OGAWA's Page of Mountain and Fishing in Japan
   長 野県・木曽駒ヶ岳・中御所谷本谷 沢登り (2012年10月6日)
   Shower climbing in Nakagosyodani-Hontani valley around Mt. Kiso-komagadake in Nagano prefecture  10/6/2012
higurasinotakichock stone fall
                                日暮しの滝                                  チョックストーンの滝
                   Higurashi- fall                                                                          Choke-stone-fall

40m falltakamaki
                      40mの滝                                           高巻きからの沢への下降  
                                 40 meter-height-fall                                                             Rappeling down to the stream  

  -> Go to the English page (sorry under construction)


 
【概要】
 ●日程:2012年10月6日(土)

 ●天気:晴れのち曇り

 ● メンバー:Nさん,Ogawa

 ●行程:しらび平7:00 -> 中御所谷 -> 17:30千畳敷 -> 18:00ロープウェイ千畳敷駅
    ※ロープウェイが19時まで延長運転されており,その日のうちに下山できた。

 ● 地図

 ●Nさんからの誘いがあり,上級向けの沢であったが,「何も考えず?」行く事に決めた。
  この沢登りを一言で表すと「滝登り」。滝・滝・滝・・・が連続し,通常の沢登りでその行程の大半を占める川原歩きや渡渉ということがほとん
  ど無い。従って,ビバークポイントはおろか腰を下ろして休める場所も渓内には少ない。あたかも,通常の生活が,変わり映えのしない
  退屈な日々の中に,盆と正月のような非日常(滝)があるのに対して,この沢は,毎日が盆と正月という感じだ。それはそれで楽しいのだが, 
  ちょっと疲れる。
  このような沢であるので,報告も各滝の概要に絞って行うのが分かりやすいと思う。(怖さをA,B,Cでランク付けしました。)
  なお,登攀/懸垂でのリードは全面的にNさんにおんぶにだっこでした。有り難うございます。
  


 【滝の概要】
 ◆日暮しの滝
  水流の右のリッジを登る。登りはじめの部分で右に移動する際,スタンスが小さく苦労する。私としては,トップロープでなければとても出来
  ないムーブでクリア。怖さ度A。
  上の方は,ホールドも多いが,逆に高度感も抜群。
  ロープウェイ待ちの観光客のギャラリーあり。

 ◆8mの滝
  右手の壁から登った。怖さ度B。

 ◆15mの滝
  高巻き。1ピッチ25mの懸垂で本流に。途中から空中懸垂になり,怖さ度B。

 ◆10mの滝
  右側壁を登る。ロープ無しで,怖さ度B.

 ◆スラブ状滝3連続?
  ロープ無しでヌメヌメ壁を登ったため,怖さ度A。スリップしたらアウトだ。

 ◆チョックストンの滝
  左岸の草付き混じりの壁を直登。滝の落ち口と同高度まで登ったボルトで1ピッチ区切る。
  そこから滝の落ち口に向かってトラバースするも,不安定な草付きでホールドも無く,ロープがあっても非常に危険。怖さ度A。

 ◆30m,10m,15mの滝
  右岸を高巻く。高巻き過ぎて25m×3ピッチの懸垂で川原に降りる。怖さ度C。

 ◆40mの滝
  左岸の枝沢から高巻く。この枝沢の滝15mをロープ無しで取り付いたが,OGAWAが滝上部でフリーズしてしまい,仕方がないので,たま
  たまあった錆びた支点でビレイを取り,ザックからロープを出してアンザイレン。Nさんに登ってもらい,トップロープで切り抜けた。怖さ度A。
  この高巻き自体は体力を消耗するだけだが,大高巻きしてしまい,鏡の滝の上に出てしまった。高巻きの怖さ度C。

 ◆詰め
  鏡の滝の上部も体力的には厳しい源頭の登りが続く。幸いブッシュはなく登りやすい。ひょっこりと千畳敷カールに飛び出る。薄暗くなっ
  たカールは紅葉の真っ盛りだ。何より無事にここまで登れた事を祝してNさんと握手をした。

 戻る