シバケンの単なる雑談NO.191

雑談NO.186 雑談NO.187 雑談NO.188 雑談NO.189 雑談NO.190

雑談NO.160 雑談NO.170 雑談NO.180 雑談NO.185
雑談NO.110 雑談NO.120 雑談NO.130 雑談NO.140 雑談NO.150
雑談NO.60 雑談NO.70 雑談NO.80 雑談NO.90 雑談NO.100
雑談NO.10 雑談NO.20 雑談NO.30 雑談NO.40 雑談NO.50
題目一覧表

目次

雑談NO.192

NO.2180 堀川高校3年9組5人の伊勢旅行の話(6) 民宿、「魚勘」の嫁姑の話(3)

NO.2179 堀川高校3年9組5人の伊勢旅行の話(5) 民宿、「魚勘」の嫁姑の話(2)

NO.2178 堀川高校3年9組5人の伊勢旅行の話(4) 民宿、「魚勘」の嫁姑の話(1)

NO.2177 堀川高校3年9組5人の伊勢旅行の話(3) 民宿、「魚勘」に着くの話

NO.2176 2017年度の健康診断の話(3) 問診担当、医者先生、遅刻するの話

NO.2175 2017年度の健康診断の話(2) バリウム飲んで、忙しい時に、忘年会の話

NO.2174 2017年度の健康診断の話(1) 当方の常識は、当世、非常識怪の話

NO.2173 堀川高校3年9組5人の伊勢旅行の話(2) 無人駅で、鈍行も通過の駅の話

NO.2172 堀川高校3年9組5人の伊勢旅行の話(1) ここからは、5人の話

NO.2171 堀川高校3年9組6人衆<369会>の伊勢旅行の話(14) 「五十鈴川駅」にて、ミノル君はサイナラの話

雑談NO.190


NO.2171 堀川高校3年9組6人衆<369会>の伊勢旅行の話(14) 「五十鈴川駅」にて、ミノル君はサイナラの話

さての、本日<11月26日・日曜日>。
長岡京市の、次男宅経由で、高槻の、大阪医科大学附属病院えと。
イヤ、嫁の運転にて、嫁はん、孫君3号の、都合の、4人で、でして。

高槻ねえ。
昨年には、立命館大学の同期生と共に、北海道のエイジ君に会いにと、するのか、まあ、会いにやねえ。
北海道に行くに、伊丹空港発の飛行機に搭乗に、高槻経由でしたです。

その際、JR高槻駅では、ヒロシ君が迎えにで。時間調整で、商店街の、マクドナルドで、コーヒー飲んで。その先の、阪急高槻駅にと。
その阪急の、高槻駅の真向かい、真ん前に、大阪医科大学附属病院があるですが。
但しの、まあ、云うたら、あっちは、表側で、こちは、裏側でして。とか、云うたって、表、裏も、JRと、阪急の間に、商店街故、当方勝手に、そ哉と。
そんな位置関係で、大病院があるを知らなんだですが。当時には、用事無く。

オッとの、その病院には、嫁が学生時代に、実習で、来てたですて。へえと。
但し、当時には、ここまでの大病院では無かったですと。建て増しして、建て増しして、可成りの規模の病院になったですが。
云うたって、当方、初でして。

いやね、次ぎ、1人で、行けと云われても、ンの、迷子に成らずに、来られるの哉の。さりとて、国道171号線沿いでは無いにしろ、八丁畷の信号右折で、すぐのそこ。
云うたって、その信号の場所の、「八丁畷」の標識、見辛い箇所にあったですが。

イヤイヤ、嫁の案内、先導にて、次男の病棟に着いたですが。
先の通りの、現時点、検査結果等々不明故、先の事、分からんですが。
その現時点、日に3回、1回1時間半の点滴の毎日ですて。へえの、苦行やなと。
且つは、入院二三週間と、聞いてたかの、話は、三週間ですて。へえと。

での、基本、治療では、視界が狭まったの件、元に戻すは出来ずも、止めるの話と。その視界も、どれ程かは、矢張り検査の結果らしく。
加えての、場所、網膜故、交換不可。

いやね、角膜なら、云うたら、何やけれどの、当方が遺言なり、しとくなり、しかるべくの登録にて、移植は可能。水晶体なら、当世、白内障手術で、やられてまして。
されどの、網膜と、なればの、そは出来ず。

まあしかし、iPS細胞と、するのか、そは遠く無いの将来には、再生出来るの可能性あって。
オッとの、現時点、失明してるで無いですが。簡単には、視野が狭くなったの話で、程度は、分からんです。
とかとか、こちの方、検査結果を待ち、主治医の話があるまで、何とも早のと。


での、話ころりの、当方の、健康診断の件。
いやね、29日<木曜日>でして。
ボチボチの、準備もせねばの、まずは、問診票あって、その記入。
加えての、検便2日分と、採尿。

余計なるの話の、この検便が、この、2月の際のとは、少々、違うです。
イヤ、どこまで、遡るがあるですが。その昔の、マッチ箱に入れて、紐で括りの、ぶら下げての、学校なりに提出の方法は、イツの間にやら、無くなってもてね。
イヤイヤ、この2月では、便器に対し、反対向きに座って、便出せと。要は、便器の水たまりの、穴に落下せぬよに、便器には、トイレット・ペーパーなりを、敷き詰めての、しかるべくの、致しの、検体取れと。
まあ、やり難いの姿勢で、やりまして。検体をば採取で、しかるべくの、容器に入れたですが。

いやね、此度、便器に敷くの紙が添付されてまして。要は、水たまりの上に敷くですが。その上に、しかるべくの、致しの、便のサンプル、検体採取。
ンの、これなら、便座に反対向きに座るの事無く、やり易くの、結構なると。
且つは、紙は、そのままに、流せるですて。へえと、本日、夜、1回分取れたです。
いやね、2回分、5日以内のをと、されてまして。早めに取得しとく方がと。

採尿なるは、健康診断当日、朝一番のと、指定されてまして。
これはねえ、特段の、採るの自信と、するのか、問題で無く。


オッとの、それでや。
いよいよの、「堀川高校3年9組6人衆<369会>の伊勢旅行の話」の続きをと。

いやね、外宮参拝。
三重交通バスにて、内宮えと。
参拝終えて、赤福餅本店にて、赤福餅喰て。210円で、お茶付きでして。

喰い終われば、おかげ横町より、バスで、近鉄五十鈴川駅。
そこから、松尾駅えと、相成るですが。
話簡単の、京都組3名、フリー・パス付き故、全部、タダ、無料の、結構なると。

実は、ミノル君は、ここまで、でして。
諸般ありで、京都に戻るです。
諸般なるは、当人、詳しくは、申してませんですが。母親の件やろと。

いやね、ディ・サービスを受けておられるですが。ディ・サービスの場合、送迎の際、保護者なり、家人が、立ち会う方がと。
も、あるし、年寄り1人では、何があるか、分からんでして。

いやね、親と、同居はしてませんですが。
結果、自宅と、親の住み処との、往復してるです。歩いて、10分程度哉の距離でして。
オッとの、これ、ミノル君の話でありの、当家母なら、2015年に他界致しの、奇妙なるの表現するの、責任果たしてるです。

ついでになら、京都組の三人、皆長男。
マサノリ君のご両親なら、遠の昔に、亡くなっててね。今度は、嫁はんの母の保護者になってるですて。
イヤ、現在、特別養護老人ホーム在籍なれど。

話、戻して、ミノル君のは、ディ・サービスで、杖で、歩けてるですて。
ンの、どこまでの、この手の話、して良いの、やらの、杖であれ、自力で、歩けてるなら、大したモンでして。ディ・サービスで済むです。
済むけれどの、先の通りの、送迎で、家に居てるの必要性あって。

いやね、これも、必ずしもの、家人なりの、保護者の送迎いらんですが。ここでの送迎なるは、家での、送り出し、引き受けの事。
施設に寄り、又、取り決めにも寄ると、思うですが。当家母の場合なら、帰宅までには、戻れずの場合、施設まで、迎えに行く事になってたですが。

ンの、何の話哉の、諸般、高齢の親が家に居てると、長時間、留守には出来ませんでして。
しても、ええけれどや。
当家のよに、自宅なら、嫁はんも居てるが故、時には、その手の事、あっても、嫁はんに託すが出来るですが。
イヤイヤ、この辺り、難しいの問題でして。その家々にて、異なるわと。

どちにしろ、この手の話、6人衆共通の話題で無くての、そんな場では、してませんですが。
マサノリ君、当方には、皆まで、詳細云われんでも、概ねの事、分かるですが。

そんな事で、ミノル君は、近鉄五十鈴川駅で、京都方面行きホームえと。
我々、5人は、松尾駅<賢島>方面えと、相成って。ここで、ミノル君とは、サイナラ致したです。
(17/11/27)


NO.2172 堀川高校3年9組5人の伊勢旅行の話(1) ここからは、5人の話

「JA」カードの話。
イヤ、申込書記入にて、本日<11月27日>、定額貯金の集金日故、提示で、これで、宜しいですかと。
正確には、一部、不明点記入せずで、担当者来たら、尋ねるにしてたです。

結果、殆どは、記入出来たですが。
一点、一番に肝心なる、暗証番号を困ってまして。
いやね、そらね、基本、統一したいです。実は、当家、基本、統一出来てるです。

そらね、この通帳では、この暗証番号で、あれは、あれで、それは、それ。
となってては、全部を覚え切れずの、程の、数の、通帳あらへんけれどや。
過年、2015年に母亡くなるまでは、母のは、話簡単の電話番号にしてて。当然の、亡くなった故、その番号消滅なれどの、当時には、暗証番号、4種類。

いやね、そらね、諸般、出すの時、難儀したです。あれか、これか、あちであったかと。押してる間にも、受け付けずに相成ってもてね。
或いは、3つまでは、思い出すも、4つめ、どの数字であったの哉と。
よて、統一しとけば、皆、一緒故、覚えるは一つで、イト簡単也と。

でや、担当者に、本人のと、家族、要は、嫁はんの、家族カードのを一緒にしても、宜しいですかと。尋ねたならばの、上に確認しますと、後刻、電話で、矢っ張り、ダメですと。
いやね、コレ、正直なるの話の、「京都銀行」での、通帳の名義、当方と、嫁はんのは、暗唱番号一緒。実は、「JA」の、通帳も、一緒やわと。
コレ、個別に通帳作成故でして。
こんな具合に、一枚の申込書で、本人、家族の暗唱番号記入させられるが故、そらね、正式には、ダメと。こちも、多分なら、アカンやろと。
まあね、ここは、一発目、別に致しの、後刻、後日にでも、暗証番号、変更してやろ怪と。
いやね、そらね、申し込むの、「JA」カードなるは、クレジット機能付きではあるですが。使うは、ガソリン給油だけでして。殆ど、暗証番号を使うの機会あらへんわと。

そんな事で、「JA」カードは、又、後日にと、相成ってもてね。
加えての、1万円の加入料。コレ、脱会の時には、戻るですが。要は、ポイントが付くの、加入料。
この場合、申込書も、違うですて。へえと。それを、先に云うて頂戴の、どちにしろ、マダ、申込み出来ずと、なてもたわと。

でや、別件の、新テレビの話でもと。
いやね、大した話に非ずの、今だ、機能使いこなせてませんですが。使いこなすの気も無いですが。
要は、視聴出来れば、宜しくて。

只なの、諸般、明るさ、音の具合なりは、少しずつ、調整してるですが。
話は、別途の、「番組表」の事。
いやね、搬入、設置の担当者からは、云われてるです。
「番組表」は、即の、全部は、表示されませんと。当初には、歯抜け一杯ですが、一日、二日すれば、概ねの、不自由無く、表示されるですが。
漏れ無く、全部は、一週間程掛かるですと。へえと。

での、早いもので、設置が、21日にての、本日にて、7日目でして。要は、一週間経ったです。
ンの、「番組表」概ね、漏れ無く、網羅哉と。
只、問題は、当世、余り、パとした、見たいの番組僅少になてもてね。BSなんかは、元々が、韓ドラに占領されてまして。そこまでして、電気代消費、電波を使いの、放送しの、何してるの怪の、日本国は、変な国也と。
原子力発電して、韓国の大宣伝してると一緒。

イヤ、放送すなと、までは、申さんですが。
平和ボケ、中年、若年女性のリクエストがあるのやろなと。ならばの、バカ代表の、どこか、1局で、えやない怪と。それを、BSの、3局も、4局も、やられてみい。
皆、バカ怪の、バカ丸出しと。
いやね、BS放送なるは、韓ドラのためのものに非ずと、思うですが。


オッとの、そんな次第の斯くなるでの。
ミノル君も、大変やなと。ま、しかし、役目やなと。
当方なら、お役目全う故、大変さも、気持ちも、よっく、分かるです。ある意味、マサノリ君、当方なるは、それ以上のと、思てるですが。

只な、ここだけの話、でも無いの、寿命が、延び過ぎてまして。
解放されて、この歳でして。イヤ、早いモノで、2年経つですが。
解放ねえ。この表現、問題有りなれどの、本音でして。
いやね、元気なら、宜しいですが。何歳でも、延々にで、結構なれどの、それは、無理なるの話。

云うたら、杖であれ、自力で、歩けてるの限り、ハタの手間掛からんわと。イヤ、掛かるけれどや。
歩行器までは、なれどの、車椅子状態ともなればの、比較に成らず。

いやね、このところ、毎年、喪中葉書が複数枚届くよになってね。
嗚呼、あそこ、遂に、両親、無くなったかと。
とかとか、諸般あるですが。学友からのは、皆、この歳でして。

オッとの、くれぐれもの、親亡くなり、解放されたは、されたですが。これ、老々介護からの話。
当世、下手したら、ニンニン介護なるも、問題になって来てるです。
「ニンニン」ねえ。これ、漢字で書けば、「認々」。意味、「認知症」。
オトトの、何の話、してるの怪の、マサノリ君、ミノル君の時には、この手、話もしたです。
そは、先で無くの、次ぎ、自分の番や、なと。
オトトの、当世、新語の、「終活」ねえ。マダ、考えてませんですが。
考えずとも、ボチボチやなと、とは、思てるですが。


ンの、何の話怪の、ミノル君に、サイナラ致しの、どちの、電車が速かったか、駅に来るのが、なれどの、多分なら、こちの方。
での、ここからは、5人と、相成ったですが、目的の駅、松尾駅に到着の時には、最早の真っ暗。
ンンの、改札があらへんでね。要は、無人駅。
当方と、マサノリ君なら、フリー・パスの切符なれどの、他の面々、「PASMO」と云うたか、電子マネーの、ですて。

は結構も、改札を通らん事には、次ぎ、乗車するに、トラブル発生するですて。へえと。
詳しくは、知らんの、乗車はして、下車不明と、相成って。精算出来ませんですて。フウンと。

イヤ、京都組以外の、3名、その明くるの日、近鉄鳥羽駅にて、状況説明の上、処理してもろたですが。
駅員申すに、無人駅でも、その処理用の、改札機が必ずや、設置されてるが故、それに、通して頂戴なと、教えて呉れたですて。そかの、フウンと。
当方なんか、その手、近代兵器なんか、所有してませんでして。皆目の、分からんですが。確かに、小銭無くとも、切符買わんでも、そのカードあれば、改札出来ての、便利やなと。
只なの、当方なんか、そんなに度々の、電車なり、乗りませんでして。

トトトの、それでや。
この松尾駅で、当日<10月25日>の宿、民宿の、「魚勘」からの迎えの車が来て呉れてるになってるですと。
イヤイヤ、来て呉れてたです。
(17/11/28)


NO.2173 堀川高校3年9組5人の伊勢旅行の話(2) 無人駅で、鈍行も通過の駅の話

明日<11月29日>、健康診断。
にての、道の駅、「ガレリア亀岡」に、9時半。
イヤ、多分なら、1番手組かと。

イヤ、建家開くは、10時。
イヤイヤ、前回も、ここで、9時半でして。どこから、入ったか、横手からか、入れたですが。

でや、検便も、2日分、2個、無事に準備は出来たです。
昨日も、出たですが。採便、失念までは、してませんですが。準備するに、時間無く。トイレに一式、置いてたのにです。
モ一つ、採尿は、明日。
朝一番ので、最初の方で無く、後の方をと、注意書きあったですが、こちは、左程に、心配してませんです。

まあね、書類一式の記入も終えてまして。
要は、採尿のみで、後は、しかるべくの、行くだけでして。
されどの、此度、高いねえ。基本、11000円也と、オプションの血液検査、癌関係なれどの、5種で、6600円也の、都合の、ここまでで、17600円也。
郵送料金、200円と、してあっての、これも、加算せねばならず。

いやね、此度には、胃の検査で、バリウムもあるです。眼も、レントゲンもあるらしく。多分なら、なと。
さもなくばの、基本、11000円は高過ぎるです。


いやね、バリウム飲むと、後が大変。大抵ならばの、明くるの日にまで、影響するですが。
その、明くるの、30日は、立命館大学電気工学科の、同窓会。夜と、するのか、17時から、なれど。

でや、若干一名、ケンシン君、一向に連絡が無いが故に、ケータイ一発。
そらね、本来ならばの、先週には、出席可否を連絡すると、申してまして。
イヤ、ギックリ腰云々にての、その先週には、再度の診察で、その結果に寄り、決めると、抜かしてまして。

ケータイには、即の出ずで、ンの、どしてるの哉と、思たの矢先に、あちから、掛かって来まして、あのなあと。
イヤ、先週云々の件、どなったと、尋ねたならばの、どしょかと。ンと、あのなあと。

まずは、明後日の話やでと。
メールにも、記載の通り、予約してるでと。
いやな、前日、つまりは、明日までに、変更あるなら、先方、「酔心」に連絡せねばならずと。

コマツタ奴でして。このケンシン君。
云うてるのに、どしょか、どしょかの、何人来ると、尋ねるが故、貴君参加なら、全員也と。とは、メールに記載してるですが。
理由、原因、この、ケンシン君のみ、未確定と。

そか、エイジ君も、北海道から、来るのやなの、ギックリ腰云々の、出来たら、参加したいなの、明日中には、連絡するの、連絡せねばの、参加と考えて頂戴と。あのなあと。
とは、申してませんですが。

これが、一番に厄介。
これが、とは、こいつが、でして。
いやね、北海道旅行の際には、諸般、大学の関係にての、7月21日以降にして欲しい、等々、要求して呉れて。
いやね、21日より、夏休み故は、分かるの、結果、そのよに、計画成って。

イザ、最終確認、参加はと、なればの、まあね、母親が亡くなったもあったのけどや。それ、イツの話か、2015年の9月。
当方母のは、6月でして。
どちにしろ、旅行は、明くるの、2016年の7月ですが。
参加するの気に成らずと、相成って。

イヤ、気持ち、分からんで無いけどや。当方の場合、幹事の一員故、頭っから、参加と決めてまして。
モと、云うたら、その旅行の詳細、決めるた日の、明くるの、2時に、亡くなったです。
イヤイヤ、その相談も、「酔心」なれどの、その予約等々、当方でして。

オッとの、云うてるは、7月21日以降の、大学の夏休みに入ってからと、要求の、ケンシン君不参加。
云うとくの、その日程の話が無いなら、こんな料金高い時期に、旅行する事なんか、あらへんわと。
貴君、分かってる怪と。
とは、まだ、云うてませんですが。昨年の、同窓会では、不参加でして。

此度なるは、再来年の、沖縄旅行の件あって。
先の話、なれどの、ノブユキ君作成の、資料をば、印刷しとけと、参加予定者全員に打電してるですが。
この調子なら、明後日の、同窓会に、参加しても、多分なら、印刷せずで、来るのやろ怪の。
ご心配無用の、当方、幹事として、予備的、数部持参するですが。
いやね、「酔心」の、クーポン持参で、料理代、1割引きでして。そのクーポンも、印刷してるです。の、ついでに、部数印刷してるわと。

とかとか、こいつ、ケンシン君、兎角に、手間掛かるの奴でして。
にしてもの、これで、大学で、教鞭執れてるのやなと。へえと。学生が大変やなと。


とっとの、そんな次第の、斯くなるでの。
何を掲載、話するの積もりであったか、失念してもたわと。
イヤ、「堀川高校3年9組5人の伊勢旅行の話」の方なれど。

そかそか、近鉄、松尾駅に到着は、日もすかりと、暮れてもて。
は結構も、改札の無い、無人駅でして。電子マネーと、するのか、電子切符とするのか、名称知らんの、JR以外の、近鉄にも適用出来るのヤツなれど。
これは、明くるの鳥羽駅にて、処理出来たですが。
オッとの、京都組以外の、3人では無く、多分なら、三重アツオ君と、東京アキラ君であった哉と。千葉からの、コウジ君は、それで無く。

でや、無人駅ねえ。
何を隠そおの、隠す事も無いの、過年には、掲載してるの筈の、我が家、最寄りの駅、亀岡の、「並河」駅の事。
当家、引っ越したの頃、無人駅。
だけでは、無いぞの、鈍行でさえが、時間帯もあるけれどの、通過するの駅。

いやね、当方、基本、自動車通勤故、当時国鉄の山陰線、現嵯峨野線と、称してるですが。園部までは、なと。複線電化になったが故での、それまでは、ジーゼル。
いやね、云うたら、何やけれどの、当方、一応は、都会産まれの、都会育ちやわと。
山陰線が、ジーゼルであるは、承知も、無人駅が存在、知らんわと。

まだ、あっての、列車に乗るに、一番手で、待ってたですが。列車が到着するを、ですが。
来て、乗るに、ドア開かんでねえ。えと、ビクリしてたなら、後方より、手が出て、ドアのソバの、ボタンをプッシュで、開いたです。
ンの、この事件。
当方的、大事件の、要は、列車の冷暖房の事もあるですが。車掌か、運転手かの、操作で、自動で、開閉の、では無く、乗客が、押すの式で、へえと、再度の、ビクリしたですが。

そらねえ、降りる、乗るの、乗客の居て無いの駅もあるのやろねえと。
そらねえ、「並河」駅も、無人でして。
オッとの、当時の話やでの、複線電化になってからかは、ダイヤも大幅改正の、鈍行は、必ずの停まるの駅に相成ったけどや。
ドアは、どなんやろねえ。今だ、ボタンはあるですが。一応は、押さずも、開閉してるですが。

その事、あって以来、基本、一番手、避けてまして。
最近では、加齢もありの、座りたいが優先にての、乗るの際、先頭に立つよにしてるのけれど。
降りるの時には、一番には、成らぬよにと。

いやね、その引っ越して来たの当時には、既に、「並河」駅の、大井町の人口も、相応に多くになってたと、思うです。
乗るも、降りるも、可成りの人数でして。無人駅では、ありませんでして。
どころか、昨年から哉の、駅員2名。
内の一名、若き女性で、へえと。
イヤイヤ、京都駅にも、女性駅員増えてるですが。車掌も、女性が居てるですが。
そ云うたら、近鉄で、伊勢市に来るの時には、女性車掌。
(17/11/29)


NO.2174 2017年度の健康診断の話(1) 当方の常識は、当世、非常識怪の話

まずは、ケンシン君より、連絡無く。
以て、明日<11月30日>の、同窓会、出席怪と。結構なるも、悩ませるヤツや、なと。

での、本日、「京都工業保険会」に寄るの、健康診断の日。
朝一番の採尿なれどの、最初のではなく、後半のをと。難しい話故、二番目のを採取。
今時、紙で、コップを作り、そのコップで、採尿せよと、親切やなと。

オッとの、朝食抜きで、諸々の書類と、便、尿の、サンプルも、「京都工業保険会」の封筒に入れて、コレ、書類一式、送って来たのでして、9時丁度頃、我が家出発。
イヤ、9時半にと、されてまして。
車で、10分もあれば、健康診断の会場に着くです。着いたです。

いやね、朝、早くの、この時刻にしたら、駐車場満車に近く。フウンと。
いやね、道の駅、「ガレリア亀岡」の、本来の開場、10時でして。何故に、こんなに沢山の車かと、様子見の状況からは、まずは、坊主姿のが多く。姿だけで無く、本物の、坊主なれど。

そして、まあ、云うたら、高齢者多く。
高齢者多いは、もしかしての、もしかしたら、健康診断組哉と。皆様、早いなと。
云うは、前回、同じの来いの時刻で、家出たも、一緒で、到着一緒の、三番手でしたです。

でや、坊主多いの理由、何かの、集まりがあるのやろと。
イヤイヤ、後刻判明の、一階のコンベンションホールの受付に、「曹洞宗<そうとうしゅう>」が何たら、かんたらと。その集会に、坊主が集まって来てるのかと。
その一階のは、1000名入れるの間でして。
イヤ、健康診断なるは、2階の大広間でして。全部なら、収容人数、500名の広さとされてるですが。

様子から見て、又、エスカレーターで、上に上がるの面々見て、嗚呼、既に、相当数の人が来てるなと。
思いつつの、受付に向かいの、まずは、順番取りの番号札をと、掲示されてるが故、ではと、ではも、どちが、最初の方かと、見たら、片方、18番。モ片方、1番で、えと。

へえの、1番怪と、思わずの声出たですが。会場入り口附近で、受け入れ、受付の準備の面々、ハイと。
その番号札、結構デカいの、A4用紙大の、でして。
しかりと、持って、準備されてるの、椅子の最前列に陣取り、待つ事、10分辺りで、2番手、3番手同時到着。

その2番手と、3番手の会話で、料金、イツ支払うのですかねえと。3番手が、2番手に、問えば、2番手、最初ですと。ンと。
違うやろ、最後に検査項目確認の上の、精算なれどの、余計なる話せず。大した問題でもあらへんでして。
にしても、この2番手、天井向いて、えらそな態度でね。正直、どこぞの、どいつみたいな、印象での。
いやね、確かで無い話を、自信タプリの、云い放つの態度と、天井向いてるの、姿勢が、でして。何様怪なと。

3番手のは、多分なら、当方と、似たよな、性格哉と。
要は、承知してるの話なれどの、何かのご縁の、隣合わせ故の、挨拶がてらの一発でして。
イヤ、ほんとに知らんのかも、なれどの、見知らぬのに、声掛けるは、少々の英断要るです。質問された方、確信の無い事なら、責任持てぬ故、嗚呼、どなんですかねえ。
とかの、返答せねば、なと。
イヤ、この印象、正解は、この僅かな、間にも、判明致したわと。

いやね、三々五々、受診者集まって来まして。
9時半には、5分早くに、受付始まったです。
「1番の方」と、呼び出されの、ハイと、返答の、受付にと。
即の、「2番の方」と、声掛かりの、その、2番手のが、受付にと。

での、受付にて、実は、当方の年齢、71歳になってまして。とは、そのよに、書類に印字してあるが故、早速にも、年齢がと、問えば、嗚呼、これですか。来年3月31日現在の年齢にしてるですが、それで、間違いありますかと、返答故、オッとの、それなら、正解也と。

とかとか、便、尿、予めの問診票等々、保険証等々提示で、では、順番にお名前で、呼びますので、席でお待ち下さいと。ハイと、返答の、元の席に戻るに、ンの、先刻の、2番手、早くに終わって、当方の席にドカンと、陣取っててね。厚かましいヤツや、なと。
されどの、そこ退け、当方の席也と、退かせる程の事でも無くて。
基本、変なヤツやなと。どこの何様怪なあと。

の間にも、その2番手が、一番に呼び出されの、別途の場所、まずは、肺のレントゲンと、バリウムですて。
結果的、受付が遅れた当方、二番に呼ばれの、会場の方。
案内役のが、まずは、手提げ袋を示しの、持ち物、貴重品、衣類等々、この中に入れて、ご自身で、持って下さいと。要は、健診にて、その都度、脱いだりは、手間が故、この袋に入れて、自身で、管理せよの意で、ハイ、承知の、一番目、身長、体重。
二番目、その隣の、視力検査で、更には、聴力検査。

いやね、前回、二番目、三番目はありませんでして。
所謂の、此度、フル・セットの健康診断やなと。結構なるも、よて、11000円也が、余計に掛かるの怪の。アイタタ、タッタの、タの、タの、タッタ、なれどの、しょがないわと。

でや、聴力終わって、その担当者曰くの、次ぎ、レントゲンと、バリウムですと。
会場出て、左手の方で、一階に行けば、担当者が居て、案内するですと。ハイ、サヨですかと。会場出て、左に向かうも、1階に降りるの、階段等々、あらへんでして。
ンと、思ての、先刻の、受付の方、見たら、こちです、こちですの、ここの、エスカレーターで、1階にと。男性担当者が、教えて呉れて、嗚呼、そですかと。

いやね、当方、この、「ガレリア亀岡」には、度々の来てるも。2階になら、前回、健康診断で、来てるのけどや。細かな構造知らんわと。
聴力検査担当の、女性より、聞いた通りの、動きをしたまででして。
イヤ、会場出て、左と、聞いたが故、そちの方にも、階段なり、あるの哉と。

いやね、その上の話の、一番手のは、あちが先で、二番手になてもたの当方、別途のが先で。
要は、テレコ、テレコで、送り出すのやなの、結構なるの、効率宜しいねえと。
これを、杓子定規に、順番通りに送り出してみい、一項目ずつ、順番待ちせねばならずの、後の方の方、大変ぞと。時間喰て。

でや、その1階に降りて、前方には、らしきの担当者居てるが故、そちの方えの、そら、当方、先の衣類等入れた袋持参で、一発、それと分かるの、会釈方々、宜しくお願い致しますと、声掛けて。
その1階は、広い空間なれどの、構造的、渡り廊下的、左右に仕切りがありましての、まあ、云うたら、狭い通路でね。
その担当者の斜め後方を歩いてたならばの、前方より、坊主2名。

ンの、ここで申すの、当方、申すに、「坊様」とせず、「坊主」「坊主」としてるは、この場面也の。
いやね、この渡り廊下で、2名ずつが、交差するは、少々の無理あるが故、当方、当たり前だの、クラッカー的、常識的、先導者の後方に、移動。
されどの、前方からの、坊主2名、並んだままで、会話しつつの、すれ違うのバカ。
曹洞宗の坊主が、信者、檀家の面々に、諸般、説教なり、するの資格あるの怪と。

まあね、1名、2名の、都合の3名なら、すれ違うは可能なれどの、幅的、ぎりぎりでの。
いやね、若きの、その坊主。
当世、老若男女を問わずの、この手、アホウが多いけどや。
偶に、ホンの偶には、横並びを、一列なりに、移動するのも、居てるですが。希有の事也と。

必ずや、あの、元々は、二番手の、態度のデカいのは、この配慮、頭っから、あらへんわと。そちが、道譲って、当然か、そもそもがの、その配慮にさえ、気が付かんの、ドアホウ。
気が付いてたら、すれ違い様にでも、会釈なり、してるです。ならばの、多少は、マシなれどの。
本来的、それ以前の、そちも、狭いの通路故、一列に、成れ。
とは、云うたって、当世、この常識、通用しやへんねえ。
(17/11/30)


NO.2175 2017年度の健康診断の話(2) バリウム飲んで、忙しい時に、忘年会の話

さての、本日<11月30日>。
なるは、立命館大学電気工学科昭和44年<1969年>卒の同窓会。又は、忘年会。
なるを、京都駅前、「酔心」にて。

いやね、此度、北海道札幌のエイジ君も参加で、総勢、9名が集まったです。
大学で、教鞭の、3名。
これが、3名共に集まるは初でして。過去、一番に多いの人数と、相成ったです。

でや、この話、別途にするかを悩んでるですが。
一点、修正せねばの、岡山理科大学、要は、加計学園問題のを、ヒカル君と、してたですが。
本日、その件、出したら、ンの、その大学、当方也と、申したは、ヒデトシ君。これ、「電友会」会長でして。
は、結構の、へえの、そかと。

ならばの、貴君、ヒカル君はどこの大学やったの怪と、尋ねたならばの、広島大学<大学院>ですて。へえと。
貴君で、よお、教えられるなと。
とは、申してませんですが。

での、矛先、ヒデトシ君に向けての、あの問題、どなんやと、問えば、あれは、経営の問題での、こちは、関係無いなあと。
そら、そかもなと。
理事長と、懇意で、ゴルフ仲間で、その手の話、一切の、して無いは、幾ら何でもの、チョとなの、なれどの、最早の、それで、押し通さな仕方が無いなあと。
されどの、よて、首相の意向が云々は、別途の問題なれどの、こんな事で、延々の国会で議論は、バカで無い怪の、野党諸君、議員殿も、やるなら、やるで、正々堂々の、動かぬ証拠で、告訴すればと。

それを、ごたごた、加計孝太郎理事長を国会の証人喚問にと、やてるですが。
出して、何を聞くの怪の、返答分かってまして。まさかの、ゴルフで、その件、話をしてる。相談してる。よしなにと、申してると、なんか、云う筈は無く。
云わんなら、云わんで、信じ難い故、再度、再々度、質問したいと、コレ又、延々の、終わりの無い国会質疑が続くになるは、分かり切ってまして。
の事、皆承知。

よて、白紙に戻しの、再審査せよ。
とか、京都産業大学はと、コレ又、同じ事の繰り返しでして。
野党諸君、暇やなと。能無いなの、他に安倍内閣、潰すの策、よ見つけられんのかと。

いやね、その態度が国民の支持、得られてるなら、先刻の衆議院総選挙で、野党が、議席数で、勝利してるです。
それを、森友、加計問題の明確化は、国民の総意であると、訳の分からん、理屈の通らんの、よて、屁理屈と、申すですが。
ばかりを、並べまして。

話簡単の、生産性の欠如の、議論、国会でして。これぞ、税金の無駄使いと、称するです。
申してるは、やるは結構の、正面から、告訴せよと。
そんな事より、歯止めでして。この歯止めも、行き過ぎると、余計なるの、規制になるです。文部科学省OBの、前川喜平君が喜ぶです。

いやね、どちみちの、少子高齢化で、学生数も減るです。
の、以前の、程度の低い学生ばかり、ならばの、獣医の国家試験に受からんわと。

モ一発、申すならばの、この、学生数で無く、国家試験合格者数、実績に基づくの文部科学省からの、補助金をと。
さすれば、合格率低い大学は、自然と、淘汰されるです。
イヤ、裏技なら、授業料高くすればと、相成るですが。授業料高くも、国家試験に通って、獣医でして。
いやね、こんな事、獣医に限らんの、人間対象の、医者も、でして。大学に合格、入るが出来ても、医者に成れるの保証無く。
イヤイヤ、国家試験のあるの、資格は、皆一緒。大学に入っただけでは、資格は得られんです。


オッとの、そんな話、忘年会では、してへんわと。
下らんの話やわと。
いやね、話戻して、29日の、健康診断の話をと。

での、逆転一番の、天井向いての、えらそなヤツ。
一番に呼ばれて、実は、会場出ての左手に向こたです。

いやね、結果的、当方、先着二番と、三番手の間に座るに相成って。
相成ったですが、即の、逆転一番のが、先の通りの、呼ばれて、左手の方えと、消えたです。それも、ありの、当方、聴力検査の妙齢の美女の言葉通りの、行動したですが。

いやね、当方、呼ばれるまでの、ホンの間、三番手の方、尋ねるに、当方にや。
バリウムは、どこなんですかねえと。
オッとの、当方知らんでして。
イヤ、そのままに、実は、前回、その手のをやってませんでして。身長、体重、胴回り等々の、簡単なのだけでして。
いやね、先の方、左手に行かはりましたので、そっち哉と。返答してるの間にも、呼ばれて、嗚呼、すみませんと、席立ったですが。

での、最初の検査終わって、レントゲンと、バリウムなれどの、階下に降りて、先導者、案内役は、ドンドンの、建家内左の端にで、へえの、こんな箇所に出入り口、あるのやなの、示すに、あそこに、三台ありますねえと、示した先に、何ちゅうかの、検査車とでも、申すの哉のが、三台、並んでまして。
ハイの、嗚呼、あれですかの、曰くに、一番の手前のですと。ハイ、承知と。

斯くして、胸のレントゲンと、胃の検査のバリウム飲みまして。
胃の検査終わって、下剤5錠。手渡されの、3錠は、本日、水と共にの服用をと。
それで、明日朝方、出ぬなら、残の2錠をと。

まあ、つまりの、2錠は予備ですと。ハイ、分かりましたの、結果の、本日。
朝一番より、出出してねえ。バリウム混じりの便が。
は、結構も、その本日、云うてるです。大学の忘年会でして。当方、幹事。

いやね、昨夜より、腹張って、苦しい事。
とりあえず、朝一番より、混じったのが、出出しの、嗚呼、ヨカツタな。なれどの、その段階より、トイレに入ったり、出たりの、忙しい事に、なりに蹴りの。
どしょかと。

イヤ、云うてるです。
本日、京都駅前、「酔心」にての、忘年会で、ちゃんこ鍋。
いやね、一応は、午前中は、間を置いたり、さっき、出したのに、又、催しの、これが、何も無いの日なら、特段にの、心配せずも、外出するです。
その道中、電車の中ででもの、催してみい。
コレ、下剤飲んでるもありの、そんなに長くは、我慢出来ずの、状況に相成ってもての、コマツタなと。
「酔心」では、上から、ちゃんこ鍋で、下からは、バリウム怪の、バリウムが上からの、ちゃんこ鍋で、押し出されるかもの、コマツタなと。
イヤ、結果的、家出るまでに、当面の、大での往復収まったですが。


期せずしての、昨日、伊勢ヶ濱部屋の横綱日馬富士が、貴乃花部屋の、幕内貴ノ岩えの暴行、傷害云々にての、引退表明致したなと。
これ又、よお、分からんの暴行事件でして。
飲んで無いですと、日馬富士は申してるですが。
素面で、そばにあったの、リモコンにて、脳天をば、ガツンとやるですかと。

この方々、そもそもが、怪力、力士でして。
我々なら、激怒したからと、ソバにあるの、リモコンで、ガツンと一発、致しません。
ましてやの、叩いたの回数、40発が、ホントに、ホントならばの、少々の時間を要しの、止めに入ったと、自称の、宮城野部屋の横綱白鵬は、それまで、黙ってた、止めんかったに相成るですが。

それを、止めた、止めた、制止したと、自慢気に申してるですが。
常識的、ほんま怪と。止めた内に入るの怪の、単に見てたのやろと。
がしかし、幾ら何でも、行き過ぎ故、止めに入ったです。
力士でさえが、見てて、止めざるを得んの、程の、過激であったを、意味してるです。
イヤ、申してるは、白鵬も、自分だけはの、ええ格好すなと。
(17/12/01)


NO.2176 2017年度の健康診断の話(3) 問診担当、医者先生、遅刻するの話

いやね、同窓会、京都駅前、「酔心」での、大学の方なれどの。
再来年の、沖縄旅行の件。
ノブユキ君作成の資料、1部4枚のを、3部印刷致し、持参したですが。
イヤ、この調子なら、持参せぬのも、居てるやろの配慮なれどの、会途中で、説明求めたですが、資料使わず。

いやね、要は、8種の案あるですが。
彼、申すに、一番の優先事項、費用を安くに抑えたい。そして、ここに行きたい等の要望あれば、云うて欲しいと。

意見なるは、エイジ君と、当方で、レンタカーを使うの案あったですが、それは、止めといたらと。
慣れぬ道、以前の、見知らぬ道を、カー・ナビあるからと、この歳で、運転は大変ぞと。事故ったりしたら、えらい事でして。
の話と、エイジ君は、自分は免許証持って無いから、なと。乗せてもらうだけなれどの、矢張り、レンタカーは避けるべしと。

まあね、どちみちの、再来年の話なれどの、基本、参加する積もりのはと、なれば、先生組の2名、不参加表明。別途の1人も、止めとくと。
そして、先生組の、残1人は、基本、4月は、新学期でもありの、忙しい故、その時期避けて欲しいけれどの、それは、考慮せずで、結構也と。
との話なれどの、まあな、参加するの積もりのは、前回、北海道旅行の、6名から、1名減るの感哉と。

イヤイヤ、実は、二次会には、その5名で、喫茶店にで、その件含め、相談にての、エイジ君、調べるが好きと、するのか、得意故、手伝うと。
イヤイヤ、それは、結構なるの、宜しくと。兎に角、費用、2泊3日、7万円以内で、抑えて欲しいなと。
云うたら、北海道の時みたいに、16万円であったの哉の、3泊4日なれどの、これ、しんどいわと。
まあな、これは、時期も、諸般、夏休みので、高かったと。今度は、その手、配慮せずで、宜しいかと。
但し、時期的、3月から、4月が宜しかろと。

ちなみに、当方、北海道なるは、その時初。
沖縄も、参加で、初と、相成るです。ノブユキ君、ケンイチ君は、行ってるのらしく。


オッとの、そんな次第の、斯くなるでの。
健康診断の話。

忘れてたですが。バリウム以前の、大ホールにて、血圧も計られたです。
血圧ねえ。当方、前回、149。
此度、一回目、何とまの、177で、二回目、150丁度で、えと。

看護師から、深呼吸してくだしねえの、家でも計ってますかと、尋ねられ、計ってますの、時々ですがの、最近では、177もの数値出てませんですと。
イヤ、事実也。

このところ、高くて、150近辺で、大抵ならばの、130辺りで、念のため、帰宅後、計測では、110故、へえの、これは、低過ぎるですが。二度目計って、130丁度で、まあ、これなら、なの、何故に、健康診断では、高くなるの哉の、緊張かと。
視力の方なら、右1.5で、左が、0.8での、差があるですが、まあな、こんなモン哉の、聴力なるは、高音域、聞こえてませんねえと、云われの、ハイ、耳鳴りしてるですと。ホボの、20年。

そんな事で、胃の検査、バリウム方式なれどの、あち向け、こち向け、斜め向けの、回転せよの、逆立ち状態で、息止めよの、コレ、大変でして。
大変も、無事終わりの、大ホールに戻って、心電図。

計測の際、担当者より、脈拍高いですねえと、云われた故、そですねえと、返答したなら、オッとの、折角、落ち着き出したのに、又、高くなったですの、静かに、静かにと。ンの、あのなあの、脈拍の話、するが故、返答したまででして。
いやね、家で、血圧測定の際にも、脈拍出るですが。110程度でね。自身でも、高いと、思てまして。
これ又、緊張しいの結果哉と、思たりもの、家ででも、計測で、高いしなあと。

で、心電図も終わって、血液検査のための、採血でして。
抜かれて、5分、抑えてて、下さいと。ハイと、時計見乍らの、5分間耐えての、次ぎ、胴回りで、それが、終われば、問診で、オシマイの筈が、講話を聞いて下さいと。ンと。

講話は、栄養学の専門と、するの若き男性なれどの、要は、問診の先生、医者が、まだ、到着してぬ故の、時間繋ぎですて。へえと。
当然の、先客、順番待ちの、二番手のヤツ。
当方、結果的、二番手になてもたですが。

いやね、一名が、二名に、そして、三名にと、都合の、五名に相成りの。
講話担当者、モ、相当に近づいてましての、モ暫くお待ちくださいねえと、申すにの、その逆転一番のヤツ、申すに、待てんと。
用事があると。
担当者、そ、仰らずに、モ暫く、講話を聞いてください。イヤ、5分だけ待つと。

その5分も過ぎたですが、そのえらそなヤツ、抜かすに、モ行くでの、講話担当者、モ暫く、暫くの、そ仰らずにと、説得ばかり、させられて。
ほんとに、云いたい事、云いの、わがままなヤツやなと。
そもそもがの、健康診断が、どの程度の時間で終わるかは、分からんでして。まあな、9時半から故、午前中には、終わると、目算なら、してたですが。
実際には、この待ち、含めの、1時間強哉の、そら、一番手、二番手故、時間も、短かかったと、思うですが。

とりあえずは、相応の所用時間見て、来てるですが。
それを、遅い、遅いの、モ帰るぞと、担当者に文句云うたって、なと、当方、ハタも思てるですが。
いやね、この手のが、、確かに、時々、居てるです。自分さえ、良ければ、それで、良しのが、でして。
所謂の、世界は、自分中心に回転してると、勘違いのヤツ。

いやね、ほんとに時間無く、用事あるなら、ごたごた申さずの、去れ。
まだ、限界には、達して無いなら、その限界で以て、申し訳無いけれどの、用事があってと、しかるべくの、その手続き等々の事、尋ねるべきと。
とするが、当方見解。

そらね、時間無い、時間無い、用事あると、何度、云われたって、担当者には、どするも、出来ず。
精々が、モ暫く、モ暫くと、なだめてな、仕方無く。

そこで、遂には、医者先生様、到着の様子での、係員らしきのが、所定のブースと、するのか、場所に案内してまして。
とは、講話の場所から、見えてるですが。

いやね、一向に、呼び出し掛からずの、その、ブース前に順番待ちしてるの面々が、問診終わって、退散してるの様子でして。
と当方、担当者に伝えたならばの、担当者、そちの方に行きの、戻って来て、その逆転一番のを、そちの方えと、伴いまして。
戻って、再びの、講話の続きでね。

いやね、当方的、問診なんか、アと、云う間でして。
精々が、1分故、講話は、終わりの、聴講生全員、場所移動した方がと。
いやね、そちの方で、待つの方、それも、次第に増え出して。話簡単には、二箇所で、順番待ち状態で、変な具合やなと。

コレ、正確には、問診の案内係に、順番の徹底されて無いに、伺われ。
いやね、先の、えらそなヤツ、遠の昔と、云う程の時間経ってないけれどの、そちの方、次々に、問診終わって、去るの方あって。

当方、遂に、発言、あちらの方、何人も、終わってるみたいですがと。
ほならの、講話聴講してるの、老婦人、婆様、申すに、私より後の、うちのお父さんも、終わってるみたいですよと。あのなあの、それ承知なら、云うて頂戴なと。
場所的、当方よりも、その方の方が、そちの方、よお、見えてまして。

での、その講話担当者が、当方に、柴田さん、行きましょかと。ンの、この方、苗字覚えてるの怪の、どこで、知ったの哉の、確かに、貴重品、衣類入れの袋を手渡したり、ここのエスカレーターで、階下にと、教えて呉れたの方でもあったですが。

そんな事で、問診なれどの、先生問うに、何か、気掛かりな事、ありますかと、尋ねるが故、血圧が高いよですがと、申せば、数値、チラ見で、嗚呼、どて事無いです。緊張されましたねえ。二度目、低くなってますので、大丈夫ですと。
ンの、測定して呉れたの看護師なるは、この数値では、指導受けますねえと、云うてたですが。
とは、先生には、云うてませんですが。
にしたって、問診担当、医者先生の遅刻なるは、前代未聞と、思うけど。

そんな次第の、斯くなるでの。
健康診断、終わって、精算なれどの、11000円と、血液に寄るの、癌検査の、費用6600円と、検査結果郵送費用の、200円の、都合の、17800円也を支払えば、担当者曰くの、結果は、健康診断のと、オプション<癌検査>は、別々に郵送で、三週間後ですと。
聞いて、へえの、三週間も、掛かるですかと、申したならばの、二週間で、届くですと。
(17/12/02)


NO.2177 堀川高校3年9組5人の伊勢旅行の話(3) 民宿、「魚勘」に着くの話

本日<12月2日・土曜日>、月初め故、墓参にと。
のついでと、云えば、何ですが。
高槻の、大阪医科大学附属病院えと。
イヤ、入院中の次男の見舞い。
云うとくの、これ、嫁はんと、一緒の行動でして。

イヤイヤ、前回には、嫁に連れてってもろたですが。
まあね、自信は無いですが、そらね、大阪方面も、その昔には、何度も、車で走ってまして。
云うたって、その昔、とは、ン十年の、半世紀近くの、昔での、景観すかりと、変貌してまして。
云うたって、標識の地名、大した馴染みは無いけれどの、少々の馴染みの、聞いた事のある地名。

そらね、関東方面の、何たら、かんたらと、云われたって、皆目の分からんですが。親近感、抱かんですが。
こち方面なら、その気になれば、行けるし、何とは無くの承知してまして。

いやね、一番に怪しかったは、間違い掛けたは、171号線、左淀、右高槻、長岡京市街の、標識の箇所。
いやね、淀に用事無いですが。淀は、競馬場のあるの方での、右が正解なれどの、こんな具合に表示されると、ややこしいです。当方には、なと。

いやね、右は正解も、要は、2方向に分かれてたです。
右に回って、そのままの真っ直ぐが、長岡京市街。右に回って、即の、左が、高槻方面の、要は、国道171号線。
とりあえず、名神高速道が、国道を二分。こちが、高槻方面行きで、あちが、京都方面でして。これが、勝竜寺の信号の箇所より、往路復路が、合流するです。

とは、通行して、分かるの事での、当初、長岡京市街方面行きの車線に居てた故、急遽、171号線の、高槻方面に移動。
あとは、道なりに、八丁畷の交差点にて、右折で、ここまで来たら、病院と、するのか、病院やねえ。阪急の高架を過ぎての、左折したなら、病院駐車場<立体>の入り口えと、相成って。
嗚呼、無事に到着出来たなと、ホと、安堵。

にしてもの、当世、病室に、名前を明記しやへんのやねえ。
次男の部屋、4名様。
全員、カーテン掛けてたら、どこか、分からんでねえ。偶々の最初に覗いた方、間違いで、その向かいでしたですが。病室では、雑談も、何でして。談話室と、するのか、そちに移動したですが。
いやね、来週には、長男が見舞いに行くと、申してた故、ンの、嫁はんに、なれどの、その件伝えたり。


さての、いよいよの、「堀川高校3年9組5人の伊勢旅行の話」に戻るです。
イヤイヤ、元々は、6人なれどの、ミノル君、五十鈴川駅にて、あちは、京都に戻り、こちは、宿泊先の、「魚勘」え、でして、サイナラ致し。
着いたの駅、松尾駅は、無人駅。

「魚勘」からの、迎えの車は来てまして。宜しく、お願いします。とかとか、適当なるの挨拶致し。
既に、真っ暗な、山道なれどの、万事、運転手任せの、結構なるの、所用時間でね。
30分程掛かって、宿に着いたですが。

イヤ、民宿でして。
民宿と云えどの、部屋、何室もありの、8室らしくの、予めの、2部屋にするか、1部屋かと、打診ありの、全員一緒にするにしてまして。
若女将、まあ、30代やねえ。案内されての、2階の部屋。
そこで、宿帳に氏名、住所、電話番号は、どであったか、記載せよと。ハイ、承知と、下手な字で、5人、記載。
での、若女将申すに、風呂1階。トイレは、共同で、夕食は、1階の大広間でと。ハイ、承知と。

部屋を出るの際には、ロックをで、内側からも、掛けられるの方式での、部屋に鍵置いたままに、ロックした場合、云うて頂戴なと。ハイ、承知と。
での、どするですかの、風呂が先か、食事かと。尋ねられの、風呂最初で、食事はその後で、その時刻はと。多分なら、19時と、返答したのか、幹事のアツオ君が、でして。
当然の皆には、で、ええなあと。ええでと。

いやね、この若女将、何ちゅうかの、まずは、美人。
更には、我々、爺様連にも、話合わし。
少々、合わせ過ぎの感ありの、コウジ君、申すに、そこまで、合わせるの事、あらへんよと。

イヤイヤ、何歳やろねえ、4歳くらいの、女の子と、赤ちゃん、これも、女の子なれどの、居てまして。
更には、古女将、要は姑やねえ、居てまして。
オッとの、送迎の運転手、舅さん。
とは、食事の時、知ったですが。殆どの、この民宿の事、食事での、雑談で、知ったですが。
イヤイヤ、若女将、古女将が、色々話をして呉れて。聞きもしてへん事まで、云うて呉れて。

でや、その日、10月25日の宿泊客、実は、我々5名と、モ一組、2名様の、都合の、7名様でして。
よて、爺様、5名様、大広間にて、豪華絢爛、イヤ、ほんまやでの、夕食がと。
イヤイヤ、一泊二食付きで、値が、消費税込みの、10800円也でして。
正直、申しの、この、夕食の中身だけでも、軽くの、モと、掛かってるの、但しの、所謂の、都会での、食事なら、なと。

先に云うてもたら、この食事だけで、大満足。
イヤイヤ、更にならの、朝食の中身も、豪華絢爛の、海の幸、フンダンでして。
モと、云うたら、宿泊そのものは、どでも結構の、海老、アワビ、ヒラメ等々、思うの存分、喰いたいなら、この手、民宿がお勧めやなと。
イヤイヤ、皆様、宿の皆様、ええ人でして。
先程の、ここの、4歳くらいの、女の子、次期若女将候補なれどの、参戦して呉れての。
爺様相手になと。

オトトの、海老。
当然の、伊勢海老でして。
(17/12/03)


NO.2178 堀川高校3年9組5人の伊勢旅行の話(4) 民宿、「魚勘」の嫁姑の話(1)

いやね、部屋なら、最大6人なら、寝るが出来るの広さ。
風呂は、我々5人なら、入れるの大きさ。
さての、大広間なれどの、若女将申すに、他のペア、2人は、自室での食事故、特別に、大広間で、夕食をと。

その大広間なるは、所謂の京間でなら、18畳哉と。
部屋の広さなるは、畳の数なれどの、18枚と、見たですが。
ややこしいねえ、京間、名古屋間、江戸間に、団地サイズまで、ありまして。京間なるは、昔年の話になるの哉と。

その大広間で、椅子席でして。
既に、料理並べられてて、ンの、アワビの踊り焼き怪の、ドカンの、伊勢海老も、動いてまして。
ドカンも、1匹と、するのか、尾か、本か。
では無くの、2匹と、小海老も、料理されててね。当然の、ウニもあるし、サザエに、何々もあっての、品目忘れてもたですが。
ドカンの船には、それこその、鯛や、ヒラメに、ホタテもドカン、ドカン。

イヤ、アワビも、当然の、ドカンの、大きいヤツでして。
それを、こんな具合に、踊り焼きで、喰うは、初体験。

だけでは無いの、マダ、海老が出るらしくの、残酷焼きか、串刺しかと、古女将が尋ねまして。えと。
だけでは無いの、マダ、海老も、伊勢海老では無いけれどの、ロブスターに似たのが、出るのらしくの、残酷焼きか、串刺しで焼くかと。へえと。
お任せでと。申したならばの、残酷焼きに成ったですが。

いやね、料理として、出てるのは、相応に食べ易く、切ってあったり、してるですが。別途に出て来たのは、そのままでの、さての、我々、喰い方、知らんでね。
どやって、身を取るですかと、尋ねたならばの、古女将が、ちょいちょいのと、簡単に中身、取り出して呉れましての、基本、胴体の横を指で、押すですて。
押せば、殻が割れて呉れるですと。へえの、さよかの、挑戦するに、難しいねえ。

嗚呼、ダメダメ、こんな具合にと、勿体ないでしょと、中身、全部、出して呉れて。
いやね、古女将申すに、自分達、嫁<若女将>も、海女やってるですて。へえと。
ご主人と、息子、要は、若女将の旦那は、漁師ですて。フウンと。
それだけでは、やってけませぬ故、民宿をと。サヨですかと。

とかとか、諸般、家庭事情、話されてるの間に、何がきっかけであったか、嫁姑の、まあ、チョとした、戦争勃発。
何の話かは、定かに覚えてませんの、口達者の件。
多分なら、姑が、嫁も口達者でねと、申したが故、嫁、お母さんには、負けるわと。

ンの、それは、事実と、思うですが。
いやね、こんな具合に、宿泊客居てても、そんな会話が出来るは、仲の良いと、するのか、まあな、事実、仲が良い故出来るわと。
そらね、話、超簡単の、皆様、同じ屋根の下での、生活での。先の通りの、親夫婦も、息子夫婦も、同業でして。羨ましいなあと。

そらね、ズと、一緒が故、口論出来るわ、するわと。
嫁も、口答えの、反論出来るの、環境、仲になってるわと。
反対には、口喧嘩出来るの仲也と。とも、云えて。

そらねの、そらねで、当世、嫁姑問題なんか、余程で無いと、勃発しやへんわの、同居なんか、してませんでして。
論より証拠の、保育園落ちた、死ね発言。
この、「魚勘」では、4歳のと、生後ン箇月の女の子居てるですが、元々が、保育園不要。

オッとの、されどの、同居は、同居で、諸般、他言出来ぬの問題抱えるけれどの。
そらね、当方、よっく、承知してるわと。
そらね、祖父の代、親父の代、当方の代と、同居でして。当時には、とするのか、少なくともの、親父の代辺りまでは、それが、常識でして。
云うたら、当方辺りの世代からが、核家族化の走りかと。
あくまでもの、走りでありの、承知の範囲、同窓生辺りで、核家族になてるは、極の僅少。

云うてるです。
この、同窓生、6名。
京都組、一応、長男故、京都在住也と、とも、云えて。
但し、ミノル君のみ、同居はして無いけれどの、実家になら、歩いて、10分、15分哉と。実家も、旧の実家とは、少々の違うけれどの、最近では、正確には、知らんのけれどの、実家との往復で、時には、寝泊まりも、してるとかとか、申してるです。
そらね、母親も、90代。
さりとての、杖で、歩けてましての、ディ・サービスでして。
ンの、言葉、簡単には、元気也と。元気なら、結構なると。杖で歩けてるなら、保護者の手間も、格段に違うです。
家で、歩行器、車椅子になればの、通いでは無理、ムリ、無理の、無理難題。

オッとの、トトトの、何の話、してるの怪の、ここの姑も、出来た古女将でね。
実は、大広間に入るまでは、当たり前だの、クラッカーの、家族構成知らんでね。イヤ、古女将が居たを知らんかってね。最初、現れたの時には、従業員哉と。お手伝いさんかと。
要は前面には出てませんでして。

云うてるです。
宿帳に氏名等々、書け。その他、注意事項等々、申し渡されたは、若女将から、でして。
話も、我々、高齢者5名に合わせて呉れて。

それもあるし、当世、姑に口答え、口論出来るの程の、気性で無ければ、同居なんか、出来るのモンかと。
されて、気色ばみの、モロ反論、感情出さずの、イヤ、又、反論してるけれどの、こんな事、平気で、云うの、嫁ですわと、第三者の我々に、笑い乍らの、話を出来るの、気性で無ければ、姑も、現代っ子の嫁と、同居なんか、出来るのモンかと。
コレ、あくまでもの、当世ならなの、限定。

よて、姑も、嫁も、立派也と。
イヤイヤ、こんな事、平気でと、姑申したですが。そんな大した反論でも、あらへんわと。
(17/12/04)


NO.2179 堀川高校3年9組5人の伊勢旅行の話(5) 民宿、「魚勘」の嫁姑の話(2)

やっとで、「JA」カードの申込みしたです。
いやね、過日、申込書は記載したですが。嫁はんが。
ところが、会員になれば、ポイントが、云々と、暗証番号の問題あって。

いやね、余りに沢山の暗証番号作成避けるがため、嫁はんと、当方のを一緒にしたですが。ダメと。
いやね、別々に申し込めば、通ってると、思うですが。
そらね、別途のが、一緒でして。
されどの、「JA」のガソリン・スタンドでの、給油目的でして。
家族会員のカードも必要でして。同時にと。

での、ポイント云々の会員のと、「JA」カードのを記入しまして。嫁はんが。
本日<12月4日>、JAの担当者に電話一発、取りに来て頂戴なと。ソラ、彼の多少なりともの、成績の一助になればと。
いやね、どちみちの、本日、JAに出向きの用事あったですが。ン万円の引き出しでして。用事は、ATM。

そんな話は結構の、嫁はんのでは、ETCカードも、申し込んだです。
殆ど、使うの用事は無いですが。嫁はんがや。あった方が便利故、この際と。


とかとか、やとで、一件落着の、カード着まで、二三週間故、年内には、届くやろの、さての、本題、「堀川高校3年9組5人の伊勢旅行の話」をと。

流石に、民宿やねえ。家庭的やねえ。
団扇、イヤ、内輪の話も、モロ出しでして。嫁と、姑が、でして。
イヤ、別段にの、我々なら、近所の、でもありませんでして。どて事も、無く。

いやね、嫁も、姑も、海女さんでして。
曰くに、取れ取れの、伊勢海老、アワビに、ウニに、等々。
曰くに、都会でなら、この伊勢海老、軽くの、1万円はするよと。

イヤイヤ、当方、重々の承知してるです。
過年、何十年の昔やろねえ。息子共、小学生時代哉での、家族全員、当時5名にて、伊勢とするのか、鳥羽の方に旅行したです。
その時、大奮発の、伊勢海老注文。この日出たの、辺りの大きさの、でして。その当時に、幾らしたと、思うやの、5千円也での、それを、5個にして、1個ずつ、喰たですが。

この時、長男、風邪気味での、調子悪くの、横になっててね。
イヤイヤ、前日には、ロームで、契約の、何と云うたかは、失念の、会員制リゾート・ホテルで、一泊したですが。その時、着くや否やの、病院えと、馳せ参じ。

余計なるの話、その当時であったですが、日本海に、蟹を喰いにの、これ、民宿でして。蟹三昧なれどの、ここでも、長男、その時には、腹の調子悪く、喰えんでねえ。
原因、ズボンのバンドの閉め過ぎでした、ですが。要は、それがため、喰えば、喰う程に、腹しんどい、痛いと。
で、バンドを緩めたら、すきりと、したですが。殆ど、帰りしなで、ねえ。

オッとの、よて、その大きさの伊勢海老、1個、1匹で、1万円は、別段にの、都会で無くともの、現地でも、でして。
それだけのが、3個やでと。ならばの、宿泊代、10800円也は、殆ど、1匹、1個の値段でして。
とは、云うたって、そんな高いの、3匹もは、買わんけど。1匹で、充分なれど、です。
云うてるです。過年には、一家5人で、鋭意決断の、清水の舞台から、飛び降りるの、英断で、1匹でして。幾ら、大降りのでも、海老は、海老。

5個に分割では、チラの一欠片で、味も、分からんわの、云うたら、高級海老、伊勢海老なるを、地元で、喰たぞの、話のネタでありの、想い出造りでして。
結果、今だ、こんな具合に、掲載したり、事実、おりにふれの、話のネタにしてるです。

イヤイヤ、当世なら、どかと、なればの、明くるの、26日には、鳥羽に行ったですが。
チョとした、スーパー・マーケットみたいなのが、ありまして。そこで、伊勢海老も、売ってたですが。お見事、1匹、1万円は軽くの突破してたわと。

まあな、云うたら、若女将、古女将、海女さん、されてまして。
まさしくの、取れ取れの、自力で、採ったの、伊勢海老でして。こんなモン、魚市場で、買い出ししてたら、民宿業、保たんわと。

いやね、この嫁姑、云うたり、云い返したりのは、本音と、伺えて。
されどの、嫌みが無くての、仲ええなあと。
そらね、海女仲間でして。

もしかしたら、もしかしての、息子の嫁にと、この古女将が、狙い定めたの可能性がと。
まあ、云うたら、気心重々の承知故。両方がや。
こんな具合な話を、海女小屋でも、してるで無い怪と。
そらね、聞かされてても、ユーモア感じまして。そらね、我々が居てるが故、そんな会話になってる、とも、云えるけれどの、聞かされてて、ええ加減にしときやと、全くの思わんの、どみても、羨ましいの関係と、実感でして。

何度でも、申すの、当世、親夫婦と、一緒に暮らすの、若夫婦なんか、希有なるの、希少価値ぞと。
それも、この若女将の気性が、素晴らしくの、申してるの、我々、初対面の、爺様連にまで、話合わせて呉れて。そこまで、合わせんでも、ええでと、当方、コウジ君、申した程でして。
イヤ、別段にの、無理に合わせてるの感無いけれどや。冗談には、冗談で、帰って来てね。
さもなくばの、若女将やてられんやろと。

まあな、我々の人相と、するのか、人間も、見ての話と、思うのけどや。
こちも、妙齢の美女女将の、様子、見乍らの、冗談でして。
まあ、云うたら、パンパラの、パンとは、違うなと。
そらな、海女仲間が、嫁姑になったら、従前の関係も、違うになるけれどや。違うでも、気性、中身、重々の承知してるわの、表面的であらへんわと。

でや、当然の、食事の際には、ビールにて、乾杯致し。
一通り飲めば、小中、イヤ、焼酎とか、日本酒を注文致し。
イヤ、当方以外、結構飲むです。ビクリしたです。

いやな、そらな、従前には、この手、宴会してるで無くて。
同窓会も、昼間でね。昼食でして。
昼間でも、ビールで乾杯なら、してるのけどや。精々が、生で、1杯、2杯で、1杯なら、当方も、付き合うのけどや。
当方、初ビールも、この面々と、では、あるのけどや。半世紀の昔の話やわと。

イヤイヤ、当方、名実共の、自称、他称も、下戸、下戸、ゲコの、下戸でして。
さりとての、奈良漬け、酒の滓、酒屋の暖簾の前、通過だけで、酔いはしんけどや。
アルコールの1滴も、ダメでは、無いけどや。
柴田飲めよと、云われて、構て呉れるな、マイ・ペースでと。
さもなくばの、ビール、コップで1杯で、真っ赤っかやろなと。
風呂上がりのせいも、あるのけど。
(17/12/05)


NO.2180 堀川高校3年9組5人の伊勢旅行の話(6) 民宿、「魚勘」の嫁姑の話(3)

さての、当方、兎角に、逆睫に相成って。
過年なら、鏡で見乍らの、指先にて、チョイチョイと、修正してたですが。
当たり前だの、クラッカーの、近年、ローガン故、分解能極めての悪化、低下で、睫の状態見えませんでして。

オッとの、睫も、そんなに長くも無く。
只な、このところ、涙目になりての、鬱故、目薬差したりしてるですが。目薬で、逆睫は解消されませんですが。
多分なら、逆睫やろなあと、鏡見乍ら、チョイチョイと、修正に挑戦も、見えてないの、睫故、適当でして。
このままに涙目、鬱なるの状態、続くなら、眼医者にでも、行くかと、思いつつも、そのままにしてるですが。
現時点、ダケの話で、今だ、ほったらかし。

での、ハタと、「魚勘」の、若女将の事、少々、修正せねばならぬなと。
いやね、海女をしてるは事実で、古女将とは、海女仲間であるも、事実なれどの、時期の問題あったです。

いやね、宿帳に、住所、氏名書いて頂戴と、云われた時、アツオ君、三重、名張在住にての、その事と、ここの、民宿は、知人より、教えてもろたの話をしまして。
その時、若女将、自分も、名張出身也と。

云いたい事、ご当地、三重出身ではあるですが、昔っから、「魚勘」のあるの、集落、ご近所さんでは無いと、申さねばと。
まあつまり、どちが先かと、なればの、結婚、嫁いで来てから、海女になったの話を、古女将が申したなと。
イヤ、この子、海女もして呉れての一言あったよなと。

当然の、泳ぎも出来て、その素養あるが故、海女してるですが。
そらね、水苦手で、金槌で、泳ぎのイロハ、初歩の初歩から、教えてるよでは、難儀やわと。
いやね、所謂の水泳、泳ぎが出来るから、潜り、潜水も、出来るかと、なればの、潜水は難しいぞと。

当方、高校1年生時、水泳部と、豪語してるですが。
これ、プールなるは、真水。疎水でも、泳いだですが、疎水は、琵琶湖の水故、淡水でして。
云うてるは、海は、当たり前だの、クラッカーの海水故、塩分含みの、比重の問題にて、浮き易いわと。

ほんまやでの、嫁はんの里、香川、詫間の、比地木なるは、瀬戸内海の、ソバでして。海は、目の前にあるけれどの、この、ン年なるは、そちの浜では、浸かってませんですが。
過年には、泳いでたです。云うたって、ホボの、20年の昔まで、でして。
余計なるの話、今年<2017年>に、行った時には、義姉宅、仁尾の浜にて、チョとだけ、泳いだですが。この歳故、そのチョとで、ヒイ、フウ、ハアの、しんどいねえ。

トトトの、その昔年には、比地木の浜で、潜水に挑戦した事、あったのけどや。
そは、易々の、潜れんわと。潜るは出来ても、どしても、浮力に負けてもての、瞬時で、浮上してしまうです。
イヤイヤ、相応のコツがあると、思うですが。真水であるの、プールで、潜水で、泳ぐと、海で、潜水は雲泥の差也と。

そらね、当方でも、泳ぎは達者で、その昔なら、25メートルのプールなら、潜ったのままで、往復は無理も、片道なら、軽くの出来るわと。
そら、進むに楽故、軽いわと。
但し、海は違うです。
色んな意味で、違うです。

そらね、超の簡単、プール・サイドが無いです。海女の如くに、潜るは、深さが違うです。
プールはねえ、居て、人間。他に生き物、動くの物、基本、あらへんですが。
海はねえ、何が居てるか、出没するかと、考えただけでも、ゾとするわの、怖いわと。魚と一緒に泳ぐのなんか、慣れてませんでして。魚だけと、違うしなと。クラゲ見ても、ゾと、するわと。藻に触れただけでも、ギクリやわと。
兎に角、その手、慣れてませんでして。

まあね、疎水でも、藻なら、一杯、浮いてるですが。
クラゲは居てへんわと。

云うたら、潜水も、水面と、平行に泳ぐは出来ても、下に潜るは、容易で無いです。
そらな、空気吸うたら、それ、浮力。
空気中で、1分間、息を止めるは出来ても、息止めて、1分間水中潜行出来ませんです。そら、運動しの、酸素使うわと。

オッとの、若女将が、何歳から、云々なんか、聞いてませんですが。
只なの、古女将から、勧められて、ハイ、承知と、そは易々の、海女出来んわと。よて、素養あったが故と、申してるです。
最低限、泳ぐは出来てたと。
もしかしての、もしかして、里も、海近く、海女してたの可能性あるですが。
とかとか、そこまでの細々、詮索の質問なんか、してへんわと。

いやね、そんな事で、アツオ君が、名張在住と申し、若女将、嗚呼、近くですねえと。
で、どこと、聞けば、何々ですの、ンの、えらい離れてるやないかの、イヤ、ご近所さんですよで、コウジ君、話、合わせんでもええよと。
合わせてませんよ、三重一緒と。まあな、それなら、正解なれど、です。

いやね、三重の地名、細々云われて、我々、皆目のさっぱりでして。
当方、亀岡の地名さえ、ええ加減。覚えるの気、元々のあらへんわと。


そんな事で、夕食なるは、豪華絢爛、鯛や、ヒラメで、妙齢の美女女将と、その4歳の娘と、多分なら、還暦辺りの、古女将が、相手して呉れての、イヤ、話の、でして。
飲めや、歌えの、歌出てませんですが。何分の、皆、音痴。
イヤイヤ、カラオケ・セットなら、大広間に装備されてるですが。歌唱うのなんか、微塵もの、嗚呼、ヨカツタなと。

にしたって、当方以外、よお飲むです。
古女将、申すに、ジャンジャン、飲んで頂戴ねの、売り上げ、実入りの、生活に、直結してるしと。
云うても、あるの銘柄しか、出せませんですがと。

イヤイヤ、先の話の、それで、精算、幾らになったかと、なればの、1人頭、12000円也での、元の値、1泊2食で、10800円故、飲み代、1200円。
皆で、へえの、安いなと。

オッとの、安い故と、当方のみ、余り飲んで無いしと、11000円で結構也の話の、その他の面々、12000円也と、相成って。
正直、申しの、飲み代も、殆ど、実費に近いで無い怪なあと。原価知らんけど。
イヤイヤ、当方、別段にの、「芋煮会」が如くの、車の運転、送迎するで無しの、後は、部屋に戻りの寝るだけ故、飲んでるですが。
そらな、ビール、コップに2杯は軽くの、1人、飲んだみたいな、真っ赤っかの顔してしもて。
(17/12/06)