの、そんな事で、21日も、朝、9時14分、並河駅発、嵯峨野線に乗って、円町駅えと、参じたです。
此度には、分かったの道故、サと、行けるですが。
道中、ここと、ここに、コンビニあるなあと。
いやね。終わってからの、帰りの道中にて、タバコを一服するの積もりでして。行きは、タバコも吸わずの、「京都工業保険会」に一直線。

いやね。
万事、勝手知ったるの、行程、受付に、でして。
前回同様、結構なるの人、人、人。概ね、高齢者多く。皆様、健康診断で、引っ掛かった人なんやろなと。
自身、そでして。

いやね。
受付の妙齢の美女、ンの、前回も居たなあと。居て当たり前だの、クラッカーなれどの、受付嬢、皆、親切、にこやかでして。結構なるの、暫し、待って、検尿の、紙コップを手渡され。
あのですねえの、このコップに尿入れて、しかるべくの、提出して下さいと。

いやね。
その際、尿は出し切った上で、何とか番で、超音波ですので、部屋に入って下さいと。
ンの、呼び出し、待たずの、いきなりの、入るですか。ハイと。へえと。フウンの、ハイ、承知と。

いやね。
そんな事で、男子トイレに入りの、しかるべくの、紙コップに尿入れて。
いやね。正直には、いきなりで、ヨカツタなと。自宅より、ここまでの道中にて、小用せず、来てまして。特段の我慢までは、してませんですが、とりあえずは、採尿するまでは、我慢しとこと、してたです。
そらね、出した途端、採尿ですと、云われてみい、困るの事よと。

いやね。
採尿あると、前回、看護師より、聞いてまして。
よて、利尿剤としての、コーヒー一杯飲んだです。
本来なら、朝食で、パンと、バナナと、ヨーグルトも、喰てるですが。前夜の、嘔吐状態、ゲも出しての、胃の調子と、するのか、食欲が無くの、喰わずで、飲むだけにしたです。

いやね。
それでも、紙コップの底の方にチラでして。
チラも、これでは、足らんなの、量でも無いですが。まあ、この程度ならの、量でして。
残ったの尿は、出し切ってくださいの指示あったですが。残るの状態で無く。何とか、採尿出来たの状態でして。

いやね。
実は、トイレの個室にて、採尿してるの最中<さなか>、ンの、「シバタ様、シバタタケオ様、ン番に入って下さい。」の、アナウンス聞こえて来てね。
されどの、コマツタなの、出られませんの、採尿してるの、真っ最中。

いやね。そらね。
採尿出来たからと、しかるべくの、手も洗いの、窓口に提出の、ンの、チャンと、ズボンのバンドも締めての、身嗜みも整えんと、なと。
とかとか、終わって、ン番の診察室に入って、入り口に居たの妙齢の美女に、「シバタですが。」と、名乗れば、その先に居たの、こちらが、超音波担当の、理学療法士なんやろねえ。
荷物は、ここに。診察台には、あちが、頭で、こち、足で。上衣なるは、上だけはだけて、ズボンは、下腹部が見える程度に降ろして下さいと。ハイ、承知と。

いやね。
ゼリー状のを下腹部に塗られの、即にも、超音波が開始されての、理学療法士曰くに、尿は出し切りましたかと。
ハイの、その積もりですと。
なかなかに出ませんので、困ったですがと、余計なるの話も致し。

いやね。
それこその、前回、看護師より、聞いたの、ものの、5分と、掛からずで、ハイ、おしまいですの。
嗚呼、この超音波の所用時間なるが、5分かと。

そんな事で、外で待ってくださいと、云われての、外で待つの事、ものの、1分にての、先程、入り口附近に居たの妙齢の美女が、検査資料なんやろねえ。
ファイルに入れたのを、手渡して呉れての、受付に手渡して下さいと。ハイの、承知で、受付に持参で、ン番で待って下さいと。ハイの、承知の、ここまでなら、30分もは、掛かってませんの、20分程度で、嗚呼、ヨカツタなと。
先生の診察、精算も、含めての、1時間もあれば、無罪放免の帰るが出来るなと。
思たですが、超の甘かったです。

いやね。
周辺で、待つの方、沢山居てるですが。
その誰が、泌尿器科の、ン番の方かは、分からんわと。
思てるの間にも、次々と、までは、申さんの、呼び出され、呼び出されの、これがねえ。
当方よりも、遙か後に来てるの方までが、終わってね。
周辺、可成り減りの、ンの、もしかして、もしかしたらの、当方の検査結果、こちに届けるを、忘れてるので無い怪と、疑念抱くの程に、遅くてね。

いやね。
実際には、9時40分頃、受付に到着。
前回には、「京都工業保険会」に入るの前、横手、道路で、タバコ一服したですが。
此度、その手、全くのせずの、直行でして。
そらね、一時でも早くに受付したなら、一時でも、早くに終わるやろと。
それが、11時に成っても、11時半になっても、お呼び出し掛からんでねえ。変やなと。

いやね。
ならばの、こちの看護師が出て来たら、尋ねてみよかと、決心したの途端、「シバタ様、シバタタケオ様。」と、お呼び出し掛かりの、今かと。
まあね、可成りの不満あるも、お呼び出しあれば、結構なるの、診察室に入りの、即の先生曰くに、尿は出し切りましたかと、尋ねられの、ハイの、その積もりですがと、返答したなら、210ccも、残ってますと。えと。
(18/02/24)


NO.2257 単なる雑談<孫君3号、七五三プロモーション・ビデオの話>

いやね。
本日<2月24日>、夕方、次男家3名様、ご来訪。我が家に。
いやね。
以来、久しぶりやなと。
とは、正月以来でして。

いやね。
昨年には、毎週程に、会おてたですが。
イヤ、次男が目のヘルペスで、「大阪医科大学附属病院」入院のための、見舞いにと、するのか。ンの、見舞いやねえ。
又は、面会哉の、どちでも、表現違うだけで、一緒の、会おてたですが。昨年末、までは、なと。

いやね。
そんな事故、正月に会おて以来故、2箇月までは、経たんですが。えらく、長くに会おてない感致し。
イヤ、事実、見舞いに毎週の頃とでは、長くに顔見てませんですが。

いやね。
次男の眼の調子なるは、正確には、分からんです。そら、当人にしか、分からんでして。
只なの、嫁の車の運転で、来たです。
ンの、まだ、運転については、辛いと、するのか、慎重なんやなと。

イヤイヤ、そんな事で、3人の顔見るが久しぶり。
まあね、皆元気で、ヨカツタなと。基本、そこでして。
むしろ、ここ数日なら、当方が一番に、調子悪かったよな感でして。

いやね。
左腕と、するのか、左の肩胛骨の辺り、直下と、しるのか、直下やねえ。痛くて、激痛で、身動きままならずの、難儀したり。
それこその、車の運転、トンでも状態でしたですが。
それが、治れば、ン十年ブリの、嘔吐。

いやね。
嘔吐したら、喉が痛いねえと、申せば、嫁、ええの、胃液、酸性ですねえと。ンの、その辺り、無知であったは、自分だけ怪と。
まあな、当方にしたって、胃酸と、申す故、酸性は承知も、喉が痛<い>となるの、程の酸性とは、思てなく。むしろ、嘔吐よりも、喉の痛いに、難儀したですが。
云うたって、寝て、一晩明けての、明くるの日には、解消故、ホとしたですが。

でや。いやねの、何ちゅうかの、孫君3号の、七五三の、写真を持って来て呉れて。
写真も、チャンとした記念写真のと、ビデオで、撮影の、これも、長岡京の写真館。スタジオと称するのかの、ビデオやねえ。DVDの、ビデオですが、ビデオ故、ビデオで、見せて呉れて。

とかとか、ややこしい、話をしてるですが。
要は、写真館で、撮ったのビデオと、するのか、写真を上手く編集構成したの、DVDを、ビデオで、再生しの、見せて呉れたんやと、云いたかったんやと。

でや、ででや。嫁の実家に云々の話、聞いたが故、ンのほならの、DVDをコピーする怪の、任せて頂戴なと。
そらな、云うたら、何やけれどの、時偶なれどの、してまして。
「筆まめ」もしてるし、何もしてるしの、コピーのしまくりでして。
云うたって、集中的で、まさかの、毎日、毎日も、してへんけどや。商売してるであるまいにと。

とは、余計なるの話の、そらな。
高がと、申せば、失礼乍らの、単なるのと、申すも変の、ビデオでして。
ンの、話、遠回しなれどの、実は、ビデオのコピーは初めてかと。ンの、でも無いなあと。
イヤイヤ、申してるは、プログラムとするのか、アプリケーションをば、ISO化しての、コピーなり、パソコンでの保管なら、始終してるですが。
ビデオは、初哉の、どちでも、結構の、ISOファイルと、一緒やろな。
ンンの、正確には、ISOファイルと、ビデオは一緒で、無いけどや。コピーは出来るわと。

いやね。
そんな事で、嫁に、DVD<原板>を貸して頂戴なと、パソコン起動で、やり出して。
ンの、この程度の時間の長さなら、DVDで無くの、CDで焼けるやろ怪の、焼いたですが、アカンでねえ。
イヤ、再生は、嫁がして呉れたですが、適合せず的、表示で、再生出来ずで、そかの、CDには、当世のビデオは対応してませんですかの、ホナラの、DVDにて、してみよかと。
まあな、写真集でもあらへんでして。ンの、写真集なれどの、プロモーション・ビデオ的、動きを持たせたのビデオでして。容量、案外に喰うのやなと。多分なら、なと。

どちにしろ、DVDで、焼けば、とするのか、コピーしたら、再生正常に出来まして。嗚呼の、そかの、ならばの、嫁の実家用、どちが、どちでもの、結構なれどの、任せて頂戴の、モ一枚でも、二枚でもの、焼くかの、容易いのご用やわと。
只ね、その間にはの、間とは、CDでは、再生出来ずと、相成ったが故、そのCDを、パソコンでは、ど哉の、再生出来てねえ。

いやね。
その操作が、悪さしたのか、正確にはの、CDでは、ダメと、知って、即の、DVDで焼いたですが。それは、再生成功の、モ一枚、焼くかの、その間の話の、CDの方をば、パソコンで再生出来たが、災いしたと、申してるですが。

ンの、反って、ややこしい話をしてもたなの、どちにしたって、2枚目のコピーするに、パソコンの、DVDドライブに、ビデオDVD挿入一発、再生されてもての、コマツタなと。
まあな、困る事も無いの、こんな時にこそ、一台のパソコンで、ごちゃ、ごちゃの、試行錯誤してるは余計なるの、別途のパソコンにて、やてまえと。

パソコンをば、起動一発、コピーするに、ンの、コピー・ツールが見当たらんでね。
話簡単の、そのパソコンには、ダウンロードして無かっただけの話の、即の、ダウンロード致し。
イヤ、明確にの、コピー・ツールなるは、「CD burnerXP」なるの、フリー・ソフト。

いやね。
更なるの、余計なるの話の、当世、コピー・ツールも、フリー・ソフトのが、充実、上等になってるねえ。
その昔にはの、ここでは、コピー・ツール名割愛の、割愛は、チャンとしたの名称、調べるが邪魔くさいだけの話の、ンンの、思い出したの、「B’sRecorderGOLD」とかとか、あったですが。
買うなら、結構高くの、何かの、附録アプリケーションで、同梱されてたですが。

ンの、こんな具合に申してた、ならばの、その話で、延々に相成る故の、余計なるの話、ここで止めの、別途のパソコンに、「CD burnerXP」をば、ダウンロードを致しの、コピー一発、ど哉の、嗚呼、出来るなと。
いやね。
出来るの時には、5分程度掛かるですが。出来ぬの時には、DVDメディアにコピーし出しての、即の、このDVDあきませんと、表示されまして。

とかとか、そんな次第の、斯くなるでの。
出来たわと。
何がと、なればの、孫君3号、七五三の、プロモーション・ビデオのコピー。

イヤイヤ、忘れてならじの、嫁より、バレンタイン・デーの、チョコレートを戴きまして。
早速にも、仏壇にと。
ンの、何故に仏壇かと、問おて呉れるなの、単なるの、当方、習慣でして。戴いたの、喰うのモノ、皆、問答無用の仏壇でして。
これで、又、上等の、チョコレートが喰えるなと。
(18/02/25)


NO.2258 単なる雑談<雛祭りの話>

にしても、当世、宜しいねえ。
いやね、こんな具合に、七五三等々の、記念の写真をビデオに出来まして。
オッとの、して呉れたは、長岡京のしかるべくの、スタジオの、業者なれど。

での、長岡京とは、奈良、平城京から、784年に遷都されて。
「仏を無くして、平安京」の、794年、平安京に、遷都されるまでの、約10年の短期間なれどの、都であったの場所。
それが、実際にどこかは、知らんです。
イヤ、向日市<むこうし>の方と、云われてるですが。向日市とは、まあ、簡単には、京都市に近いの方。
それが、何じゃと、問われたならばの、ンの、そやなの、それだけの話。
イヤイヤ、オッとの、当世、記念の写真をビデオに出来て、ええなあの、話が少々ズレただけの話。

いやね。
その明くるの、本日<2月25日>、電話がりんりんの、出たは嫁はんなれどの、誰かと、思いきやの、孫娘。
何の用件かは、時期が時期だけに、概ねの想定出来てるですの、ぼちぼちの、2月も終わりの、3月に相成るです。3月と、なればの、早々には、3日<土曜日>でして。
左様の、3月の、3日とは、雛祭りでして。

いやね。
孫娘からは、手作りのクッキーをば、バレンタイン・デーで、送って来て呉れてましての、母親の、チョコレートと一緒に、でして。
いやね。余計なるの話の、これは、2月14日に郵送故、遠の昔に、胃袋に入ってるですが。
イヤ、当然の、独り占めには致さんの、嫁はんの胃袋にも入ってるです。
更なるの、昨日の、次男嫁からのは、本日、その半分は、胃袋に入ったですが。

いやね。
余計なるの話、そらね、一箱、一袋、幾らの、スーパーで売ってるよなのは、即の、ぱかぱか、喰てまうですが。
一個、幾らかは、知らんの、安くは無いの、高級チョコレートなるは、ぱかぱかとは、喰えませんでして。
味わい、味わいの、まあ、日に、2個か、1個で、我慢、ガマンの耐えまして。
せめてもの、3日は保たさんと、なと。

とっとの、そんな事で、既に、孫娘には、伝えてるですが。
ホワイト・デーで、何がええのか、考えとけと。多分なら、服に成ると、思うですが、その雛祭りに行った時に、でもの、少々早いけれどの、役目、約束、果たしてしまおかと。
とは、嫁はんには、伝えてましての、そのよに返答。イヤ、嫁はんが、孫娘に、でして。

いやね。
そんな事で、月替わっての、3月、早々の、3日には、神戸行きと、相成ったです。
いやね。にしてもの、孫娘は得やねえ。我が孫で、女の子、1人だけでして。且つは、初孫でもありまして。且つは、当方、還暦の孫。
ンの、そらね、男の子は、男の子で、大事なれど、です。
将来的、頼もしい、青年、男子になって呉れよと、願てるですが。
女の子は、女の子で、将来、近い将来、どんな子、可愛い娘になるの哉と。なって、呉れよと、願てるです。
再度の、そらね、男子は男子。
女の子は、女の子で、何ちゅうかの、華やかになるの、やろなあと。家庭内が、です。

いやね。
当方には、息子が2人で、娘居てぬ故、尚更に思うです。
いやね。そらね、嫁共も、当方的、超の簡単表現、女の子。
意味なるは、何ちゅうかの、当初、慣れてませんでして。そら、先の通りの、女の子が居てませぬ故での。そらね、妹なら、居てるですが。
イヤイヤ、この手の話、気が向けばの話の、別途にでも、致すかと。

いやね。
表現、難しいけれどの、当方的、子としての、実の娘は居て無いだけでの、その他、女性と表現の、親族等々、沢山居てるです。
それぞれに、印象、感覚的、異なりまして。
云うたら、祖母から、孫娘に至るの、年齢幅、デカく。ンの、当然の、祖母なるは、亡くなって、半世紀近く、経つですが。
イヤ、申すの、祖母にとての、還暦の孫、当方。
要は、親父の結婚が遅かったんやと。

いやね。
但しの、祖母の初孫なるは、叔母の息子。これは、現在、千葉在住。その千葉のは、どしてるの哉の、母の葬儀には、来て呉れたですが。
その時、久しぶりに、話もしたですが。
イヤイヤ、親しいの従兄弟やわと。途中で、東京に行っただけでして。昔には、大阪、梅田に居てまして。行き来、致しの、喧嘩ばかり。

オトトの、すぐにも、話、逸れて、逸れての、逸れまくり。
いやね。
そんな、とりとめも無いの、話をするが、したいのが、当、「単なるの雑談」の主目的。
当方的、これが、本来の目的でして。只なの、最近、この、逸れて、逸れての、逸れまくり傾向、大になってもてね。余りに、逸れると、元々の、云いたいの事、主題が、ボヤけてもての、どもならず。

いやね。
要は、そんな事で、3月3日の雛祭りの日には、神戸行きと、相成っての。実は、正月来た時、そんな話は出てたです。
イヤ、嫁が、嫁の実家に行くの際、次ぎ、3月やなあ。雛祭りに、来てなあと。そやなあと。
当然の、そは、返答も、適当、曖昧なるの返事やわと。
日が経ち、カレンダー見て、ンの、此度、雛祭りは、土曜日怪の、行くなら、行けるなと。
その上で、電話一発、声掛からんなら、行かんですが。元々が、出不精と、申してるわと。

ンの、そ云うたら、ガソリンも、満タンにしとかんとと。
このところ、殆ど、車の運転と、するのか、運転やねえ。車では、出掛けてませんでして。
外出なら、頻繁なれどの、円町に、行くも、JRでして。そらな、諸般、車でも、出てるですが。チラでして。

オトトの、又もやの、話、逸れて、逸れての、逸れまくりの。
「京都工業保険会」の話に、戻すです。
何も、無ければ、なと。
(18/02/26)


NO.2259 再度の、京都工業保険会の話(3) 「ユリーフ錠4mg」の話

さての、「京都工業保険会」の話。
いやね、この施設、医療機関の位置づけが、よ分かりませんでして。
要は、病院であるよな、ないよおなと。
まあ、医師も、看護師も、居てるし、検査装置はあるし、医療技師も居てるし、病院哉と。単に、入院は出来ぬだけ哉と。
手術するよな、患者は、しかるべくの、総合病院に行けと、なるの哉と。
イヤ、それも、分からんですが。

いやね。
待合いで、待ってるの間、当方よりも、遅くに来て、早くに診察終わりの、看護師から、説明受けてるの大半、次回、いついつですと、指示されてまして。
且つは、薬、2箇月間とか、3週間とか、出てますのでと。フウンと。
フウンの意なるは、当方も、その手哉と。

いやね。
先生より、薬、何週間分か、処方され、次回、イツイツと、宣告されるの気配、濃厚でして。
そら、前立腺癌は、別としても、肥大は、分かってるです。
ならばの、もしかして、もしかしたらの、その薬、「ハルナールD錠0.2mg」「アボルブカプセル0.5mg」を処方されるの哉の。コレ、高い薬でして。

高い故、当時、「亀岡シミズ病院」にて、処方されたですが。逃げたです。
逃げたの表現、異なれどの、まあ、一緒やねえ。当時、3割負担<現2割>もあったですが。ええ加減なるの値、不確か、曖昧の、3000円程であったのかと。
それで、前立腺肥大が回復なら、なれどの、単に、オシッコが出易くなるだけの話。
まあね、出ぬより、出易くなったの方が宜しいですが。そんな程度なら、ガマン出来るわと。通院止めたです。
それは、イツ頃の話、かと、なればの、2010年7月頃。
イヤ、行き出したのが、ですが。止めたは、1年後哉の、詳しくは、失念。

いやね。
まあつまり、薬の処方されてまして。次回、3週間後とか、2箇月後と、云われたはってね。
当方も、その口に該当なら、困るですが。理由、亀岡くんだりから、来てまして。JRの、嵯峨野線で、でして。
まあね、云うたって、家から、駅、並河まで、約の、20分。乗れば、15分程度の、円町からは、5分も掛かるか、掛からんの距離での、知れてると、云えば、知れてるですが。
「亀岡シミズ病院」なら、車ででも、行けるし、所用時間、20分あればと。
只な、駐車場が空いてるかが、問題でして。
そんな意味からは、偶には、電車で、歩いての通院もと、思うですが。

いやね。
泌尿器科の、前立腺肥大の診察は、困るんやと。当時には、毎回の、尿検査されたり、血液検査されまして。
尿検査では、出ん事には、なと。順番、イツ来るか、分かりませんでして。まあな、診察とは、別途に、されるですが。されるまでは、下手に、トイレに行けませんでして。

オッとの、そんな次第の、後から、待合いに来たのが、先に、先にと、終わってね。
当方、可成り早くから、待ってるですが。一時間近く、待たされてるですが。一発、看護師にでも、尋ねてみよかと、思てたの矢先、呼び出しあっての、嗚呼、ヨカツタなと。

での、診察室に入って、宜しくお願い致しますと、挨拶致し。
ほならの先生、申すに、オシッコは、出し切りましたよねえと。ハイと。
ほならの、ほならで、210ccも、残ってますと。云われても、ピンとは、来ませんですが。ンの、210ccとは、1リットルの、五分の一と、少々かと。
小さい、牛乳パック1個分<200cc>哉と。多いなと。

いやね。
それなら、採尿して、即の、尿意催す筈が、全然でして。
少なくともの、採尿終わり、超音波も終えて、診察待ち、1時間。その間、トイレに用事無く。特段の、ガマン、我慢の、必死の我慢も、してへんわと。
要は至って、静かで、行きたいな。とは、ありませんでして。よて、尿が残ってるは、意外でして。
にしてもの、超音波で、膀胱に残ってるの尿の量、分かるのかと。

いやね。
尿の残量調べるは、「亀岡シミズ病院」の前。
数年前なれどの、「府立南丹病院」で、検査して戴いたです。
これが、何時間か、掛かりの、出せば、レントゲン撮影されて、暫し、寝て待てで、所定時間経てば、又、採尿で、レントゲン撮影でと、繰り返したを覚えてまして。
よて、残尿検査なるは、大変やなと。
それが、超音波で、一発、分かるかと。そんな具合に、進歩したと、云えるですが。

いやね。
先生、超音波での、映像見せて呉れまして。これが、膀胱で、これが、肥大箇所と、示されたの場所には、デカい、突起と、するのか、出来物みたいな具合に、成ってまして。
それが、前立腺で、肥大箇所也と。へえと。
云うたって、ド素人には、今一、分からんですが。以前、見たの映像とは、違うなと。少なくともの、肥大箇所大きくなってるよに、伺えて。

いやね。
先生申すに、その箇所は、腎臓の近くでもあると。
それ、そのものは、どて事無いけれどの、大きい故、今暫く、気長に様子見しましょかと。えと。
診察、継続宣告かと。

いやね。
先生、更に続けて曰くに、薬を3週間分、出しますと。ンの、それは結構の、何の薬か、当然の、尿を出し易くするのに、決まってるですが。
「ハルナールD錠0.2mg」「アボルブカプセル0.5mg」哉と、思いきやの、違うの名称、「ユリーフ錠4mg」ですて。

更に、曰くに、セイエキが飛びませんと。ンと。何の事哉と。
思えどの、だけで、次回、3週間後の、水曜日ですと、宣告されて。

でや。
セイエキが云々とは、何の事かと、沈思黙考までもは、せずの、嗚呼と。
セイエキは、精液の事での、思い当たるの事、思い出したです。

いやね。
「亀岡シミズ病院」にての、泌尿器科の、老先生、ぽつりと、独り言申しの、当方の歳。
と、するのか、年齢までは、尋ねられてませんの、単に、まだ、お若いねえと。
だけの話があったですが。
<参考=「親父として、爺としての話NO.1」NO.8 オヤジさんとの話(8) 泌尿器科の老先生の話(2)

いやね。
その当時には、それが、年齢の事とは、当然の分かるの、何の意図あってと。
いやね。以来、ズと、頭の片隅に、残ってまして。老先生、あれは、何を云いたかったの哉と。
それを、ハタと、思い出しの、嗚呼、この事かと。

いやね。
ここだけの話の、他言、どでも、結構の。
要は、「亀岡シミズ病院」の泌尿器科で、処方されたの、2種の薬なるは、その手の事に影響せずで、高価。
此度、当方、71歳故、モええやろと。では無いかの、影響するけれどの、安い方の薬を処方哉と。

いやね。
処方されたの薬、「ユリーフ錠4mg」。
朝、晩の、2度、食後に服用せよと。

いやね。
先生の言なるは、膀胱の緊張緩和するの薬であると。
確かに、尿出すの際には、諸般、緊張するは確か。特には、共同トイレ等々、でして。
自宅では、そらな、そんなには、緊張致さんわと。
(18/02/27)


NO.2260 再度の、京都工業保険会の話(4) 「アボルブカプセル0.5mg」の話

いやね。
本日<2月27日>、JAの集金日。
いやね。前回、イツであったか、集金担当君が、年金の件で、妙齢の美女伴いか、伴われかは、知らんの来たですが。
その際、当ホーム・ページ見たと、申したですが。中身までは、触れず。

いやね。
妙齢の美女同伴の君に、余りに、余計なは、なと。
されどの、その妙齢の美女、どこかで、見たぞと。
ンの、JAの方故、JAにてに、決まってるですが。多分なら、なと。
となれば、JAバンクの受付に決まってるですが。それ以外に、当方が用事ありませんでして。

いやね。
申してるです。その手、受付窓口に居たはりましても、余程で無いと、顔なんか、覚えてませんです。
目的そのものが、引き出し、解約なり、まあ、定期貯金の申込みなんか、極めての希でして。当家の場合の話やでと。

イヤイヤ、下記にて、掲載してるですが。
<参考=NO.2253 単なる雑談<左脇腹背中に激痛走るの話>(3)

用件以外の話が出た故での、特には、母の名を覚えてるが故、へえと。
要は、「年金友の会」の件でと、の程度ならばの、一発、記憶は致さんですが。当方がや。名まで、覚えてるが故、へえと。記憶力宜しいねえと。
で、ご尊顔、記憶したのやなと。
さもなくばの、云うてるですの、受付嬢なんかの、なんかは失礼表現なれどの、覚ええへんわと。

いやね。
受付に用事で、行くは、「京都銀行」が圧倒的多数回でして。出したり、出したりでして。定期貯金をなと。
それでも、1人以外、全くの記憶の圏外。ンの1人とは、誰様かと、なればの、先様が当方記憶して呉れてるが故の、矢張り、用件以外の事、喋ったと、するのか、話をしたが故でして。さもなくばの、覚えませんです。

ンの、いやね。
用件以外の、とは、どんな事かと、なればの、そらね、用件に限り無くの近い話なれどの、定期貯金出す、解約の時には、身分証明の類の提示を求められるですが。
そんな式になって、間無しの頃、なれどの、求められ。
その際、何度も来て戴いてましての、お顔は承知してますがと。されどの、決まり事ですので、運転免許証とか、健康保険証とかを、ご提示をと、云われてね。

いやね。
その光景、記憶してまして。
ンの、だけで無くの、それ以前、降ろしに行って、ンの忘れモノに気づきの、嗚呼、しもた。判子忘れたと、思わずの、大声出してもてね。行内で。
その時、窓口嬢、一斉に、当方を見た故、真っ赤っかの、かに相成ってもたですが。その時、その女性、イヤ、妙齢に非ずの、少々歳喰てるですが。

いやね。
喰てても、当方よりは、数段の若い女性。少なくともの、遠の昔の既婚者と、思うですが。お子様も、居てて、居てたら、中学生か、高校生年代やろなあと。
当世、独身女性多いし、分からんのけどや。
この方が、二個の、ニコ二個と、微笑んでたが故、実は、その段階で、顔一発、覚えまして。

いやね。
この方が、京都銀行の制服で、当家に来たなら、分かるですが。用事は無い故、来る筈無いですが。
そらね、大口預金者なら、分からんのけどや。そんな大金、預けるの、身分に非ず。

ンの、気が付けば、大いに脱線の、話、逸れて、逸れての、逸れまくりの、何の話をしてたの哉の。
いやね。JAの集金担当君、本来の用件で、本日、来たの話の、前回、冗談半分以上の、一緒に来たの女性を、婚約者怪と、掲載してたが故、何か、云うかと、思いきやの、申さんが故、あのなあと。

いやね。
前回も、その女性同伴で、来た際には、見ましたよ。
とは、云うて呉れたですが。内容一切の触れず。まあね、その女性居てて、そんな話、出来ぬは承知。

でや、此度、少々出るかと、思いきやの、出ぬ故、見てる怪と。
ほならの、「ブック・マーク」してますよと、スマホで、「シバケンの天国」を見せて呉れて。
細かいと、するのか、沢山ありますねえと。

とまあ、特段の、突っ込みで、困らせるも、なと。
イヤイヤ、スマホに、「ブック・マーク」で、即の出せるだけでも、合格でして。
いやね。「シバケンの天国」をば、スマホで、閲覧、無茶なんやと。までは、申さんですが。
いやね、当ホーム・ページを宣伝するの際、パソコンは持ってる怪と、尋ねてまして。持ってるの返答故、教えたですが。

いやね。
斯くの如くの、話のネタにしてるの君故に、なと。
文句と、するのか、問題ネタ掲載なら、相応に、クレームをば、付けて戴かんと、なと。
そらね、問題視なるは、個々人の基準で、大幅に違うし、なと。
当方的、完全なるの、冗談も、当事者、冗談にならぬの場合、あってね。
イヤイヤ、修正、削除等々、大いに熱烈の歓迎は、申してるです。但し、閲覧せねば、なと。クレームの付けよも、あらへんしと。


オッとの、話を元に戻すです。
ンの、どこまで怪と、なればの、「京都工業保険会」の話。
且つは、前立腺肥大の処方薬の話にまで、一気、戻すです。

いやね。
当時、当時とは、2010年の、「アボルブカプセル0.5mg」なるは、新薬と、聞いてましての、本来、禿げ対策薬として、開発の積もりが、この手の効能あると、相成って。
ンの、禿げ対策とは、毛、頭髪が生えるの薬。
まあ、云うたら、新薬を老先生、処方して呉れたですが。何分の高価なるの薬で、且つは、根本的治癒薬に非ずの、オシッコが出易くなるダケの対処療法薬。

いやね。
その薬で、オシッコが出易くも、当方的、毛生え薬としての、効能は、どなん哉と、常々思てましての、その方の根本的治癒、薬効はと。
結果的、そちの方の、薬としては、失敗なんやろねえ。
成功なら、その手の薬、快癒薬として、大いに、宣伝、売れるの筈でして。

オッとの、当方、頭髪、至っての、正常、普通故、その効能、いらんですが。
いやね。只でさえ、散髪代、気にしてるのに、その上、行くが邪魔くさい、のにです。
毛生え効果発揮で、益々の、毛が早くに延びてみい。毛が、ボーボーになてもてみい。
散髪代が大変やなと。
それも、ありので、敬遠致し。
とは、可成りの大袈裟なれどの、多少は懸念致したわと。
(18/02/28)