銅板で家の表札や店の看板を作ってみませんか?
自分で作ったとは思えないほどいい物が出来ると思います!

準備する物
銅板(1,0〜1,5mm) 板金資材店、金物店、ホームセンターで手に入ります。
カーボン紙   油性マジック(細、太)  定規  
エッチング液(塩化第二鉄) 工業薬品店、ホームセンターで手に入ります。
ラッカースプレー(クリアー、黒)  610ハップ(むとはっぷ)、薬局の入浴剤コーナーにあります。
サンドペーパー(#240、#400、一枚づつ)  食器洗いスポンジ
ポリ容器(銅板が水平に入る大きさ、深さ10センチ程)  ウエス

作業工程
1、銅板をすきな大きさに切断する。
2、銅板の切断面のヤスリがけをする。角がたたない程度まで。
3、カバーリング  銅板の裏になる方にクリアースプレーを吹く。
4、下絵を銅板に写す。
下絵を銅板にずれない様にはる、このときカーボン紙をはさむのを忘れないようにする。
下絵をえんぴつなどでなぞる。
なぞり終わったら下絵、カーボン紙を取り絵を油性マジックでなぞる。
(浮きあがらせたい部分をマジックで塗る)
このときカーボン紙で写した絵は、消えやすいので注意が必要。
(枠なども書いておくとかっこよく仕上がります)
5、エッチング作業
ポリ容器にエッチング液1センチ程度入れ、絵を書いた銅板を上むきに液につけ
20分程上下左右に傾け続ける。
このとき、手や服につかないようにし20分程したらエッチング液をよく切り水洗いする。
エッチング液(塩化第二鉄)は絶対に自分で処分しないこと
購入した店に持って行き処分してもらう。

6、梨地仕上げ
よく乾かした銅板をダンボールの上にのせ20センチ程上から水平に吹く。

7、二回目のエッチング作業
もう一度、5の工程に従いエッチング作業する。

8、液から取り出し水洗いをしてムトハップ液を10倍にぬるま湯で
うすめた液につけながらスポンジでこすると一面が黒くなります。

9、乾かしてからサンドペーパー#240で一面を同じ方向に磨く
(このときは少しでよい)

10、サンドペーパー#400で好みの濃さになるまで磨く

11、ウエス(ぼろ布)できれいにふいてクリアーのスプレーで
色どめして完成!