シバケンの単なる雑談NO.167

雑談NO.166
雑談NO.161 雑談NO.162 雑談NO.163 雑談NO.164 雑談NO.165

雑談NO.160
雑談NO.130 雑談NO.135 雑談NO.140 雑談NO.150 雑談NO.155
雑談NO.105 雑談NO.110 雑談NO.115 雑談NO.120 雑談NO.125
雑談NO.80 雑談NO.85 雑談NO.90 雑談NO.95 雑談NO.100
雑談NO.55 雑談NO.60 雑談NO.65 雑談NO.70 雑談NO.75
雑談NO.30 雑談NO.35 雑談NO.40 雑談NO.45 雑談NO.50
雑談NO.5 雑談NO.10 雑談NO.15 雑談NO.20 雑談NO.25
題目一覧表

目次

雑談NO.168

NO.1940 えを飛び越し、ゲの話(13) 「会計」決まるの話(2)

NO.1939 えを飛び越し、ゲの話(12) 「会計」決まるの話(1)

NO.1938 えを飛び越し、ゲの話(11) 「副会長」決まるの話

NO.1937 えを飛び越し、ゲの話(10) 一度は断念の話

NO.1936 えを飛び越し、ゲの話(9) 再度の、えを飛び越しの、ゲの話(2)

NO.1935 えを飛び越し、ゲの話(8) 再度の、えを飛び越しの、ゲの話(1)

NO.1934 三月三日、雛祭りの日、確定申告の話(2)

NO.1933 三月三日、雛祭りの日、確定申告の話(1)

NO.1932 えを飛び越し、ゲの話(7) 一度目の説得の話

NO.1931 えを飛び越し、ゲの話(6) 「副会長」退任意向の話

雑談NO.166


NO.1931 えを飛び越し、ゲの話(6) 「副会長」退任意向の話

2005年度当時。
自治会執行部面々の地元と、するのか、町内会<区>が、どこか、なんか皆目の知らず。
任期一年の半ばでは、「副会長」の一人が、南の方であるを知ったですが。
任期終わってから、当時の、役員が、どこと知ったです。

知ったは、2009年、「大井神社」、秋の大祭、本御輿に初のご奉仕で、練り歩いた時、沿道に、立っておられたり。接待所に居ておられたりで、嗚呼、ここですかと。挨拶したり、何したり。
そんな事なら、当時の事務局も、南の方であるを、御輿の時、知ったです。

そもそもが、国道9号線の北、南で、自治会執行部についての、言葉選ばずの、取り合いなるは、「選考委員会」での、地の方<区長>の会話で察知したです。
まあね、分からんでは無いです。誰が、その役、やるは、別として、特には、「会長」職、取り合いでして。
自治会会議室には、歴代会長の写真が額縁に入れて、飾られてるです。

そらね、亀岡市の、一番の最小単位、「支部」<組>。
その上が、「区」<町内会>で、その上、「町」<自治会>。更なるの、上が、「市」でして。「市長」でして。
ご当地から立候補の市会議員なるは、自治会の承認と、するのか、「会長」の推薦を得て、立候補するになるです。「共産党」等々、政党色のある、立候補者は、別として。
それでも、「町」の主たる行事には、政党には関わらずの、ご当地、「町」に在籍の市会議員は参席するですが。顔を売るの目的もあるですが。

オッとの、それでや、結果的、2006年度には、「会長」留任、三年目に入るに成り。
表現、難しいですが、「副会長」職なるは、二人共に退任。
当方的、感覚なら、一人は、自分の意志で。モ一人は、真意どであったの哉の、一旦、断られたを、そのままに、退任とされ。
イヤイヤ、市会議員の、市政報告会では、留任と、する以前の、「会長」に昇格意欲示されてたですが。
打診には、「選考委員会」のメンバーの内、3名が、出向いたです。3名の中には、当方、入ってませんです。
まあ、云う鱈、ご当地区長。

ここだけの話の、他言、どでも結構の、何分の、11年昔の話の、一旦、断るは、慣例としてと、当方解釈なれどの、言質をそのままに、一発で、退任解釈されたの哉と。
理由なるは、色々あるです。「会長」なるは、顔でして。実質的、主導は、その、「副会長」でしたです。豪胆でして。
只、少々、酒が過ぎるの傾向がと。まあ、云う鱈、酒豪。下戸の、当方なんか、付き合い切れんの方。

但し、健康上の問題も、考えられるです。
何と、まの、それから、数年後、亡くなってもたです。数年ねえ。
そもそもが、御輿実行委員会幹部でして。当方、初参加、2009年としてるですが。3度、4度は、先頭で、指揮取られてたです。
とまあ、そこから先、これ以上は、憚るが故、割愛致し。
云える範囲なら、御輿は、準備等々、時間取られるも、自治会役員とは、桁が幾つも違うです。

そんな事で、「選考委員会」の面々が宅様に出向きの、交渉、打診の中身、不明の、その間も、その他のメンバーなるは、どことは失念の、余所の会議所に待機してたです。
要は、これから行くと。そして、1時間、2時間後、戻るまで、でして。戻って、結果を聞いてから、次なるの方向決めるため。

とか、云うたって、我々、無知蒙昧、新参区長に、方向性について、具体案出せるの材料なんか、ありませんですが。
新参区長も、任期満了間近の、相応の知識なら、得てるですが。知れてるです。
基本、年配でもあるの、ご当地区長の指示に従うのみ。

イヤ、その時の結果は、退任と。
手土産持参せずの、訪問なれどの、先方様より、お役目、お疲れ様と、手土産戴いたと、菓子類持ち帰り、皆で、喰うかと。
茶でも出せと。その区の、区長に命じたり。
イヤイヤ、腹も減ってるし、ありがたく。
オトトの、時間帯、忘れたですが。大抵なら、夜でして。昼間では、勤めてるのも、居てるわと。全員出席出来てるでも、無いですが。

での、大抵なら、次回、何時、どこの会議所でと、決められまして。
出席出来ずなら、その時、伝えまして。
会議所で、「選考委員会」開催なるは、自治会役員を決めるの委員会故、自治会会議室では、出来ませんです。自治会には、役員が、居てるの可能性あるです。

そんな事で、南の、「副会長」退任故、某Hを、「副会長」に推すの件、決まってしもたですが。決まれど、肝心の当人受けるは決まってませんですが。
某Mからは、当方に、そんな事やと。説得せよと。
当方なら、最初に、我が区の、某Hの苗字、出た時より、当人には、あのねのねと、話をしてるです。

「会長」留任の意向。
「副会長」2名共に、退任と。
「選考委員会」での話は、そのままに伝えてるです。別段の、隠す事も無い故でして。
又、「選考委員会」では、某Hとの話してるも、伝えてまして。これ又、中身、状況、隠す事も無いです。
当然の、某Hとの、当区、会議所での密談なるは、当方本音をでして。「選考委員会」での、報告なるは、事実のみ。当人、非常に悩んでると。

当方的、落とす、受けさせるの自信有りでして。
云うてるですの、脈ゼロなら、当方の呼び出し、密談なんか、受けては呉れず。何度も、何度もの、延々の何時間もの、雑談交えの話出来てるは、脈のあるの証左也と。

かと、申しの、過去、3期、経験されてるが故の、役職の大変さも、醍醐味と、するのか、価値も分かっておられ。
その辺り、当方では、未経験故、分からんの世界。
されどの、並大抵の気持ち、覚悟で、出来るの役職で無いは分かるです。
片手間、生半可では、出来ませんです。
(17/03/02)


NO.1932 えを飛び越し、ゲの話(7) 一度目の説得の話

落とすの、受けさせるの、説得するのと。
自信有りと、えらそな表現してるですが、確率、100%は有り得ず。
某Hも、事が事だけに、迷いの、迷われ、一度と、するのか、一時か、断念する、こらえて呉れの話あったです。
こらえて呉れは、当方、熱心に説得するが故。

又、「選考委員会」の動向、事の成り行き、当方からだけで無く、しかるべくの筋からも、得てまして。
そらねえ、顔が広いです。「副会長」職、3年でして。下手したら、下手しんでもの、自治会の話、諸般の行事も、数段、詳しくて。
「消火訓練」行事の時であったのか、消防分団が、表彰されたの事、締めの挨拶にて、申したですが。

表彰の文言、丸暗記して、発表するに、ンの、一部、失念したですが。
言葉、出て来ませんでして。その時、横手に居た、某Hが、助け船出して呉れて、えと。
表彰の場に、居てたの怪と。見て無かったですが。居たのやろねえ。さもなくばの、文言、知る筈が無く。

正直申しの、当町内会で、尊崇と、するのか、為人、人品、高く評価出来るの方、僅少でして。
ここだけの話の、斯くの如くに、一対一で、延々の話出来るは、したは、この方だけ。

とまあ、だけでは無いなあと。
数人、居てるですが、何ちゅうかの、諸般、物足らんかったり。人は良いけれどの、裏と、表も無いですが、一寸なあと。
その他、諸々の、まあ、云うたら、表と、裏がありの、ええ格好しいで、身勝手なる方、圧倒的多数で、知れば、知る程に、ゲと成るですが。

何度でも、申すの、某Hなるは、説得してて、話をして、話のし甲斐のある方でして。さもなくばの、夜も遅くの、午前様になっても、回数、何回も、時間あるですかと、会議所に呼び出し、世間話も交えてなれどの、話続かんです。

ほんまやでと。
それこその、ええ天気ですねえで、それ以上の事、話せずの方が多いです。それさえ、返らんのも居てるですが。

オッとの、それでや。
「選考委員会」にしても、事は急ぐです。最終的、期末の、3月31日までには、全役員、自治会執行部を決めねばならぬです。
「会長」留任。「副会長」2名、退任。「会計」退任。
「土木役員」なるは、1名か、2名、定かに非ずの、記憶曖昧が、やっとで、確定したです。確定なるは、当方の記憶がでして。
1名留任で、2名退任。

結果、2006年度については、「副会長」に、2名。「会計」1名。「土木役員」2名の、合計、5名の補充が、「選考委員会」の任務、役目に相成ったです。

その内の、「副会長」候補、我が区、某Hについても、態度、明確にの、時期も接近。
での、何時にするかで、しかるべくの、某Hには、「選考委員会」が宅様に訪問致すと、宣告。都合の良い日を尋ねまして。
云う鱈、見切り発車。

その辺りの事情なるは、当人、某H、百も承知。
そのために、当方にしても、逐一の、動向説明等々して来てまして。意向も尋ねてまして。それこその、何度でも、申すの、一度や、二度で無いです。回数、数知れず。

当然の、日を決めて呉れなるは、「選考委員会」の、リーダー格、某Mの意向での。当方、独断に非ずの、独断は、受けても良いの返答得ずのままの、見切り発車の事だけ。
当日なるは、我が区、町内会の、会議所に、全区長、要は、「選考委員会」の面々集合。

実は、これも、一度に非ずの、二度やったの哉と。
一度は、「選考委員会」の面々、会議所に集合で、その場に、某Hには、ご足労願ったと。
会議所では、二手に別れ、説得者と、その他でして。

説得は、リーダー格、某M、南の区の、まあ、云うたら、町内会としての、長男格的区長と、ご当地区長であるの、当方の3人。
残念乍らの、その時には、態度保留に相成って。
まあ、一度目は、そやろの、充分に覚悟の、結果でしたですが。

経緯なら、会議所で、二手に別れても、そんなに広いの、場で無いです。まあ、云う鱈、襖一枚、話の中身、全部、聞こえてるです。
オッとの、人数居てるは、某Hも分かるです。玄関の履き物なるは、隠してませんです。

いやねえ、ご当地区長も、大変でして。
「選考委員会」様、ご一行様、ご来訪故、豪華な事はやらずも、するべきでも無いの、茶に、茶菓子程度はなと。
お茶っ葉程度、会議所のをと、するのか、町内会のを、使わせて戴くも、茶菓子は、まさかの、会議所の余り物も、使えませんでして。
当たり前だの、クラッカーの、自腹。

云うたって、煎餅、クッキー、ピーナッツ等々の、基本、乾き物。
当方、説得役なれどの、主体、某M。そらね、嫌と、云う程に、その辺りの話、してまして。
ホスト役故、皆様に、お茶の暖かいのを、注ぎ回ったり。そこらに、置いといてと、云われて、そですかと、置いとくも、出来んでねえ。
そらね、当方にしたって、全区長が、我が町内会の、会議所にご来訪戴けるなんか、光栄の極みでして。

その一度目の結果なるは、不首尾に終わったですが。
お断り宣告されたで無く。モ一寸、時間をの、話で、そこで、次回云々決めたの哉と。
その次回こそ、宅様に、「選考委員会」の、先のメンバー、3名が、お伺い致すと。

イヤイヤ、基本、「選考委員会」の動きとは、そんな物と、思てるです。
一発で、諾なるは、想定せず。
この人材は、どしても、必要と、なればの、三顧の礼でして。

再度の、当方にしたって、町内会の、期首、期末の、総会議長、三顧の礼で、落とした、説得した、諾と、云わせたと、申してるです。
対して、自治会、「副会長」職なんか、そは、易々の、諾と、返答出来ませんです。
自治会三役ともなればの、毎日でも、自治会に詰めるの覚悟が必要でして。毎日程に、行事、用事あるです。
片手間に勤まるの役職に非ずです。
(17/03/03)


NO.1933 三月三日、雛祭りの日、確定申告の話(1)

本日<三月三日>に、亀岡市主催の確定申告相談会に行って参じたです。
中身、しかるべくの担当者が、申告書作成の相談に乗って呉れて、パソコン入力もして呉れるです。
パソコンを使えるの方なら、設置のパソコンに自力入力も出来るです。

相談とは、確定申告の用紙のここに、このように。ここには、このようにと、記載内容教えて呉れるです。
但し、当然にして、申告出来るの用紙、明細書なりは、持参。医療費控除なら、領収書なりを計算しておかねばなりませんですが。

イヤ、その辺りの計算なりは、嫁はんがして呉れてまして。
オッとの、申請は、当方のと、嫁はんの二つ。医療費控除なるは、嫁はんのに、適用にして。
当方のは、生命保険、火災保険とか、地震保険でして。

でや、平成27年度分であるの、昨年<2016年>については、母の介護費用<福祉施設えの支払い>等々にて、まあ、云うたら、だけでも、三十万から、四十万円もがあったですが。そらね、約の半年分でして。
それ以前では、概ね、七十万円見当。

よて、変な話、医療費控除を嫁はんのに、付けるだけでも、軽くの、所得税ゼロ化出来たです。
当方なら、扶養家族にして、所得税ゼロ。
その他、余計なるの、保険代等々、いらんの程でしたです。

がしかし、平成28年度分については、その手、控除出来るのがありませんでして。
それでも、医療費だけで、十ン万円。概略の計算上、5千円見当、戻るですが。
これは、嫁はんの方。

当方のなら、扶養家族が無くなり、且つは、健康保険は、嫁はんの、「けんぽ協会」のに、加入しまして。
要は、国民健康保険から、抜けてるです。結果、その分の天引きありませんでして。
何を云うてるかと、なればの、相当額、所得税を取られるやろと。云うたって、元が少ないですが。

ところがです。
当方の、源泉徴収票見たなら、12万円程の、所得税取られてまして。へえと。
月額、1万円怪と。この少ない年金から、よお、取るなあと。されどの、殆ど、戻らんやろと。

とかとか、実は、従前には、その手、所得税、支払ってませんでしたです。
母を扶養家族として、登録と、するのか、事前申告と、毎年の確定申告の結果哉と。
支払ってません故、確定申告して、ゼロになっても、戻りませんですが。相談会の都度、所得税は、ゼロですが、戻りませんのでねと。そですねえと。

但し、65歳以上になれば、生計を一にするの、同居家族の全員が、65歳以上か、所得税ゼロなら、医療費個人負担の、3割が、2割になりまして。
それも、2年昔までは、1割でしたですが。改悪されたですが。
実は、これも、当人、当方の事なれどの、70歳からは、2割になるです。当然の、所得に寄るですが。当方の収入なら、資格充分の、そんな事、自慢にならぬけど。


そんな次第の、斯くなるでの。
さての、どんな具合哉と、亀岡市役所の、大ホールに入室しの、受付名簿に、しかるべくの、記入を致し。
順番待ちの人数見鱈、ンの、少なくて。
イヤ、例年ならばの、軽くの20名は、居たですが。待つ人、数人、4名、5名で、へえと。早くに済むなあと。結構なると。

但し、例年とは、諸般の、配置が違てまして。細々なら、順番待ちの席の場所からして異なってるですが。
ホールの真向こうにも、何やらの、順番待ちの席があって、人が、何人か、腰掛けてまして。ンの、もしかして、もしかしたら、パソコン入力の順番待ちかと。
イヤ、正解でしたですが。

4名、5名の先客程度なら、待ち時間も、10分、15分程度での、すぐにも、順番来まして。担当者の席にと。宜しく、お願い致しますで、嫁はんのと、当方の、2件ですと、宣言致し。
且つは、嫁はんのは、医療費控除のみですと。

申せば、計算は済んでますか。ハイと。
では、この封筒のここに、この金額<支払い総額>。ここには、計算上の、控除金額をと、等々、記載致し。
当方のは、しかるべくの源泉徴収票と、控除対象の書類の確認での、ハイ、結構ですと。あちらの方に行ってくださいと、パソコン入力待ちの席を示されて。

ンの、例年なら、年金の当方のは、手書きで、その場で、記入で、ハイ、あちらの受付に、提出してくださいで、終わってるですが。当方のも、パソコン入力怪と。
まあ、宜しいですが。

行けば、当方、9番目。先客8名での、これは、早くに終わるなの、シメシメと。
思て鱈、甘くの、なかなかに、人が減らんでねえ。
そして、担当者が曰くに、パソコンを使えるの方、自力で、入力出来る方なら、席が空いてますので、そちらの方でと。フウンと。
余所事で、聞いて鱈、当方に、パソコンは使えますかと。ンの、返答コマツタなと。

イヤ、パソコンは使えるは、使えるですが。とは、返答しませんですが。
使えるの程度なるは、ご自身の住所、氏名程度で、後は、数字の入力だけですがと。
とか、云われたってねえ。その入力に自信あるなら、なれどの、結構ややこしく。どこに、何をの、どの数字がと。
正直申しの、一応は、自分ででも、概略の計算なら、してるです。してても、実際の計算値、所得税の還付の金額にズレあって。

イヤイヤ、これは、単に申告用紙を事前に戴いてまして。市役所に来てです。
それを、コピーなりして、記入、計算してるですが。
どこかで、ミスってるのやろねえ。
よて、当方、返答、イヤ、使えませんです。内心では、横手で、誰かが、指導して呉れるのなら、自力入力でも構いませんですが。純然たるの、では、困るの事よと。

そんな事で、パソコン入力待ちの時間、結構長く。30分は、待ったです。
遂に、やっとで、順番来まして。
しかるべくの、席に案内して戴きの、宜しく、お願い致しますの、先様、妙齢の姉ちゃん。多分なら、20代後半。
この姉ちゃん、気さくでねえ。よお、喋って呉れて。
やから、待たされるの時間、長いんやと。されどの、自分の番なら、一向に構わんですが。
(17/03/04)


NO.1934 三月三日、雛祭りの日、確定申告の話(2)

いやね。
実は、亀岡市役所に着いて、駐車するの時、ンの、もしかしたら、空いてるのかと。
イヤ、確定申告相談会の方がです。
そらね、この時期、大入り満車で、駐めるの場所探すに苦労するですが。とまあ、実際には、数台分は、空いてるですが。

此度、ガラガラのガラ。
とまでは、コレ又、極端表現に過ぎるですが。車と、車の狭い空間にわざわざの、駐めるの必要性無くて。数台空いてるの、余裕の場所にと。
そんな状況故、大方は、相談会も、大入り満員、順番待ちも、そんなには、多くは無いやろと、推測してたですが。その通りでね。

そもそもがの、大ホールに入ったは、10時45分頃。
相談の順番来たは、15分後で、5分も掛からず、終わってしもて。
パソコン入力待ちには、45分間。待ってるの間には、相談者は、ほぼの無くなってまして。来られたら、即の、相談にと。相談終われば、パソコン入力待ち。

自力で、入力出来ると、申すの方、順番飛び越し、先に出来るですが。
そらね、正直には、こんなに長く待つなら、勇気振り絞りの、自力でと、申し出よ哉と、何度、思たの事哉と。
されどの、ここまで待って、今更なと。

いやね、待つは、他力本願の、パソコン入力待ちの方でして。それが、なかなかに減りませんでして。
ならばの、ここの長。
責任者なら、他力本願、入力して欲しいの方々の、入力担当者をば、一名でもを、増員したら、どなんやと。気の利かんの面々ばかりやなあと。
思てるの間には、後、2人、後、1人で、遂に、次、自分と相成ったですが。


その番に成り、担当姉ちゃんより、出向いて来られ、席に案内して戴いて。
着席と同時に、無駄口一発、自分で、パソコン入力なんか、間違おたら、困りますのでねえと、申したならばの、私、昨日からなんですと。へえと。
昨日ねえ、市役所主催のは、昨日からでして。それ以前の、二日間も、市役所でやってたですが。それは、園部税務署主催。
とかの、余計なるの事、一切の云わず。

での、本題、2件あるですと。
当方のと、嫁はんのとで、まずは、簡単なるの方。
とは、申してませんの、嫁はんの医療費控除の分と。申したならばの、嗚呼、そですか、それなら、簡単ですねえと。
とは、姉ちゃんの言。
且つは、準備してるの書類等々、提示で、嗚呼、全部、揃ってるですねえ。先の方、殆ど、揃ってませんでしたよ。へえの、揃わんでも、この場、パソコン入力の方<ほう>に来るが出来るですか。ええ、来られてますねえと。
まあね、相談受けずに、直接のも、居てるの哉と。

での、これこれ、持参してるですと、過去の、入力控えも、提示致しまして。
嗚呼、これが、あれば、楽なんですよ。で、マイナンバーは分かりますかと。
マイナンバーねえ、当年より、必要と、されてる故、コピーして、持参したですが。この手、今後益々の、完全なるの個人情報網羅のを提示には抵抗感あるですねえと。
実感的無駄口申したならばの、そですねえ。嫌ですねえと、姉ちゃん。ほんまやねえと、話弾み。

イヤイヤ、この年代の子、女の子と、こんな具合に話するなんか、するの機会無く。
何か、一言申しの、ブス、ムツの無反応では、なれどの、こんな具合に、ニコとして、応答して呉れたら、嬉しいねえ。やり易いねえ。

での、パスワードも、メモ的、過去の入力控えには、記載してましての、嗚呼、これこれ、これがあれば、楽なんですよ。皆様、これを覚えてられて無く、先客、何度入力も、エラーやったんですよ。
とか、申し乍らの入力で、エラー。
ンの、間違ってましたかねえと、申せば、イヤ、私の方と、思うですと。再度の入力にて、先に進むが出来たですが。

以て、一件落着の、次、当方の分。
しかるべくの、書類を示し、マイナンバーのコピーも提示致し。
控除の件数、3件ですと、申したならばの、え、30件ですか。イヤ、3件です。嗚呼、良かった、さっきの方、何十枚も、持参されてましてと。へえの、そんなに沢山の控除出来るですかと、問えば、合計ですねえ。上限決まってますねえ。そやねえと。

いえね、計算されてないんですよ。
ンの、ども、その手、相談会に来て、相談せず、直接に、入力を頼むの面々が多いの怪と、尋ねたならばの、そですねえと。
ンンの、自分なら、相談してからにして頂戴と、云うけどなあと。嗚呼、その手もありますねえと、ケラケラのケラで、現代っ子と、するよりも、気のええ子なんやと。

での、本日の、年月日を入力の、それは、嫁はんのと、一緒なれどの、こちも、少々、落ち着きの、見え出して来ての、嗚呼、今日は、3月3日で、雛祭りの日なんやと。
そおなんですよ、今日は、雛祭りの日なんですよ。お雛さん、飾っておられるのですか。イヤ、娘は居てへんしねえ。
奥様が居られますよねえ。ンの、そやねえと。
ならばの、ケーキでも、買おて帰ろ哉と、申せば、そして上げてくださいねえと。

まあね、その積もりで、外出してるですが。
この帰りにでもと。あのケーキ屋でと、計画だけなら、してまして。
での、アンタはと、問えば、飾ってませんねえと。イヤ、母と、一緒に住んでるんですがねえと。ンの、どこのか、不明の、むつけきの、怪し気の、高齢者。
とは、当方の事なれどの、そんなヤツに、自身の事、家庭環境まで、口にして、ええの怪と。
とまでは、申してませんですが。

そらねえ、先方、妙齢の姉ちゃんには、当方の住所、氏名、電話番号から、生年月日、つまりは、年齢から、収入までの、極めての高度なるの、個人情報が、分かってしもてまして。
こちには、担当姉ちゃんの、苗字さえ、分からんですが。

ででの、結果的、何とまの、収めたと、するのか、天引きされたの、所得税全額、還付と、計算上表示されて。へえと。
そらねえ、ある意味、こんなに少ないの年収、年金で、こんなに多額の、税金取られてるは、異常でして。
とまでの、余計なるの話、姉ちゃんには、してませんですが。

いやね、正直申しの、還付金で、先日、「Joshin」にて、買おたの、洗濯機。
これの値が、約の、11万円。
<参考=NO.1928 えを飛び越し、ゲの話(3) 2005年度の、「選考委員会」発足の話

嫁はんと、2人して、壊れた故、急遽の新調なれどの、コマツタなと。
この資金、どこから捻出するやと、悩んでたですが。
正直申しの、この還付金で、一気、解決したです。

での、姉ちゃんに、へえの、こんなに多額が還付されるですかと、単刀直入、真正直なるの言、云うたなら、そですよと。
入力に間違いなければ、この数字ですし、年金は、年末調整しないと、損ですよと。
云われて、ンの、納得したです。

いやねの、いやねで、今回、母の控除は受けられずで、国民健康保険も抜けて、所得税ゼロ化、極めての、無理難題と、思てたですが。
そもそもがの、例年なら、所得税そのものが、ゼロで、支払わずで、確定申告にての、ゼロ化しても、還付も、ゼロ故、一銭も、戻りませんですが。

での、諸般、ありがとうございますと、姉ちゃんにで、帰途、とあるの、ケーキ屋に立ち寄りの、ケーキをと。
2個と、シュー・クリームも、2個での、3月3日の、雛祭り。
おば、ささやかなるも、祝おかと。

オッとの、これ、ケーキ代、当方自腹。
還付金、我が家のモノで、洗濯機代に消えるですが。
(17/03/05)


NO.1935 えを飛び越し、ゲの話(8) 再度の、えを飛び越しの、ゲの話(1)

さての、過日。
とは、3月4日<土曜日>。
まずは、墓参の、月参り。
済ませば、諸般の用事で、四条河原町の、「京都髙島屋」。

目的、2つ。
1つは、5月4日に予定してるの、母の三回忌の、粗供養の品の選定及び、注文。
まあね、可成り早いですが、早めにと。

モ1つ、バレンタイン・デーのお返しの、ホワイト・デーの選定及び、注文。これも、可成り早いけれどの、早めにと。
早々に、出掛けるが出来ませんでして。且つは、どしょ、どしょと、悩んでるよりは、一刻、一日でも早い方が気が楽、気楽になるです。

粗供養の品なるは、粗方決めてまして。誰が来る、来て呉れるかは、決まってませんですが。来ぬなら、来ぬで、当家の分として。来るなら、来て呉れるで、そちらの分としましょかと。
さもなくばの、落ち着かんです。

での、ホワイト・デーのは、まずは、品物にするのか、菓子類にするかの決断でして。品物も、難しいなあと、昨年も菓子類にしたですが。此度も、それにするかと。
イヤ、決して、安直では無いの、最低限、昨年のとは、別のをと。
その上で、和菓子も日持ちしませんでして。洋菓子をと。洋菓子と、決めたって、種類豊富故、困るの事よ。
なれどの、基本、自分では、よ買わんのが宜しいねえと。よ買わんの意なるは、高くての意。そんな事なら、昨年も一緒の考えでして。

での、地階を廻りの、さてのどれにする怪が、難儀でね。悉くの、気にいらんでね。コマツタなと。
それでは、いつまで、経っても、決まらん故に、まだ、見て回ってないの、売り場、洋菓子なれどの、出向き。そらね、髙島屋の地階も、売り場多いです。

そこで、これはと、するのが、見つかって。嗚呼、これええなあと。
とりあえずは、嫁共の2箱注文致し。
実は、前回も、なれどの、此度も、折角故、嫁はんの分もと。されどの、ここだけの話の、少々値が張って。同じのを、3つもは、予算オーバー故に、こちらのは、その半分のにしとこかと。

オッとの、くれぐれもの、昨日、3日の、3月3日。
話簡単の、雛祭りの日。
嫁はんにはと、するのか、当方の分、含めの、ショート・ケーキと、シュー・クリームを奮発してるです。
云うてもたら、バレンタインのチョコレートも、嫁はんと、平等に半分、半分でして。当然の、嫁はんえの、ホワイト・デーのも、半分半分。
とは、喰うが、でして、資金出すは、こちらの、オコズカイから、でして。

そらな、嫁共にの、選定の洋菓子にしたって、こっちも、これ、旨そやなあと、するのモノでして。
正直申しの、先の通りの、折角なら、こっちの分もで、嫁はんにと。但しの、中身、半分の品。それでも、雛祭りのと、併せ鱈、ええ勝負。
そんな事で、明くるの本日。
少々と、するのか、元々が高級洋菓子故、数少ないですが。嫁共よりも、早くの、ご賞味致し。
馬勝った、牛負けた。

オトトの、そらな、嫁共には、しかるべくの、日に近くに、宅急便。
の件なるは、嫁はんより、嫁共には、連絡致し。

トトトの、諸般、孫娘の分、抜けてるですが。
これは、別途にと。次回、いつに会うかは、分からんですが。その時にでもと。基本、お母さん<嫁>との、相談なれどです。
そらな、同じの、洋菓子送ってもしょが無いです。


そんな次第の、斯くなるでの。
本題なれどの、本日<3月5日>。
誰様と、申せば、某A。
ご来訪にて、何事かと、思いきやの、先日の、「会計」の件。
再度の要請、受けて呉れんかと。
聞いて、えを飛び越しの、再度の、ゲ。

いやね、当方的、過日、申し訳ありませんと、お断りしてまして。
再度のご来訪で、コマツタなと。
されどの、お断りしたは、ケータイでの事故、その際の事、申し訳無しと。宅様には、お邪魔したですが、不在故、ケータイでと。
それが、いつであったの哉の、一週間は、経ってまして。
モ、終わったと、思てたですが。

その上で、いやね、以来の、11年経過で、モすぐにも、12年が経ち、モチベーションが上がらんですと。
そらね、数居てるの中で、当方にと、再度の、お声が掛かるは、光栄な事ですと。重々の承知してるですと。それだけに辛いですがと。

そらね、お立場も、痛い程に分かってるです。それだけに、これ以外の事、当方なりに、全面的協力してるですが。事実、全行事に、参加してるです。この手、「会計」云々の話、無関係の、従前より、なれど。
とは、申してませんですが。

そんな区長経験者、居てませんです。
とは、全行事に参加して鱈、自ずと分かるです。参加してるは、前期区長。云うても鱈、形だけ。
それが、次年度も、又、次もの、参加なら、そこからが、その分、評価出来るですが。まあな、皆までは、申さんです。
オッとの、くれぐれもの、ここだけの話での、こんな事、一切の、口にはしてませんです。

いやね、そらね、確かに、人材僅少なるは、分かるです。
当方より、推薦すると、し鱈、誰々になるですが。これ又、ここだけの話の、全面的、自信を以て、かとなればの、不安要素、あるです。
加齢もあるの、諸般の経験も重ねてるの結果、人品、見抜けてしもてまして。
但し、当方以降の人材となればの、その誰々以外、難しく。以前なら、キラ星の如くに居てるですが。
されどの、まさかの、当方よりも、高齢の方は、推薦出来ず。若年であっても、当方同様の、年数経ち過ぎてるです。話あっても、モチベーションが上がらんやろと。

ほんまやでと。
モチベーションが上がるなら、諾とするの割合も、その分、多少は増えるですが。上がるの材料見当たらず。

口にはしてませんですが。
ご当地で、生まれの、育ってるなら、光栄で、光栄で、光栄のみで、少々考えるも、諾と、するの確率高いですが。
そらね、他のメンバー、次期自治会執行部の顔ぶれも、聞けば、嗚呼、あの人かと、分かるですが。当方、聞いても、さっぱりの、分からんです故、尋ねもしてませんです。

区長してたの、当時なら、「会計」諾も、「会長」留任。「副会長」なら、2人新任も、承知で、「土木役員」の新任2人、1人留任の、3人共に承知。
要は、顔ぶれ、皆承知で、事務局も、用務員も、知ってまして。
次期区長も、現副区長の昇格の区のは、皆承知。
要は、知り合いばかりで、顔知らんは、新米区長と相成って。
話、もと、簡単には、「会計」職の事、前任者に聞くも、その方、知ってるです。聞く、尋ねるに、何の二の足、踏むの性格でもありませんでして。

よて、当時になら、「会計」就任も、覚悟してたですが。
役職の大変さも、重々の承知の上での、イザとなればの、一発、やってみるかと、思てたですが。
以来、11年経って、最早の、こちも、その分、歳喰てしもて。
何よりも、相性問題でして。運良ければ、楽しい執行部の打ち合わせになるですが。運悪けりゃ、ズタズタの、自治会に足運ぶも、辛いです。
この相性問題なるは、デカいです。
(17/03/06)


NO.1936 えを飛び越し、ゲの話(9) 再度の、えを飛び越しの、ゲの話(2)

長男の腕の怪我<2016年5月18日>。
<参考=「不可思議の世界NO.33NO34NO.35」長男、被害者、事故られるの話>

以来、まだ、1年は経ってませんですが。
右手の針金の板の、針金だけを外すの手術が本日<3月6日>、施術されるになったです。
イヤ、結構難しいらしく。針金と、板を一気は、避けての、針金だけでして。
且つは、全身麻酔ですて。へえと。

多分なら、嫁から、嫁はんには、連絡あったの哉の、当方には、嫁はんから、メールで、無事終わったと。
イヤイヤ、当方、全ては、嫁はんに入ったの情報を聞くのみでして。
とりあえずは、成功で、良かったなあと。

いやね、当方、47歳の時哉には、足首の骨折経験あって。骨折についての、治癒に至るの話なるは、見て、聞いて、担当医からも、諸般の話を聞いて、少々なら、承知してるですが。
その当時の年齢よりも、若い息子が日数要しの、針金のみで、全身麻酔とはと。

足と、腕の差はあるですが。
足の時には、余裕見て、1年半後に、板を抜いたです。この板、まあ、云う鱈、骨折部の添え木。
足はねえ、体重が掛かるです。実は、その分、骨折部には刺激になりての、骨の繊維と、するのか、刺激を受けて、成長し易く、回復も早いの哉と。
イヤ、腕の場合、その手、刺激を受けませんでして。

反面、足には、体重掛かるが故、或る程度の回復するまで、動けませんでして。リハビリのための、入院期間、長くなるですが。腕の場合、体重掛からず、退院なるは、数段の早期。
どれ程かと、なればの、足、3箇月で、腕は、2週間が相場でしたです。
但し、息子の場合、両腕骨折故、2箇月の入院。

での、まだ、痛いらしくの、後遺症が心配でして。
それさえ、無事に通過なら、針金外すも、板も、左手の板を外すに、日数要すも、構わんですが。
当方の場合、どであったかは、忘れたですが。痛みがです。
それよりは、足首だけに、長くに固定されておりの、曲げるに難儀したですが。
イヤ、正常に曲げるが出来るまでは、年月要してるです。現在唯今、正常なれどの、少々の違和感なら、残存してるです。


オッとの、そんな次第の斯くなるでの。
長男のは、まだまだ、何とも、申せませんでして。あの時の骨折は大変やったの、想い出話になれば、結構でして。
当方の、自治会、「会計」の話。
基本、断るです。断ってるですが。

そらね、わざわざの、某Aが二度目のご来訪<一度目、某Bとの、2人>でも、諾と、返答せぬは、心苦しいです。
当方に、諸般の話あって、断るは、この、自治会執行部、役員の件のみ。町内会の事なら、二の五の、三の、四苦八苦と、つべこべ、云わずの、全部、諾。
として来てるです。それが、当方の基本姿勢。

イヤ、過年、2005年度の、一度目の、「会計」就任の話なるは、成り行き任せの、覚悟しの、断るの気、無かったですが、諸般の事情で、話簡単の、外されただけ。
その一年後<2006年度>、再度の話、あったですが、これは、断ったです。この時には、二度目のご来訪あれば、分からんかったです。
その辺りの事、掲載するの積もりにしてるですが。

での、此度、当年<2016年度>、何度も、申すの、2005年度、2006年度のも、含めの、年度、年度で、「選考委員会」の動き方が異なるが故、当方、混乱してるですが。
混乱も、大方の、推測なら、してるですが。

2005年度のは、当方、その、「選考委員会」の一員故、内実、実際の動きをば、当方視点、観点より、思い出し、思い出しの、掲載してるですが。
そらね、11年も、12年も経つの話でして。


オッとの、それでや。
此度の事、若干の説明すれば、一度目なるは、余りの唐突にての、唖然、呆然が、正直でして。
そもそもがの、自治会の事なんか、完全消滅、余所の世界の話になってるです。
話聞いての、一夜明け、申し訳無しと、お断りしたですが。

での、二度目、来られたの時には、その件、お断りしたが故の、霧散での。某Aご来訪にての、ンの、総会議長をでも、頼みに来られたの哉と。
ここで、正直申すの、それは、有り得ませんでして。何故かは、口が裂けても、掲載致さんですが。
ならばの、話、間違いで、来たなら、どする兵衛と、なればの、先に申してるの、町内会の件、過去、一度も断ったの事、ナシ。全て、快諾の、一発返答。

当方、区長時代には、正直、苦労してるだけに、です。
総会議長頼むにさえも、三顧の礼と、申してるです。一旦、この方と、決めたら、簡単には、引き下がらんでして。

オッとの、とっとの、それでや、某Aの二度目のご来訪で、瞬時には、ンの、総会議長の件哉と。
そらね、期末総会、3月26日<日曜日>の、回覧が回った時でして。

ところが、あの件、「会計」の件と、云われて、再度の、えを飛び越しの、ゲの、コマツタなと。
主として、モチベーションが上がらんですと、返答。
そらね、2005年度区長でして。何年経ってるやと。
そらね、当方にと、話、戴くは、光栄でして。重々の承知で、そらね、断られ鱈、他を当たるも、大変も、重々の承知。

それ云い出したら、高がの、町内会の、件でも、当方、どれ程の軒数、あちこち、頼みに回ったの怪と。悉くの、断られに、断られ。
中には、冗談やろと、云われてねえ。区長たるが、冗談の話を、真顔で、打診に行くもんかと。世間話をしてるで無く。
イヤ、断られるは結構も、断り方があるです。
とまでは、申してませんですが。

でや、二度目故、誰々はどやろねえと。候補的、複数の苗字出したは、出したです。これも、心苦しいです。
自分が断り、他者の苗字出すがです。
それも、これはダメ、これもダメの、問題外の、残るは、この複数名の、中身、口が裂けても、記載致さんです。

再度の申すの、当方の先輩区長なら、キラ星の如くの人材豊富も、年数経ち過ぎてまして。年齢的にも、高齢者多く。
話に行くも、当方同然、唖然、呆然の、モチベーションが上がらんやろと。

それこその、冗談やろと。
とは、経験者故、これ又、口が裂けても、言葉にはされませんですが。経験者の意なるは、皆様、「選考委員会」の件、承知されてるです。
その立場の大変さも、重々の承知。

どちにしろ、二度目の話も、玄関先での、概ねの、5分程の会話で、終わったですが。そらな、心苦しいわと。
出来るの事なら、一肌脱ぐかと、口には、したいけれどの、そんな軽々なるの、役職に非ずの、お見事、その方向に、気持ちにさせる、向けるの、モチベーションが、全くの上がらんです。
以来の、年数経ち過ぎてるです。

そらな、玄関先では、突っ込んだの話もなと。
遠慮せずの、忌憚の無いの話も出来ずの、現時点、そこまでの話するの以前の気持ちでの。
とっとの、過年、2005年度の話に戻すです。
(17/03/07)


NO.1937 えを飛び越し、ゲの話(10) 一度は断念の話

某Hの経過を申すです。
区長職の時の、「選考委員会」にて、やろねえ。次期の、「自治会副会長」に就任したです。
以来、三期、「副会長」を勤め。

実は、退任の、次の期には、矢張り、我が町内会の区長経験者、某Oが、「自治会会計」をしてるです。
したは、一期のみで、この、某Oは、区長より、二期空いたですが。多分なら、某Hの推薦哉と。
とは、当方の勝手推量。理由、原則、「選考委員会」メンバーであるの、区長が次期執行部役員就任が、妥当故。一期空くは、異例。二期は、異例中の異例なれどの、その辺りまではなと。

そして、何とまの、「会計」より、一期空いて、当方区長の時、組長<支部長>として。
某Hは、結果的、二期空いてるですが、体育振興役員として。
その他、当期には、区長経験者、2名が、組長として、都合の、4名が、区長経験者。
尚、自治会、「副会長」「会計」歴任の2人は、当方よりも年配。他の2人は、年下になるですが。

オトトの、よ考え鱈、その某Oが、区長の時、当方、組長でしたです。
よて、区長としての、某Oを、よっく、知ってるです。まさかの、その五年後、自分が区長になるとは、夢にもでして。
それ以前にも、組長なら、2度、その他、役員も歴任してるですが。偶々も、その時々の、区長たる、立派でして。
役目の大変さも、間近で、見てて。

正直申しの、自身、阿弥陀籤で、決まったの区長なれどの、成って、目標とするのか、見本にと、したは、某Oでして。
とてもやないの、こんな役職、勤まらんわと。勤まるも、勤められんも、成ってしもた限りは、勤めな仕方があらへんですが。
オッとの、この辺りの話は、後刻に致すです。


での、当方、区長の時、大いに、助けて戴いたです。支えて戴いたです。
先輩区長より、区長、区長と、云われたら、当初、申し訳無いなあと。慣れるに日数要したですが。
正直申しの、対しての、肝心の三役はチョと、問題ありで、コマッタですが。
それも、11年、12年も経てば、霧散の、当時以前の状態に戻ってるです。そらね、世間話をしてる分には、ええ人でして。当時には、三役としての用事をして呉れず。

オッとの、当時の、会計君なら、遠の昔に転出、引っ越してまして。
救いは、年度末になって、当方が区長で、良かったと。無事に勤まったと、云うてくれたです。
イヤ、実は、会計以外の三役としての、用事、諸般の事情にての、やってくれませんでして。且つは、副区長は、逃げまくり。
それも、十年一昔の、遠の昔の話になってしもたです。

イヤ、三役として、やるべきの用事、当方1人では、格好付かぬの事もありの、自治会行事のは、某H、某Oが、三役の代行して呉れたです。
要は、行事えの参加で、ほんとに、ありがたく。

での、当方申すの、キラ星の如くの先輩区長とは、主として、この4名を指すです。それ以外にも、居てるですが。それ以外となればの、皆、年上でして。
まあ、つまり、余計なるの話の、某Aが要請の、2017年度、「自治会会計」の話も、人品共、優秀なるの面々として、推薦するにも、当方以前の先輩区長は、皆、ええ歳でして。
それ以前の、当方でさえ、モチベーションが上がらんのに、更なるの先輩区長で、年配では、まあ、上がらんです。


オッとの、某Hについて、再度の就任をと。
「自治会副会長」をと。何なら、「会長」職をと。
これ、くれぐれもの、当方推薦したで無いです。リーダー格区長某Mがその苗字を出したです。
それ程に、能力買われてるの人材でして。当方、その苗字聞いて、大丈夫怪と、疑念一切抱かずの、嗚呼、適任也と。何とか、説得したいと、誠、思たです。
よて、当方、真剣に説得致し。某Hも、相応に忌憚の無い話をして呉れたです。

揺れ動くの心境、具に承知。
その上で、決着付けねばの、一度目、会議所での、「選考委員会」との面談では、保留にされ。
その後刻、某Hより、断念の話もあったです。
言葉なるは、諸般の理由の、只、こんな話、あったと、当方だけでも、記憶しておいて呉れと。
ンの、何の事かと、なればの、「自治会副会長」の要請あったですが、事情により、断念の事。

以て、十数年経って、その経緯、今、ここに、掲載してるの次第。
過日の、某Aの、当方えの、二度目の要請の時、某Hの事、超の手短、超の簡単には、申したです。当方、区長時代、「選考委員会」メンバーの時、こんな事があったと。
イヤ、云うたは、その程度での、加えるなら、人品、すばらしい方であると、ダケ。

オッとの、何を云うてるの怪の、某Hは、その時、2005年度では、結果的、「副会長」職、諾となりての、2006年度、「副会長」就任してるですが。
まだまだ、この一連の話には、続きがあるです。

その続きの話以前の、一度目、「選考委員会」三名に寄るの、交渉の場では、保留となって。
更には、会議所にての、2人だけでの話の時、申し訳無いけれどと、断念したの話聞くも、全くの、諦めず。
当たり前だの、クラッカーの、その時には、残念ですねえと。されどの、「選考委員会」えの、報告なるは、まだ、致しませんですと。
ここは一発、日を決め、今度は、宅様に、「選考委員会」が、正式に、お邪魔致します故、そこで、断るなら、断って頂戴なと。
もしかしたら、もしかして、当方のこの返答にて、断念を、断念した可能性もあるぞと。

イヤイヤ、云うとくの、強引は、強引も、自治会の内情について、現役区長の、当方よりも、数段の、承知の某H。
自身、「副会長」当時の、資料も、保管してると、聞いてまして。
何より、地の方にも、顔広く。
人品、宜しくの、儀礼弁え、言葉丁寧。

云うとくの、「自治会副会長」したとなんか、一度も口にされてませんです。資料云々も、他者が聞いて鱈、何の資料怪と、分からんです。当方が、勝手に補足的、記載してるのだけでして。
「副会長」でも、「会長」でもと。
出来るの人材也と。

当時、当方、現役区長でして。
当町内会から、「自治会会長」輩出、名誉なる事と。前例ありませんでして。
初代に成って欲しいもあったです。
ややこしいけれどの、この時には、あくまでもの、「副会長」要請。
「会長」なるは、その次の年度。
(17/03/08)


NO.1938 えを飛び越し、ゲの話(11) 「副会長」決まるの話

クレグレも、申すです。
何度も、申してるです。
2005年度の話であると。11年、12年の昔の話であると。その分、登場者、若いです。当方、59歳。年も明け、2006年になってる故。
某Hも、61歳。

諸般、情熱持って、口説いてるです。自信を持って、説得し、話をしてるです。
私利私欲なんか、何にもあらへんです。
自信を持って、とは、某Hは、適任であると。

正直申しの、我が町内会から、誰かをと、「副会長」にと、引っ張って来いと、「選考委員会」から、要請あったとしても、疑念無く、某Hを推挙してるです。
ここがダメの返事で、他に当たるは無いです。

頭に浮かぶのなら、某Oがあるです。
そらね、自治会執行部の経験者でして。そんなに間も空いてませんでして。
この方も、「会計」したとは、一言も、でして。

オッとの、話本題にと。
そらね、細々なるは、失念してるです。
とりあえず、断念の話あったは事実。されどの、引き下がらずの、ならばと、「選考委員会」より、正式に要請すると。そこで、結論で、それに従うと。
まで、云い切ったかは、定かに覚えてませんですが。そこまでの、主導的立場で無いです。当方が。

兎に角、日を決め、その当日、再度の、「選考委員会」メンバー全員、我が町内会会議所に集合。
リーダー格の某M、そして、某M2としておくの方と、当方の3名、宅様に出向きの、家に上がらせて戴きまして。
茶に、茶菓子を奥様よりで。

さての、本題なれどの、そらね、どんな会話があったかの、詳細、忘れたですが。
主たるは、某Hと、某Mの交渉でして。某Mからの説得でして。某Hは、顔広く、当方以外の2名、当然の、よっく、ご存じでして。
当方なら、「区長会」で初めて知ったですが。知って、1年が経つになるですが。

そらね、即には、決まらんです。
30分程の説得、又、諸般の事情の話もあって、遂に、諾と。
嗚呼、ありがとうございますと。
正直申し、当方も、感動したです。


で、嗚呼、ヨカツタ、ヨカツタなで、終わらんです。
イヤ、某Hの件なら、決まったですが。
決まって、どなったかと、云えば、次期、「自治会執行部」の、「会長」と、「土木役員」の1名、留任。そして、唯今、「副会長」の、1名が決まったになったですが。

役職は、まだ、あるです。
「副会長」1名、「会計」1名と、「土木役員」が2名の、都合の、4名を決めねばならぬです。
我が町内会会議所には、「選考委員会」のメンバー、とは、現区長が集合してるです。
そこで、某Mが、某Hの返答をば、全員に伝え、ではと。
残りの役職の件也と。

某H宅に同行の、某M2には、「土木役員」をやれと。コレ、指示命令でして。某M2は、ハイと、受諾。
更には、モ一名の、「土木役員」については、大区長であるの、某Fが予めの、決まってるのらしくの、へえと。

ここで、申すの、大区長とは、世帯数、990軒<当時>の区の長を意味するです。我が町内会なら、110世帯。
その大きさ、分かるの、副区長も、3名でして。3名でも、大変でして。且つは、それでも、大副区長に相成るですが。そは、易々の、副区長にも就任大変の、区長ともなればの、どなんやろかと。

これはねえ、ある意味、自治会執行部に残るも、1つの筋書き、行程でして。
モと、云う鱈、留任するの、「会長」も、その区出身。
要するにの、我々、新参区の、とは、中身全然の違うです。
多分なら、当方の如くの、阿弥陀籤で、決められてしまうの、区長とは、次元がと。名誉と、誇りがと。

更には、某M2なるは、南の、地の区長。
某Fは、北の方でして。
妥当なるの、振り分けとも、云えるです。
とかとか、なるは、区長1年経過してた故、嗚呼、成る程のと、意味合い理解で、納得もしたですが。

モと、モと、申せば、とりあえずの、「自治会執行部」に残れば、その先も、自身の考え次第でして。
意味なるは、何であれ、一度、「自治会執行部」に残ればの、表現、誤解畏れず、憚らずなら、格好付くです。
そらね、何度でも、申すの、この地で生まれの、育った方なら、ある意味、名誉なる事です。
当方でも、生まれの、育ったの地、下京の、「格致小学校」区の、なら、名誉であると、心底思うです。誇りに思うです。
よて、重々、理解致すです。

いやね、当方でも、「土木役員」ならなと。
ここだけの話の、三役よりは、楽と、するのか、気が楽の、気楽でして。あくまでも、残らざるを得んならの話。

そして、「副会長」については、誰それと、誰の、どちらかが、ジャンケンしてでもと。
「会計」については、誰それと、誰の、どちらかが、同様にして、ジャンケンしてでもの、どちらかが、やれと。えと。

いやねの、いやねで、えも、概ねなら、某Mの意図、理解してるです。
「会計」で、申せば、2人共に、南の方での、当方と、モ一名なるは、ご当地出身区長。ジャンケンなど、せずともの、決まってまして。
当方的、相棒の意志次第。
やると、云うなら、やって頂戴でして。やらぬと、なればの、ジャンケン哉と。
ジャンケンなど、せずとも、相棒の意志、承知してるです。

オッとの、「副会長」なら、指名されたの2人、北の方。片方、新参区長で、モ片方、何とまの、第二番手の大世帯の、533軒<当時>の大区長。
ジャンケンせずとも、決まりでして。

そんな事で、区長全員が、ジャンケンでと。には、なってませんですが。
そらね、集まってるの区長12名で、2名が決まりで、4名ジャンケン云々でして。
されどの、だけで、決まれば、なれどの、なかなかに、決まりませんでしたです。
「自治会会計」が。
(17/03/09)


NO.1939 えを飛び越し、ゲの話(12) 「会計」決まるの話(1)

その当時、2005年度末の時。
おまえと、おまえでジャンケンしてでも、「会計」せよ。「副会長」せよ。
指名されたの当事者が、ご当地、新参は、即の理解も、実際にジャンケンなり、話し合いをして決めるの哉の、これはコマツタなと、心底思たです。

立場的、新参区長なるは、ご当地区長とは、格下でして。
こちから、ジャンケンするですか、とは、口には出来ませんです。
オッとの、当方、イザとなればの、するですが。

只な、過日、掲載してるです。
<参考=NO.1930 えを飛び越し、ゲの話(5) 「選考委員会」発足の話

---<ここから>

さての、話なるは、2005年度の事。
云うたって、年明けて、2006年に成ってるです。
要は、亀岡市の年初の行事、出初め式で、全自治会より、基本的には、区長、副区長等々、狩り出され。我が町内会からは、当方一人参加したですが。

もしかしたら、その時哉と。
出初め式、終わってから、「区長会」のメンバーのみ、喫茶店に行きまして。記憶では、「さと」。「さと」なら、喫茶店とは違うですが。コーヒーなり、ケーキを注文したの哉と。当然の、自腹。

「さと」で、北のと、南で、別れて、席を取り。意図的でも無いですが。自然の成り行きでの、雑談をと。
その雑談の中で、区長の某T、ぽつりと、曰くの、当地で、生まれ、育ちの、機会あれば、ご恩返しをしたいと。
との、発言あったです。
ンの、ぽつりでも無く、某T、この話するの機会を探ってたと、推察致すです。

イヤ、結構なると。
云うても、それで、我々が、ども出来ずと、思てたです。
お役に立つとは、自治会執行部に残りたいの意志表示であるは、理解も、それは、我々区長が決めるの事とは、知りませんでして。

---<ここまで>

何を隠そおの、隠す事も無いの、「自治会会計」には、その某Tか、当方のどちらかが、就任せよとなったです。
当然の、「さと」での話、記憶してまして。
某Tに、任せとけと。任せるとは、主導権。
話あれば、こちから、お願い致しますと。無くともの、雰囲気に寄ると。
雰囲気とは、ども、やる気が無いよなら、こちから、忌憚無く、どしますか、やって呉れませんかと。

とかとか、某Tなるは、その手、柔弱不断の性格でありませんでして。
ほっといても、主導権取る方でして。やから、「さと」でも、その手の話、してるです。年齢的にも、数歳、年長。
加えての、当時、某Tの、区の、工業地域に、産業廃棄物処理場建設<サカエ産業>の動きありで、「反対委員会」の、委員長してたの方でもありで。

「反対委員会」発足、前年度<2004年度>よりで、その会社の処理場、岡山であったの哉の、「区長会」より、出張までしてるです。
イヤ、前年度より、区長職でして。「大井町自治会」「亀岡市」が、対応せよと。
その区の会議所で、前年度、当年度の、全区長、市会議員と、その区の方々が集められ、「反対委員会」の会議も開催されてるです。
結果的、それから、2年後であったかに、処理場は建設されたですが。

イヤイヤ、「反対委員会」作成の、資料等々、作成は、委員長であるの、某Tなれどの、分厚いのが、全区に回覧されたり、致しまして。
要は、やり手で、行動派。

そんな人材でありの、過日の話より、「自治会会計」決まりでして。
雰囲気的も、殆ど、決まりで、結果的、その手の話、どちがするかは、話合いもせずの、某T也と、なってまして。
そらな、話のし方も、当方なんか、よりは、数段の巧者。さもなくばの、「反対委員会」の、委員長なんか、勤まらんです。
要は、自身が、「会計」するとは、一言も、なれどの、それが前提の話方でありの、雰囲気でして。

当方も、充分、納得の、ヨカツタなと。努々、自分がしたかったと、なんか、思てませんでして。
そもそもがの、「選考委員会」発足の時、最終的、次期自治会役員決まらねば、選考委員会の、このメンバーから、出すぞの話の時には、冗談哉と。
までの、高は括ってませんですが。新参区長なんか、問題外と。
そらね、我が町内会、出来て、当時で、30年経つですが。「自治会執行部」に残ったは、3名の、内の2名、某Hと、某O。

某Hと、某Oが、「自治会執行部」しかも、三役に就任の、中身知らんですが。
知らずともの、充分活躍出来るの人材。
反対には、「土木役員」は、新参区には、回って来る事、無いなあと。
とは、ここだけの話の、他言どでも結構の、理由、既載してるです。

そんな事で、「自治会会計」の件、決まりなれどの、実際にも、決まってたですが。そは易々の、話は簡単に進みませんでしたです。
いつの事か、までの、細々、忘れたですが。期末総会も、終わったの頃哉の、年度末も、残り、一週間も切ったの時。
突如の、電話がリンと鳴り。誰かと、思いきやの、その某T。
(17/03/10)


NO.1940 えを飛び越し、ゲの話(13) 「会計」決まるの話(2)

自然の成り行きにて、決まり。
事実、某Tが、「自治会会計」するよな言動でして。
当方も、その方が順当であると。

元々が、こんな具合に、「選考委員会」で、自分までもが、残るの可能性あるとは、夢にもでして。
身近に見てるの、「自治会三役」なんか、とても、とてもの、新参区長が昇格で、出来るの話で無いです。片手間では出来ませんです。
「大井町」の事について、細々、承知してませんとと。

よて、ある意味、安心してたです。
ところが、とあるの日、電話がリンと鳴り、出鱈、某T。
「柴田はん、申し訳無いけど、会計して呉れませんか。」と、突然に云われて、えと。
理由、先様町内会の、産業廃棄物処理施設の、「反対委員会」の、「委員長」職を、某Tの町内会の誰かに、譲ると、するのか、委託をするの積もりが、新委員長が、それは困ると、某Tも残れと。
まあ、云うたら、紛糾してると。

当然の当方、そんな話、初耳でして。
イヤ、某Tが、委員長してるは承知してるですが。
とは云え、実行力伴い、弁の立つ、某Tが、「反対委員会」を抜けて、「自治会会計」に転出なるは、新委員長としても、そら、困ると、思うです。
且つは、ここに来て、抜けるは、無責任やないかと。
そらね、一番に詳しく、主導的動いてたは、某Tでして。新委員長の云い分も、分かるですが。

当方的、嫌も、応も無く。
某Mより、どちらかが、「会計」をやれと、指示されてまして。
但し、事の成り行き、自然の流れで、某Tがやるの方向性になってまして。異論無く。
がしかし、そんな事情なら、仕方が無いなあと、分かりましたと、返答。

要は、瞬時、「自治会会計」受けるの覚悟を決めたです。
当時なら、「自治会執行部」の全員を承知してるです。事務局も、用務員も、知ってるです。次期区長の一部も顔見知りでして。
そら、地の区なら、副区長が昇格。
自治会行事には、応援的、参加されてたです。我が町内会とは、大違いでして。

会計職の中身、分からんですが。現会計は当たり前だの、クラッカーの、重々の承知してるです。引き継ぎするにしても、任期中であっても、不明点、応援も、頼むが出来るです。
応援求めるに、当方、一切の、遠慮は致しませんです。
悪いけど、「自治会」で、待ってるし、教えに来て頂戴と、云えるです。

只な、引っ掛かる事あるです。
当方なら、会計就任、構いませんですが。
新参区、町内会で、「副会長」と、「会計」の、二役も、持てるのかと。
ご当地区長、歴代区長なりが、承諾するかの問題でして。歴代区長の承諾不要なれどの、抵抗感あると、推測致すです。
これが、大世帯の区なら、まあなと、結構なれどです。
そんな事、某Tは承知の筈でして。大世帯の区で無く、極小世帯の区長なれどの、ご当地区長。
よて、自然の成り行きでの、優先的順位で、会計職をと、話合いも不要の、お任せしたですが。

とかとか、その手の事、こっちが心配する必要性ありませんでして。
某Tより、しかるべくの、某Mには、連絡してるやろと。

その直後哉に、「選考委員会」が開催されたか、されて無いは、定かに覚えてませんですが。
大本命の、「副会長」に、某Hが決まれば、大方、決まったと、同然。
「土木委員」は、某Mの指名で、2名決まってまして。残るの、「副会長」1名は、どちらかが、やれの、これも、ご当地区長で決まりでして。

イヤ、第三者的にも、そちらの方<副会長>の、新参区長では、年齢等々、仕事の関係より、「自治会」に残るなんか、トンでもでして。
イヤイヤ、何を隠そおの、隠す事は無いの、ここだけの話でも無いの、こいつ、ロームの後輩社員。
業務には、直接的、無縁で、社歴も違うですが。違うが故、自信は無かったですが。どこかで、見た事、あるなあと。ンの、もしかしての、ロームの哉と。

「大井神社」での、何かの会議にて、席が隣になったが故、尋ねまして。貴君、ローム怪と。ええと。そかの、当方も、ロームやったと。ええ、矢っ張り、そですかと。
この君も、薄々は、気が付いてまして。

実は、その区長と、二番手の大世帯の区長の、どちらかが、「副会長」をと、されてまして。
世帯数、云々とは、無関係の、その方、人品、素晴らしいの人材でして。これ又、当方よりも、2歳上。
こちらも、自然の成り行きの、「副区長」職、その方に決まりの、「選考委員会」が、云々の状態で無く。
されどの、結果は知りませんでしたです。しかるべくの、「選考委員会」で、発表されん事にはなと。

そもそもがの、この時期、年度末に超の接近の頃でして。
方々の町内会で、期末総会の時期でして。又、引き継ぎの事もありまして。そは、頻繁に、「選考委員会」開催も出来ず。
出来ずとも、正式に、このメンバーがと、次期、「自治会執行部」であると、発表せねばの。
それが、忘れもしませんの、年度末も、末の、2006年3月31日に相成ったです。
(17/03/11)