シバケンの単なる雑談NO.132

雑談NO.131
雑談NO.126 雑談NO.127 雑談NO.128 雑談NO.129 雑談NO.130

雑談NO.105 雑談NO.110 雑談NO.115 雑談NO.120 雑談NO.125
雑談NO.80 雑談NO.85 雑談NO.90 雑談NO.95 雑談NO.100
雑談NO.55 雑談NO.60 雑談NO.65 雑談NO.70 雑談NO.75
雑談NO.30 雑談NO.35 雑談NO.40 雑談NO.45 雑談NO.50
雑談NO.5 雑談NO.10 雑談NO.15 雑談NO.20 雑談NO.25
題目一覧表

目次

雑談NO.133

NO.1590 行者山登山の話(3) 巨大なる岩と、行場の話

NO.1589 行者山登山の話(2) 足が棒の寸前の話

NO.1588 行者山登山の話(1) 最高齢、72歳の話

NO.1587 初の、ガン健診の話(5) 便秘の話(2)

NO.1586 初の、ガン健診の話(4) 便秘の話(1)

NO.1585 初の、ガン健診の話(3)

NO.1584 初の、ガン健診の話(2)

NO.1583 初の、ガン健診の話(1)

NO.1582 理容院の不機嫌なるの、小母ちゃんの話(3)

NO.1581 理容院の不機嫌なるの、小母ちゃんの話(2)

雑談NO.131


NO.1581 理容院の不機嫌なるの、小母ちゃんの話(2)

での、番号札、15番。
入って、スグ、2名様、散髪終わって、精算でして。

会計担当、小母ちゃんみたいでねえ。
シルバーですねえ。
シャンプーしたし、1620円ですと。
ポイント・カード、持ったはる。持ってえへん。作らはりますか。作ってで、チョイチョイの、ハイと。2名様共に、フウンの一見さんかと。
次ぎに、呼ばれたの番号、10番、11番での。そらなあ、先客5名様での、2名減ってねえ。

全員、シルバー世代でして。
ンの、やってもろてるの方、見たら、理容師4名の内、2名、若手男に付きっきりでねえ。話簡単の、パーマとかの、客かと。ほならの、実質的、2名が、我々を散髪するになるのやなと。
結果、約の、30分で、15番が呼ばれてねえ。計算上、1人、10分かと。

いつもの、散髪屋なら、4500円也に、消費税なれどの、所要時間、1時間でして。その分、丁寧なれどの、1時間の散髪、辛いぞと。
その替わりにです。この数年、イヤ、ン十年、待たされたの、記憶無く。そらなあ、先客、待ってる人、少ない、居てないの時、日を狙てるですが。
前回の、美容院なら、ダアレも待って無い時、鋭意決断の、入店したですが。そこは、美容師3人でして。全員女性。
そこは、2200円也での。2箇月以内有効の割引券300円のを、くれてねえ。その期間内になら、1900円に相成るですが。顔剃ってくれへんし。その替わり、シャンプー付き。

記憶の範囲、その昔に通たの、京都市在住の頃なら、待たされたですが。
そこは、歩いて、1分。小父さんと、お弟子さんの2名でやったはったですが。
過去、何度か、掲載してるですが。太子山町の、散髪屋で、小父さんの名、「東京市<あずまきょういち>」でして。一寸、惜しいなあと。
イヤイヤ、「東京市」なるは、存在したですて。現東京23区が該当ですて。へえと。

いやなあ、散髪終わったの先客、皆様、一見さんみたいでねえ。
一名のみ、よお分からんの、ポイント・カード、忘れたしで、新しいの、作ってくれと。
当然の、散髪終わってから、作ってもろたですが。1000円までに、1ポイントで、1回の散髪で、2ポイントもらえて、10ポイント<5回分>でなら、シャンプー無料。20ポイントで、1000円引きですて。


そんな話は結構の。
順番来て、担当理容師の席に着けば、どんな具合にと。
実は、コレが困るんやなあ。いつもの散髪屋も、尋ねられるですが。我が返答、いつもの通りでと。ダケで、通じるですが。
ほならの、マスター、耳に一寸、掛かる程度ですねえと。ハイと。
後は、良きに計らえで、任せてるですが。ここでは、常連も、理容師4名なら、誰に当たるか、分からんの、客も多いやろしで、いつもので、結構なるは、通用しませんでして。

オッとの、どんな具合にねえ。
短めで、耳の辺りは、一寸、掛かる程度に、お願いしますと、返答致しまして。
次ぎには、バリカンは使いますかと。ンと。
今時、バリカンなんか、使うんかと。ここ、ン十年、バリカンを使われたの事が無く。それこその、「東京市」小父さんのところに通てたの、中学生時代、までかなあと。

オトトのです。
先客の1名様、丸刈りでねえ。ソ云うたら、バリカンで、全体的、剃り落としてたですが。元々が、そんな髪型とするのか、延ばしてませんでして。
そんな余所様の事は、結構の、いいえと、返答。

ではと、担当理容師、ハサミで、切り出したですが。モ1つ、忘れてならじの、実はなあ。
前回、美容院での、散髪の際です。鬢の辺り、とするのか、こめかみ、もみあげ、どの表現適切なんかの箇所の毛、長過ぎてねえ。
とりあえず、鬢の長さを半分程度とするのか、短くして下さいと、注文したなら、こめかみですねえと。まあなあ、意味さえ、通じたらと。ハイと、返答。

基本的、ここの店、言葉使い、少々、粗く。表情、硬く。
まあなあ、安い分、仕方が無いなあと。
思いつつの、髪の毛、ハサミで、バサバサの。まあなあ、それで、宜しいの、バッサリ、バサバサの、散髪でして。やったか、やらんかったのかの、判断付かんのよりは、明確に散髪したと、見えるの方がと。

そらなあ、3箇月ブリでして。3箇月と、少々、経っててねえ。
大体が、3箇月程度、粘ってるですが。
1回、1620円なら、2箇月にしても、ええなあと。無理しんでも、2箇月半でもと。

とか、考え乍らの、大体がです。
散髪屋では、髪の毛、切ってもろてるの間には、理容師と、世間話するモノと、思てるですが。特段の話、無いなら、無理する事、無いけれどや。
ここは、静かでねえ。客と、喋るは、会計担当の小母ちゃんだけ。とも、申しませんですが。誰も、喋ってませんでして。

いやなあ、雰囲気、店々で、異なるは承知の、理容師なり、美容師が、雑談的にでも、話掛けて来るモノと、思てたですが。違うなと。
こっちから、声掛けるも、逡巡してねえ。
話掛けるに、ここ、いつ頃開店されたですかねえ。とかや。
何曜日、何時頃なら、空いてるですか。とかや。
もしかしたら、亀岡で、イヤ、日本で、一番に安いの散髪屋かなあ。とかや。

まあなあ、理容師なりが、アルバイトで、個人的、知り合いを対象に、1000円でとか。コレ、有り得るの話でねえ。
イヤ、実際にも、承知してるの、過年、ン十年の昔の、我が、中学生頃かなあ。
母方、下の伯父の家。丁度、中学校の通学路、途上でねえ。そこの近所に、近所も、伯父宅の隣の知り合いやろかなあ。
そこは、路地での、屋内では無いの、通路に椅子置いて。それこその、バリカンと、ハサミで、チョイ、チョイの散髪してくれてねえ。当時の料金、幾らでかは、忘れたですが。散髪屋に行くよりは、数段の安さと、思てるですが。
伯母の話では、理容師修行中の、学費代、稼ぎやと、云うてたですが。こっちは、安いが一番でして。
云うたってなあ。当時でも、精々が、3箇月に1回程度でねえ。あっちも、専門学校に通うの間だけでしての。それも、弟子として、どこかの店に入れば、アルバイトも出来ませんでして。
1年もやったはったの哉の。やってもろたの記憶、1回、2回の範疇哉と。

トトトの、どちにしたって、客と、理容師の会話なんか、あらへんでねえ。
大きな声出してるは、小母ちゃんだけ哉と。
(14/09/28)


NO.1582 理容院の不機嫌なるの、小母ちゃんの話(3)

オッとの、大きな声出してるの小母ちゃん。
聞いてる範囲なら、大きな声と、云うだけでの、別段のと。当たり前の事を云うてるのだけでして。
料金、幾ら。ポイント・カードの有無。無ければ、作ると、だけでして。

そして、当方の番になって。理容師の指示のままに、陣取りまして。
先の通りの、短めにと。
但し、側面、耳に一寸、被るの程度での、こめかみの箇所長いけど。コレ、我が好みで、延ばしてるで無いと、意志表示、致しまして。バリカンの件、不要と。

イヤイヤ、刈って戴くの状況、手慣れたモンでの、文句無く。
こめかみの髪の毛も、想定通りに切ってくれて。
理容師、どですかと、尋ねる故、ンの有り難う御座いますの、満足ですと。
事実、満足でして。
云うたら、いつもの、散髪屋で、刈って戴くのと、替わり無く。

での、先様、尋ねるに、シャンプーはと。ハイ、お願いしますと、返答したなら、小母ちゃんに、シャンプーと、声掛けて。
ンの、この小母ちゃん、シャンプー担当哉の、へえと。
ででの、小母ちゃん、スグにも、来てくれての、まずは、後ろの首筋、カミソリにて、剃ってくれて。
そして、シャンプーしてくれて。手際良く。

次ぎには、上向きに成っての、顔を剃ってくれるに相成っての、小母ちゃんが、当方に、尋ねるの言葉、よお、分からんでねえ。ンの、何ですかと、尋ねたならばの、
「眉毛の間を剃るか、剃らんか、だけや。」と。
コレ、可成り、強いの調子で、云われてねえ。少々の強いは慣れてるですが。表現、そのままでして。
再度の申すの、
「剃るか、剃らんか、だけや。」と。
意味、理解した故、剃ってくださいと、返答致したですが。さながらの、子どもを叱るよな、口調でして。されどの、マ、ええかと。

いやなあ、顔剃り、鼻毛も処理してくれまして。
出しなに、実は、切って来たですが。
更には、耳の毛も、道具とするのか、回転式のがあってねえ。それで、チョイチョイと、処理してくれまして。へえと。

行きつけの、散髪屋なら、カミソリで、処理してるですが。耳糞まで、取ってくれるですが。
前回の、美容院では、ソレ、ありませんでして。基本、半年も、ほったらかしでは、耳の毛も伸びてねえ。どしょかと。
一度、安全カミソリにて、挑戦したですが。耳に傷付けてしもて。これは、やばいと。此度、処理してくれへんなら、嫁はんにでも、切ってもらおかと、考えてたですが。
これで、一件落着也と、大満足。

後は、髪の毛、どの程度に分かてるかと、尋ねられの、七三ですと。上に上げてるか、流してるかと、問われた故、流してると。
次には、油でも付けるかと、尋ねられの、不要であると、返答致しまして。
ドライヤーで、前髪、セットしてくれての、ハイ、オシマイでして。

精算するに、ここで、再びの、キツい口調でねえ。
歳はと。
歳ねえ、正確に返答するの哉の、瞬時、迷たならの、50代か、60代か、だけやと、云われてねえ。

コレ又、瞬時、まさかの、当方、50代は無いやろと。そんな具合にも、見えるならなれどの、ソラ、嬉しい事でねえ。
ニコリとして、60代ですと、返答したなら、1620円であると。ハイと。
千円札2枚、出すの間に、ポイント・カードはと。問われの、持ってませんと、返答したなら、作るんか、作らんのかと。
あのなあと。
とは、口裂けても、申さんの、作ってくださいと。

いやなあ、当方、そらなあ、色んな店に行ってるですが。買い物等々も、してるですが。こんな口調で、云われたは、初体験の。
この小母ちゃん、可成り、ご機嫌斜めやなと。不機嫌やなと。
がしかしです。他の客、ここまで、この小母ちゃんに、キツいの口調で、云われてませんでして。私にだけ、みたいでねえ。

ソラなあ、殆ど、全員、とまでは、申さんの、少なくともの、順番待ちの面々なら、見たら分かるの、どこから見たって、シルバー世代の、60歳代、70代の方でして。
この、小母ちゃんも、精算の際、シルバーやねえと、断定的に問おてまして。
他の客にはでして。
何で、こっちにだけ、何歳かと。

モ一発の、いやなあ、当方の返答、茶化してる、みたいなでは無いです。命令口調の、えらそな云い方、返答の仕方もしてませんでして。
問われてるの事、分からんかったら、問い直してるのだけでして。
余程に、当方、気にいらんの、顔でもしてるの哉の。はたまたの、別途の件での、不機嫌に成るのよな事、あったの哉と。それなら、こっちのせいで無く。
ならばの、迷惑なるの、事でねえ。

それ以外なら、基本、矢張りの、相性でも悪くの、こっちを、直感的、気にいらんのやろなあと。
思えどの、そんな事、聞けへんわの。精算しの。ポイント・カードを受け取りまして。デハと、お暇したですが。

結果、次回、どするやと、問われたならばの、散髪の状況等々、満足してまして。この値で、整髪、シャンプー、顔剃り、鼻毛切りの、耳の毛まで、処理してくれて。
これで、1620円也は安くの。且つは、整髪、そのもの。出来上がり、そのもの、大満足でして。申し分無く。

問題なるは、少々、距離あってねえ。
歩いては、通えませんでして。値が安い分、客多く。我々の身分なら、コレで、十二分でして。散髪はです。
がしかしの、この小母ちゃんがなあ。歳の頃なら、50代半ば以降と、思うですが。どもならんですが。気分屋でして。

さりとての、危害、加えられてるで無く。作業そのものは、チャンとしててねえ。他の客には、どんなかは、知らんけどや。
イツになるかは、不明の、年末までなれどの。モ1回は、来たいなと。来て、小母ちゃん、この状態、不変でも、無視するかと。
目的なるは、値が安く。想定通りの、整髪してくれるの事でして。
この小母ちゃんの、モノの云い方、無視するかと。無視しな、仕方が無いしなあ。
(14/09/29)


NO.1583 初の、ガン健診の話(1)

実は、本日<10月30日(木曜日)>、ガンの定期健診の日でして。
定期も、此度、初の健診なれどです。イヤ、こっちが、邪魔くさいしで、申し込みしてないだけですが。

実は、実はの、本来、10月の、8日<水曜日>でしてねえ。
カレンダーに、メモしてませんでしての、イツが健診の日かと、郵送の、案内の書類見たら、ンの、今日やんかと。受付時間、8時半から、8時45分、での、時既に遅しの、書類見たが、昼でして。

昼で無くとも、手遅れでして。
検便のサンプル、2日分要るです。
その他、諸々の、問診票にも、諸般の記入要りまして。逆立ちしても、間に合わんわと。
大慌てで、「亀岡市保険センター」に電話一発。あのですねえと。

そですかの、ならばの、10月30日にしましょかと。嗚呼、有り難う御座いますと。但しの、時刻、13時から、13時15分の、受付ですと。ハイ、承知と。
ついては、午前と、午後では、注意事項、異なる故、ファックスで、送信致すですと。そですかの、ありがとう、ございますと。見えぬ相手に、平身低頭の、頭掻き。
ファックスには、A4用紙セットしの。ンの、待てど、暮らせどの、届かんでねえ。
再度の、電話で、斯くの、然での、マダ、なんですがと。申せば、先様、あのですねと。同種、問い合わせ等々、沢山ありましてねえと。ハイと。
早くて、本日中。大抵ならばの、明日中ですと。へえと。

流石は、お役所仕事なんやと。
とは、口避けても、申しませんですが。
ファックス、届いたは、明くる日、昼頃でして。中身、胃の検査での、事での。朝食、7時までで、パンは結構の、バター等々、いけません。コーヒーは構わんの、ミルクを入れてはダメですと。当然の、7時以降、喫煙ダメと。

の、程度の内容でして。
これなら、予めの、郵送の、書類に書かれててねえ。まあ、ええかと。


斯くなる、次第の、斯くなるでの。
8日をミスって、30日に相成りの。検便、2日分の採取完了。問診票に、アンケートの、書類一式、記載致しの。当日、待つだけの、その当日、本日でして。
朝食、パンと、ミルク抜きコーヒーと。タバコも、一服、以降、禁煙状態での。
問題は、健診、「亀岡市保険センター」での、あの、小母ちゃん、紋切り型の、役人タイプのが、受付やってみい。
13時丁度からしか、受付ませんと、早めに行っても、待たされる哉と。

とは、云うたって、車も、あそこ、置けるの哉と。コレ、事前の、28日にも、現地視察致してねえ。
置けるは、置けるですが。4台でして。下手したら、下手しんでもの、置けるの確率少ないなと。少ないなら、真向かいの、「亀岡市役所」の駐車場に置くの手もあるなあと。

とかとか、兎に角、準備万端の、まずは、保険センターの駐車場を見て。ダメなら、市役所にと。
どちにしろ、早めに出発をと。
家に居たって、昼食抜きの、しょがあらへんしと。衣類も、金属、ボタンの無いのをと。
費用も、胃ガン<500円>、大腸ガン<200円>、結核・肺ガン<100円>での、都合、800円を準備致し。一応は、釣り銭不要に協力をと、記載されてるが故でして。

とかとかの、サア、出るかと。小物入れに、持ち物、入れて。玄関先に置きまして。
と、そこで、ピンポンの、パンの、呼び鈴鳴ってねえ。
イヤ、別段にの、余裕充分、1時間も、見てるですの。誰かと、思えば、我が町内会の、区長でして。
コレ、別途の、「我輩は只の区長也」で、掲載の、ゴミ問題の件やろと。
理由、本日、この日、簡易裁判所に、出頭と、するのか、行くの日でして。行くの時刻までは、聞いてませんの。その予めの、再度の打ち合わせか、既に、出頭での、その結果やろと。

いやなあ、見て一発、区長の顔、ニタニタ故、悪い結果に成ってえへんは、察知致したですが。
この話、別途の、「我輩は只の組長也」に掲載、譲りの、結果、正直、時間喰て。
喰ても、余裕綽々、充分なれどです。車で、約、10分、15分の場所でして。

それでも、13時には、15分の前、程度に、保険センターに到着の。
ンの、マの、駐車場、1台分、空いててねえ。へえの、喜色満面の、です。
いやなあ、この保険センターの、内部構造知らんでねえ。用事あらへんしで、過去、一度だけやったかなあと。来たがです。
イヤ、何の用事で、来たかは、失念のです。印象深いは、受付嬢、絶世の美女でねえ。へえと、感心したですが。声からして、年齢的にもの、過日の、小母ちゃんでは、無いですが。
あの娘、居てるの哉と。
オッとの、その話、何年の昔かの、7年、8年やろかの。多分なら、嫁にでも、行ってるやろと。

思いツツの、玄関の方えの、ならばの、受付あってねえ。小父さん、ここや無いの、あっち、2階と、指差してくれて。
イヤイヤ、この受付、レントゲンの、でして。バリウムの、でして。検診車が、2台、来てまして。

での、そっちの、2階に行けば、受付嬢、3名様。
この受付嬢、ここの方か、アルバイトか、派遣かは、知らんですが。
正直には、13時には、マダでの、受付てくれるの哉と、思いきやの。ハイ、結構ですよと、受け付けてくれてねえ。へえと。役所、役所してへんなあと。

での、書類一式、提示で、そのまま、あっち、別室の、待合いにて、お待ち下さいと。又、順番に、お呼び致しますのでと。えらい、丁寧な言葉で、云うてもろてねえ。
あの、電話の小母ちゃんとは、全然の違うなの。ン年昔の、あの、絶世の美女でも、無いなあと。
別室に行けば、一番でも、無いの、サテの、先客4名様故、5番哉と。

まあなあ、この時間帯。
とするのか。受付なるは、検診者、分散のためでの、割り振ってると、してあってねえ。
この時間帯が、果たしての、何名かは、知らんですが。席の数なら、100名は無理の、50名なら、充分に過ぎるですが。

での、前面には、横にズラリの、「問診」「登録」「会計」と、表示してあってねえ。
ンの成る程の、問診票の確認、健診確認で、会計、800円也かと。
されどの、マダ、ダアレも着席してませんでして。ソラ、多分ならばの、13時には、成ってませんの、昼休み時間。
(14/10/31)


NO.1584 初の、ガン健診の話(2)

正直、苦しいねえ。
朝7時以降、タバコ駄目。
肺のレントゲン撮影のためなれどの、横着するなら、1時間も、間空けたら、大丈夫。
とは、思うですが。
モ1人の、自分が、やめとけ、やけとけと。制止しやがってねえ。五月蠅いなあと。
がしかしの、帰宅の、14時まで、吸わずに保ったです。我れ乍らに、へえと。

オッとの、での、です。
何分の、初参加でして。ガン健診がです。
呼ばれるまでに、絶世の。とまでは、申さんの、妙齢の美女。
いやなあ、ツカツカと、我が方に、近づいて来てねえ。ンの、何用かの、知らんの女性なれどです。待ち時間の間に、これ、やってみませんかと。ンと。

差し出された紙、見たら、「大腸がんクイズラリー」なるの、アンケートでして。
モ一発、いやなあの、この部屋の、右手、壁面に、大腸ガンの、事が掲示されててねえ。暇故、ジと、見てたですが。アンケートの回答、そこに、書いてあるですて。フウンと。
鉛筆付きで、手渡されの、掲示の内容読みつつの、アンケートに答えてた、ならです。
同様にしての、アンケート用紙、手渡されたの面々、次々に、我が周辺に集まって来てねえ。主として、小母はん、連中がです。フウンの、後方見れば、案外に女性も多く。

での、一問、一問、回答してたら、呼ばれてねえ。
大声にて、ハイと。
更なる、一発。いやなあの、こんな返事してるの、私1人だけ、でして。モと、若けりゃ、恥ずかしい気もあるですが。最早の、この歳、全然の、気にせずの、マイ・ペースでして。
大体が、返事しな、分からんわと。この場に居てるか、居てへんかがです。そんな方、案外に居ててねえ。多分なら、トイレにでも行ってた哉の。
遅れて、入室の、再度の呼ばれて、「問診」担当の席に着席してるですが。迷惑なる、でして。
何発でもの、いやなあ。居てるが前提の。担当者、3名。現れるまで、飛ばさず、待ってくれてましての。その分、進行止めるになるです。

オッとの、そんな事でして。
アンケートは、全問返答の。そのまま、持ったままに、「問診」の席に着席の。宜しく、お願い致しますと。
での、予め記載の、問診、タバコ、日に何本吸う。酒量云々のです。確認されの、タバコ吸うてるなら、喀たん検査があるですが、どしかすかと。ンと。
強制ではありませんの、費用500円也ですて。へえと。
どするも、別段の、息苦しくも無くの、肺に心配してませんでして。此度、結構ですと。拒否宣言。
ならばの、担当女性、曰くに、もしかしたら、案内状届くカモ、分かりませんが。それで、又、判断して下さいと。ハイと。

では、胃ガン、大腸ガン、胸部レントゲンの3種類ですねえと。ハイと。
では、ではの、ファイルを手渡されの、2番目の席に移動してくださいで、ハイと、移動致しの。要は、「登録」でして。
ファイル見せたら、即の、隣、3番の、「会計」にと。ハイと。そこで、都合の、800円、支払えば、下の階、1階の、5番にと。5番ですかと。

下に行けば、関係者なんやろねえ。こっちです。そこですと。
示された場所、入りしなに、「受付」としてあったの場所でして。今度は、小父さんに、ファイル示せば、男は、前の方ですと。行って下さいと。ハイと。
要は、胸部レントゲン車でして。後方入り口、女性。前入り口、男性でして。

レントゲン車に入り込もと、したら、先客2名で、満席でして。イヤ、脱衣の場所がです。座席に置くの、ダケでして。2席しか、ありませんでして。
待つ事、十数秒で、1人出て来てねえ。オッとの、邪魔故、私がです。外に出て待つ事、十数秒で、その方、憮然とした表情にての。出て来た故、デハと、上がったら、別途の方も、出て来てねえ。
どちでも結構の、上着脱いで、進めば、ファイル、預かると。手渡しましての、レントゲン担当技師の小父さん、それだけですかと。着てるの服がです。
イヤ、下にシャツ着てるですと。返答したなら、脱いで。ハイ。

斯くしての、脱いで、シャツ一枚となっての、レントゲン撮影も、その小父さん、初老で、70代やろかの。指導の下、息止めてで、ハイのオシマイの。先程からの、ファイルを手渡されの、受付に行けと。ハイと。
服着て、小物入れ持ちの、受付に行けば、今、満員故、先に、あっちえ行けと。あっちは、どっちの、ソバに居たの、コレ又、小母さんが、こっち、こっちと、先導されての、あそこえと。示されたの場所、5人程座ってるの、担当者の、一番の奥の方のところえと。
コレも、多分なら、70代哉の、女性でして。

尋ねられるに、心配事はありますかと。ンと。
宗教みたいな、詰問やなと。
での、心配事ねえ。特段のありませんですねえと、返答したなら、家族の事とか、健康の事で、ありませんですかと。ンの、特段のありませんですがねえと。
何か、あるでしょ。何かねえ。強いてなら、睡眠時間、短いのではと。へえの、そですかの。何時頃寝て、何時頃、起きるですかと。
そですねえ。概ね、2時、3時に寝て、7時頃起きるですかねえと、返答したなら、それなら、短いとも、云えませんです。私も、そんなモンです。フウンと。

でも、8時間睡眠をと、されてるですねえと、云うた、なら、です。
8時間は、若い方ですよと。
フウンの、若い方ねえ。
確かに、若い頃なら、昼過ぎまで、寝てられてたなあと。今時、昼まで、寝るは不可でして。何時に寝ても、7時頃になれば、目が覚めてねえ。
と、までは、申してませんですが。

にしたって、70代女性と、一緒にされても、困るですが。
70代ねえ。そんなに遠いの話でも無く。嫌になるなあと。反って、悩むですが。
とは、云えず。

そんな事なら、矢っ張り、悩み事、ありませんねえと。
ではの、又、何かあればの、しかるべくの、相談窓口もあります故、ご遠慮無くと。素直に、ハイと、返答しての、先程の、受付の方に戻れば、ンの、今なら、空いてるですと。左様<さよ>ですかと。
向かうの先、先程の、レントゲン車の後方に止めてあるの、バリウム車と、するのか、胃検査の、レントゲン車でして。

入れば、先客2名様。さっきの方でして。
脱ぐの場所がの。とするのか、内部、暑うてねえ。脱いでも、暑いの暖かさでして。
ででの、脱衣の置くの場所、棚にで、4箇所あってねえ。適当に置けば、さての、担当者にファイルを手渡し、名前呼べば、来て下さいと。ハイと。
(14/11/01)


NO.1585 初の、ガン健診の話(3)

ガン健診、10月30日<木曜日>
本日、11月1日やし、2日経ってるですが。
胃検査の、バリウムがねえ。出切ってませんでして。多分、なら、なれどです。腹、張って、張っての、少々苦しいて。
汚い話の、大方なら、30日当日、出たよなの、気もしてるですが。31日、出ず。本日、白、茶入り交じったのが、出たですが。バリウム無関係に、全体量少ないみたいに思てるです。
とか、云うたってなあ。様子見しな、仕方無く。
とかとか、云うても、出ぬは、困るですが。

での、胃検査の担当者、親切でねえ。
話方、丁寧でねえ。
まずは、炭酸飲んでくださいねえと。飲めば、ゲップは駄目ですよ。出そになっても、グと我慢の子で、頑張ってくださいねえと。
ででの、炭酸、手渡されの、次いで、バリウムの、小カップをと。これで、炭酸を押し込むですと。へえと。
間髪入れずの、ドカンと、一発の、バリウムをば、出されの、コレを一気、飲んでくださいと。へえと。

へえも、コレが、初バリウムでも無いですが。
何年ブリかの、バリウムでして。その昔には、何味にするかを、尋ねられたですが。此度、尋ねられずの、バナナ味。
鋭意決断、一気飲みの。即の、検査台えと、案内されて。

別途の、検査技師より、兎に角、右方向に二回転セヨ。息止めよの、右に、左に、半身で、息止めよ。
とかとか、あっち向け、こっちと、指示されるがままに、上向き、うつむけ、横にと、グルグル回って、さあ、おしまいですて。へえの、案外に早くに終わったなと。
かと、云うて、こんな事、1時間も、2時間もさせられたら、目が回りの、足腰ガタガタ、くたくたに相成るですが。

さての、案内担当技師より、以て、ゲップ大丈夫ですの、下剤は、倍渡すですと。即の、2錠服用致しましての。あっち、あそこに、水が準備してある故、最低でも、3杯。出来れば、5杯。
以上、幾らでも、多けりゃ、多い程に結構ですと。
車の窓から、あそこですと、水飲み場を教えて戴きまして。

兎に角、多め、多めに、水を飲んでくださいねえと。
バリウム出ぬなら、予備の2錠、服用してくださいねえと。では、お大事にと。ハイ、有り難う御座いますと、脱衣場所に行けば、新客、一名様、少々、禿頭の方、居られてねえ。
イヤ、その前に、1人、検査台に、入っておられるですが。その方、全然の、素通りでして。

での、禿頭の方、そらなあ、年齢、ホボの同年での、当方より、一言、車内、暑いですねえと。汗かくですと。申したならばの、ニコリの、そですねえ。車内暑いですねえと。応答あって。
いやなあ、ども、年長者、70代辺りの、爺様連中、何が気にいらんか、憮然の、無愛想やねえ。
こっちを、見もしませんでして。真っ直ぐ、脇目振らず。ええのか、悪いか、知らんですが。世間皆敵みたいでねえ。

そらなあ、誰様とは、申さんの、ご近所様でも、その手が多いわと。
見えてて、見えぬフリ、気づかぬフリしてねえ。余程に目が悪いか、注意力散漫か、でして。
当方、一発、認識してるですが。先様の存在をです。よて、挨拶、会釈、一発するも、あっち向いて、ポイ状態では、挨拶の、しよが無く。ソバなら、声掛けるですが。少々、距離あればの、大声出すもなと。

コレ、気を使うです。
こっちは、認識、あっちは、あっち向いて、ホイなるは、まさかの、先様の背中に向かいの、会釈も、アホでして。挨拶なるは、双方、認識しての、意味あってねえ。
多分なら、先様より、嫌われてるの、やろと。さもなくばの、あそこまで、顔避けられるの理由知らんです。別段の、喧嘩口論、いやがらせ、した覚え無く。方々で、有らぬ噂を、ばらまきもせず。

中にはなの、お天気屋はんも、居たはってねえ。
ある時、ご機嫌さんで、諸般、話掛けられ。ある時、憮然の、あっち向いてホイ。
どちが、先様かが、分からんでねえ。どちも、先様なれどです。
こっちは、常に一緒故に、戸惑うですが。その差が、大き過ぎてねえ。よて、お天気屋と、称するの、雨天、曇天、晴天でして。下手したらの、日に幾度も、豹変したり、して。
まあなあ、こっちが、お天気に合わせるしか、無いですが。何で、先様のお天気に合わせんならんのやと。

常にあっち向いてホイのは、こっちも無視で、ええの哉の。原因不明で、嫌われてる故と、解釈してと。
とも、出来ひんわと。
当たり前の、挨拶なるは、最低限の、礼儀でして。人間関係の、潤滑剤でして。
まさかの、子や、孫に、挨拶なんか、いらんでと、教えてるの哉と。そんなバカ、居てへんわと。ならばの、自身、率先垂範の、模範示せませんとなの。コレ、挨拶なるは、習慣、反射的なるの、心掛けでして。
悪いけどの、俄に、出来ませんです。


トットの、そんな事で、単なるの、挨拶がてらの、雑談でして。バリウム車での、事での、以降、会うか、会わんかと、なればの、マア、会わんやろと。
とは、思うですが、この場に、居合わせたの、ご縁でして。
ではと、お暇の、検査技師と、その禿げたの、オッサンにです。
真向かいの、水飲み場に行きましての。まっずは、下剤2錠の、準備されてるの、プラスチックのコップに、給水器の水。
3杯以上と、されてるが故、3杯は最低のです。只なの、常識の範囲と、思うですが。コップに、並々、超の満タンで、1杯なんか。8分、7分で、1杯なんか、なあと、アホな事、疑問に思いつつの、4杯飲んだの哉の。
別段にの、ダアレも、居てぬ故での、遠慮せず。

そこに、禿げでは無いの、挨拶も無くの、素通りの、我が後のが、出て来てねえ。コレ、年長者での、70代やろの。
いやなあ、我が真後ろ、すぐの、直近にて、突っ立ってねえ。無言の圧力、ハヨ、せえと。
云われんでも、気配察知の、後ろ向いて、お辞儀して。即の横手に移動したですが。憮然の、無表情、無言のままに、当然のよに、我が座ってた椅子に陣取ってねえ。へえと。

イヤ、構わへんけれどや。
印<しるし>付けて、自分のモノと、独占してるで、ありませんでして。只なあ、席譲ったら、会釈程度したらと。こっちは、お辞儀して、移動してまして。
マダ、飲んでるのに、です。

とかとか、云うたって、その手の人種、当世、多いねえ。
人類皆敵みたいでねえ。
ニタニタまでは、いるの、ニコニコしてた方が、ええやろにと。
オッとの、当方にしたって、単に道歩くに、ニコニコして、歩いてたら、異常でして。キチガイでして。
多分なら、無表情の、憮然で、歩いてると。とは、思うですが。知ってる人に遭遇なら、挨拶程度、致すわと。

オトトの、そんな次第の、無事に検査終わって、無罪までは、結果、知らんの、以て、解放の。時刻、14時頃での、まあ、云うたら、所要時間、30分哉と。
思たより、早くに終わったですが。
問題は、バリウム後の、多くは出たと。とは、思うですがの、便秘症状でして。
水分なら、意図的、無理して、飲んでるですが。出ぬ故、少々、焦って来てるです。
(14/11/02)


NO.1586 初の、ガン健診の話(4) 便秘の話(1)

オトトの、想定外。
とまでは、申さんですが。
案の定の、バリウムがと。出切りませんでして。困ったなと。
いやなあ、汚い話の、余計に汚くするですが。

「亀岡市保険センター」のバリウム車。レントゲン車なれどの、技師より、4錠戴いたの下剤。2錠は、即飲み、水を最低3杯。出来れば、5杯。それ以上、何杯でも結構。大いに、飲めと。
指示通りに致しましての。帰宅しての、ン時間で、出だしてねえ。バリウムがです。
云うたって、出たの量、計れませんでして。計っても、飲んだの量を知らんですが。多分なら、150mlか、200mlやろなあと。
二度目哉には、ザと、流れるが如くに出たは、出たですが。これで、全量とは、云えませんです。

明くるの、10月31日には、便秘症状でねえ。
頑張って、頑張っての、出たは、出たですが。白と茶の混ざったの、でして。硬くてねえ。
イヤ、量、知れてるです。

汚いの話を、余計に、汚くとは、です。
我が家、一応、水洗でして。
この水洗、京都の頃、小学生か、中学生の頃には、貯置きから、切り替わっててねえ。
それがや、24歳の頃、宇治槇島に転入にて、簡易貯置きでして。数年して、水洗に成ってねえ。コレ、当方の負担でして。
7年住みの、亀岡に転入で、又、簡易貯め置き。
要は、2度引っ越して、引っ越した先々、貯置きでして。数年して、水洗に成ったですが。ならばの、三十数年経つの哉と。水洗に成って、です。

そんな話は、結構の。
バリウムは重たいのやねえ。比重、「4.5」ですて。
何の話、哉の。流すに、流れ、難うてねえ。
初期の、白っぽい、液状のでも、何度、流しても、水が、白濁致しまして。何度と、云うても、3度、4度で、水だけに成ってくれるですが。

固形のはねえ。あきませんです。覗いたら、マダ、あるなあと。こいつめと。
されどの、そんなに、水使うも、勿体ないの。流れぬは、流れませんでして。混濁の、固形でして。
しょがないがな。手突っ込み、潰してやらんとなと。
やらな、流れぬ故、やったです。

にしても、固形も、量僅少でして。
とてもやないの、喰た量には、程遠く。いつもの、量にも、全然でして。
それが、明くる日、だけに非ずの、2日目、3日目の、本日<10月2日>まで、続いててみい。内心、穏やかに非ずの、又かと。
いやなあ、昨日、1日には、技師に戴いたの、予備の、下剤2錠。服用してるですが。

これがなあ、安全見てと、するのか。2錠では、効き過ぎになっては、困ると、思いの、1錠ずつ。様子見のためでの、半日置いて、マダ、すきりとせぬなら、モ1錠をと。
結果、大した改善、見られぬ故、2錠服用したですが。
出るの気配無く。困ったなと。

いやなあ、腹張ってねえ。
喰うは、食欲正常でして。いつも通りの食事して。
出ぬ故、ソラ、当然の、腹張って来てねえ。便秘とは、出るモノ、出ぬ故、腹に貯まって来てるがためでして。至って、単純明快なるの、理屈でして。

出るの気配なら、あるです。
ある故、さあと、トイレに、駆け込むですが。入った途端に、気配、左程で無くなって。まあ、出えへんなと。
それを、日に何度、繰り返してるやと。嫌に成るです。

こんな事、延々の続けてられんの、早急にも、決着付けんとなと。
過年には、「コーラック」を服用した事、あったですが。利き過ぎてねえ。往生した経験がと。又、これがためも、買うは勿体ないなあと。母が処方してもろてるの、便秘薬、「マグミット」を引っ張り出して。
イヤ、沢山、余ってまして。母、食事毎、2錠で、日に、6錠で、ええのにです。1回に、6錠の割合で、処方されててねえ。
事実、その程度、服用せねば、便秘に成る事、あってねえ。母がです。
結果、基本、その量、戴いてるですが。
丁度宜しいと、6錠出して来て、一発服用。さあ、明日に期待哉と。
(14/11/03)


NO.1587 初の、ガン健診の話(5) 便秘の話(2)

あれから、4日目。
この話、ここまで、続ける。
とは、夢想だにも。
とは云え、又、バリウムで、大変やろなあと。
とは、覚悟してたですが。

むしろの、バリウムが大きな塊になって、出すに、出せぬで。
ええいの、云うてまえの。汚い話の、又々の汚い話、なれどの。指で、掻き出す羽目に至るの哉と。
いつぞやは、浣腸まで、選択肢に入れたりしたですが。
そらなあ、正直、ここだけの話の、他言無用、でも無いの。自分の話、での、痔瘻でして。
トイレで、何回もは、痛いんやと。

オッとの、そんな事で、昨日<11月2日>に、母の、「マグミット」を6錠、服用したです。
これもなあ、基本、原則、食後30分以内にと。されどの、ハタと、気が付いたが、21時頃でして。夕食より、2時間経過してたですが。まあなあと。
での、明くるの、本日、朝から、大変でして。

いやなあ、6時半頃、目が覚めて。覚めた時には、ンの、便意催して無くて。困ったなあと、思たの矢先に、ンと。
トイレに駆け込み、出たは、出たですが。量がなと、思いつつの、色見たら、です。やや、白っぽい哉と、思いはするですが。まあなあ、正常に限り無くの近く。ならばの、バリウム、卒業してまして。
そしたら、単なるの、便秘かと。

要は、バリウムの塊が、です。悪さしての、出て、僅少では無かったの哉と。
だけでも、安心感抱けたですが。
抱くは、結構の、朝飯、飯では無いの、パンと、コーヒーなれどです。ミルク多めのでして。喰て、スグにも、又、便意。
しもたなあと。「マグミット」6錠、少々、多過ぎたの哉と、思いはすれどの、時、既に遅しの、一晩、経てるわと。

案の定の、以降、大忙しでねえ。
何度、トイレに走った事かの。我が家の、トイレ故に、距離知れてるしで、実際には、走ってえへん、けどです。
これがなあ、出す度、現物、注視の、覗いてるですが。ソラ、それがための、「マグミット」でありの、「バリウム」の残渣、まだまだの、安心してませんでして。危惧してるわと。

ででの、出す度、出る度、量がなあ。これなら、イツも通りの、正常値が、何回、継続した事、哉の。へえの、これだけ、貯まってたの怪と。
別途の、不安になる程の、回数で、量、出てねえ。矢っ張り、「マグミット」の、効き過ぎと、「便」の、貯まり過ぎやったんやと。
当然の、出る度、腹の、張り。胸の支<つっか>えも、収まって来たですが。
収まって来て、今度は、お尻がねえ。痔瘻がねえ。困るんやと。

斯くなる次第の、斯くなるでの。
不安、抱え乍らの、歩きに出まして。
不安とは、それこその、外出でして。道中、催してみい。どするやと。且つは、歩きなるは、午前中の、10時半頃でして。まあ、云うたら、白昼でして。
催し、我慢たまずと、そこらで、出すの、訳にも、でして。それこその、断じての、我慢、我慢の、我が家に帰還まではと。覚悟しての、歩きでして。

そらなあ、何度も、何度も、トイレに走って。量、沢山も、それで、完結、終了、おしまいの保証無く。胃の、大腸の、残存物、全部出すまで、収まらんのか。はたまたの、適当なるで、終焉かは、医者でも無いしで、分かりませんでして。
多分ならばの、推測ならば、です。全部は無理哉の。内容物、8割とかの、出るのかと。

8割でも、9割でもの。数値が表示されるで無く。内部が、見える、でも無く。先の事、分からんがままに歩きに出てねえ。
歩きの目的、運動によりの、腸を動かし、出すべきは、早くに出してまえと。問題は、歩きの途上だけは、困るですがと。

イヤイヤ、歩きに出て、欲出てねえ。常なら、4500歩程度、なれどです。止せばええのに、何故か、こんな時、5000歩にはと。少々、コース変更の、距離稼ぎまして。
6800歩も歩いてねえ。
案の定の、道中、催してしもて。
云うても、我が家まで、後、5分程度の辺りでして。
それこその、我慢、我慢の、耐えて、耐えての。耐えんと仕方が無くの。その程度なら、耐えられるわと。

最後の、100メートルなるは、最早の、駆け足、全速力と、までは、申さんの。
必死の、駆け込み、トイレに入るや、否やの、当然の、その体勢に成ってから、なれどの。出るは、出たは、水分一杯。
ドと、出てねえ。ビクリする程に、ドと、出たが最後で、現在に至るですが。
嗚呼、良かったなあと。保ち堪え。
ソラ、出たが、水みたいなモンでして。しくじってみい、大変ぞと。

そんな事で、今度は、「マグミット」抜きで、正常に戻らねばならぬですが。
そらなあ、「バリウム」の残渣、犯人で無くの、潔白の、白でして。無罪の、単なるの、便秘と、分かった故でして。「バリウム」飲む前の、状態にと。

にしても、毎回、毎回、コレではなと。
次回、対策、予備の下剤2錠。ケチらず、2錠、飲まんとなと。二度も、三度も、同じの失敗、繰り返してたではなと。
(14/11/04)


NO.1588 行者山登山の話(1) 最高齢、72歳の話

<参考=NO.994 <その後の><ためしてガッテン>速歩3分、ゆっくり歩き3分/登山に参加<!>

話的、重複箇所あるですが。マ、ええかと。
いやねえ、「芋煮会」の面々、総勢、何名哉の。14名かと。
収穫の時にダケとは、云い過ぎの、参加するのも居ててねえ。よお、分からんですが。

そのメンバーでの、フサオ君が計画立案の、11月22日<土曜日>「芋煮会10周年行事」として、農園主宅裏山えの、紅葉狩りとして、ハイキングをと。
ハイキング云うたってねえ。フサオ君、結構なるの頻度で、方々の山々に登っててねえ。ベテランでして。
参加を募りの、結果、10名がと、相成ったです。

10名も、メンバーの奥様参加で、男6名、女4名。
最年少、女で、59歳。最年長、男で、72歳哉の、構成でして。平均年齢、適当の、65歳なんかなあと。
どちにしたって、ええ歳した、年齢層での、ハイキング。とするのか、当方にしたら、登山でして。

いやなあ、NHKテレビの、「ためしてガッテン」。
速歩3分、ゆっきり歩き3分の。牛乳200ミリ・リットルを飲めば、足の体力向上するぞの。コレ、1箇月も続ければの、登山でもと、なるの、話の、期せずしての、2箇月経っててねえ。
真面目、大真面目に、実行してましての。ンの、ええ機会やなと。参加を決めたですが。

登山に参加するも、道具一切、所有してへんでねえ。
そもそもが、リュック・サックがあらへんわと。
そらなあ、彼曰くの、まずは、弁当持参せよ。
着替え<防寒具>、雨具<合羽>、手袋、飲料水等々。

過日、「アル・プラザ」に、買い求めにと。
見たですが。種類様々、値もピンキリの、有り過ぎて。
下は、3千円から、5千円見当の。それ以上、万円等々の、切りが無くの。どの程度のが、えかなあと。ケータイ一発、フサオ君に、です。
ほならの、唯今、出られませんの。暫くして、掛かって来まして。今どこや。日本海で、釣りしてる。へえと。

しかるにの、11月22日の件やけど。どの程度の容量、大きさのリュック・サックが適当なんやと。聞けば、わざわざの買うの必要性なんか、あらへんでと。へえの、そやけど、何か、入れ物、要るやろなと、申せば、まあなあ、ナップ・サック程度で、ええでと。ナップ・サックかいな。
そやでと。医療品は、こっちが持参するし、弁当、茶、雨具、着替え程度なら、ナップ・サックで、充分やでと。へえと。
リュック・サックを買うなら、防災グッズに使うとか。要は、非常持ち出し品を入れとくならなと。フウンと。
での、沢山釣れたか。アカンなあと。

とかとかの、結果、買わずで、「コーナン」にも、参考のため、見にダケは、行ったですが。「コーナン」なら、千円、2千円でもあってねえ。買うも、その程度のをと、家にあればと、探すに、嫁はん、曰くの、母のリュック・サックがあってと。
母、結構、物持ちでして。その昔、ゲート・ボールに参加で、持参してましての。最早の、使わんしで、防災グッズ入れにしてるですて。へえと。
見たら、それで、充分でねえ。過日、「アル・プラザ」で、買うを止めて、正解哉と。


そんな次第の、斯くなるでの。
当日、本番、弁当なるは、おにぎり3個。梅、カツオに、その他、ウィンナーに、玉子焼き。要は、弁当の定番、嫁はんに、作ってもろて。
いやなあ、雨具、どしょかの。
フサオ君、降水確率40%で、中止としてるですが。前日、当日の天気予報なら、0%でして。モ要らんなと。下手したら、暑いかもの、実は、嫁はん、この日、22日から、24日までの、三連休<勤労感謝の日>利用しての、香川・仁尾の、姉宅に行くにしててねえ。
時間的、電車の都合も、9時過ぎので、丁度良いみたいで、車、我が愛車にての、一緒に集合場所、並河駅えと。

着けば、メンバーの2人、早くに来ててねえ。
1人は、Y田君で、モ1人、O田さんの奥様でして。へえの、奥様も参加かと。イヤ、10人参加までは、当日、フサオ君からのメールで、承知してたですが。誰様と、までは、書いてませんでして。

イヤイヤ、嫁はんも、一緒に駅まで、でして。
知らぬ顔も、出来ませぬ故、2人には、やあやあと、挨拶兼ねて、紹介をと。
Y田君なら、我が嫁はん、承知してるですが。O田さんの奥様には、初対面でして。

オッとの、参加の面々での、最高齢、このO田さんでして。
奥様の年齢までは、知らんしなあ。もしかして、もしかしたらの、我々と、そんなに差は無いの哉の。「芋煮会」で参加の、ご主人迎えに、毎回、農園主宅に来たはってねえ。
イヤ、ご主人、酒豪でして。飲む故、運転出来ず。家が、亀岡には、交通の便、悪く。車が一番でして。メンバーには、そこ、桂坂なれどの、3名が、居てるです。
内の1人は、収穫祭に参加常習でして。

そんな話は結構の。
嫁はん、スグにも、到着の上りの列車に乗らんとなの。デハと、駅の方にで。そこしてる内に、下りのが、到着。全員揃いの、車三台で、農園主宅。
ハイキングと、するのか、登山には、不参加で、農作業、大根収穫するのが、別途に3名でして。
それは、13時半に並河駅なれどです。

兎に角、登るは、農園主宅、裏山でして。
予定では、9時45分に出発でして。
基本、万事、予定通りでして。

ででの、です。
農園主は、不参加。後組、農作業組2人を駅まで、迎えのため、でして。
この農園主も、70代。
実は、4日程の前、フサオ君、M本氏、農園主の、3人して、コースを下見したですて。へえと。

いやなあ、話、先走るですが。70代のが、走破は、大したモンでして。本番参加の、72歳の、O田氏なんか、杖持参でねえ。
杖持っての、登山なんか、大丈夫なんかと、問えば、杖は、下り用やでと。フウンと。
山なるは、上りより、下りが、膝がの、要注意なんやでと。へえと。

この、72歳、へえと、感心するの、健脚でねえ。
女性にしたって、若手とは、申せませんの、還暦に近くの、婆様世代での。こんな面々と、一緒なんやでと。
正直申すの、根を上げられんなと。
モと、正直に、申すの、山も、ハイキング・コースとなんか、トンでも、でして。

とまあ、話、順々になれどの、当初には、農園主の所有の、竹藪の辺りを通過の。如何にもの、ハイキング・コース、やったですが。
(14/11/24)


NO.1589 行者山登山の話(2) 足が棒の寸前の話

ハイキング・コース云うてもねえ。
ホンの、最初だけ。

スグにも、林道ゲートを突破。
とか、云うたら、無謀みたいなれどの。この山の一部、農園主所有での。どこから、どこまでかは、知らんですが。
数日前、その農園主と共に、フサオ君、M本氏が、入山しの、開け方教えてもろてまして。全行程、下見してまして。
云うてもなの、スグにも、道無き、道を登るです。
これがねえ、結構なるの、山道、坂でして。

先頭、フサオ君。
マイ・ペースとするのか、ゆっくりでは無いです。
道無き、道とは、概ね、道らしきの山道なれどの、枯れ葉が一杯でねえ。埋没してるです。木々が倒れてたり、枝が、道を塞いでたり。
下ばかり見てたら、ゴツン、ゴーンの、頭打ったり、してねえ。
とてもやないの、ハイキング・コースとは、違うわと。

ならばの、登山とは、標高何メートルの山かと、成るですが。
この山、最高、440メートルですて。
金閣寺の、大文字山の主峰、如意ケ嶽で、472メートル。比叡山が、848メートルでの。まあなあ、確かに、大した、高さで無いですが。

とりあえずは、人数、10名。
内の女性、4名。男、6名で、最高齢、72歳。
この、72歳がなあ。元気でねえ。杖持参故、大丈夫哉と、思いきやの。超のベテランでして。杖は、下り用での、そもそもがの、ハングライダーやっててねえ。
降りるは、ハングライダーなれどの、登りは、自力でして。コレ、結構なるの、急峻な坂、山ですて。
そこを、何往復してるやと。成る程なと。

その場所なるが、亀岡の、千歳町の、出雲大神宮の方にあってねえ。出雲大神宮には、時々参拝してるですが。確かに、近くの山の方で、ハングライダー飛んでるを、見てるです。
オトトの、どちにしてもの、この72歳。あなどれずの、元気、元気の、道無き、道を、ヒョイ、ヒョイでして。コンチクショウめと。
しんどいよな、顔全然してへんの。息も切れてるの気配も無く。再度の、コン畜生めと。

年齢二番手、69歳。
コレも、案外に、案外の、元気でねえ。コレとは、失礼なれどの、健脚でねえ。先の、下見に行ってるの1人でして。
フサオ君は、同期入社組でしての、後は、少々、若いですが。男は、でして。若い云うても、還暦過ぎてるです。
女性にしたって、還暦間際のと。O田氏奥様は、年齢知らんの、多分なら、私共と、同年配哉と。


いやなあ、そんなメンバーでの、登山でして。
正直、弱音吐いてられへんわと。
女の子や、年寄りに負けてられるかと。
それもあるし、行程一切の考えるの必要性無くの。只、先頭、先達に着いてくだけでして。人数居てる分、心丈夫でねえ。1人、2人では、寂しいですが。寂しい以前の、周辺、余所様の気配無くの。我々だけでして。

での、出発より、約30分してから、小休止したですが。
早くも、汗ダクダク。
ダクダクも、汗が、ひたたり落ちるの、よでは無く。背中に汗が、出てるの気配。このままでは、汗吹き出しそで、大変でして。
上着脱いでねえ。さもなくばの、暑い、暑い。
本来、数日以前の、天気予報では、雨の可能性あったですが。この日、晴天でねえ。余計に暑うてねえ。

そんな事での、ホントに小休止の、5分程度哉と。
山中にて、タバコも吸えへんしなあ。ケータイ灰皿なら、持参してるですが。幹事、フサオ君が、寺以外、禁煙であると、してまして。
寺とは、千手寺での。そこで、昼飯に成るですが。

この千手寺なら、です。
麓にあるの、保育園<太田保育園>の園児が、登るです。これこその、ハイキング・コースがあっての、車も通行出来るの道でして。
我々のは、別のコースでして。
そらなあ、園児と、同じのコースでは、話に成らぬわと。沽券に関わるわと。

そやけどねえ。
道中、休憩中、昼飯喰い乍らです。
我々、そんなに若く無く。
程度は、重々の自覚の。一体、何歳までなら、この手の山に登れるの、やろかなあと。
まあなあ、72歳のが、登ってるが故、75歳辺りまでは、大丈夫哉と。されどの、80歳、80代ともなればの、どなんやろなあと。この道無きの、道。坂道も、急峻でして。

オトトの、なあ。
この最初の小休止までは、左程で無かったですが。ここからが、大変でして。急峻なるの登りが満載での。このままに、まだまだ、続けば、さての、足が上がるの哉と。危惧し出した頃、山頂に着いてねえ。
ホとしたですが。

いやなあ、平地と違うしなあ。
足を上げの、自分のカラダを持ち上げるに成るです。足が棒では、持ち上がらんわと。
イヤイヤ、瞬時、その感覚あってねえ。どしょかと。
足がさえ、持ち上がらんでは、カラダ全体、登れませんでして。軽いとは云え、リュック・サック背負ててねえ。常平生、リュック・サックなんか、背負てえへんしなあ。坂道、山道、登るの用事、あらへんしなあ。
カラダのバランス保つが、コレ、案外に大変でして。

云うたら、後ろに居てるの、続いてるの、OK君、柴田さん、大丈夫ですかと。
あのなあと。
とは、云うものの、足元よお、取られてねえ。足が棒の寸前には、相成ったわと。
されどの、72歳がなと。女の子がなと。子も、還暦間際なれど、です。
負けて、られるかと。
(14/11/25)


NO.1590 行者山登山の話(3) 巨大なる岩と、行場の話

太田保育園の園児が、登るの道。
それこその、ハイキング・コースでなら、2度、千手寺に参拝してるです。
やけど、当然の、此度コースは初でして。

天気良くて、良かったわと。
最初の休憩で、上着脱いでねえ。リュック・サックに入れまして。
いやなあ、この最初の休憩までに、一汗かいての、カラダも登山に慣れて来たかの、身も軽うなって、ねえ。

かと云うて、行くの道、益々の、きつく。
先頭、休まへんし、一段、足上げるに、一時なんか、上がるの哉の、ピンチの時期もあったですが。
10人やしなあ。人数居てるしなあ。心丈夫もあるし、兎に角の、72歳のが、頑張っててねえ。女の子までが、突き進んでるのにと、弱音吐けず。

幹事、フサオ君は、途中、途中で、予定通りの時間やでと。
下見も、このペースで、走破したかの、大したモンやと。
且つは、一汗かいて、かいても、しんどいは、しんどい、けれどや。モそこやで、30メートル程で、行者山やでと。
声聞けば、そかと。後、30メートルかと。腹減ったなと。

着けば、標高、331メートルとしてあってねえ。
フサオ君、曰くに、見学に行くかと。ンと。
下に祠があるらしいて、ねえ。結果、O本氏、1人、荷物番で、9名、見学に、なれどの、これが、急峻。
話簡単の、降りたら、元の場所に上がらんならんですが。マ、ええかと。

降りて、スグに、フサオ君、見てみいと。指差す方、左手見たら、巨大なるの、岩。
云われんと、分からんです。我々、降りるに、足場、下ばかり、見てましての、そんなモン、気も付かんですが。へえの、怖いなあと。
見えてるの壁面、二階建ての家屋程の、大きさの岩でして。岩の壁面には、何やら、文字を彫ってるですが。よお、分からんです、読めんです。

更に、降りたら、休憩場所の簡単なるの、小屋あっての。彗が置いてあってねえ。誰かが、掃除しに来たはるの、やろねえ。その先に、祠、洞窟なれどです。
真っ暗なるの、中には、石像でして。そんなに奥深くは無いです。
更なるの、下にも、祠があって、ねえ。折角ならと、そこも、見学にの、同じよな、洞窟での、石像がと。見れば、不動明王でして。イヤ、誰かが、ケータイの灯りで、見せてくれたですが。

まあねえ、行者山故、修行の場、哉と。
云うてたら、誰かが、行者とはと、尋ねるが故、行者ねえ。修行する方、行者なれど、です。代表例、役行者<えんのぎょうじゃ>かなあと。
云い出せば、山伏も、そやしねえと。

モと、云うたら、天狗が分かり易いの哉と。
ほならの、神様に成るの修行かと。申すが故、不正解と、までは、申さんですが。
限り無くの、神様に接近の、仙人も、そかなあの。感覚的、神様と、まではなの。要は、神通力を身に付けるの修行、とも、云えるし。人生達観、悟りを開くの、修行とも、云えるしと。何がための、修行かが、あるのやろなあと。

確かに、行者の定義難しいねえ。
神様に成るの修行とも、云えず。目標、そこであってもの、神様にとは、余りに、不遜。人間の能力を超えたの、神に近くの、神通力をの。ならばの、欲望の塊でして。
ンの、修行、行者とは、確かにの、何やろねえと。
一芸に秀での、日々、鍛錬、オリンピック選手にも、行でして。常人には、出来ぬの、神通力とも、云えてねえ。

そらなあ、修行によりの、神通力得ての。天狗みたいに、天空飛べたり、百年、二百年と、生存してみい。当世、百歳、珍しくも無いの。
されどの、天空飛ぶは、人間の夢でねえ。願望でねえ。
オトトの、ハングライダーで、空飛ぶは、まさしくの、天狗で、神通力哉と。72歳のが、やってるですが。

これもなあ、慣れたら、なれどの。天空、飛ぶは怖いやろなあと。地面から、足離れの、足下に景色。風の向き、強さも計算しんならんやろしと。
命落とす、怪我するの、心の準備、覚悟もいるやろしと。

オトトの、奇妙なるの。
悟りを開くも、神通力も、自分の事なんやねえと。オリンピック選手が云々も、ライバルよりも、強く成るがため、でして。自身の名誉、名を残すがため、でして。世のため、人のため。
とは、申せませんでして。
イヤイヤ、それで、結構でして。
まずは、自分のため。
しかる後、世のため、人のため、でして。後輩の育成でして。成長、上達の、の手助けでして。


そんな次第の、斯くなるでの。
降りたら、元の場所に登らんならんですが。降りるより、登りの方が楽やねえ。
降りる時には、自身の目線、目の高さが高いですが。登りは、目の前に、足場が見えててねえ。案外に、案外の、すんなり、登れてねえ。云うても、この行程での、一番に急峻なるの、場所やったですが。

フサオ君、曰くの、まだ、このコースの最高峰では、無いですて。ソ云うたら、ここ、行者山なるは、331メートルでして。堂徳山なるが、最高の、440メートルでして。
云うたってなあ。9メートルの差でして。大した事、あらへんわの。
既に、12時近く。昼飯、12時半やしなの、後、30分、歩け、登れ、降りよの、起伏も、大した事も無くの、とこなげ山、千手寺、目指すに相成って。

いやなあ、兎に角、腹減って。
にしても、マダ、30分、歩くの哉の。されどの、足の体力、余力充分。
一時、上がるの哉も、行場に降りる。降りたら、登らんならんも、承知の上での、行けてまして。特段の、逡巡してませんでして。ここまで、来たら、見に行かんとなと。

ででの、特段の、最高峰、云うても、知れてるの、堂徳山も、アと云う間に過ぎてねえ。休む事も無くの、とこなげ山、千手寺えと。
千手寺、眼病に霊験あらたかなるの、寺でして。
ここも、又、弘法大使が、開祖と、されてまして。

弘法大師ねえ。
この方、日本全国、津々浦々に足跡残すの、まさしくの、神通力あるの、天才でして。土木、治水の学者哉と。
行くの先々にての、名水探り当ての。その清水にての、目を洗う事で、眼病直されてまして。
そらなあ、雑菌交ざりの、濁水で、顔洗たり、してたでは、目も悪なるです。

ならばの、寺内、境内、どこかに、湧き水、清水、御神水がと。
探せば、あったです。常時流れてる、出てるの、水場が、でして。コレやなあと。
そらなあ、水道水を常時、流しませんでして。

オトトの、飯や、弁当やの。適当に場所見つけの。
嗚呼の、やっとで、飯喰えるなと。
これ程の、待ちに待ったの、旨い飯。弁当、久しぶりに喰えたわと。
(14/11/26)