シバケンの単なる雑談NO.149

雑談NO.146 雑談NO.147 雑談NO.148
雑談NO.141 雑談NO.142 雑談NO.143 雑談NO.144 雑談NO.145

雑談NO.110 雑談NO.120 雑談NO.130 雑談NO.140
雑談NO.60 雑談NO.70 雑談NO.80 雑談NO.90 雑談NO.100
雑談NO.10 雑談NO.20 雑談NO.30 雑談NO.40 雑談NO.50
題目一覧表

目次

雑談NO.150

NO.1760 古希、北海道旅行の話(6) 土産物の話(1)

NO.1759 古希、北海道旅行の話(5) 日本最初の修道院と、五稜郭での、五島軒カレー・ライスの話

NO.1758 古希、北海道旅行の話(4) 「はこナビ」の運転手はええ人の話

NO.1757 古希、北海道旅行の話(3) 無事、全員集合の話

NO.1756 古希、北海道旅行の話(2) 我が家、出発の話

NO.1755 古希、北海道旅行の話(1) 経緯の話

NO.1754 冷蔵庫が届いたの話

NO.1753 女子会の話(4) 忘れてならじの、「ロンドン焼」の話

NO.1752 女子会の話(3) 大人の隠れ家の話

NO.1751 女子会の話(2) 納涼床の話(2)

雑談NO.148


NO.1751 女子会の話(2) 納涼床の話(2)

でや、余計なるの話。
過日、過月、3箇月には、成るの哉の、冷蔵庫の調子悪く。下部、底に氷が出来るです。多分なら、コンプレッサーの異常。
さての、修繕に出すか。出すも、当世、サービス担当が出張で、来て戴けるですが。そらなあ、冷蔵庫なんかを、修繕に出す、送るも、持ち込むも、出来んわと。
当世、来て戴くの出張費だけで、万円見当。修繕も、コンプレッサー交換なら、さての、部品代、幾ら掛かるやの、この冷蔵庫も、14年選手。

よて、過日。とは、6月5日の、日曜日。
近在の、「ジョーシン亀岡店」に嫁はんと一緒に出掛けたですが。ンの、ここさん、阪神一色なんやねえ。店内には、「六甲おろし」が鳴り響きの、店員、阪神のユニホーム着用。
ならばの、他球団ファンは、店員には、採用されずなん哉と。
当方、巨人ファン故、正直、不愉快千万なれどです。安いが一番での、金銭に眼がくらみの、愚と、グの、パーと成りの、ガマン、ガマン。

何が基準で、モノをば、選んだかと、なればの、横幅でして。使い勝手でして。値引き額でして。招待券あっての、以て、1万円引き。セール期間中なら、相応の商品にての、5000円引き。
後は、冷蔵庫のサービス期間故の、ンの幾らか、忘れたですが。店員の裁量なんやろねえ。
それと、現有の冷蔵庫を引き取ってもらわんとなの、その費用、実費の、約の、6千円也とかの、消費税は当然の、万事の、込み込みでの、164千円にしとくですと。
元のは、168千円やったの哉の、これ、消費税抜きの価格。

決めての、家に戻っての、嫁はん、又、悩み出し。
悩みの中身、幅、60センチのは、現在と一緒なれどの、面白無いなあと。余裕が出来んなと。
さりとての、65なり、68.5センチにしたら、諸般、その場所に入らんでねえ。隙間家具なりを、買い換えんならんでねえ。
イヤ、冷蔵庫の幅、60、65、68.5センチでして。
買おてから、嗚呼、足らん、足らん、面白無いと、愚痴云うてるよりは、今の内に、チョと待て呉れと。

イヤイヤ、届けて戴くは、次ぎの日曜日、12日にしてまして。
ならばと、電話一発、再考する故、手配するを、止めて頂戴なと。
イヤイヤ、当然の、正式契約、注文しての、当方、珍しくも、クレジット・カードでの、支払い手続きもしてるです。カードにしたの理由、こんな高額、右から、左に、よ出さんわと。
カードでも、金額、出るは、出るですが。持ち歩くをせんでも済むし、日数的、間が出来て。
ンの、そんな事は結構の、明日<7日>に、再度の、注文のし直しに、参じるにしてるです。

いやなあの、冷蔵庫ねえ。
正直、申しの、この日の、この人数の、14名様もが、居たら、冷蔵庫の中身、一発、無くなるわと。ジュースが、冷茶が、何がと。食材も、嫁はんと、姉の、姉妹で、何度か、調達に出掛けてたですが。
当然の、この時には、冷蔵庫、故障と、までは、申さんの、冷蔵庫の役目なら、果たしてるがための、調子は悪かったのけどや。諸般で、どんな冷蔵庫がと、電気屋に、見聞にも、ナカナカに行けんでねえ。
そらなあの、故障してもてての、冷蔵庫の役目、果たせぬならばの、待ったの、無しなれどと。

そらなあの、買い換え決断も、選択難しく。
14年選手故、修繕よりは、買い換えするは、するけれどの、大きさがや、我々老夫婦だけなら、60センチので、充分なれどの、そんな具合に、一気、一時なれどの、人数居ててみい、足らんのやと。
それもあるし、今後、益々の、歳喰てみい、一々の買い出しも、ままならずの、買い貯めするが良策になる鴨の、10年後、20年後を見据えての、ンの、この際、68.5センチのに、しとく怪と、相成って。
ンの、明日、「ジョーシン」に行って、再度の、モノ見て、考えるのけどや。


オトトの、そんな事で、姪の独演会、三人娘、女子会の話の続きをと。
での、皆は、床、床と、申してたですが。くれぐれもの、納涼床を云うてるです。
納涼床とは、京都風情、光景の代表的なる鴨の、鴨川の、四条大橋を中心に、「いずもや」を背景にしての、放映で、誰もが、嗚呼、京都と、思うですが。その、「いずもや」の辺りを見たなら、床も、見えてるです。
まあ、云うたら、建物から、鴨川の河川敷に突き出たの、木製の櫓状の、でして。

下には、鴨川の水が流れの、涼し気での、「納涼床」でして。
そらなの、屋根があるで無しの、冬場に、こんな場所、吹き曝しの、川の上、高さはあってもやの、では、寒いやろの、基本、夏場、真夏の、風情。それを、5月にやしなと。まだまだ、若干の、肌寒かったやりなあと、勝手に推測したですが。
イヤイヤ、床、納涼床なるは、丁度の、5月から、9月の間の、季節、期間限定モノでして。
これは、四条大橋から、西方に向こた場合の、正確には、西北角でして。反対の、東南方面見たら、「南座」があるです。何なら、真東なら、「祇園」がと。

その、代表的なるの、「いずもや」は、面白無いなあと、モと先の店に入ったですて。フウンの、臍曲がりやなと。
とは、申してませんですが。云うてもたら、逆襲に遭遇するわと。コテンの、パンに、云い負かされるわと。

ででの、モノが出て来るが遅く。出て来ても、手際が悪く。
パと、見て、アルバイトやなと。ええ方、高いの方は、しかるべくの、店の方、熟練の面々が接客してるのみたいでね。差、付けられてるなと。

でや、出るの際、勘定をの際、申せば、ども、コレだけの担当みたいな、コレ又の、アルバイトが来てと。チョとだけ、文句云うたら、すみませんと、直角、真直角に頭下げてねと。
ンの、そこまではの、期待してへんの、真直角での、ビクリしたよと。へえと。
云うてるは、イジメてるみたいでねと。
文句一発は、アルバイトにしたら、コマツタなの、対応、兎に角の、謝っとけの、教育されてる鴨なと。
ここで、つべこべ、反論してみい、もめるわと。もめては、困るの事よの、低姿勢あるのみでの。

当方から、云わせて戴くならばの、折角ならと。「いずもや」の床の方が、良かったの鴨と。
四条大橋から、見えてるしなと。テレビで、でも、よお、映ってるしなと。
とは、申してませんですが。

ここは、昼食での、次ぎなるは、夕食の話の。
ンの、ネットで、探索、検索での、予約して、行ったですて。へえと。
場所なるは、河原町通りの、「大人の隠れ家」ですて。フウンの、そんなのが、あるの怪と。あると。
云われたってなの、こちも、後刻、検索、探索の、そんな、ズバリの屋号の店、飲食店なんか、あらへんわの。まあな、落ち着いたの雰囲気の店の総称と、するのか、「隠れ家的雰囲気の店」なんやろと。
とかとかの、余りに、クドクドの、突っ込んでは、聞いてえへんでと。
若手好みの店やろしと。
(16/06/07)


NO.1752 女子会の話(3) 大人の隠れ家の話

ででや、余計なるの話の続きや。
本日<6月7日>、19時。
イヤ、「ジョーシン」も、遅くまで、営業してるんやと。21時まで、ですて。へえと。

イヤイヤ、前日、横幅、60センチの、Panasonicの、冷蔵庫は、一旦、止めて。諸般の、検討結果、68.5センチの、両開きと、するのか、観音開き式のをと。
隙間家具さえ、幅、25センチのを、15センチにしたら、入る故でして。現状のは、単にと、するのか、「ネスカフェ バリスタ」、要は、コーヒー・メーカーを乗せてるのダケでして。ダケでも無いの、棚の中には、諸般の、小物も収納してるですが。
「バリスタ」は、長男家のお下がりなれど。

それこその、5月2日に来た時、持って来てくれて。
イヤ、正確には、その過日、呉れると、云うてたのを、持ち帰るを忘れたのダケでして。
15センチのにしても、「バリスタ」は乗せるが出来るです。

での、「ジョーシン」に行って、過日の担当者に、斯くの、然の、話なるは、前日の電話の相手より、伝わってまして。値引きは、前回のと、一緒の、兎に角、198千円<消費税抜き>也やったの哉の。古いのを、引き取り代等々、含めの、20万円にしてもろて。クーポンか、何かも、10000点、付けてくれての、決まり。
にしてもの、消費税、8%でさえも、キツイねえ。10%にも、なてみい、卒倒するです。

問題は、我が家、元々が、狭いしなと。
68.5センチのが、入るの怪と。オッとの、台所の、所定の場所は、確保出来るですが。玄関より、そこえの、道中でして。
要は、中身、68.5センチ幅のが、通過出来ねばならずの、正直申しの、母の、ディ・サービス等々の際の、玄関先に腰掛けたり、降ろすの際の、手摺りを取り付けてまして、ね。
アカンなと。
アカンなら、手摺りを取り外すか、横手から、裏口、奥の部屋経由で、台所えの、法あるですが。これもなの、タイヤのラックを退けるとか、せねばの、ムリ、無理、ムリの、無理でして。
当然の、我が愛車も、退けるですが。
その他、諸々の、小物、裏庭に置いてるのモノも、退けねばなの。どちが、簡単、確実なんやろ怪と。

手摺りを、一旦、外して、取り付けるがええのか、裏庭経由がと。
手摺りもなと。その内には、こちが、利用せねばの、時が来る鴨の。その時、ええ加減なるの、付け方しててみい。外れてもての、こちが、生命の危機に、遭遇する鴨なと。やったの、当人、自分故、文句云うの相手があらへんなと。
まあなの、どちにしたって、この日曜日<19日>に届く故、それまでに、結論をと。

での、よ、考えたら、明日<6月8日>は、母の命日やなと。
1箇月もの、前に一周忌を勤めた故、ピンと、来てへんかったですが。おけそくさんなり、菓子類、ンの、マシュマロが好物やったですが。こちが、左程には、好かんでね。
バナナも好物やったですが。バナナなら、買い置きのがあるですが。折角なら、新しいのをと、思うですが。
さての、どしたモン哉と。イヤ、お供えをや。


オッとの、そんな事で、当家、三人娘、女子会の面々の、5月4日の話をしてるですが。
その日は、昼飯、先斗町、鴨川の、納涼床で、晩飯、ネット予約の、「大人の隠れ家」で、ですて。贅沢やなと。
この歳、親子程違うの、当方でさえ、納涼床なんか、見てても、見てるだけでの、経験してへんのにや。
云うたって、是非共のと、行ってみたい。とも、思てえへんけどや。確かに、話の、ネタには、成るのやなと。こんな具合に、でして。

イヤ、「いずもや」になら、何度か、行ってるです。多分ならばの、4度哉と。
内の1度は、次男の結婚式<2010年10月20日>の明くるの日。やったの哉の、よ、覚えてえへんわと。
その一寸前にも、姪と、その息子を、「いずもや」に連れてってね。

兎に角、結婚式の時やったの哉の、当家全員、云うてもの、その当時なら、孫、4人も居てへんのけどや。次男、結婚式の明くるの日故、孫君3号、影も形もあらへんし。長男家に、孫娘と、孫君1号哉の。四国組なら、どやったの哉の、嫁はんの、兄夫婦と、姉一家。
姉一家の人数がや、夫婦と、長男<甥>家、夫婦と、その息子1人<現2人>やったの哉と、長女<姪>家の、夫婦と、その息子。これと、孫娘が同じの歳でして。

オッとの、要は、結婚式が済み、その明くるの日、四国に帰るに、高島屋で、諸般の土産モノを買いたいと。
ならばの、昼飯でも、皆で、喰てと。折角なら、四条大橋、鴨川の畔、「いずもや」がええやろと、相成って。
多分ならなの、当時の、掲載文、紐解けばの、分かるのけどや。そであるよな、違うよなでして。自信なし。

いやなあ、要は、姪、「いずもや」には、2度、行ってるし、面白無いと、云うは、折角なら、別の店にと、思たんやろと。
とは、当方の勝手推量なれどです。
当方なら、無難にの、知った店にするのけど。姪は、冒険家なんやなと。この辺り、全然の、性格が違うなと。ンの違うで、当然の、血の繋がりあらへんわと。無いけれどの、可愛く思えてね。
性格がやでと。

オトトの、トットの、でや。
晩飯の話。云うたって、当方、一緒に行ってえへんしで、具体的なるは、知らんけど。
それも、1箇月も前に聞いたの話の、記憶曖昧の、ええ加減。

兎に角、まあ、云うたら、ハキリと、申しの、思てたよりも、あんまりなあと。ええ事、無かったのみたいでね。
ええ事無かっても、話のネタになれば、ええやんかと。
それも、どこなんやと、聞くも、兎に角、河原町のと。河原町なら承知も、この手の、飲食店、一杯あっての。
さりとての、聞いて、分かって、当方、入る怪と、なればの、まあ、入らんやろと。冒険心、皆無故の、知ったとこしか、よ、入らんわと。
知ったは、自分で無くとも、結構の、一緒に行くの面々の誰かが、承知ならと。まあな、飲み屋でも、あるまいにの、ぼったくりは、無いと、思うのやけどや。

でや、ででや。
「大人の隠れ家」なる、奇妙、意味深なるの、屋号哉の店に入り。オッとの、姪の話やでと。
出て来たの、何が出て来た、注文したかは、可能性2つ。単品、2つ、しか、注文してへんでも、無いと、思うのけどや。可能性と、するは、当方の、記憶、曖昧故。

での、ででや。
一つには、だし巻きと、云うたか、ピザと、聞いたの哉の、それが、よ、覚えてえへんでね。
こちが、喰たで無くの、聞かされてるのダケでの、実感あらへんわと。

ンの、話の流れからしたらの、ピザ哉と。イヤ、だし巻き鴨なと。
とりあえずは、ドンと、出て来たは、ええけれどの、切るモノがあらへんわと。三人娘、女子会で喰うに、1個、全部を、1人で、喰えと、抜かすの怪の。まさかのと、切るのが、道具があらへんけどと。
店員を呼びの、伝えたならばの、相、申し訳ありませんと、出て来たの、だし巻きやったか、ピザを、引き取ってもてね。下げてもてね。
そんな事、頼みも、云いもしてへんのにと。切るモノをと、云うただけやのにと。とは、姪の言。

での、一旦、下げて、切るのを、付けて、持って来るかと、思いきやの、全くの出来たての、ホヤホヤの、湯気立ってるのを、持って来てくれてと。へえの、ええやんかと。
良心的やないかと。申せば、新しいのを、作ってくれるは、ええけれどの、その分、待たされたんやと。オッとの、そら、そやなと。アハハのハと。
笑てやたわと。
(16/06/08)


NO.1753 女子会の話(4) 忘れてならじの、「ロンドン焼」の話

そんな事で、6月8日の、母の命日。
なるは、本日での、結果的、ンの、そやなあと。
お供えには、おけそくさん、要は小餅なれどの。それと、マシュマロと、バナナの少々の高めのを、買い求め。そこらの、スーパー、「マツモト」で、なれどの。
買おて帰って、ハタと、仏壇見たら、バナナが供えてあってね。
そらなの、誰と、なればの、当家、住民、タタの二人故の、当然の、嫁はんが、お供えしてたになるですが。

結果、命日の、お供え、バナナが、二房。
諸般、嫁はんより、ケータイにの、おけそくさん、買おて帰ろかと。イヤ、先程、先刻、買い求めての、お供えしたでと。さよかと。


での、オッとの、トットの、忘れてたです。
叱られるです。女子会組の三人娘より。

イヤ、三人で、お土産を買おてくれててね。帰るなり、ハイと、長男嫁より、戴いて。ンの、当方1人に戴いたで無いわの、全員に、でして。
モノは、「ロンドン焼」でして。ドカンと、一杯の、そらなの、総勢、14名様。別段にの、14個では無いです。数十個。数までは、数えてえへんわと。

での、「ロンドン焼」ねえ。久しぶりに喰うなと。大いに、感謝感激の、雨霰の、早速にも、1個、戴いたですが。
コレ、京都では有名でね。一発、分かるの、新京極の、四条通りから、入って、スグのソコにあるの、「ロンドンヤ」の、でして。
当方、物心付き、知った時には、あったです。「ロンドンヤ」がで、「ロンドン焼」がです。ンの、創業、昭和の、22年でして。何を隠そおの、隠す事も無いの、当方と、同年齢、なんやでと。
どんなモンやと、問われたならばの、形状、タイコ焼でして。中身、白あん状のモノでの。店としたら、カステラ饅頭と、称してるですが。

いやなの、所謂の、自動機、オート・メーションの機械で、製造されてるです。
その機械が、造ってるの様子が、店内、ガラス越しに見えてるです。正確には、その様子を見せてるです。
当方なんか、小さい頃、飽きずに、見てたわと。

での、そこで、当方、「ロンドン焼」について、云々、かんぬんと、講義致しまして。三人娘、女子会組にや。
イヤイヤ、前段、記載の通りの事を、でして。その昔より、あったんやでと。名物やなと。懐かしいなと。嬉しいなと。何十年ブリに喰うの哉と。

更に、申してやるに、教えてやるに、この、「ロンドン焼」の、「ロンドン」なるは、「ロンドン、パリ」の、「ロンドン」でして。
云うとくの、真相なら、知らんのけどや。そら、店主、店員と、話なんか、してへんし。聞いても無いわと。
されどの、祖母より、親より、叔父達より、聞いてたわと。多分なら、なと。他に、教えてくれるの人、居てへんわと。
又、聞いて、一発、妥当也と、解釈、理解、致したわと。くれぐれもの、その昔、昔の話やでの、ソラ、当方、小さい頃に聞いたの話故。

でや、当時には、「ロンドン、パリ」。
或いは、「パリ、ロンドン」と、申せば、ハイカラの代名詞でして。何分の、行った事も無いの、フランスは、首都の、「パリ」。エゲレスも、コレ又、首都の、「ロンドン」。
要は、先進国、フランス、エゲレスの、首都の名、なるは、時代の最先端であるを、表現するの、言葉でして。

まあ云うたら、自動機、オート・メーションで、人の手で無くの、菓子造る。なるは、時代の、最先端の、技法、製造法での。菓子をこんな具合に造るの怪の、そらなの、当時には、こんな機械、珍しいてね。見た事、あらへんでね。
そらなの、洋菓子でもの、工場内なんか、見せてくれるのモンかと。又、製造機械、そのものの、存在すら、知らんわと。製法も、知らんわと。
しかも、窓越し、ガラス越しであれどの、外からでもの、惜し気無くの、見せてくれてるです。
その機械が、どれ程の、高価、高いの機械か、知らんですが。噂の範疇での、軽くの、家、一軒、二軒造れる、買えるの値と、違う怪と、評判でして。当時には、なと。

イヤイヤ、当方の、この話、全くのデタラメに非ずの、相当なるの、高確率にての、正解でして。
イヤ、「ロンドン焼」の、「ロンドン」なるは、「ロンドン、パリ」の、「ロンドン」なるぞの、話が、でして。ハイカラを意味するぞと。ハイカラも、表現的、古臭いけどや。
ンの、ならばの、当世、この、ハイカラに替わるの表現、あるの怪の、あっても、当方、知らんしと。


での、思うに、感ずるにの、この三人娘、斯くの如くに、女子会開催するは、結構なると。
繰り返せば、皆、同年でして、話も合うの、やろと。
姪も、わざわざの、四国、香川の仁尾から、こちに、来てまでの、女子会やしなと。余程に、気が、話が、気心合うのやろと。さもなくばの、遙々の、来るのモンかと。
イヤ、再度の、結構なると。

そらなの、合わんなら、姪も、こちに来てまでは、しやへんわと。
三人して、外出もしやへんわと。嗚呼の、結構なるの、こちも、嬉しいわと。
反対にの、顔も、見とない、話も、合わんの、横向いて、ホイは、困るの事よと、違うしなと。

ででや、「大人の隠れ家」での、話の、モノが、ピザのよな、だし巻きのよなと。
ピザなら、暖かいの方が、ええしなあ。少々の、時間、待たされてもでして。だし巻きにしたって、出来たての、ほやほやの方が、美味しいと、思うのけどや。
この辺り、聞いてるの当方にしたって、時刻も、時刻の、兎に角の、皆が、帰って来たが、零時を過ぎたの、午前様でして。
正直、眠たいわと。

且つは、最初に、「ロンドン焼」の話の、当方の講義が始まってもて。
そこから、での、女子会は、どやったの怪と、尋ねたならばの、姪の独演会が始まってもてね。こんなに、話をしてくれるとは、夢想だにも、してへんでね。
最初が、床の話で、後が、「大人の隠れ家」での、話での。

こちも、三人組も、適当に、チビリ、チビリの、アルコール系も、大して強くもあらへんの。はきりと、下戸故、つまみに手を出し乍らの拝聴、方々、疑問点は、問い正し。
問い正すのモンやから、又、話が、加熱の、まだまだ、あるよの、失敗談がと。
失敗も、当人達の、失敗でもあらへんですが。まあ、云うたら、面白い話があるよの、意でして。
こちも、缶酎ハイか、何か、チとでも、飲めばの、ホロ酔いでの。ン、ン、それでと、下手したらの、話、面白いし、涙まで、流してもてね。

そんな次第の、斯くなるでの、ンの、そんな時間、零時回っての、男衆も、順々にの、風呂入ってもてるし、女子会のも、順々にの、入ってしまわんとなの。
明日は、特段の何もあらへんしの、ユックリの、寝て頂戴の。こちも、その方が、助かるわと。
どちみちの、少々の騒音では、起きんけど。当方がや。

いやなあの、孫共、大体が、朝早あてね。
特には、孫君1号、5時頃、6時頃哉には、起きてもての。テレビでもを、見てるですが。続いて、孫君2号で、三号で。孫娘が、大体は、一番に遅いけど。
ンの、姪の息子は、どやったの哉の。早い筈での、皆、特段の、用事もあらへんしで、寝てたらと。
申すですが、朝早いなと。
これでは、カカ族、大変やなと。

とかとかの、母の一周忌も、無事にの。女子会も、無事にの。
女子会の間の、孫世代の子守も、無事にの。
皆が、帰ってもたの、後の話の。

嫁はんに、あの、「ロンドン焼」残ってるかと。残ってたら、喰いたいなと。
申したならばの、孫共、欲しいと、全部、持ち帰ったですて。
へえと。あのなあと。まあ、ええけどや。
(16/06/09)


NO.1754 冷蔵庫が届いたの話

さての、本日、朝、8時45分頃。
電話がリンリンの、特段の、怪しいの電話に非ず。押し売りでも無くて。
イヤ、電話には、嫁はんが出たですが。先様、「ジョーシン」。

イヤイヤ、本日、12時から、15時の間に、冷蔵庫をと。
イヤイヤの、イヤの、この日、12日にと。とは、当方よりの、指定での。

そですかと。
とは、嫁はんなれどの、冷蔵庫の中身、空っぽにしといてくださいねと、云われの、そら、そやなの、朝から、大忙し。
とは、主たるは、嫁はんなれどの、こちも、それまでにはと、するのか、午前中には、経路の確保しとかんとと。

いやね、ほんとなら、玄関からが、ええに決まってるですが。最短距離での、その玄関には、母の手摺りが取り付けられてましての、外すに挑戦したですが。
これが、ねじ山、潰れててね。当方が潰したで無いです。取り付けたの方でして。ねじ山、潰れてるのダケなら、チカラ尽くででもと、思うですが。思うに、ペンチを取り出し、回すにも、掴めませんでして。ねじ山の箇所がや。
これが、4個、上下の両側に、8個、なれどの、片方の、2箇所、2箇所は、プラス・ドライバーで、簡単に外せるですが。別途の、2箇所、2箇所が、難儀の、ねじ山が、でして。

そらなの、壊すの気でやれば、なれどの、壊してもたら、しかるべくの時期、こちが、お世話に成るの時、不安定も困るの事よで、下手にやらんの方がと。
云うたら、想定外の、ガチリと、作られてまして。
イヤ、手摺りを取り付けられてるの、枠と、するのか、箇所が、でして。その板を、取り外すも、考えたですが。くどいけど、頑丈でね。

オッとの、こんな事、当日、本日には、してませんです。昨日でして。
よて、本日なるは、経路、裏手、奥の部屋からと、決めてまして。その経路の確保をと。
要は、我が愛車、カローラをガレージから、出して、道路の向かい側えと、移動させ。
しかる後、ガレージには、タイヤ保管の、ラックを移動。家の横手に、置いてあるの、ボロ自転車も、移動させ。植木も、相応にの、移動させ。
以て、経路の確保出来て。

他にも、細々あるの、兎に角、12時までにはと、片づけて。
飯も、早めにの、早めも、12時過ぎなれどの、ラーメンでもと。喰い終わったの頃、来てねえ。トラックがや。「ジョーシン」がや。
イヤ、良かったです。本日、夕方近くにでもなれば、雨予想。
雨の降るの最中に、冷蔵庫の搬入、搬出もなと。搬出なるは、現有冷蔵庫なれどの、お持ち帰り、して戴くに成るですが。

でや、担当者より、早速にも、経路の確認をと。
での、当方、この玄関からは、搬出出来るですが、搬入無理と。担当者、メジャー取り出し、寸法計るに、ンの、ダメですねえと。搬入がや。
ででの、搬入については、こちからと、横手を通って、奥の部屋から、台所の経路を説明。ンの、そですねえの、モ一寸、植木鉢をと。ンの、少々、残ってたなと。早速にも、取り除き。

来たは、2人でして。
そらなの、1人では、無理でして。モ片方の方、図体、デカいの人でね。特に、横幅なれどの、申すに、居間、外側の部屋なれどの、こちからでは、ダメですかと、問うが故に、嗚呼、ここですかと。
残念乍らの、網が張ってあるですと。要は、外からの、目隠し用ので、何やろねえ。蔓の張るの、観賞用花が植えてあるです。
これを、退けるは、大事でして。やて、出来ぬ事、無いけどや。折角の、蔓をば、切断せねばの、どしょも無く。
そらな、人数掛かって、そのままに移動するなら、可能なれどの、爺婆、2人で、やてられんわと。
と、までは、申してませんですが。

での、まずは、現有冷蔵庫の搬出での。
まあ、流石やねえ。2人して、上の敷居にぶつからぬよに、慎重に、慎重にと、搬出してくれやはてね。
こちは、諸般、見てるのダケなれどの。途中までは、でして。

いやなあの、出た箇所見たら、埃だらけでね。
オッとの、トットの、今の内にと、雑巾取り出しまして。ンの、雑巾では、間に合わんの、手で、掴める程の、埃でね。
二の、五の、三、四が、四苦八苦の、九、ク、苦と。
とは、云うてられんの、掴んで、ゴミ箱に直接のと。取ってから、雑巾にて、こびり付いたの、箇所を綺麗にと。
そらなの、搬出のは、14年選手での。14年間の、埃が堆積してるわと。

その間、「ジョーシン」の2人が、新冷蔵庫を裏口、奥の部屋の方えと、運んで来まして。裏庭にての、梱包解いて。
オッとの、ここでも、当然にしての、経路確保で、テーブル等々、小物、大物、移動させてもてるわと。

搬入そのもの、なるは、上の、敷居さえ、突破で、スグでして。
担当者、曰くに、両開き故、左側扉を開けるの際、この箇所にと、上の敷居の箇所に、ぶつかるに成るが故、クッション等々、施しておいてくださいねえと。
ンの、成る程の、そやなあと。

これは、手持ち、買い置きのが、あるが故、早速にも、相応の箇所に貼り付けたですが。
以て、搬入も、終わってもての。諸般、担当者より、書類の説明方々、サインせよと。ハイ、承知の、嫁はんがサインしたですが。

イヤイヤ、ここだけの話の、他言無用のや。
嫁はんとは、小声で、相談の、担当者の方々には、御礼の意の、少々のと。金額、手渡す怪と。
イヤ、気は心での、気持ちや、気持ちの範疇での。知れてるですが。サテの、幾ばくかが、判断難しくの、そらなの、大の、大人。しかも、片方、横幅も、相当なるの、まあ、若手なれどの、どする兵衛哉の。金額をや。

くどいけどの、折角の、手渡しての、ンの、子どもやあるまいにと、思われてもなと。
ンの、金額の多寡に非ずの、少々でもの、戴ければ、嬉しいと。
とは、思えどの、ソラなと。まさかの、硬貨で、1円、2円は、マンガの世界の、10円、20円も、あのなあと。
さりとての、百円、二百円も、小学生、中学生やあるまいにの、それでも、缶コーヒーなら、1個、2個、買えるのけどや。それなら、缶コーヒーでもを、飲んで頂戴なと、品物の方が、宜しくて。
残念乍らの、缶コーヒーをば、準備してへんでね。そこまでの、思い、至らずの。

まあ、云うたら、気持ちや、気持ちの世界の、気分、害せぬ程度を、責任者らしきの方え、そと、渡し。当然の、剥き出しでは無いの、包んでるけどや。
そと、渡しの、そも、変なれどの、悪い事、してるであらへんの、お二人でと。
嫁はんから、なれどの、まあ、云うたら、変な話の、買う時、「ジョーシン」にての、1万円は当然の、招待のチラシ、特典に、記載の分での。せめてもの、最低限、消費税分をと。ならばの、結構なるの金額なれどの、成る、成らんの、千円引け、端数引け。
等々、最終的、ン百円、ン十円の、攻防に相成って。結果的、消費税分以上の、引き取り代も、消費税も、込み込みの、198千円が、20万円丁度にしてもろたですが。
ここで、気前良くの、御礼してたら、世話無いけどの。何のための、攻防したの、哉の。
されどの、あれは、あれの、これは、これでの。再度の、気持ちや、気持ちの世界の、当然の、万事、終わってからでして。手渡しがや。

での、諸般、終わってもての、嫁はん、出した冷蔵庫の物を、収納しの。
上には、従前より、置いてたのを、置くに、ンの、ン、ンの、取扱説明書には、上には、物、置くなと、してあるえと。ン、ンの、そんな事、あらへんやろと。椅子を引っ張り出しの、乗って、冷蔵庫の、天井、上見たならばの、成る程の、部品と、云うべき哉の。
要は、最上部は、平らで無くの、突起部、部品あってね。

見て、嗚呼の、そかの。
そらなあ、最初に聞いてたわの。Panoasonicのは、上部にモーター、コンプレッサ部が取り付けてあると。結果、下部の、冷凍庫なりは、収納スペースが広いですよと。
とまあ、云うたら、ここまでの事には、思い至ってえへんでね。
何分の、高さ、180センチで、当方よりも、軽くの、背丈、高いわいと。見えへんわいと。
トッとの、されどの、全くの置いてはいかんであらへんやろと。軽い、不燃の物なら、スカスカならばの、要は、熱が籠もったりの、せぬの、プラスチックの籠なら、構わんやろと。

斯くしての、当家、積年のと。
までは、大袈裟なれどの、横幅、60センチのが、68.5センチに相成って。
確かに、新型のは、内部、綺麗で、ランプまで、付いててね。
結構なると、大満足。
(16/06/13)


NO.1755 古希、北海道旅行の話(1) 経緯の話

話、出たは、昨年<2015年>の、6月7日<日曜日>の、同窓会にて、でして。
京都駅前、「酔心」にて、何名集まったの哉の、10人やったの哉の。
参加人数、一番に多かったですが。

いやね、北海道に帰郷したの、エイジ君も、わざわざの、こっちに来てね。
従前、エイジ君が幹事役であったのが、帰郷してからは、当方にお鉢、回ってもて。
いやねが、モ一発の、それまでは、大阪、梅田、曾根崎警察署で、集合にての、エイジ君が、予約の、店に歩いて出向いてたですが。
毎回、毎年、忘年会なり、新年会。或いは、夏場の同窓会でね。

この時には、母校の大学で、先生してるの、3君。
この内の、2名、電友会会長、会計してまして。モ1人は、広島大学と、云うたの哉の、も、行ってましての、博士号取得してるのらしく。イヤ、名刺をくれて、肩書き見たら、そんなよな、事をで、へえと。

その一次会、終わって、二次会なるは、適当なるの、喫茶店。
満席と、するのか、空いてる故、入ったですが。10人もは、一緒は無理で、タバコ吸う派と、吸わぬ派に別れてね。
どちにしたって、ヒロシ君、提案するに、来年にでも、古希で、北海道に旅行しやへん怪と。

北海道ねえ、当方、北は、青森までで、南は、福岡まで、でして。
青森なるは、2006年の事での、区長職、任期満了にての、嫁はんと、ン十年ブリの、旅行でして。ツアーでと。
福岡なら、業務で、出張でして。そこから先、沖縄は、知らんわと。

まあねえ、ここで、幹事決まって、何故か、又、当方、ヒロシ君、ノブユキ君と、ケンイチ君の、4名。
諸般、イツが良いかを、適当に、意見聞けば、会計してるの、ケンシン君、曰くに、大学の授業等々の関係よりの、7月20日までは、ダメと。21日からが宜しいと。ンの、ならばの、大学関係者、3名居てるが故、原則、7月21日からに、しとこかと。それで、よかろおと。
ついては、ヨシロウ君、ラベンダーが見たいなと。ンの、それも、計画に入れとこかと。

概ねの話、決まって、同窓会は、解散。
実は、その日、帰っての、真夜中、2時頃故、日付替わっての、8日になるの、電話が、リンリンの、ギクリの、「こもれび」の、看護師からでして。
要は、母の息が薄くなてるが故、早急にと。

ここから、諸般、バタバタと。
云うたら、徹夜、徹夜のと、までは、申さんの、されどの、そこから、夜通しでして。友引の関係も有りで、通夜、9日で、告別式、10日にと。
オッとの、そんな事情にての、この同窓会の日も、相談の事も、よっく、覚えてるわと。

そこから、幹事のみの、相談、打ち合わせの会、先の、「酔心」の隣の、「京すいしん」にて、昼間に開催したり。
その日は、ノブユキ君は、用事あって、先に帰ったですが。他の3人にて、花見小路の、「歌舞練場」に、フェメール展を、見に行ったなと。

正直には、母亡くなっての、そんな気分で無かったのけどや。
幹事故に、まあ、云うたら、しょがないわと。来年の事やしなと。

そして、全員での、打ち合わせは、「酔心」にての。
その時には、2人が、欠席の、電友会会長の、ヒデトシ君、ここだけの話の、でも、無いの、前立腺癌手術したらしくの、諸般、リハビリもあっての、申し訳無いけどと。
モ1人のは、誘いはしたですが、欠席すると。基本、北海道もパスと。
この1名、大体は、前回の、同窓会には、初参加でして。まあ、云うたら、卒業以来の再会と、なるですが。

この、打ち合わせ会に、出席したものの、ラベンダーを見たいなと、熱弁の、ヨシロウ君。コレ又、検査で、引っ掛かってもての、処理しんならんしと。
北海道なるは、不参加すると。そかと。
結果、この時点にて、6名参加と相成って。云うとくの、エイジ君なら、地元故に、現地にて、合流でして。これを加えれば、7名に相成るですが。

更に、云うてもたらの、昨年9月には、ケンシン君の、親父様、亡くなってね。
このショックで、意気消沈の、北海道は、辞退すると、申してましての。そらなの、分からんで無く。当方にしたって、母亡くしての、本来的、そんな気分であらへんわと。
されどの、くどいけどの、幹事でして。
ほんまやでの、幹事で無ければ、断ってるの可能性がの。されどの、その時には、来年の事でして。北海道旅行がや。
まあ、それまでには、一周忌も済むに相成り、1年も経てば、13箇月も、経過で、喪も開けてるわと。

でや、このケンシン君、年明けての、ンの、参加すると、相成って。
そか、ヨカツタなと、云うてるの矢先の、先月、今度は、メニエールとかとかで、辞退すると。えと。
云うたって、なの、ふらつきあっては、そら、旅行を楽しんでるの場合で無いなあと。仕方が無いなあと。

での、結果的、こちからは、5人参加となてもたですが。
今年の最初の頃には、マダ、半年も先の事と、思てたが、先月には、マダ、来月の事と、思てたのに、イヨイヨの、当月、7月になてもたら、早いねえ。
アと、云う間に、明後日出発ですて。
準備も、出来たか、出来てえへんのか、適当でして。

いやね、この、16日、17日には、神戸、長男宅にと。
諸般、孫娘と、長男の誕生会でして。ンの、孫娘なるは、6月産まれで、長男、7月なれどの、まとめて、この日にと。
神戸に行くなら、神戸で、調達する怪の、リュックサックと、ポシェットをと。その他、靴下とか、上着に、ズボンなら、6月下旬頃より、揃え出してるですが。肝心の、入れ物がと。
長男からは、海外出張の際、持参してるの、キャスター付き、旅行ケースを、貸そかと、提案してくれたですが。ども、他の面々、リュックサックにすると、申してる故、一緒にするわの、有り難うと。

イヤ、旅行ケースは、貸していらんと。
いやねの、これも、原則、手荷物なるは、機内持ち込みでと。預けるなと。預けられたら、手荷物、回収に、時間要するがためと。ノブユキ君のお達しでして。
リュックサックなら、これからも、もしかしての、もしかしたらの話の、使うの用事ある鴨なと。

ででや、神戸で、長男より、コレ、旅行のお小遣いと、次男の分もと、ン万円呉れてね。
本日には、嫁はんより、お小遣いと、ン万円呉れてね。
実は、別途には、旅行と、云うで無くの、妹婿母の四十九日の法要の際。終わってから、なれどの、妹より、古希祝いとして、ン万円呉れてね。

再度、申すの、妹のは、旅行云々には、関係あらへんのけどや。
そんな話、してはいてるものの、こちの、葬儀に、法事。あちの、葬儀に、法事と、連続してての、それ以上の話題になんか、なってえへんわと。

いやなの、そんな事で、お小遣い、大いに増えてもてね。
お土産をどする怪の。そんな話、してたら、長男曰くの、それ、気にせんと、お小遣いやと。そかと。
とは、云うたってなと。

それこその、あちに、こちにの、近所も含めの、相当数の、お土産いるなあと。
どんな土産モノがあるかも、知らんのけどや。
そらなの、更に、云うたら、8月のお盆の時期には、嫁はんの里帰りも、あってね。そちにも、いるやろなと。
さもなくばの、四国の里行って、北海道の話なんか、出来んわと。

云うたって、諸般、説明に、苦慮するのけどや。
何故かは、ここでは、申さんわと。
(16/07/20)


NO.1756 古希、北海道旅行の話(2) 我が家、出発の話

そんな事で。
結果、幹事の、4名に、ヒカル君を加えたの、5名が、「伊丹国際空港<伊丹>」から、出発するになったですが。
現地で、北海道のエイジ君と、合流で、都合の6名様。
更に、23日には、ケンゾー君<静岡出身>のが、現在、北海道在住故に、夕食に一緒したいと。
まあ、云うたら、面々、よくよくの承知で、是非にも会いたいと。何故に、そちに、移住したかは、概ねなら、エイジ君より、メールで、承知なれど。会おた時にでも、突っ込かと。
ンの、何故に、その事<移住>、エイジ君が知ったかは、その時<夕食>にでも、記載するかと。

でや、当方的、「伊丹」なら、渡韓<韓国工場出張>なり、クレームでの、仙台空港哉の。要は、20年以上経つですが。
「空港リムジンバス<空港バス>」でして。
ほならの、ケンシン君、モノレールがあるぞと。その方が、安全、確実やでと。申すが故、フウンの行き方知らんし、宜しくと。しかるべくの場所で、落ち合い、一緒にと。
してたのに、ケンシン君、メニエール<三半規管の異常>で、不参加と成りに、蹴りの、コマツタなと。

思てたの矢先、ヒロシ君<高槻在住>のが、ケータイ一発、どの経路で、伊丹に行くの怪と。
尋ねるが故、正直なるを伝えたなら、フウンの、ほならの、JR高槻駅で、待ち合わせの、一緒に行く怪と、云うて呉れたし、ンの、渡りの船と、宜しくと。
イヤイヤ、そこ、「JR高槻駅」から、「阪急高槻市駅」に移動。「南茨木駅」で下車で、モノレールで、「伊丹」に行くと。フウンの、宜しくと。
ソラ、モノレールでの、「伊丹」なんかは、初でして。そもそもが、あるを知らんわと。

よて、当日<21日>には、朝、8時前の、JR嵯峨野線、「並河駅」から、「京都駅」での、諸般、「駅探<ekitan>」にて、検索、探索しまくりの。兎に角、中央改札口えと、相成ったですが。
当然の、駅までは、嫁はんに車で、送ってもらうですが。

にしてもの、何やねえ。
準備、そのものは、1箇月以前より、チョとずつ、してたですが。
本格的には、まあ、云うたら、前日、前々日から、哉と。
新調の、リュックサックに、ポシェットに、しかるべくの、持参するモノを、入れたり、出したり、致しまして。
持参も、主は、着替えモノでして。3泊4日故に、3着分の、着替え等々、ハンカチとかや。安全のため、長ズボンと、半ズボン。下着も、パンツ、シャツ、ステテコにと。

雨に降られたらと、折り畳みの、傘に、ポケット・ティッシュに、バンド・エイドに、便秘の薬の、マグミット。別段にの、便秘症状でもあらへんの、けどや。安全のためでありの。ソレ、持参なら、前立腺肥大の薬、要は、オシッコを出し易くするの薬での。「ハルナール」と、「アボルブ」も、準備して。
オトトの、諸般の、お小遣いも、でして。
呉れたの、もろたの、軍資金も、結構なるの、額になてね。そらなの、乏しいの資金よりは、潤沢の方が、心丈夫は、あるなあと。

とか、云うたって、自分の資金に、加えての、面々の共通の出費、精算の際には、まとめて、支払う怪の、その会計担当に、無理矢理させられての、その分の、資金も預かるになるし、なと。
相当なるの、金額、保管、所有も、責任重過ぎるわと。常平生が、そんなに高額、ン十万円もの、金、持たんわと。
それ以上に、公私混同避けるがための、自分の財布と、皆のを保管の財布を、持つになりまして。
それがや、メール情報に寄れば、皆のが、30万円辺りになてもてね。こんな高額、預かるは嫌故、皆で、手分けで、保管せよと。でも、申すかと。
そらなの、計算間違い、とか、落とす、とか。してもてみい、大変ぞと。大変故に、皆、遠慮と、するよりは、逃げやがてね。ほならの、個別で、各自が、支払えばええのにや。そんな事、してたら、時間掛かると。

それを、1人で、支払うも、こちに、時間取られの、なと。その上で、最後に集計、返金なり、徴収しんならんわと。
ンの、まの、誰かに、会計監査、計算させるの手もあるなと。多少の誤差に、責任持たずと。とも、出来んのけどや。多少なら、結構も、膨大ならの。膨大なるの、誤差、生じるの事も、あらへんやろと。思うのけどや。
どちにしたって、皆の資金、但しの、共通のや。資金、預かるは、気が重いのお。

とかとか、なんか、左程に、深刻には、考えてえへんのけどや。
そんな事より、食事の際の、生ビールを飲むに、どするやと。
意味なるは、飲めるヤツなら、ガンガンでの。当方なら、1杯もあれば、充分での。1人、ヒカル君の、飲まんしなと。烏龍茶哉の、既に、不公平感あるのけどの。これを、一々の、あんた、何杯、おまえ、何杯と、個別に徴収なり、精算させててみい。意味あらへんでして。それなら、最初っから、個別でと。
要は、その辺り、飲む、飲まんも、一切、無視の、一律にと。

そらなの、場が、場だけに、当方にしたって、1杯くらい、飲みたいわと。常には、飲まんのけどや。車で、行ってるであらへんわと。の、程度の、下戸なんやと。
云うたら、一滴もで、あらへんの。されどの、自分から、進んで、飲みたいと、するで無く。正直になら、夏場、この季節。料理にも、寄るの、皆が飲むなら、お付き合いと、するも、異の、そらなの、場で、飲みたいわと。
云うたって、なの。しかるべくの、料理屋、店でなら、生ビールの、「中」でも、可成りの、ええ値段してるわと。ンの、そんな事、今、考えてもなと。
とりあえず、皆には、そのよに、伝える怪と。余程で、無い限りは、一律にすると。1杯も、5杯も、均等割と。飲まぬは、損なれどの、損得、云うなら、個別に支払えと。文句、あっかと。
ほんまやでの、烏龍茶一杯、生ビール一杯も、左程に値に差は無く。何杯かで、差が出るわと。

トッとの、そんな話は結構の。
イザの出発。我が家をや。

基本、出張と、旅行は大違いの、当方なんか、出張なら、なの、旅慣れてえへんでね。
リュックサック、担いでなんか、初でして。オッとの、タバコも数個、旅先で、自動販売機や、コンビニなんか、探してられんわと。されどの、ライターが、一個ですて。飛行機に乗るに、検閲あっての、予備の持参、出来ませんでして。
とかとか、云うてるの間、云いはしてへんの、思てるの間にも、家出るの時間に相成ってもて。へえの、モタモタ、してられんの、急がねばと。

まあな、実際には、飛行機の時刻の、1時間前の集合での。余裕、充分なれどです。
一応は、9時15分に、「高槻駅」の中央改札口と、成ってましての。そんな上手い具合の時刻に、着けへんわの。8時55分の着でして。
駅界隈、禁煙でね。
いやなの、喫煙出来るのなら、改札口出て、待つの間、タバコでも、一服と、してられるのけどや。当世、厄介やなと。肩身の狭い事。
(16/07/26)


NO.1757 古希、北海道旅行の話(3) 無事、全員集合の話

いやね。
予定通り、「JR高槻駅」下車。
いやね、高槻駅なるは、重々の承知してるですが。ソラなの、大阪に行くに、電車でなら、通過してるわと。されどの、この駅で、降りた事、あらへんでね。降りて、何するの用事があらへんでして。
よて、高槻の駅界隈と、する以前の、駅そのものが、初でして。下車した面々の、流れに添て、移動したなら、あちら、「中央改札口」。こちら、「トイレ」の案内板見えて。
嗚呼、先に、トイレやなと。ソラ、時間、充分での、待ち合わせなるは、9時15分。着いたは、9時前でして。

小用済ませて、再度の確認の、ここが、「中央改札口」やなと、案内板見てたら、「柴田、こっち、こっち。」と、声聞こえ。そちの方、向いたら、ヒロシ君が、改札口の向こうで、手を振っててね。
嗚呼、ヨカツタなと。迷子、迷爺に成らずに済んだなと。

での、ヒロシ君、曰くに、時間あるしと。
時間、あるは、重々の承知の、でや、コーヒーでも、飲みに行こかと。へえと。
事情聞けば、阪急の、「高槻市駅」から、「南茨木駅」えの、電車の都合がと。へえと。

云うたって、そんなに時間はあらへんですが。ここは、地元の人間に任せる怪の、駅から、チョと、行けば、商店街があっての、そこに、マクドナルドがあってね。マクドナルドの、コーヒーを云うてるのらしくの、ホット・コーヒー注文致しの、朝から、二杯目やなと。

でや、ヒロシ君の出で立ちも、概ねの当方と一緒の、リュックサックと、ポシェットでして。リュックサックも、小振りでね。
まあな、主力の持ち物、着替えでして。ケータイの、傘、ンの、折り畳み傘と、称するなの。も、持参で、一緒やなと。

ンの、実は、当方、次男嫁から、貰たの、カメラ、Panasonicの、「Lumix」の、「FX8−S<シルバー>」なれどの。持参するの積もりで、昨日、前日には、充電したですが。
そらなの、こんな時にこそ、持参せねばの、イツ、使うやの、代物、道具、ツールでの。
されどの、諸般、これを、リュックサックには、入れずの、ポシェットでして。

ポシェットには、一旦、入れたのけどや。
ここに、財布、小銭入れに、タバコに、ライター。財布も、皆の分、会計故の、記録帳に、ボール・ペンに、ポケット・ティッシュに、ハンカチにと。あれこれ、入れたら、重とおて。
小銭入れも、大銭、小銭の、2種類での。
大銭なるは、10円、50円、100円玉に、500円玉なれどの。小銭なら、1円、5円と、10円でしての。ほならの、10円玉が、二重なれどの、ま、細かな事、置いといての。
これが、特に、重とおて。
結果、小銭入れに、適当なるの、金額、1円玉、5円玉、10円、100円の、精々が、千円程度に抑えの、大銭入れは、止めてもての。

とかとかの、カメラは、止めにしてもたわと。
理由ならばの、カメラ・マン、多いやろと。
特には、エイジ君が、必ずや持参の筈での。こちから、行くの、5人にしたって、内の、ヒロシ君、ケンイチ君も、持参の可能性、無限大。
それもあるし、会計しつつの、とは、精算なれどの。金額等々、記録しつつの、カメラを撮しは、ええやろと。止めたわと。

とかとか、雑談してたら、時間ですと。
ヒロシ君の道案内にての、阪急えと、急ぎの、ンの、そこに、とするのか、改札口手前かに、ノブユキ君が居てね。
オッとの、ここから怪と。そやと。へえと。
とは、勘違い、記憶ミスの、「南茨木駅」で、あったの哉の。ここら辺り、極めての、ええ加減。

オトトの、急がんとの、遅れまじの、そこにあったの、電車に乗ってもての、次ぎ、「南茨木駅」からの、モノレールでして。
これも、一々の、切符買うも大変でして。どこや、どこまでやと。そこや、そこそこ、終点や。そかと。
そして、「伊丹」で降りたら、別の階段から、現れたが、ケンイチ君での。もしかしたらの、一緒の、モノレールに乗ってたになるなと。

ではと、本来の待ち合わせ場所、「JAL」の、受付カウンター辺りに居たら、ヒカル君が現れましての。これも、一緒のに、乗ってた筈の、単に歩くが遅いだけ鴨の。
以て、参加者全員と、するのか、こちから、あっち、北海道、「函館」行きの面々、揃たわと。

揃たら、当方、一寸、タバコでもと。
空港内、禁煙での、敷地内になら、どこかにあるやろと。警備員に尋ねたなら、あったな。
あっち、そこの、木の建物と、するのか、囲まれたの、箇所、場所、喫煙所ですと。そですかの、ありがとう、ございますと。

実は、実はの、後刻知ったの、空港内にも、方々、喫煙場所あるんやわと。
但しの、検閲済ませの、搭乗待合所、なれどの、あったわと。あるを、知ったは、搭乗するの直前なれどです。


いやなの、それでや。
持ち物検閲、検査されるに、全部を籠に入れての、身一つで、金属探知器まで、潜るに、基本的、厳しいけどや。
イヤイヤ、我々、荷物は、預けず、機内持ち込みにしてて。あっちに着いて、出て来るに、時間要するがためでの、諸般、リュックサックにしても、大きさ、厳しく、規定されてまして。
当方のなら、公称、「33x51x22cm」での。全長、「106cm」でして。
コレ、100人以上の飛行機なら、全長、「115cm以内」。100人以下のなら、「100cm以内」と、されててね。

当然の、100人以上の飛行機と、頭っから、思てたけどの。乗ったら、76人乗りでね。
イヤ、一発、算数、暗算、分かるわの。まずは、飛行機の大きさ、座席見たら、縦、20席で、横、4席でして。基本、80席での、場所、場所に寄りの、予備席での。
ならばの、規定外の大きさになってるですが。場合に寄りの、寸法計ると、されてるですが。全然のされてえへんでね。イヤ、結構なるの。
されたら、アンタなと、摘み出されるなり、荷物、少なくせよと、命令、指示されるですが。

いやなのが、モ一発の。検閲の場所には、その入り口には、透明のプラスチックの箱、あって。ライターや、ペット・ボトルの何やろ怪の、飲料水哉のが、捨ててあっての、厳しいなあと、思たですが。
現に、ヒロシ君、持参のペット・ボトルの水を質問されての、飲みましょかと。返答したなら、イヤ、結構ですと、返答されて。
ンの、ケンイチ君なら、金属探知器で、ピピと、鳴ってもての。ンンの、何やろ怪と。その手のは、ポケットには、入れてえへんのにと。
ならばの、もしかして、もしかしたらの、ズボンのバンド怪と。外せば、パス致しの。ズボンのバンドなら、当方もしてるし、皆、してるのにの、何故に、ケンイチ君のみ、引っ掛かったの怪の、原因不明。

上等の、バンドしてるからやと、申したならばの、安物やでと。百円均一と、までは、申さんけどと。
只なの、もしかしたらの、止め金具が少々、大きかったの、可能性がと。

どちにしたって、全員無事通過で、搭乗待合室えと、向こたわと。
にしてもの、空港内の、蒸し暑い事。
そらなの、こんな湿気高く、元々がの、夏場故。本来ならばの、半ズボンにしたいけどの。転けたりしたらと、全員、長ズボン。そして、基本的、バンドしててね。
加えての、出発故の、上着も、着てて。あっち、北海道は、少々の寒い鴨と。
そらなの、こんな場で、Tシャツではなと。
(16/07/27)


NO.1758 古希、北海道旅行の話(4) 「はこナビ」の運転手はええ人の話

いやね。
当世、飛行機も、所謂の、チケットで無くの。「チケット」とは、用紙に、記載はされてるですが。それも、「eチケット」と記載されてましての。
何ちゅうかの、「タッチ&ゴーサービス」と称しの、A4サイズの用紙一枚に、印刷されたの、「バーコード」をかざせば、宜しくて。

そやけどなの、きちんと、かざさねばの、合格しませんでして。
先客、結構、モタモタしてて、案外に進まんと、するのか、担当者に、モ一度とかとか、させられててね。
とりあえずは、我々、御一行様、「JAL2123便」に搭乗。「伊丹」から、「函館」えと、飛ぶに相成ったわと。飛行時間、1時間と、35分。

その間の、機内サービスなるは、コーヒー、ジュース、お茶とかや。飲み物なりが、2度、回って来てね。
イヤ、結構なるの、結構、喉渇いててね。ンの、ここでも、コーヒー戴き、朝から、3杯目と、相成ってもたですが。2度目には、水をと。冷たいのをと。
ンの、飛行時間、1時間35分、ともなればの、「伊丹」から、韓国、「金浦」空港に飛ぶの時間、1時間よりも、長いんやと。そら、距離、長い故での、当たり前なれど、です。

での、乗客、高がの、76名様での、着いて、降りるも、早いねえ。
出たら、そこには、エイジ君が、お迎えでの。やあやあの、久しぶりやなの。何年ブリ怪の。ンの、よ、考えたら、昨年の、6月7日の、この話、出た時の、同窓会には、居てたんやと。
それが、彼、帰郷しての、2年目でして。要は、わざわざの、同窓会に、北海道、札幌から、出席してくれて。
それは、格安の、飛行機、「LCC」とか、云うてたなと。どの程度、安いか、までは、聞いても、右から、左の、スと、抜けて。
そもそもがの、この、北海道旅行も、総額承知も、個別の、宿代、飛行機代なんか、全然の、考えも、してへんでね。万事、エイジ君と、調整役のノブユキ君にお任せでして。

でや、そんなにノンビリも、してられませんでして。
いやなの、結構、タイトと、するのか、ビシリ、バシリの、日程、予定での。
我々なら、無理せず、余裕見てのと、想定してたですが。エイジ君からしたらの、折角にも、北海道に来るならと。最初<昨年6月7日>の相談の時、二次会の喫茶店で、出たの、皆の希望も、取り入れて呉れて。

イヤ、当方ならばの、函館なら、「五稜郭」を見たいなと。
誰が申したかの、函館なら、夜景を見たいな。ジンギスカンが、喰いたいな。此度、一抜けたの、ヨシロウ君なら、ラベンダーやなと。
そもそもがの、この暑い時期、7月21日の、大学の夏休みになるの日からが、宜しいなと、申したの、ケンシン君が、二番手抜けて。

いやなの、大学関係者なら、3人居てるですが。
内の、1人、参加なれどの、ヒカル君なれどの。この時期、一番に暑くて、値が高いですて。そら、大学も夏休みに突入故の。さりとて、乗客見てたら、学生風、居てへんのけどや。

でや、北海道なら、ウニ、イクラ、ホタテに、紅鮭。要は、取れ取れの、海鮮料理を喰いたいなと。申したは、ノブユキ君哉の、心配すなの、旅館では無いの、宿泊、ホテルなれどの、そこで、喰えるし、3日目の、夕食なるは、寿司屋にしてるぞと。へえと。
その替わりに、昼食なんかは、カレーでありの、ラーメン哉と。まあ、結構なるの、朝昼晩と、贅沢三昧の食事も、してられんわと。コレステロールが心配やわと。

オトトの、でや。
忘れてならじの、当方、会計。
実は、前日にも、ノブユキ君とは、電話で、調整、相談したですが。
いやなの、「はこナビ」と、称するの、タクシー。
多分なら、「函館ナビゲーター」なんやろ怪のを、申し込んでましての。2日間の、タクシー代を最初に支払うになってまして。
まさかの、料金、裸状態で、手渡すも失礼千万のと。加えての、チップも、どする兵衛の、これも、裸で渡せえへんわと。
イヤ、万事、予算案には、記載の、決まってるですが。

相談なるは、その金額、予めの、当方、準備しとくの怪と。
するなら、するで、するし。それなら、しかるべくの、袋、封筒にでも、入れとかんと、なと。
ならばの、ノブユキ君、万事、こちで、準備しとくわ。したと。心配すなと。心配すなは、結構も、それなら、それで、云うて頂戴なと。さもなくばの、諸般、準備の事、考えるわと。そやなあの、どちにしたって、その辺り、そちが、してるなら、しやへんぞと。それで良しと。

でや、伊丹空港での、搭乗待ちの時、しかるべくの、当面の金額、共々、タクシー料金、チップの袋入り、受け取って。その他、高額資金なるは、分散管理をと。
そらなの、ノブユキ君、余裕見ての、ン十万円を準備しててね。
そんな金額、全部をこちが預かってみい。自分のも含めタラの、軽くの片手にもなてまうわの。責任持てんわ。怖いわと。

ほんまやでの、下着類のリュックサックになんか、入れられんわの。肌身離さずの、ポシェットでして。ポシェットも、常に、携帯してるで無くの、時偶でして。
外して、忘れてもてみい、大変ぞと。行く先々、観光地での。

オッとの、その話は、その程度の。
エイジ君曰くに、そこらで、タクシー待機してるし、ケータイで、連絡で、現れると。
且つは、諸般、自分が、助手席に座ると、申す故に、ならばの、まずは、これをと。運転手に渡して頂戴なと、タクシー料金と、チップを託しましての。チップの、本日分、明日の分と、二度に分けて、渡すになっててね。

チップの相場も、分からんのけどや。ネットで、探索、検索ならばの、概ね、5千円見当ですて。へえと。
へえも、フウンも、基準が不明の、まあなの、そんなモン鴨と。
この業者、運転手なるは、個人タクシーでして。所定料金の内訳、知らんのけどの、会社なら、その一部が実入りなれどの。個人ならなと。基本、チップはお断りなれどの、そらなの、人間でして。
こちも、学生でもあるまいにの、そらなと。されどの、必要以上の、高額チップもええやろと。ええとは、いらんやろと。

ついでに、申すならばの、話出たの時には、ノブユキ君、抜かすに、移動は、レンタ・カーにしやへん怪と。提案する故、当方、あのなあと。
知らぬ道を、我々が運転するは、怖いぞと。ほならの、申すに、当世、カー・ナビゲーションがあるやない怪と。再度の、当方、あのなあの、やめとけ、やめとけ。我々、年齢、若くは無いにしてもの、ハンドル握るに、他人様の、生命までもの、責任負うに成るぞと。
ここは、一発、少々高額も、専門家と、するのか、タクシーなりに、しとくが無難也と。そやなあと。意見一致で、決まったわと。

ほんまやでの、レンタ・カーなら、誰が運転するにしたって、当方なら、怖いわと。慣れぬの、車なら、余計にでして。
息子の車でも、よ、ハンドル握らんでして。何より、慣れてえへんわの。これが、年齢哉の、その昔、若いの頃、20代、30代、40代くらい、までなら、誰かが、新車でも、乗って来たら、チョと、乗らせて頂戴なと。頼み込みの、運転させてもろたのけどや。
それで、事故ってもてみい、大変でして。
イヤ、若い頃なるは、怖いモノ知らず。事故る等々なんか、頭に無くの、チョと、乗てみたい、運転してみたい。どんな具合か、感触、試してみたいが、先攻、優先でして。

オトトの、どちにしたって、助手席に乗ると、申したの、エイジ君に、その辺り、任せてもての。
いやなの、一見、二軒も、散見、私見も、ええ人でして。運転手の方がで、案外に高齢での。もしかしたら、もしかしての、我々と、同年代か、チョと、上哉と。
云うたら、経験豊富で、手慣れたの方での。熟知されててね。
正解でしたです。

そら、途中、チップの割り増し、検討した程での。されどの、モ、ええのと違う怪と。
そらなの、沢山、出せば、貰えば、有り難いの、けどや。料金との、兼ね合いもあるわと。
その、1割にか、2割かも、あるのけどや。
イヤ、チップなるは、難しいねえ。
(16/07/28)


NO.1759 古希、北海道旅行の話(5) 日本最初の修道院と、五稜郭での、五島軒カレー・ライスの話

でや。
さての、どするやと。
「函館」空港に着いたが、13時20分。
予定なら、即の、タクシーで、「トラピスチヌ修道院」でして。修道院、見学、見物で、「五稜郭」。
「五稜郭」に着いて、昼食で、展望台で、「立待岬」に移動でして。

何云うてるかと、なればの、既に、13時半過ぎての、昼飯、どするやと。先に、「五稜郭」行って、飯喰てから、「修道院」の手もなるなあと。されどの、その辺り、手筈等々、運転手に尋ねてみよかと。
ソラ、地元故、詳しいやろと。

ノブユキ君、皆を代表しての、尋ねたならばの、行程からは、計画通りが順当ではと。要は、行って、戻って、又、行ってに相成るですて。時間が勿体ないと、違うですかと。そもそもがの、「修道院」なるは、見るも、そんなに時間、掛からんですと。行くも、精々が、15分程度での。そこから、「五稜郭」えも、15分ですと。
ンの、そですかで、計画通りに成っての、早速にも、最初の目的地、「トラビスチヌ修道院」えと。

オッとの、その前に。
皆の持ち物、云うたって、リュックサックばかり、なれどの、車の後部の、トランク・スペースに収納の。流石やね。落ちぬよに、網が設けられててね。
イヤ、リュックサックの中身、皆、着替え故、当面、必要あらへんわと。

にしてもの、何故に、「修道院」が、見物、目的地の中に入ってたかは、知らんでね。
我々御一行様の中に、キリスト教徒が居てるで無く。多分なら、仏教徒ばかりと、思てるですが。オッとの、別段の、異教徒、異教、排斥主義者でもあらへんのけどや。
信ずる者は救われるの、助けて呉れるなら、何でも結構の、ご先祖様筆頭に、神様、仏様、キリスト様に、アラーの神でして。日本人は、神々、好きでの、八百万の神々でして。
結婚式にしたって、神式、仏式、教会式までが、あってね。キリスト教信者でもあらへんのにと。むしろの、教会式のが、主流での。コレ、新婦の希望が主なれど、です。

イヤイヤ、実は、この修道院なるが、明治31年<1898年>に出来た、日本最初の修道院<女性>ですて。へえと。北海道、函館にねえ。
キリスト教も、会派、沢山あっての、フランスの、「トラピスチヌ派」の修道女8人が、布教活動したですて。且つは、基本、自給自足の生活での。
修道女手製の、クッキー等々、売店あっての、そこで売られてたですが。果たしての、売り子が修道女かは、分からんの、服装、そこらの子での。では、なさそでね。イヤ、話なんか、一切のしてへんのけどや。
買いもしてへんしと。

オッとの、修道院の、建屋、そのものには、入れませんでして。現に、活動されてるの院での。その前庭等々までが、見学出来るですが。
イヤ、古い、煉瓦造りの、風情溢れるの、修道院でね。たたの、8人が活動しての、造りとしたら、立派でね。
とか、ゆっくりと、散策、歩いてたら、ンの、次から、次ぎえと、見学者、増えて来て。
いやなの、最初、来た時、ガランの、伽藍の、我々以外居てませんでして。半周回った辺り、小高いの場所から、降り出したら、ン、ンの、沢山の面々、突如の出現の。顔形、喋り言葉から、したらの、日本人に非ずの、東洋系外国人。香港、台湾、インドネシア、タイ国、中華辺り哉と。

俄然、騒々しなてもてね。
当然の、日本人の子<女子>らしきのも、散見するのけどや。散見での。へえと。
観光バス、到着、一発、こ、成るの怪と。一気、雰囲気、変貌致すわと。
そらなの、我々、爺族、6名様。運転手、加えの、7名様とは、全然の違うわと。オッとの、この運転手。運転と、ガイドもして呉れて。結構なると。

ではと、次ぎなるの、目的地、「五稜郭」えと、相成って。
ここも、ここから、15分程度での。
イヤ、実は、飛行機の窓から、見えてたわと。へえの、こんな怪と。
云うたら、雪の結晶みたい、でもあらへんの。結晶なら、六方とするのか、六稜での、五で無くて。

実は、実はの、云うたろ怪の。
「雪印乳業」等々、「雪印」系なるは、そのままの、雪の結晶の、六方、六稜。
「サッポロビール」のマークが、「五稜郭」状<「五稜星」と、称するの、「星」>での。
コレ、後日、札幌に行ったですが。宿のソバ、札幌駅の近くでもあるの、「時計台」。
元々が、北海道大学が移転で、時計台のみ、残された。とかの、話の、名所なれどの、その建屋に付いてるのマークが、この、五稜<星>。
オッとの、その関係までは、知らんのけどや。関係とは、「五稜郭」の形を模しての、「サッポロビール」のマークか、「星」を模してか、偶々の事かが、でして。
形状似てるな、相似やな。とは、此度、偶々の、思たの、だけの話、なれどです。

そらなの、「五稜郭」は、デカ過ぎての、形状、イメージ出来ても、「サッポロビール」のマーク、星型にまで、思い及ばんの。
「時計台」にしたって、見たは、此度、初めてやでと。その正面、上の方、見たら、ンの、「サッポロビール」のマークやなと。ン、ンの、コレ、「五稜郭」の形に相似の、真似たの怪と。
ダケでして。

オッとの、そんな話は結構の。
ここで待つと、運転手がで。要は、何ちゅうかの、「五稜郭タワー」前でして。
要は、まずは、飯、昼食喰て頂戴なと。しかる後、タワーに上がるの、案内すると。イヤイヤ、運転手、我々とは、一緒に飯喰わず。時刻も、時刻故の、昼飯なら、済ませたはるの哉と。

での、ここ、「五稜郭」行きたいと、開口一番、申したは、当方なれどの、ノブユキ君、ここでは、カレー・ライスが有名也と。推奨のが、「五島軒」のがと。へえと。
諸般、探索、検索にての、是非にと、ここでと。カレー・ライスをと。フウンと。
そんなに有名なら、行列がと、思いきやの、ガラガラと、までは、申さんの、ガラ状態。6名様程度なら、どこでもと。
されどの、本店、創業、明治の、12年<1879年>。先程の、「修道院」よりも、古いんやと。「五稜郭」完成の、元治元年<1864年>よりは、新しいのけどや。

さての、注文何にする怪の、辛いの、普通のと、2種類あるみたいでね。
この際と、辛いの、カレー・ライスを頼んだが、2名で、普通で結構、4名での。当方、普通にしたですが。ン、ンの、少々、ホンの僅か、甘口みたいでね。
正直になら、量も、少々の、少な目でね。モノ足らず。そらまの、何時や、14時半でして。
ソラ、腹空くわと。

と、思てたら、皆、口々に、まあなと。
カレーは、カレーやなと。何故に、ここのカレー・ライスが有名か、までは、チョとなあの、分からんけどなと。
されどの、有名な老舗のカレー喰たなと。ダアレも、「五島軒」の屋号、知らなんだけど。
されどの、されどで、心配すなの、夜は、函館山で、ジンギスカンやでと。喰い放題ぞと。へえの、結構なると。
(16/07/29)


NO.1760 古希、北海道旅行の話(6) 土産物の話(1)

昨年はね。
諸般、嫁はんの里の方でも、一昨年、不幸あって。
イヤ、義姉婿父の葬儀でして。むしろ、初盆の昨年が忙しくの、こちも、母亡くなりの、里え行くも、遠慮で、氏神さんの、御輿も辞退。
よて、当家としたら、今年こそはと。

行くにしたって、手ブラはなと。
基本、北海道土産と、京都土産を携えるの積もりでの。云うたら、北海道のは、オマケ的、話のネタ的土産。話、聞いて呉れたらなと。
聞かれたって、大した話、あらへんけどや。
あちに、学友が居てねえも、その経緯から、順々にと、なればの、あちも、話途中からは、聞いてえへんやろと。五稜郭が、タワーが、修道院がと、説明するも、厄介ぞと。

「はこナビ」の運転手もええ人でと。あちにも、外国人、それも、黄色いのが沢山居てね。見て、一発、あっち系と、即の分かるの、何で分かる怪の、まずは、服装が、微妙にと。顔付きも、微妙にの、概ね、分かるなの。即の分かるは、自撮り棒。
多分なら、日本人でも、あの、自撮り棒で、スマホなり、ケータイで、写真撮ってるの、居てると、思うのけどや。あそこまで、流行って、あほ面してるのやろ怪と。

少なくともの、当方的印象、京都の観光地では、自撮り棒、使てるのは、余り見いひんでね。白黒の、外人でもや。何故か、黄色系のが、凄いけど。イヤ、北海道での話やでと。
殆どの、面々、特には、カップルが、バカップルがや。呆け面しての、自撮り棒、携え、適当なるの場面、景色で、彼女と一緒に収まってもての。見てて、格好ええの怪の、あほやでと。

まあ、云うたら、美男、美女カップルを見ませんでして。
こちが、羨ましく思うの程のがや。全面的、お好きにして頂戴の、その程度のでして。知能程度を疑うわと。

オッとの、でや。
そんな話、するの積もりでなくの、諸般、土産物頼まれててね。
まあ、云うたら、ご近所様、何さん、某さん、あちら様に、こちら様。
嫁はんの里帰りに伴うの、手ブラでは、なと。田舎の、あちら様、こちら様に、坊様。イヤ、某様。
ご近所さん以外にも、あちら、こちらとあってね。
そらなの、息子共家にも、妹家にも、当家にもと。妹家も、どこまで哉の、独立してると、するのか、姪家があるし。
まあな、そこの、次男なら、別に住んでるだけの、独立とも、云えず。
それ、云い出したら、田舎の方も、ン軒でして。ともなればの、総数、結構なるの数でね。

加えての、あちらさん、菓子類あかんのやと。へえと。
こちらさん、何が苦手で、別のにしてあげて。とかとか、云われてみいの。ンの、何にする兵衛哉と、相成って。
正直、細々、考えたら、只でさえ、この手の、買うに、物色するに、悩み、悩みの、悩み倒すのにや。制限事項、あれこれあってみい。困るの事よの、どするやと。

そもそもがの、その手、選択、従前、完全、嫁はん任せにしてるわと。
此度、家としたら、当方のみの、同期生、同窓生での、旅行故に、相談するの、されるの、相手があらへんでして。
よて、紙には、一覧表にしての、記載して。まあ、云うたら、「Excel」にての作成での。

でや。
モと、困るの事よの、面々、殆ど、土産物なんかと。買うの怪の。買わへんわと。誰に買うのんや。とかとか、云われてみい。やり難いわと。
道中、途中、車内でも、そんな話、あってね。
運転手も、聞いてて、何が宜しいのですかと、尋ねてくれるに、こちも、北海道なんか、初でして。何がと、問われて、即答なんか、出来るモン怪。

にしたって、面々、ご近所様との、おつきあいなんか、どしてるのやろ怪と。
当家なら、誰それ様より、どこ行ったしと、チョとした、土産物戴くは、日常茶飯。フウンの、余所様、何処様、よおに、あちこち、旅行したはるなあと、感心してるですが。

しょっちゅう、戴いてるのに、こちが、皆目の、何もも、なと。
大体が、出不精自慢の、その手の選択に、興味もあらへんでね。

あらへんからと、無視するも、なと。
イヤイヤ、基本、手に携え、荷物、土産物をば、抱えて、帰るの予定無く。土産物なるは、全部、宅急便で、しかるべくのと。
土産物屋なら、業者と提携してての、格安運送代やろ怪と、高括ってたですが。
何の、何のの、この宅急便代、激高でね。
安いので、1000円。概ねの相場、1300円で、高いのと、なればの、1600円也の。よ、考えたら、北海道なるは、遠かったんやと。海外なんやと。離島でして。

送り先はと、聞かれての。ンの、京都です。ンの、大体は、その近辺ですと。伝えたならばの、業者、店員、店の子、妙齢の美女、年増の小母さん、申すに、本州ですねえ。遠いですねえと。
ンの、何が遠いん怪と。バカ云うなと。文句一発、口にするの、すんでで、そかの、ここは、北海道なんやと。先の通りの、離島なんやと。

当方的感覚、京都が、「本州」なるの、文言、辞書にあらへんでね。「本州」は、「本州」やけどや。
四国の里でも、こちを、「本州」とは、云うてえへんでね。京都は、京都での。ダケでして。

オトトの、とっとの、又、話、逸れたですが。
基本、本音、本命の話、なるは。土産物買うに苦労したわと。
まずは、数、沢山あって。あそこ様、あれが駄目、これ駄目。予算、これくらいで、菓子類、呉グレもの、あそこ様、駄目やしなの。

こちは、その気で居てるのにや。皆、土産モンなんか、買わへんでと、抜かしてね。へえと。
駄目押し、どこに土産モンなんか、買うのんやと。えの、げの、へえと。
当家、この手の事、常識的、認識でね。家にも、嫁はんにも、孫子にもと。までは、申してませんですが。とりあえずは、当家のよな、ご近所付き合い、してへんみたいでね。

まあな、特段の、行った先で、あればと。
何よりも、宿泊先ホテルにも、売店、あるやろと。宿泊先の、ならばの、余裕持って、物色出来るし、宅配便で、送ってもくれるやろと。
と、思てたら、宿のホテル、2箇所。
函館でも、札幌でも、売店なんか、あらへんかったわと。
(16/07/31)