リフォームのコーナー

梅雨の雨、真夏の照り返し、秋の台風、冬の積雪・・・。日本の住まいは年中休むことなくハードな気象条件に
 さらされています。特に屋根、外壁、雨といは風雨や太陽光の攻撃を直接浴びるため、住み続けるだけで
劣化が進みます。強く美しい外観を長持ちさせる決め手は材質。
当社では、従来の素材に比べて、耐候性、耐震性、耐風圧性など、
住まいの外観に必要な性能をすべてアップさせた高品質素材を取り揃えております。
さらに今までより短期間のスピード施工で仕上がりもきれい。住むほどに不動産評価が上がります。

屋根をチェック!普段、目に付かないリフォームの盲点!

変色、色あせしていませんか?
汚れが目立つ、カビやコケが生えている場合も要注意。屋根の下地まで傷んでいることがあります。
瓦が割れていませんか?
強風に飛ばされたり、地震でずれて落ちたりと大事故につながる危険性があります。
雨漏りしませんか?
もろくなった古い屋根の隙間から雨水がジワジワ入り込んで、天井や壁にシミをつくることがあります。

外壁をチェック!よく見ると汚れやヒビ割れが・・・

変色、汚れが目につきませんか?
カビが落ちない、さわると白い粉がつく・・・こんな症状も「そろそろリフォーム時期」のサインです。
シーリングが傷んでいませか?
シーリングとは外壁材と外壁材のつなぎ目にあるもので、防水の役目をしています。温度変化や紫外線などの
自然条件によって少しづつ劣化していくうえ、住み続けるだけで毎日の動きにともなう圧力が加わり
いつのまにか傷みが進みます。シーリングが外れたり、ヒビ割れが起こっていれば赤信号です。

雨といをチェック!目立たないがとても大切!

雨といの継ぎ目や金具が外れていませんか?
曲がったり、割れたりしていませんか?
中にゴミや落ち葉が詰っていませんか?
雨といが傷んでいると、あふれた雨水が外壁から壁の中にまで入り込んで腐食の原因となります。
また雨だれで軒下の地面が掘り下げられるため、大切な庭木を傷つけることになります。

当社施工例

改修前
カラーベスト屋根




改修後
MSK社
フォトボルーフ
太陽電池一体型

改修前
瓦棒屋根




改修後
(株)セキノ興産
かわら418