シバケンの単なる雑談NO.192

雑談NO.191
雑談NO.186 雑談NO.187 雑談NO.188 雑談NO.189 雑談NO.190

雑談NO.160 雑談NO.170 雑談NO.180 雑談NO.190
雑談NO.110 雑談NO.120 雑談NO.130 雑談NO.140 雑談NO.150
雑談NO.60 雑談NO.70 雑談NO.80 雑談NO.90 雑談NO.100
雑談NO.10 雑談NO.20 雑談NO.30 雑談NO.40 雑談NO.50
題目一覧表

目次

NO.2190 我慢たまらずの、遂に、眼医者え行くの話

NO.2189 堀川高校3年9組5人の伊勢旅行の話(15) 「伊良子清白の家」の話(2)

NO.2188 堀川高校3年9組5人の伊勢旅行の話(14) 「伊良子清白の家」の話(1)

NO.2187 堀川高校3年9組5人の伊勢旅行の話(13) 貸し切り、クルージングを、満喫するの話

NO.2186 堀川高校3年9組5人の伊勢旅行の話(12) 贅沢三昧、チャーター、クルーズ船に乗るの話

NO.2185 堀川高校3年9組5人の伊勢旅行の話(11) 鳥羽に着いて、さてのどする兵衛の話

NO.2184 堀川高校3年9組5人の伊勢旅行の話(10) 朝食が、アワビご飯の話

NO.2183 堀川高校3年9組5人の伊勢旅行の話(9) 学園祭、源氏物語の話

NO.2182 堀川高校3年9組5人の伊勢旅行の話(8) 宿の部屋での、夜面山話

NO.2181 堀川高校3年9組5人の伊勢旅行の話(7) 早くも、来年の話

雑談NO.191


NO.2181 堀川高校3年9組5人の伊勢旅行の話(7) 早くも、来年の話

過日。
とは、イツであったか、二三日前。
とは云えどの、三日前では、日曜日故、二日前哉の、呼び鈴、ピンポンの、パンで、誰かと、出たら、妙齢。でも無いの、女性。
まあ、中年女性。

イヤ、見覚え無くの、ンと。
ならばの、亀岡市よりと。高齢者の実態調査と、アンケートですて。ンと。
当方、高齢者と、云われて、抵抗感、乏しくなてるけれどや。何で、この方にと。ンの、車の横手見たなら、確かに、「亀岡市」と、してあるです。
ならばの、真性亀岡市職員怪の、されどの、何の事怪なあと。

で、尋ねるに、その中年女性が、です。当方にや。
シバタタケオさんですねえ。ハイと。
昭和22年1月11日で、間違いないですねえと。ハイと。ンの、氏名、生年月日まで、知ってる故、間違い無くの、市職員なんやろと。
で、当年、70歳ですねえと。

ンの、生年月日正解なら、一々の、年齢まで、尋ねて呉れるなの、この辺りより、少々の抵抗感。
いやね、高齢者云々のと、云われて、抵抗感無くなって来てると、申しても、無いとは、云うてませんでして。

されどの、65歳で、前期高齢者。75歳では、後期高齢者。
その中間の、70歳より、高齢者合理化講習会あったり、致し。自動車に、高齢者マークを貼るを推奨されたり、致してね。
むしろの、69歳までは、高齢者と云われて、抵抗感無かったですが。自分でも、高齢者に間違い無いと、思てたですが。これはねえ、内心では、糞喰らえ的、まだまだ、若いわの、云うてなさいと、あんたより、頭の回転早いわい的、暗算も速いぞ的、自負心勝っててね。

ところがや、70歳に達した途端、ンの、後、10年もしたら、80歳怪なの、80歳とは、名実共の、歳や、なあと。
ンの何を感じてるかと、なればの、人生の終焉。
イヤ、怖いとかは、思ては無いの、強いてなら、厭やなあと。
その内、ボケて来て、歩けんよになって、喰うも、欲も、霧散怪と。
は、結構も、ハタに迷惑掛けて、手を取ってまで、生きとは、無いわと。
とは、云うたって、人生の終焉、どんな事になってるかは、自身には、分からんでして。寿命は、自分で、決められんわと。
只々思うは、あちの世界に行くは結構の、怖くは無いけれどの、一気にと。

そらね、何度でも、申すの、祖母を間近に見てまして。親父、母も見てまして。
その他、親族の終焉、見て来てまして。
当世と、異なり、極めての間近で、見て来てまして。そらな、当時には、それが当たり前だの、クラッカーでありの、それを、当人、幸せに感じてたかは、別問題なれど。
オッとの、何の話をしてるの怪の、この話、気が向けば、後日にでもと。この話とは、市職員の実態調査と、アンケートの中身。


でや、「魚勘」での話をと。
オッとの、その前に、海女が潜るに、重しを持ってか、身に付けてか、一気ですて。フウンと。
それでも、慣れんと、そは、易々の出来ませんですが。
それと、長時間の潜水なるは、海女独自、独特の、呼吸法と、するのか、空気の出し方、吸い方があるですて。そやろなあと。

ついでの話の、云うてもたら、当方でも、水泳の全盛期あったですが。
あっても、くどいけどの、水泳部も、同好会的でして。何が何でも、試合に勝つの部では無く。
さもなくばの、当方が、耐えられるのモンかと。単に、只で、プールで、泳げるなの、動機故。

でや、その当方の、全盛期の話をチラと。
いやね、そらね、速度が出て来たら、カラダが浮くです。この浮くとは、泳いでる故の、浮くの意で無く、必要以上に、カラダが水面上部にはみ出すの意。

いやね、これでは、速度は上がらんでして。所謂の競泳では、カラダを沈めるに腐心するです。
そらね、カラダが必要以上に、浮いてもたら、推進力効率悪くなるです。極端なるの話、浮いてもてるの分、手でかくの水量少なくなり、空振りするの感。

とかとか、云うとくの、京都市内の高校1年生レベルやでと。
京都市内でなら、チョとは、勝てても、府下ともなればの、尚更の、近畿とも、なればの、話に成らんわと。

いやね、近畿大会に出場したです。特段の資格不要の、誰でも、出られるですが。
ヨーイの、ドンで、見えたは、両隣の、足の裏。の程の差あるわの、我が校選手、全員、ビリも、ビリのダントツの、ビリ。
そらね、当世なら、温水プールもあるけれどや。当時になんか、あらへんわい。トトトの、くどいけど、水泳選手で、オリンピックえと。
なんか、夢にも考えてませんです。

その近畿大会には、フジヤマのトビウオと、称されたの、古橋廣之進が来てる。
との話あったですが。遂に見えませんでしたです。
イヤ、来て無いの意では無くの、どこに居てるのかがさえ、分からんでして。の程の大阪の大プールで、沢山の人数で、そちの方に、感嘆してたですが。


オッとの、でや、「魚勘」の大広間にての、豪華絢爛の、夕食終えて。
部屋に戻って、皆口揃えて、アツオ君には、感謝、感謝の、ご馳走やったなあと。
あの伊勢海老、一個で、宿代分軽くと。それを、何個も、喰わせてもろての、アワビの踊り喰いまで、させてもろての、大満足の、結構なると。
話のネタに、充分なると。

そらね、出来れば、家族なり、息子共一家、二家、全員。何なら、四国のも、嫁の、実家の云々のと。資金あれば、なと。
宝くじでも、当たった、なら、なと。
ンの、話飛ぶの、11月30日、立命館大学の同窓会、忘年会の日には、京都駅にて、年末ジャンボ宝くじ、連番で、10枚買おたですが。
この話、「魚勘」は、10月25日、26日の、堀川高校の同窓会。

ンンの、又、話飛ぶの、このところ、この歳になって、この手、同窓会、頻繁でして。
まあね、この歳故、時間もありの、又、旧交暖めるも、そんなに時間ありませんでして。この時間とは、我々、健康で、動けてるの間の時間、年数を意味してるです。

云うてるです。
京都組3名<内一名のミノル君、五十鈴川駅まで>と、後は、三重と、東京と、千葉でして。
それが、一同に会したは、昨年であったの哉の、矢張り、京都駅前、「すいしん」<こちらは、平仮名で正解>にての、まさしくの、半世紀ブリでして。
<注=昼間は、「すいしん」。夜の、飲む主体の宴会的は、「酔心」で、隣接してるです。>

そらな、若い時には、仕事等々で、会うもままならずの、会えるの頃には、この歳でして。
ままならずも、若い故、イツでも会えるわ的、感覚なれどの、この歳になればの、後、何回、会えるの怪と。

云うてるです。
健康で、動けてての、こその話。
そらね、宿泊伴うの、旅に出ての同窓会なるは、このメンバー、高校のでは初でして。
そらね、大学のも、昨年<2016年>で、北海道旅行が初でして。次回、沖縄の話、あるですが。

オッとの、高校のは、来年、亀岡での話、この日、部屋で出たですが。アキラ君より。
亀岡ねえ、どこで、何するやの、見所あらへんでと。
ここ、三重、伊勢なら、伊勢神社があるですが。こんな具合に、取れ取れの、伊勢海老、アワビが喰えるですが。こんなに格安でと。

亀岡ねえ、見所、別途にしての、宿泊なら、湯の花温泉街あるですが。こんなモン、ボッタクリ価格で、目の球、飛び出すぞと。
とか、云うてたら、マサノリ君、曰くに、あのなあと。
ここ、「魚勘」が如くには、成らんけれどの、亀岡には、「烟河<けむりがわ>温泉」なるのが、あるぞと。ンと。
これ、湯の花温泉の近くですて。実際には、湯の花でして。ンの、よ、知らんですが。当方は。

曰くに、ここなら、1万円そこそこで、一泊二食付きで、泊まれるぞと。へえと。
それなら、結構なると。
そらね、諸般、安いが一番也と。
(17/12/07)


NO.2182 堀川高校3年9組5人の伊勢旅行の話(8) 宿の部屋での、夜面山話

いやね、本日<12月7日>、町医者にと。
いやね、インフルエンザの予防接種。
いやね、昨日、電話一発、予約制ですかと、問えば、そでは無いと。されどの、ワクチンが無い故、明日、モ一度、電話して頂戴なと。
云われたが故、その本日、再度の電話で、今すぐなら、出来るの返答故、ではと、歩いてでも行けるの距離なれどの、車で、馳せ参じ。

いやね、駐車場の状況より、先客、チョと、多いなと、思いつつの、入れば、6名程度でして。嗚呼、ヨカツタなと。
での、受付にて、その旨伝え、では、これにと、問診票に記入をと。
よて、片脇にての、記入、提出の上、順番待ちがため、待合いの席に着き。

ンの、結構早くに、呼ばれてね。変やなと、思いつつの、診断室にて、熱、喉の状況、胸、背中の聴診されての、処置室にて、注射一発。
での、先生より、抗体は、2週間で出来て、5箇月保つと。等々、話を受けて、精算のため、待合いに戻れば、ンの、ゲの、倍増の人数居てまして。へえと。

でや、云うたら、注射まで、待つ事、約の、10分。
精算待つの事、何分と、思うやの、約の、半時。
何故かと、なればの、受付の小母ちゃん、2人なれどの、一向に、精算の呼び出し致しませんでして。季節柄、患者は、次々と、増え、診察、処置なるは、まあ、2分、3分もあれば、とまでは、申さんまでもの、5分で、一丁上がり。
なれどの、精算が進まん事には、人減らず。席は満杯にての、詰めて、詰めての、あのなあ状態。

そこえ、福祉施設のケア・マネージャーやろ怪なあの、小母ちゃん来まして、受付の小母ちゃんに、何たら、かんたらの、ゴチャゴチャの、まあ、云うたら、担当のお年寄りの、食事の件、薬の件を云うてまして。
は、結構の、イヤ、結構では無いの、手が止まってるが故、精算の呼び出しされず。

での、ケア・マネージャーやろねえの、方、一旦、待合いの席に座りの、暫くしたら、その担当の年寄りの親族。多分なら、弟さんが現れまして。
云うたって、その方も、ええ歳での、80代哉ので、又、小母ちゃん、受付の方に行きの、三つ巴、四つ巴の、正確には、四つなるは、卍巴と云うですが。話をし出してね。
四つとは、受付の小母ちゃん2人も、巻き込んだが故の、あのなあと。

やとで、受付の小母ちゃん、あちらで、2人で、やて呉れと。2人とは、弟さんと、でして。
嗚呼、これで、精算進むかの、それでも、少々の時間喰て、都合の、30分。

云わせて戴ければ、回転早いが、町医者の良いところでして。受付2人も居て、待合いの状態なら、見てるやろにの、何たるのと、思えどの、この手の事、口には出来んなと。
いやね、当方と、では、無いけれどの、近所の方やろねえ。小声で、精算遅いなあ、いつもえと。

での、結果、当方、65歳以上で、高齢者故、又、市内故、注射代、1500円也と。
これ、高齢者に該当で無いなら、4000円也ですて。たっかいねえ。
4000円もは、よ出せませんですが、掛かってもたら、ハタ迷惑故、しょがないの哉の、しょがないねえと。


オッとの、そんな次第の、斯くなるでの。
「魚勘」での、夜話なるは、あっちに、こちにの、止まるの事無くの、延々と。
特には、アツオ君説に、アキラ君、異論を唱え。寝間、その間になるの、コウジ君、名実共に間に立たされ、調整役も大変でして。

話の中身なるは、何やったの哉の、大半忘れたですが。
それこその、名実共の、四方山話故。正確には、夜面山話故。
そらね、政治、経済、恋愛論、雨中、イヤ、宇宙の話から、老後、死後の話まで。
宇宙ねえ。
アキラ君、現在唯今、独自の宇宙論、執筆中ですて。へえの、ほんま怪なの、ホンマやてえ。とかは、昨年にも、聞いたですが。
での、イツ頃、出版怪と、なればの、死ぬまでには、なと。

政治の話なら、加計、森友の件も出てね。
アキラ君、野党寄りの論。当方、与党寄りの論。双方、譲らず。
では、話、延々故、誰が云うたか、首相もつまらんねえと。折角の政治家のトップに成っても、色々云われてもてね。
田舎の、地方議員の方が、好き放題やでと。そやろねえと。地元の有力者で、会社の経営者やてみいの、財もありの、人事権有りの、顔効くしと。

での、当方なら、大体は、夜の、1時、2時、3時まで、起きてるのけれどの、少々、アルコールが入ると、又、パソコンを弄くっても無いと、起きてられんでねえ。
今何時<なんどき>やの、明日になったなの、返答聞いて、モ寝るわと。寝出したら、アキラ君、シバタ、起き、起き、マダ、早いと。

口だけなら、無視して、寝てまうけれどの、布団被って、寝てるのに、カラダを揺すりやがてねえ。寝てられんやないかの、起こされてもて。
いやね、4人、まだ、飲み足らんのか、自動販売機で、又、ビールを調達したりして、すっきやなあと。
されどの、流石に、1時、2時ともなればの、皆、寝よかと。そして頂戴なと。

いやね、ここで、誰と、申せば、マサノリ君、自身曰くに、イビキがと。大きいらしいと。へえの、大体は、その手のは、寝るが早くて、ハタ迷惑。
なれどの、結果的、イビキはかいてナカツタですが。
イヤ、当方の隣でね。
(17/12/08)


NO.2183 堀川高校3年9組5人の伊勢旅行の話(9) 学園祭、源氏物語の話

本日<12月8日>、諸般の用件にて、西に、東にと。
行くの用事あって。

まあね、「歩き」では、荷物あるに成るが故、自転車でと。
思いの、そのための準備万端致し。
さての、されどの、郵便局以外は、買い物2件、2箇所で、まさかの、自転車の籠に入れたままで、別途の買い物もと。ならばの、一旦戻るに致し。

ではと、自転車で、郵便局、コンビニえと。
その帰りの道中、ンの、次ぎ、スーパーなれどの、買うの品目の中に、「玉子」があったなの。玉子を自転車の籠に入れての疾駆、チョと拙いなと。
結果、一旦戻りの、再度の外出なるは、自動車に致したですが。

この最初の出るまでに、どれ程の時間要したか。
あれを、これをの、買い物あるが故、金銭もで。
出来れば、散髪にも、行きたいなと、思てたですが。諸般、雨降り出して、止めたですが。

散髪こそは、少々の遠くで、自転車では、可成り無理あるが故、そら、その気なら、でも、行けるですが。
自動車故、雨少々降っても、構わんですが。
まあね、明日は、土曜日で、次男嫁来るになっててね。
イヤ、タイヤ交換がため。我が家に、冬用のを、置いてるがため。

そして、明後日、日曜日には、次男入院先の、「大阪医科大学附属病院」に、三度目の見舞いにでも、行ってやろ怪なあと。嫁、孫君3号と一緒に、の積もりなれどの、まだ、話を進めてませんですが。
こちが、勝手に積もりしてるのダケでして。

いやね、長男家、孫君2号が風邪引いてもての、この、土日に見舞いの予定してたは中止したです。
いやね、病院としては、風邪引きさん等々、その手、可能性あるの方の、見舞いは遠慮願いたいと、してまして。
そらね、入院患者に、風邪等々うつされたでは、困るですと。その反対も、困るですが。

イヤイヤ、当世、その手の注意されてるの病院広まってるの傾向あるです。
過年には、四国、香川の、嫁はんの母、入院先の、丸亀の病院に、4人<母除く>で、見舞いに行ったですが。
病院入り口には、マスクの自動販売機が設置してあったです。
ついでになら、当世、この手病院は当然の、しかるべくの、施設に消毒液の設置、常識化してるです。


での、「魚勘」での話。
寝たは何時<なんどき>哉の、時計一々の見て無いが故、不明。
部屋での四方山話延々の、電灯点けてる故、布団被って、構て呉れるなと、1人寝るに、アキラ君より、揺り起こされて。
結果、仲間に加わり、そこで、来年の話、亀岡、湯の花の話と、高い故、烟河温泉の紹介、マサノリ君よりあったなと。

その他、諸々の、高校3年生の時の、学園祭で、「源氏物語」の、「末摘花<すえつむはな>」をやったの話等々。
イヤ、末摘花とは、女性名での、鼻が赤いと、ベニバナから、光源氏が付けた渾名なれどの、その衣装等々、カツラをば、太秦の東映、映画村<東映太秦映画村>に借りに行ったの話。

このメンバーでなら、アツオ君、コウジ君、ミノル君と、当方が出演したですが。アキラ君も、出たと。へえと。そやった怪なあと。
ほならの、マサノリ君、出てませんですと。へえの、それは、そかもなの、記憶に無くて。
他には、女子2名。但し、全員、女性役。
当方、宰相役。
いやね、当方が借りたカツラなるは、三島ゆり子のでして。この女優、三島由紀夫が名付け親でして。

イヤイヤ、当世、入るに、入村料、村故での、要るですが。
大人2200円、中高生1300円也の、当時には、出入り自由。
アツオ君申すに、先生の誰かが、当時の監督の誰かの知り合いでと。貸して呉れるになったのらしく。へえと。
イヤ、この時まで、知らんかったわと。
アキラ君、申すには、光源氏役にしてもらえるかと、挙手したのに、して呉れんの、全員、女性役と。

当方、フウンの、出るは、挙手で、決めたの怪と。
いやね、何故に、自身出たか、までは、記憶してませんでして。只なの、挙手した覚え無く。

いやなあ、台詞覚えるに苦労したです。
覚えるだけで無く、演技せねばならずの、誰が、総監督、指導者であったか、までは、覚えてませんですが。
本番の事、よっく、覚えてるの、講堂にての、前見たら、沢山居てての、居て、当然なれど。

いやね、台詞どころか、台詞は、台詞なれどの、演技してたら、コウジ君が、ヒクリの、反ってもての、その拍子に、カツラがポロリの、脱げ落ちてもての、思わずの、出演者、皆、腹抱えて、笑てもてね。
要は、チャンとした、源氏物語の筈が、喜劇に変貌。
したの記憶あるです。
イヤイヤ、場内、講堂の観客の皆も、大笑いになてもてね。
オッとの、表に出るの、出演者と、裏方であるの、場面のセット等々、作ったりのも、沢山居てたです。

いやね、話、チョと戻しの、アキラ君の光源氏役云々の件、これは、彼の冗談でして。
経緯、失念なれどの、出演者、女子も男子も、出演皆女性役は、最初っから、承知してたです。

余計なるの話、当方、所謂の舞台に立ったは、ここまでの人生にての、3度。
一度目、明徳幼稚園の時で、現KBS<京都放送(ラジオ)>で、園児全員お遊戯で、出たです。
この時には、右も、左もさっぱりの、分かってませんの、皆のやるの事、真似してたよな記憶がチラと。

二度目、この話の、高校3年での、学園祭での、「源氏物語」で、結果的、喜劇。

三度目、2005年<58歳>の、区長時代の、敬老会にての、中身適当の、全員、男性なれどの、2人一組で、男女役での、当方、女性役になりての、簡単なるの台詞で、演技したですが。場所、大井小学校講堂。
尚、今時には、敬老会にての、区長会からは、演技等、してませんですが。場所も、それこその、豪華絢爛の、湯の花温泉。
云うたって、宿泊しませんですが。したら、可成りの額で、予算的無理難題。


オトトの、結果的、「魚勘」にての、寝たの時刻、不明。
多分なら、2時頃哉と。
云うたら、19時から、夕食にての、約の、1時間。
20時から、2時なら、延々の、6時間のダベリング怪なと。
(17/12/09)


NO.2184 堀川高校3年9組5人の伊勢旅行の話(10) 朝食が、アワビご飯の話

イヤ、本日<12月9日>、次男嫁と、孫君3号、来まして。
本命、本題、タイヤ交換。
ですが、本日、午前に、保育園の発表会があったですて。

よて、そのビデオを見せて呉れて。嫁が。
発表会の中身、劇と、歌ですて。
歌も、楽器を持ってのと、歌だけのがありまして。孫君3号、カスタネット。
劇の方、結構、長く、難しいのをしてたです。当方、中身、よ分からんでしたですが。

で、本題の、タイヤ交換なるは、嫁はんの知り合いの車屋、園部に、嫁と一緒に。
当方と、孫君3号、お留守番。とするのか、当方、孫君3号のお付き合い。
まあね、過年には、親消えたら、どこどこと、五月蠅かったですが。最早の、爺婆にも、慣れて呉れるに、相成ったです。
さもなくばの、一緒にお留守番出来ませんですが。

そんな事で、明日、次男の見舞いの件、嫁と、嫁はんの相談で、明日決めるに相成って。
当方的、良きに計らえでして。


とかとか、そんな次第の、斯くなるでの。
「魚勘」での、一夜明けての、26日。ンの、10月のやでと。
朝早くに、アツオ君、起きて、散歩に出るけれどの、行くかと、皆に声掛けたですが。皆の返答、お好きにして頂戴なの、マダ、寝てるわと。
での、暫くしたら、アキラ君、朝風呂に行くと。そか、お好きにして頂戴の、寝てるわと。

とかとか、のんびりも、してられんの、顔洗いの、歯磨き等々をと、起き出して。
いやね、朝食があるです。8時と、聞いてまして。
昨日と同じの、大広間故、皆、揃たのところで、階下えと。

ほならの、テーブルの並びが、換えられてましての、まあ、云うたら、横にが、縦にで、5人の席。
そして、別途のカップル2人の席と、別れてましての、先客既に、食事をしてて。
いやね、ここだけの話の、部屋、隣でしたですが。

こちは、爺5人、夜の遅くまで、大声で、騒ぐと、までの、大声出してませんですが。長々の、議論、想い出話に華咲いて。
まあね、五月蠅くて、寝てられんの程でも無いと。とは、思てるですが。

そんな話は結構の、この朝食、豪華でね。
当たり前だの、クラッカーの、昨夜の、豪華絢爛の、夕食とは、比較に成らんけれどの。イヤ、多少は比較は出来るの、何とまの、蛤の吸い物、何の魚か、丸々の一尾に、おしたしに、生卵、海苔に、漬け物に、茶碗蒸しに。伊勢海老やろねえ。昨日のデカいのでは、無いけれどの、までが、付いててね。
そして、何とまの、アワビご飯。再度、申すの、アワビのご飯。

アワビご飯ねえ。
要は、ご飯に、アワビの切り刻んだのが、混ぜられてるです。見て、へえと。
それがや、お櫃に一杯。お櫃も、小さいのでは無いの、デカいも、5人分は軽くの、その気なら、10人でもが、お変わり、3度は、出来る程の量。
イヤ、嘘や無いです、ほんまやでと。

イヤイヤ、我々、モと若くの、喰うに全盛期の、二十歳なら、一発なれどの、何分の、この年齢、前期、後期、高齢者の、中間の、二十歳からは、丁度の、半世紀経ってまして。
さりとての、茶碗、一杯では、勿体ないなあと。かと、申しの、山盛り、2杯は、無理、ムリ、無理の、無理難題故、お変わりは、軽くに致したですが。

それもあるし、オカズが一杯。どするやと。
ども、こも、基本、無理してもと。申し訳無いけれどの、喰えるの範囲でと。

そらな、当方にしたって、この手、旅館、ホテルにでもの、泊まっての朝食、方々、諸々の経験してるです。
多くは、バイキング方式でして。
或いは、トレーに、1人分、配膳されたり、してるですが。ここまでの、品目初でして。
ましてやの、アワビご飯、ここまでの、人生初。
そもそもがの、そんなご飯、想定外の、外の、外の、聞いた事も、見た事もの、贅沢やなあと。

ほんまやでの、テレビのグルメ番組、沢山あるですが。
他人様が、喰てるの見てるだけ、見せられてるは、バカバカしいですが。
ついでになら、ゲーノー人も、好き嫌いがあっても、嫌いは云えず。不味いからと、不味い顔も、ましてやの、ゲと、吐くは、問題外の。
可哀想やなと。
そんな中、ご飯に、アワビの、切り刻んだのを、混ぜたの、アワビご飯なんか、見た事も、聞いた事もの、存在さえ、知らんかったですが。

あるんやねえ。
見て、現に、あって、不思議で無いけれどの。贅沢に過ぎるの、コリコリしての、食感、素晴らしく。
イヤイヤ、可成りの、アワビに、手間暇、掛けて戴いてるは、一発、分かるです。

いやね、実は、アツオ君より、メールにての、アワビが欲しい、喰いたいならと、事前に予約をと、知らされてまして。
まあ、云うたら、別料金的故、皆、いらんと、してたですが。
実際には、夕食で、アワビの踊り焼きが出るは、朝食で、アワビご飯。伊勢海老三昧に、加えての、アワビ三昧になてもてね。へえと。

での、悪いけれどの、全部は喰えずの、再度の、ご馳走様でしたの、申し訳ありませんの、全部は喰えずと、アワビご飯も、半分以上残り。
そやからと、お土産に持ち帰るの案、ここに至っての、今、ハタと。
思い付いたけれどの、おっそいわと。
遅過ぎるわと。
一箇月半経ってるわと。
(17/12/10)


NO.2185 堀川高校3年9組5人の伊勢旅行の話(11) 鳥羽に着いて、さてのどする兵衛の話

本日<12月10日>。
我々夫婦としたら、3度目の、次男の入院見舞いにと。
見舞いねえ。見舞い的感覚無くて。むしろ、様子見でして。
様子見ねえ。これも、ぴたり感覚無くて。

まあ、何でも結構の、嫁と、孫君3号の、4人。昨日は、昨日で、タイヤ交換で、会おてるですが。
朝、10時過ぎ、我が家出発、11時頃、マンション駐車場の入り口に付けば、ドンの、ピシャリで、嫁運転の車が、出て来まして。駐車場からで。
で、入れ替えで、当方のを、次男の駐車場所に駐めて、4人で、「Jolly-Pasta」えと。

イヤイヤ、当たり前だの、クラッカーの、チョと、早めの、昼食でして。
イヤイヤ、この近所とするのか、国道171号線、向日市の方に、あるですが。
ンの、当方も、嫁も、この店に入るは初ですが。

での、昼飯の、パスタ喰て、高槻、「大阪医科大学附属病院」え。
にしてもの、楽やねえ。嫁の運転故、道迷うの心配不要。
これで、概ね、13時前、病院に到着の、実は、14時より、点滴の時間でもありの、次男も、昼食終わった頃、着けばの、算段でして。

での、肝心の、症状なれどの、まだ、安定してませんですて。
網膜のヘルペスも、厄介でして。抑えるは出来たやに、聞いてたですが。まだまだ、安心出来ずと。
網膜剥離の可能性もあるらしく。ともなればの、手術ですて。

いやね、ここから先の話なるは、運任せでして。
要は、我々に出来る事は、見舞いのみ。


見舞いねえ。
当方も、入院となればの、長期では、20年以上経つですが、左足骨折の時。
過年、過日にも、掲載してるですが。当時、府立南丹病院に、3箇月、3箇月の、2度入院したですが。
イヤ、一度目は、手術と、リハビリ。二度目は、足にはめ込んだ、金属をば、外すの手術とリハビリでして。
よて、現在唯今、骨折部に、金属くっついてませんですが。

オッとの、でや、その時、嫁はん、息子共は、度々の、母は、一度来たのか。
叔父達は、その嫁の、要は、叔母2人が来て呉れたり。母方なら、下の伯父の嫁、要は、伯母が来て呉れたり。

いやね、伯母の時は、ビクリしたです。
理由、超の簡単、電車にさえ酔うの人でして。確か、鳥取の人で、酔うがため、結婚して以来、一度も、里帰りした事の無い伯母。
何の時か、市電に乗った時、座席には座ったですが。下向いたままで、真っ青になて、震てたです。
どしたんと、尋ねたら、怖いと。
電車が怖いのかと、その時には、思たですが。実は、電車酔いが怖く、その恐怖で、真っ青になり、震てたは、後刻、聞いたですが。
イヤ、そんな伯母が、見舞いに来て呉れたが故、ビクリしたです。
イヤイヤ、市電がの話、おそらくは、当方、小学生かの頃の話やでと。

家は、下京の、大きくは、四条大宮の方。
細かくなら、黒門の、仏光寺下ル、東入ルであり、病院えは、山陰線<当時>で、二条駅から、南丹市の八木駅でして。要は、京都からは、亀岡の先の市。
所用時間、1時間哉と。当時には、なと。

市電と、当時には、ジーゼル車と、どちらが、揺れるかと、なればの、どっちも、どちの、速度的、当然の、鉄道の方怪なあと。
市電で、真っ青になりの、震てたの伯母が、来て呉れたは、相当なるの、覚悟でして。
イヤイヤ、真っ青な顔はしてませんでしたが、タケちゃん、大丈夫怪と。

いやね、それ程に、諸般、当方をば、可愛がって呉れたの伯母でして。
イヤイヤ、そこには、従兄弟3人、居てるです。皆、男の子。云うたって、最早の、皆と、までは、申さんの、長男、前期高齢者なれど、です。
ここだけの話の、されどの、上の伯父嫁は、来て呉れず。当時には、宇治、大久保に引っ越してたと、思うですが。
コレ又、亀岡えは、遠いは、遠く。近鉄にて、京都駅で、乗り換えての、山陰線<現嵯峨野線>。

いやね、片方来て呉れ、片方来ずは、目立つです。
いやね、別段にの、見舞いに来て欲しい、とも、思てませんですが。との言、云い過ぎは、云い過ぎなれどの、当方的、複雑怪奇なるの、気分。
変な話、来て呉れる筈の無いのが、来て呉れると、ビクリしの、感激するは、事実。
そんな意味なら、上の伯母が、来て呉れるの筈は無いですが。上と下ので、性格が違い過ぎるです。

いやね、何故か、上の伯父も、仏光寺の我が家には、来た事無く。そらね、当方居て無いの時、一度や、二度、来てるかもなれど、です。
下の伯父なら、良く、来てたです。まあな、近くでもありの、云うてるの、当方、母校、郁文中学の通学路の道中でして。云うてもたら、歩いて、5分哉と。
ンの、余計なるの話、上の伯父宅も、昔は、下の伯父宅の近くやったのけどや。

斯くなるでの、その昔になら、親族、皆、近所でね。
諸般、何事か、あらばの、即の、皆、集まったです。集まれたです。
云うたら、妹が結婚致し。その義母、手術の時、当時には、宇治、黄檗の方であったか、亀岡に引っ越してた哉の辺り、なれどの、その、宇治の、徳州会病院で、手術したの際には、当家、家族全員。見舞いと、するのか、手術の立合と、するのか、矢っ張り、見舞いなんやろねえ。終わるまで、待機してたです。
いやね、この手の事なら、大抵の場合、集まったなと。近く故。亀岡に引っ越してたら、近く、とは、云えんけれどの。それでも、距離的、可能でして。

諸般、この辺りの事、モっと、話をしたいのけどや。
イヤ、基本的、当家、当方、水臭いの立場、態度は、取らんと、だけを申しておくです。そらね、当方、立場上、当然の事也と。


ででの、「魚勘」での話。
朝食それでして。豪華絢爛の、ビクリの中身。
アワビ飯でして。へえと。
それで、1泊2食で、飲まずなら、1万と、消費税の、800円也でして。飲んで、当方、11000円で、他が12000円也と。
要は、宿泊なるは、サービス同然。

テレビもあったですが。ビジネス・ホテルが如くの、100円玉不要。
ンの、見たは、朝起きての、朝飯喰いに行くまでの、小半時と、朝飯喰てからの、精算しての、出発までの、小半時の、精々の、小一時間哉と。

でや、幹事アツオ君申すに、「魚勘」が、「鳥羽」駅まで、送って呉れると。へえと。そかと。
ここから、「鳥羽」<近鉄>までの距離知らんですが。ここそのものが、鳥羽なれどです。

で、9時出発で、若女将より、お土産にと、鳥羽の、海藻を全員に呉れて、へえと。
おまけに、「魚勘」の車に乗って、出発の時には、次期若女将の、4歳の女の子と、古女将が、手を振って、見送って呉れて。へえと。
で、ここから、「鳥羽」駅まで、どれ程かと、なればの、約の、半時で、又、へえと。

鳥羽に着いて、「魚勘」さんには、ありがとうございましたと、御礼申し。
さての、どする兵衛の、相談での、「水族館」があるけどなと、アツオ君申しの、水族館ねえ。特段の、見たい、行きたいとも、思わんなと。
いやね、大人2500円が、65歳以上の、シニアなら、2100円の入場料ですて。イヤ、いらんと。
そらね、孫とでも、来てるなら、なれどの、爺様5人で、水族館に入って、どするやと。まあね、話のネタには、なるですが。話のネタで、2100円は、勿体ないぞと。

ならばの、どする兵衛の、遊覧船に乗る怪と。
そやねえの、どち方向怪と。
あち方向哉の、そっちにと。
至って、適当なれどの、遊覧船らしきのが、見えてまして。
(17/12/11)


NO.2186 堀川高校3年9組5人の伊勢旅行の話(12) 贅沢三昧、チャーター、クルーズ船に乗るの話

本日<12月11日>、やとで、散髪にと。
基本、正月の頭にするに、少々早いけど。

いやね、最近と、するのか、近年、昔のよな感覚にての、年末には、散髪屋、大入り満員御礼、夜通しの時代は終焉してるですて。
いやね、相当なるの昔、少なくともの、半世紀の昔には、所謂の、髪結い業、大晦日の日には、大変ぞと。
祇園界隈、芸者衆の髪結い業者なるは、テレビ中継されたを記憶してるです。

イヤイヤ、ダケで無くの、近所の散髪屋も大変でして。
夜通しと、云うは無いけれどの、開店、少々早めたり、閉店も、少々、伸ばしたり。
どちにしろ、12月となりての、30日や、31日に散髪屋は、何時間待たされるやの、場であったなと。

そらね、正月には、その頭で、新年迎えるが、大方の面々の、気持ちでして。
そんな意味なら、無理して、散髪するを、伸ばしてでも、一日でも、年末に近くしての、散髪屋に行ってたなと。
イヤイヤ、結果的、イツに行くかが、勝負でして。と云う程には、深刻で無いですが。

いやね、反対には、この辺りの時期、12月の初旬、中旬の、中旬の前半辺りまでは、散髪屋も、むしろ、暇でね。閑散状態であったよな、記憶がと。
要は、中旬の後半からが、勝負でして。

でや、当世、その感覚よりは、早め、早めでして。
むしろ、12月に入った頃には、正月用頭にしとこかと。12月初旬では、少々、早くに過ぎるのけどや。

イヤイヤ、ほんまやでと。
大晦日の風物詩として、毎年、毎年、髪結い業者の中継あったです。
そして、正月の頭して、祇園、八坂神社の、「をけら詣り」に行くが、本来の京都人。

その八坂神社の、ホーム・ページには、下記の如くに、掲載されてるです。
「年末年始(大晦日夜から元旦)にかけての無病息災・厄除けのお参りです。
年末新しくきりだしたをけら火を、火縄にうつして持ち帰り、火伏せの御守として台所にお祀り下さい。」

巷でなら、その火で、お雑煮を炊くです。
当家、当方なら、一度だけ、をけら詣りに参じたです。
そらね、もの凄い人、人、人で、大変でして。

いやね、記憶でなら、その火が、女の子の、振り袖に、燃え移りの、大変な事になったの事故あったです。それ以上の詳しな状況、知らんですが。
イヤイヤ、記載の通りの、火縄でして。消えぬよに、くるくる、回転させ乍らに、家まで、持ち帰るです。そらねえ、用心、用心、火の用心せねば、火の粉が、衣服に燃え移るです。
ましてやの、先の通りの、人、人、人で、もの凄いの人でして。

当方的なら、孫共を一度、その、をけら詣りに、連れてってやりたいの、けどや。
肝心の、竈<かまど>があらへんわと。
ましてやの、亀岡まで、持ち帰るに、どするやと。車の中で、火縄をくるくるは、キチガイ沙汰で、電車でなら、アホか、バカたれ、放火魔かに、相成って。
まあね、をけら詣りとは、どんなモノか、だけの見学しか、出来んなと。


オトトの、そんな事で、頭だけ、正月準備出来たですが。
さての、「鳥羽」での話。
ンの、近鉄、「鳥羽」駅は、海が、目の前でして。遊覧船も、あちに、こちにと、見えてまして。

でや、あっち方向とは、遊覧船、見えてるの方の、とりあえずは、駅前の大通の信号渡り、さての、右手なれどの、渡って、そちの方えと、歩くに、突然の、バイクの人、出現。
イヤ、格好、何ちゅうかの、船員の帽子被った、まあ、一言でなら、真っ黒けの顔の小父ちゃん。

イヤイヤ、まあ、50代でして。気さくな感するの人相でして。
での、我々、老人ご一行様に、オッとの、名実共の、中身までは、老人とは、思ては、無いけれどや。
声掛けるに、遊覧船に乗りに、怪と。

そのとおりが故、そですと、返答したなら、何と、云うたか、クルーズ船のチャーターしやへん怪と。
ンの、再度申すの、クルーズ船のチャーター。
あのなあの、そんな、船一艘、チャーターなんか、バカ高いの話、して呉れるなと。
とまでは、この段階にては、申してませんですが。

先方、船員帽子の色黒のが、申すに、あのねえと。
あちら、遊覧船、待ち時間あっての、1人1800円也の、こちら、貸し切り、チャーター・クルーズ船で、同じくの、1人1800円也の、即の出発出来るでと。ンと。
同じ値で怪なあと。

イヤイヤ、アツオ君、幹事も、ンの、値的、確かに、あちら、その程度の値やなあと。ンの、そ怪なと。
興味示せば、どですかと、真っ黒の小父ちゃん申しの、皆で、そやなあと。即の、応答の、そらな、贅沢なるの、クルーズ船チャーターで、貸し切りでの、この5名で、一艘なら、申し分無く。

イヤイヤ、観光案内、ガイド付きやし、時間も、50分やしの、どですやろと。
ンの、我々的、遊連船の場所まで、チョと、距離ありの、その船、どこです怪ねえと。イヤ、すぐのそこですと。行きますかと。
ンの、そしょ怪と、返答の、曰くに、只ねの、船には、飲み物ありませぬ故、ここらにあるの、自動販売機で、持ち込みして頂戴の、一番に安いは、あそこのですと。

ンの、そこのは、100円玉一個の、缶ジュース類でして。嗚呼、これで、結構なるのと、缶ジュースを買い求めの、真っ黒小父ちゃんの、先導にての、先には、何艘かの、クルーズ船あっての、その中の、一艘に、これですと。

イヤイヤ、別段にの、何ちゅうかの、我々、只の、5人では、広いと、するのか、客席、何名様哉の、満席なら、50名は座れるの、でして。
それに、5名やし、なと。

くれぐれもの、申すの、これ、我々、男5人。
故に、話を聞きの、気楽に、応じたですが。
まさかの、若きの女性、女の子の5人組なら、まずは、警戒せよと。
家族連れのでも、話に乗らんやろと。
女でも、我々同様の、中高年層なら、話に乗るかもなと。
それと、真っ黒に日焼けの、この小父ちゃんの人相、とっつき易く。これが、モと、モと、若いのなら、チョとなあと、相成るですが。

それとや、デカいの、遊覧船との、料金比較の、同じで、貸し切り、チャーター、クルーズ船と、なればの、そらなあと。
あちは、出航の時間も決まってるやろしの、こちは、行けば、即也と。
何より、他人様が居て無いが、気楽やわと。

いやね、1人1800円也の、5人なら、9000円也でして。
そらね、先方様にしたら、船を遊ばせてるよりは、なと。基本、臨時の、燃料代のみの、経費でして。
いやね、諸般、人数によりの交渉の余地あるなあと。
これが、10人なら、1人1000円にせよと。それでも、1万円也でして。

とかとか、好き勝手を仲間内で、されどの、小声でも無くの、話をし乍らの乗船致し。
乗船致したなら、その小父ちゃんは、そこまででの、客引きが役目故の、船は、船長1人で、さての、これより、出航致すの、この船長なるが、ガイド兼務。
船名、「飛竜」。

イヤイヤ、その小父ちゃんが呉れたの、チケットでは、無いけれどの、その程度の紙に、クルーズ船の、名称、遊覧コースと、その小父ちゃんの、名、ケータイの番号まで記載のを、呉れたです。
(17/12/12)


NO.2187 堀川高校3年9組5人の伊勢旅行の話(13) 貸し切り、クルージングを、満喫するの話

大晦日ねえ。
まだ、先の話なれどの、髪結いねえ。
今時なら、美容院。
当世、男でも、美容院でも、結構でして。

いやね、余計なるの話、2014年4月1日より、消費税が、5%から、8%になって以来、当方、散髪屋を替えたです。
それまでは、4500円也に消費税のから、安いところを探しの、現在の、1500円也に、消費税の、A-Cutえと。
いやね、そこは、理容院と、美容院が併設されててね。
男性客、チラと、理容院覗き、沢山の待ちなら、隣の、美容院えと、移動致し。

当方の場合も、ここにするまでの、1回は、近在の、美容院に行ったです。初の、美容院なれどの、そこは、2200円也でしたが、店員皆女性でね。
チョとなあと。
再度の探して、現在のを見つけたですが。
安い分、客扱い、ぞんざいでして。イヤ、先方様は、そでもないかもなれどの、こちは、あちら様に、合わせるの感。
安い分、気を使うです。

いやね、4500円のところは、殆ど、待ち無く、即の、やって戴けるです。ましてやの、一々の、どんな具合にと、云う必要性無く、いつも通りにの、一言で、済むですが。
そら、やて呉れるが、店主でして。ン十年でして。

されどの、A-Cutでは、店員と、するのか、散髪するは、2名で、顔剃り等々、女性が1人。
それもあるですが、一々の尋ねられ。返答にコマツタですが。このところ、よおやくに、慣れて、耳の面辺りと、こめかみは、半分程度と、するのか、適当にと。
との、返事したら、叱られる感致し。
変な話、尋ねられるの都度、すみませんねえ、半分にと。とか、お願いします。とか、遠慮の返事してるです。

ある意味、色々云うても、結果的、いつも、一緒でして。一緒とは、散髪の度合いがで。ならばの、一々の、尋ねる事無く、適当で、結構なれどです。
先方からしたら、一応は、客の意向尋ねるのシステムなんやろなあと。さもなくばの、文句云うのが、居てるの哉と。そんな光景、見た事、あらへんですが。

オッとの、何の話怪の、大晦日の、髪結いの話をしたかったです。
イヤ、正確には、その大晦日の髪結いの事と、八坂神社での、をけら詣り。
巷では、その火縄の火で、雑煮云々の話をしたですが。
巷に間違い無いですが、事実、そですて。八坂神社の、ホーム・ページに記載してあるです。
をけら詣りは、漢字で、「白朮(をけら)詣り」

「古式にのっとって火きり臼と火きり杵できりだされた御神火は、大晦日の午後7時、除夜祭斎行ののち、宮司以下祭員によって、境内に吊された灯籠にともされ、人びとの願いを記した「をけら木」とともに、夜を徹して(大晦日午後7時半頃~元旦早朝まで)焚かれます。

移した火を消さないように火縄をくるくると回しながらの「をけら詣り」は京都のお正月を代表する風物詩です。持ち帰った「をけら火」を神棚の灯明に灯したり、雑煮を炊く火種に用いるなどして新年を祝います。 燃え残った火縄は「火伏せのお守り」として、台所にお祀りします。

白朮祭は元旦の午前5時に斎行される新年最初の祭典です。 折敷(おしき)13膳に削掛(けずりかけ)と乾燥させた白朮の根を混合して盛り、それに御神火を点じ御本殿正面から境内に向け撤します。」

いやね、大晦日の、除夜の鐘も、あるですが。
当世、これを、五月蠅い、騒音であると、何を勘違いか、云いたい放題の。それで、除夜の鐘を止めるの、寺院も出現の、益々の、奇妙なるの、風潮に相成って。
当方的、それこその、雑音故、寺院は、そんな意見、苦情なんか、完全無視。
すべきと、思うですが。寺院も、妥協するの時代怪と。

いやね、その除夜の鐘、京都時代には、外に出て、嗚呼、鳴ってる、鳴ってると、歓喜してたですが。子どもの時の話やでの。
ここ、亀岡の我が家からは、過年には、聞こえてたよに、思うですが。
最近、聞こえて来ませんでして。
いやね、聞こえてたも、微かに過ぎてたですが。
京都の時には、耳澄ますまでも無くの、丸聞こえ。


オッとの、そんな次第の、斯くなるでの。
チャーターの、クルーズ船やでと。
呼び込みの、真っ黒な、小父ちゃん。日焼けか、地黒かと、なればの、元々は、地黒で、その上に、日焼けしてるの感。

遊覧船なら、実は、今年の嫁はんの里帰りの道中。
とするのか、経路を、淡路島からと、致し。結果、鳴門大橋を渡るになるですが。この際と、うずしお見学の、それこその、遊覧船に、我が一家、全員、10名様で、乗船したです。
これは、咸臨丸。
乗船料金、大人2000円、子ども<小学生>1000円也でしたです。
定員500人の遊覧船で。これも、クルーズと唱てたですが。多分なら、その500名近くは、乗ってたと、思うですが。

昨年<2016年>には、立命館大学の同期生での、北海道旅行で、洞爺湖でも、遊覧船に乗船致し。この時は、カモメが飛んで来てね。
イヤイヤ、これは、1名1420円也での、安かったなと。
どちにしろ、このところ、遊覧船にご縁あるなと。

いやね、それ以前と、なればの、2006年まで、飛ぶです。
2005年度区長拝命の、任期終え、東北地方えと、嫁はんと、ツアーで、旅行したですが。
その際、十和田湖での遊覧船でして。
その前と、なればの、遊覧船ねえ。記憶無く。


さての、その、5名様での、貸し切り、チャーターの、クルージングなれどの、船長のガイドの声、スピーカーから、聞こえてるは、聞こえてるけれどの、雑音多く、何を云うてるやらの、半分以上、不明。
当方、耳鳴り症もあるけどや。

イヤイヤ、チャンとした、コースありまして。
イルカ島、ミキモトの真珠島等々、見て廻りの、真珠島では、海女が、潜るの何ちゅうかの、実演を見学の観客居てたりの。
当然の、遊覧船も、1艘、2艘。この手、貸し切り、チャーターの、クルーズ船も何艘か、居てまして。ンの、あちら、中年女性の5人組哉のが、屋根と、するのか、この船も、上に上がれるですが。
イヤ、全員、暫く、上がって、見物したり。
イヤイヤ、その中年女性のは、コースが逆なんやねえ。すれ違いしたり。

島多くの、時には、筏でも、無いですが。浮いてるのか、海底より、出てるのか、釣りしてるのも、居てたりの。その筏みたいなのには、小さな囲いがありまして。
多分なら、トイレなんやろねえ。用足すに、無防備では、やり難いが故の。されどの、単に、直下、海故、そのままに落下させてるのやろなと、観察したり。

とかとか、堪能してるの間にも、接岸でして。
イヤイヤ、そらね、貸し切り故、気楽、気楽の、席も、自由の、ウロウロ致し。
あと、云う間の、40分か、50分経てもてね。結構なると。
にしてもの、遊覧船で、巡ってるよりは、正解ぞと。

での、少々早いけれどの、昼食どするやの、アツオ君、申すに、この界隈、弁当屋が多いそと。
好きな弁当買おて、そこらで、喰う怪と。
弁当ねえ。それで、宜しいです。安いが一番也と。

云いつつの、先刻の、場所、色黒の小父ちゃんに声掛けられたの辺りに来たら、マダ、居てね。
4名、5名の、ウロウロしてるの、小グループ、見つけては、声掛けてたですが。
されどの、家族やろの、一団と、思しきは、諾とは、云わんやろと。

諾と、云うは、話に乗るは、我々如くの、中年、老年の、やろなあと。
そらな、我々、以て、経験したですが。経験したなら、お得感あるが分かったですが。その経験あれば、こその、この手、話大いに、乗るですが。
呼び込み、客引きなんか、初体験では、胡散臭くの、警戒致して、当然でして。

とかとか、さての、その弁当なれどの、どこで、売ってるやと。
あちに、こちにと、彷徨えどの、ありませんでして。
(17/12/13)


NO.2188 堀川高校3年9組5人の伊勢旅行の話(14) 「伊良子清白の家」の話(1)

貸し切り、チャーター、クルージング。
5人で、1人1800円也。
丁度、遊覧船と、同値。

我々、年代、男だけ故、快諾したですが。
これは、人数に寄り、交渉出来るなと。次回あるなら、なと。
只ね、10人、20人もの、団体は、そは、居てませんでして。30人、40人とかとか、これは、相応のツアーなりで、来てまして。
決められたコースで、遊覧船でして。

2人のは、大抵ならばの、男女のカップルでして。声掛けても、なと。警戒、警戒の、まずは、話に乗らんし、値も、1人1800円也では、採算がと。
2000円也では、遊覧船よりも高く。イヤ、我々みたいな、グループで、4人なら、2000円で、どするやと、なればの、極めての、微妙。
信用の度合い哉と。

そらね、我々でも、胡散臭い、小父ちゃんやなと、瞬時、思てるわと。されどの、5人故、又、イザとなればの、話の、まだまだ、腕力には、自信あるです。
云うたって、相手、数人、仲間が沢山居てたら、困るの事よの、そこまでの事、想定してませんですが。
イヤ、結果的、大満足したです。出来たです。正解也と。

での、少々の早めなれどの、アツオ君、弁当調達をと、提案致し。
この界隈、その手、弁当屋があるの話で、さての、どこなんやろ怪と、鳥羽駅周辺、チョと、離れたの箇所を散策にと。
イヤ、あっちの方に、弁当屋が沢山ある筈と、アツオ君先導にて、行くにしたですが。

いやね、弁当屋は無く、所謂の、食堂なら、散見。
いやね、これは、結構高く、伊勢駅、伊勢神宮外宮の、門前商店街の如くの、海鮮料理主体で、最低でも、2000円弱。
イヤイヤ、昨晩、本日、「魚勘」にて、海鮮料理、満喫してまして。
昼飯で、そんな高いのいらんでと。

まあね、男ばかりの、歳喰た、5人組故、見栄張らんです。
ほんまやでの、ここに、下手に女性が加わったりしたら、見栄張ったり、ええ格好申すも、居てまして。
この歳になってもです。

オッとは、それは、それで、結構も、昼飯、弁当で宜しくとも、どこで、調達するやに、相成って。
界隈、ウロウロと、云う程でも無いの、それらしきの店、あるが故、幹事アツオ君、チョと待って頂戴の、駅の近くの、辺りに、店並んでた故、そこが、弁当屋かを、探索にと。

ンの、その間、実は、「伊良子清白の家」なる、何ちゅうかの、敷地ありまして。
昔の、医者の家を、そのままに、残してるの場所でして。
入るに無料で、覗いてみよかと。
イヤイヤ、この方、医者でありの、「漂白<さすらい>の詩人」ですて。正直、知らんの方なれどの、建家の中に入れば、何ちゅうかの、昔懐かしの家で、モノあって。

簡単になら、振り子の時計に、ラジオ等々。
イヤイヤ、昔懐かしの、ベンジンを入れて、火を付け、暖めるの式の、白金懐炉も、懐中時計までが、置いてあてね。
更には、火鉢も、ありので、へえと。
当世、懐炉となればの、鉄粉式のホッカイロ哉と。この方が、火を使わず、安全なれど。

イヤイヤ、兎に角、備品なるは、皆、昔懐かしの、でして。
下京、仏光寺の家の時には、常識的なるのが、ありまして。当世なら、皆、骨董品でして。
イヤ、振り子式時計は、あったわと。
云うてもたら、回転させる式の、電話器もあったです。いつの間にやら、黒電話になってたですが。
黒は、自家用での、赤は、公衆電話。その当時は、なと。

火鉢ねえ。
これで、餅焼いたり、何焼いたり。
オッとの、灰入れ、炭入れ、火ぃ付けて。火鉢には、火箸で、お湯、茶も沸かし。
極めての家庭的での、暖取るは、火鉢故、家族全員、それ中心に、陣取って。

危ない話、なれどの、ダアレも、居て無いなら、足暖めるに、火鉢に足乗せたり。イヤイヤ、足乗せるは、火鉢の上に立って、万歳三唱しませんですが、まさしくの、乗ってたです。
当たり前だの、クラッカーの、四つん這いで、中学生までの事。

そらねえ、今時の如くに、電子レンジもありませんでして。
トースターも、出るの以前なら、パンも、それで焼きの、万能の、加熱道具。
ついでの話の、炬燵は、練炭の、でして。

イヤイヤ、当然にしての、万事、火でして。
更になら、竈、オクドさんも、火でして。
そらねえ、当時には、火災も、方々で、あったですが。実際には、当方、夜、遠くの方の火事、一度だけしか、見てませんです。

遠くねえ。
当家、南向きの家での、奥の間より、裏手、北の方になるですが。裏庭から、西方向けば、火、煙が見えてたです。
結果的、多分なら、堀川通りの、向こう側。
それが、どこかは、見には行ってませんです。


更なるのついでの話の、当時には、ゴミなんか、どしてたの哉の、殆ど出してませんでして。イヤ、ありませんでして。
そもそもがの、包装の、無いのが大多数。
当世の、ゴミ、大部分包装でして。
そらね、松原市場には、買い物籠持参で、行ってたです。大根、ネギにしたって、何にしたって、そのままに、買い物籠でして。時には、新聞紙で、包んで呉れたの哉と。それは、漬け物やねえ。糠が付いたまま故。魚やねえ。まさかの、野菜と、魚を一緒には出来んわと。新聞紙に包んで呉れたかと。

いやね、先刻の、炭も、俵単位で、買おてたです。貴重なるの、燃料でして。
冬場、寒い時期には、その炭俵を外で、道路で、ドンドン焼きしてたです。
ドンドン焼きなるは、余所に通用するかは、知らんけど。そこに、不要なるを入れて、焼いたです。
ダイオキシンが云々なんかの知識ありませんでして。

時折には、古着、お払いと、云うてたか、ふれて回ってたかの、背中に、籠背負たの、超の簡単には、今時申さんの、ありませんの、ゴミ拾い屋が回って来てたです。
それこその、古着なり、切れ端なり、出せば、オオキニと、持って行って呉れてたです。

そらね、缶ジュースなんか、ありませんです。牛乳なら、ビールも、瓶一手。
この手のは、牛乳屋なり、酒屋に、持ち込めば、瓶代、幾らと、戻して呉れて。
牛乳なんかの高級飲料、まともには、飲んだ事、あらへんのけどや。
ビールも、当家、木箱で、1ダースも買えば、何年もあったのけどや。

イヤイヤ、木箱ねえ。
それこその、正月の、ミカンも、木箱。
木箱は、買おたの店に、持参で、これも、幾らか、戻して呉れたの哉の、良くは、覚えてませんですが。
もしかしたら、もしかしての、木は、貴重なるの、燃料故、ご飯炊くに、オクドさんで、燃やしたかと。

オトトの、そ云うたら、木類、紙類、新聞紙等々なんか、オクドさんで、燃やしてた、なと。
残飯なんか、出るモンかの、その手のは、飼い犬にやったり、野良猫に、喰われたり。今時の如くに、それ用の、餌なんか、贅沢に過ぎての、特別には、買わんわと。そもそも、あらへんわと。売ってませんです。

それ云い出したら、古着に、切れ端も、なかなかに出ませんです。
そもそもがの、当世みたいに、新しいのを、ドンドンと、買うはしませんの、繕いの、繕いの、継ぎ接ぎ致しの、着てまして。
それを、やて呉れたたが、我が祖母でして。
針と、糸で。

その針刺しなるは、現在唯今、そのままでと。とまでは、申さんの、肝心の針刺し部分、壊れて、無くなりの、箱の、引き出しのみ、修繕の上、小物入れとして、使てるです。
まあ、簡単には、祖母の遺品でありの、当方にとては、想い出の品。

オッとの、何の話をしてるの怪の。
偶々の、見つけたの、「伊良子清白の家」に入って、備品見て、へえと。
我々世代、この手のは、実際に使てたわと。
イヤイヤ、当然の、箪笥もありまして。ここで、それも、云い出したら、切り無くて。
(17/12/14)


NO.2189 堀川高校3年9組5人の伊勢旅行の話(15) 「伊良子清白の家」の話(2)

このところ、快便。
一つに、毎朝、ヨーグルトを喰てまして。
二つに、加えての、バナナを喰てまして。
特には、バナナが、便通に有効かと。

いやね、バナナを喰うと、便通がの話、テレビ番組にて、知りまして。
以来、喰てるですが。これも、大きさに寄りまして。当家、嫁はんと、一緒に、喰てるですが。大きいのなら、半分ずつ。小さめなら、1本。
このところ、小さめのも、やや、大きめでして。

いやね、小さめを1本、或いは、大きめのを、半分。最近では、相対的、大きめ多く。小さいのでも、大きめでして。そら、毎日、喰てたら、分かるです。
どちにしろ、このところ、バナナの量、多めでして。
結果、快便。

いやね、過日、相当の過日で、ン箇月は軽くの過日に、そんな話をば、次男嫁にしたら、嗚呼の、K<カリウム>ですねえと。フウンの、Kは、便通に良いの怪の、ハイ、そですと。
再度の、フウンの、バナナにKで、そのKが、便通に宜しいとは、なと。
イヤイヤ、次男夫婦、薬剤師でして。この手の話、時々するです。尋ねてるです。

その次男、目に、ヘルペスにて、「大阪医科大学附属病院」に、11月の、22日より、入院してるですが。最早の、3週間は経つですが。
まだ、退院の目処立たず。
ヘルペスの件、網膜剥離の危険性については、やや、安定して来たらしく。
目の濁りも、やや、安定の兆しあるらしく。
これで、良かったのか、現状、どの程度の見え具合か、不具合かが、分からんです。
要は、見え具合、日常生活に支障及ぼさんなら、結構なれど。

そらねえ、当方、耳鳴り症。
これ、ハタには、分かりませんでして。
常に、両耳、ジーン、シーと、鳴ってる、聞こえてるは、当人にしか、その程度が、分かりませんでして。
イヤ、現在唯今、この文面作成中も、常に鳴ってるです。聞こえてるです。
但し、別途の事に、集中してる時には、その事、忘れるですが。

これは、耳の老化で、高音域、聞こえが悪くなり。その分、脳が、補正してるのらしく。
つまり、無い音、補正するが故、それが、耳鳴り也と。
との、話あるですが。
よて、対応には、補聴器で、その音を補正させるの事で、耳鳴りが収まると。但し、調整に、概ね、三箇月を要するですて。
とまあ、その補聴器云々の件、付けるに、抵抗感あるが故、無視してるです。
そらね、当たり前だの、クラッカーの、その手の、補正具、眼鏡等々、含め、一切、付けずに、過ごすが、一番でして。


オッとの、トトトの、さての、10月の話の、25日、26日の、伊勢での話。伊勢とするよりは、25日夜より、鳥羽ですが。
いやね、アツオ君、弁当屋の探索と、するのか、らしきの、店並あるが故、様子見に行きまして。
その間、僅かな間なれどの、「伊良子清白の家」をチョと拝見致し。

本来なら、受付の方、居てる筈が、ダアレも、居てませんでして。
一応は、芳名帳あるが故、記載したですが。
何よりも、無料。
且つは、先客居てずの結構なると。見学させて戴いたですが。

云うたって、大豪邸でも、豪邸でもあらへんの、前庭広いですが、家、建家そのものなら、それこその、仏光寺の我が家と、同等哉と。
イヤ、印象的、我が家の方が建家的には、広かったよなと。
いやね、一間、一間が狭く。狭い中に、机を置いたり、箪笥が置かれてたり、道具も一杯。
正直申しの、息苦しく感じるの程。

での、箪笥ねえ。
桐の箪笥なれどの、こんなのが、我が家にも、あったなと。
引き手は金具で、祖母の言なら、泥棒が持ち運ぶに、カタカタ音がするよにしてあると。へえと。
横手には、持ち送りの金具も付いてまして。当然の、持ち運び易いよにでして。

いやね、ここだけの話。
でも、無いけれどの、その昔には、市電も、所謂のチンチン電車、ガタ電とも、云うてたですが、西洞院通りに走ってまして。その線路に、釘置いて。
何がためかと、なればの、車輪に踏ませの、ペッシャンコに、プレスさせるがためで。結果、どなるかと、なればの、手裏剣が出来るです。

その手裏剣をば、箪笥めがけて、エイの、ヤで、刺してまして。
オッとの、そんな事、しては、ダメダメの、刺された箇所、穴空いてもてね。元々が、禿げ、禿げになっててね。
結果、余計に、禿げ、禿げでになてもてね。
それで、叱られるの事も無かったですが。

いやね、当世、最近の家には、所謂のクローゼットが、最初っから、付いてまして。
或いは、押し入れに、収納箱なりを、置きまして。原則、箪笥等は、最小限と、するのか、置いてませんですが。

モと、云えば、押し入れなるは、布団を収納するの場所でした、ですが。
当世、ベッドが主流。
イヤ、亀岡での、我が家では、ベッドは、母だけでしたです。これは、歳故、一々の、押し入れに収納無理でして。
かと、申しの、当方、布団なれどの、一々の、押し入れには、収納してへんけれど。そらね、我が家に、老夫婦、2人のみでの。されどの、所謂の、万年床には、非ずの、一々の、畳んでるですが。
いやね、その式で申せば、ベッドなるは、日本式に申せば、万年床。

万年床なるは、病人ならばの、仕方が無いけれどの、さもなくばの、ダラシの無いの性格の象徴。
と、されてたわと。
されどの、布団もねえ。歳喰て来たら、辛いモノがあるですが。
そらね、布団は、平面での、立ったり、座ったりが、難しくなるです。ベッドなら、そこに、腰掛け出来るですが。されどの、敷き布団なるは、その分、ペッシャンコ。

オッとの、何の話、してるの哉の。
この、家、「伊良子清白の家」には、ベッドは無く。さりとて、押し入れらしきも無くて。
まあね、この手、見学用として、改造なり、されてるの哉と。

とかとか、してるの間にも、アツオ君、戻りまして。
あそこの店も、弁当屋に非ずの、単品置いてるですて。ウニ、アワビ、海老等々。
されどの、更なるの、あちらの方。
とは、どんな具合に説明するかの、鳥羽駅の、海側の方なれどの、こちは、線路の向こうが、海側。
要は、再度、線路を渡りの、駅のソバに、まあ、云うたら、小規模の、スーパー・マーケット風の、店あって。

そこに行けば、所謂の、弁当も、置いてるやろと。
では、行こかと。
そこは、屋号、「鳥羽マルシェ」なる、小規模市場。
(17/12/15)


NO.2190 我慢たまらずの、遂に、眼医者え行くの話

過日より、逆睫が、涙目がと。
市販の目薬差したり、してるですが。一向に回復の兆し無く。

での、本日<12月15日>午前中にも、眼医者に行くの積もりしてたですが。
諸般、野暮用ありの、用事して、さての、行く兵衛かと、診察券見たら、ンの、午前は、11時半までですて。微妙なるの時刻でありの、軽くの、1年は、行ってませぬ故、現在、ど哉と。
検索、探索したなら、午前の受付、11時15分まで、ですて。へえの、受付時間終わってるなと。

ででの、午後の部、17時より、受付開始で、18時前になったですが、行ったです。
いやね、この眼医者、国道沿いにあるですが。道を造るがため、一時、とするのか、2年程は場所変更してまして。駅前のマンションに移動で、イツであったか、半年は経つのか、よ知らんですが。
再び、元の場所に戻ったです。

当方、この眼医者には、年1回も、行ってませんでして。
少なくとも、駅前の2年間で、1回。
での、此度、元に戻ってからは、此度、初。

いやね、駐車場には、運良く駐めるが出来て、中に入ると、そら、新装開店の、綺麗な事。
なれどの、綺麗過ぎてねえ。構造、配置不明。
いやね、一番、受付後の、待合いが、ここで良いのか、モと先、中の方かが、分からんでねえ。受付嬢に、多分、未婚女性と思うが故、嬢なれどの、尋ねたなら、ここで、結構ですと。
更なる内部、奥は、眼の検査と、診察待ちの、ですて。へえと。

イヤ、ここは、毎回、大入り満員での、待つ事、1時間は、良くあるの話が、待合いには、2組居たですが。皆、精算の方でして。
組としたは、1組、お子さん連れ故。
中の方、見たら、5人でして。へえの、この時間帯、少ないの哉と。思てるの間にも、呼び出しあっての、眼の検査。
眼圧とか、視力を測定して戴きまして。
イヤ、結果は教えて呉れませぬ故、分からんですが。自身、悪くは無いと、自負してるですが。

そして、診察待ちに相成って。先客、患者、2名。
待つ事、10分程度で、呼び出しありの、新しい診察室には、先生と、看護師。
当方、説明、そのままの、両眼共に、涙目で、眼がゴロゴロしてる感ありまして。右目については、目尻が、荒れ出しまして。
左目は、現在唯今、ゴロゴロ感してるです。
イヤ、両眼、ゴロゴロしてるですが、両眼共に、ゴロゴロ感する事は無くと。

での、先生、診察器とでも、申すのかの、器具に顎乗せ、額は押し付けるよに、して頂戴なの、ハイ、承知の、右見よ、左見よ、下見よと、命じられるがままに、片眼ずつ、眼球動かしまして。
そして、看護師から、赤い目薬差されまして。再度の、診察器に顎乗せ、額押し、右、下、左と、指示されて。

での、先生より、写真を見せられ、説明聞き。
結果、左目、逆睫。右目、その辺りの原因無く、両眼共に、角膜が、傷付いてると、するのか、荒れてるですと。
それは、先刻の、赤い目薬が、残ってるの箇所の状態で、分かるですと。両眼の目尻辺りの、角膜に、赤い色付いてまして。

ででの、先生曰くに、一つ、ドライ・アイ。
二つめ、本来、涙が、角膜の荒れ予防してるですが、その量少なく、涙の役目をしてませんと。
三つめ、角膜が荒れてるも、程度は軽く。
四つめ、市販の目薬も、合致せぬを使うは、余計に悪化すると。
五つめ、左目の逆睫は、角膜に接触してるが、数本。これは、これより、処理すると。要は、抜くと。
六つめ、逆睫を自身で、処理は、ビューラーでと。

ンの、当方、ビューラーなるは、知らんですが。要は、睫を整えるの、道具ですて。
ンンの、写真で見る限りは、何かの道具で、挟めるよな、長さ、箇所でも無いよな、感するですが。当方、指先で、ちょこちょこと、目尻辺りのを、修正と、するのか、睫出すに挑戦なら、してたですが。全くの、効果無く。触れてないが故ですが。

ででの、先生より、左目の逆睫、数本、抜いて戴き、イヤ、それで、大分楽になったなと。
そんな事で、先生より、処方の目薬の、使用法をば、教えて戴きまして。
要は、ドライ・アイの目薬、ムコスタ点眼液UD2%。
日に4回、朝、昼、夕方、夜。1本使い切りで、必ず、最低でも、1週間は継続が重要の、途中で止めると、効果無くと。
で、看護師より、何の目薬かは、知らんの、点眼液をば、差して戴きまして。

ハイ、結構ですと、先生よりで、ありがとうございますと、精算待ちと、相成って。
今度は、精算の方より、再度の、処方の目薬の使用法。
イヤ、二種類出てましての、1つは、フルオメソロン0.1%点眼液。これは、朝、晩、2回。
そして、ムコスタ点眼液UD2%の方については、先生の説明通りなれどの、問題は、使用時の注意事項。

イヤ、一本、一本、切り離して、使うですが。使うの際、薬は、容器の中央部にあって、液と、白い薬が分離してるがため、その中央部をば、指先にて、コンコンと、叩き、弾き、混ぜてから、上の箇所を捻るですと。
尚、この薬を逆さ向けに保管は、液が、出口の方に、移動するが故、必ず、上下逆にならぬよにと。ハイ、承知と。
加えての、白濁の液故、点眼して、暫くは、眼が真っ白に成る故、その間、運転等せぬよにと。ハイ、承知と。
更には、両方を点眼の場合は、5分の間を置くよにと。ハイ、承知と。

そんな次第の、斯くなるでの。
精算金額、1960円也<2割負担>を支払いまして。
イヤイヤ、先刻、零時過ぎ、ムコスタ点眼液UD2%と、フルオメソロン0.1%点眼液をば、差したです。
成る程の、コンコンと、指先で、叩かんと、液が、混ざりませんでして。差せば、景色、真っ白け。
イヤイヤ、眼の状態も、大分楽になって来てるです。

しかるにの、何故に、夜の部で、眼医者に走ったかと、なればの、諸般、明日は、午前中のみの診察。
そして、朝の、11時より、用事ありで、それまでに、眼医者が終わるかが、不明故の、そらね、朝の部では、軽くの、1時間待ちは、ザラでして。

ついでになら、昼からは、年内最後の、「芋煮会」。
「芋煮会」で、雑草なり、取ってるのに、眼の調子云々では、困るの事よと、早めにと。
早いも、軽くの、1箇月、市販目薬で、凌いでたですが。
正直、凌ぐが出来ずの、我慢たまらず、遂に、眼医者えと、馳せ参じ。

更なるの、ついでになら、ドライ・アイねえ。
寒くなりの、ファン・ヒーターを引っ張り出して、使い出したの、辺りから、哉と。
(17/12/16)