OGAWA's Page of Mountain and Fishing in Japan
   京 都府・金毘羅山 フリークライミング5    (2012年6月2日)
   Free climbing at Mt. Konpira in Kyoto prefecture 5  6/2/2012
M crackM crackmap
        Mクラック取り付き                    Mクラック核心部                    金毘羅付近の有料駐車場から岩場へのルート    
       Basement of "M crack"                          The core of the "M crack"                     Map to the wall from a parking area            

  -> Go to the English page 


 
【概要】
 ●日程:2012年6月2日(土)

 ●天気:曇り

 ● メンバー:Nさん,Ogawa

 ●概要
 梅雨入り前の週末にフリークライミングのゲレンデに行ってきました。
 いつも車を止める寂光院入り口の駐車場は,朝10時に到着したときにはすでに満車状態。駐車場のおじさんの話では,朝8時には満車だったとの事。やる気の感じられないグループだと言いたげな感じだ。車は何とか駐車場の端っこに止められた。
 駐車場から徒歩約1時間で,ホワイトチムニー前に到着。しかし,今日はすごい人出だ。ホワイトチムニーは立錐の余地無しのため,別の壁を登る事にする。

 ★カルピス (3級)
 Nさんが,私のレベルにあったこの壁を勧めてくれ,Ogawaがザックを背負ってリードする事に。
 残置ピトンが古いものばかりで信用できない。おまけに持って登ったヌンチャク4個では足りず焦る(スリングでランニングをとることになる)。さらに人気のないルートなのか蜘蛛の巣が多い。

 ルートとしてはガバホールドが多いが,高度感との戦いだ。難度は低いがリードの緊張感に浸る。
  約35m,何とかテラスまで登り,灌木にセルフをとって,Nさんに,「ビレイ解除!」とコールした。するとあらぬ方向から,「はい!」と応答が聞こえた。 別のグループが勘違いしたらしい。急いでもう一度,「Nさん!,ビレイ解除!」とコールする。当の別グループからは,「危なかった」という声が..確か に..

 登ってきたNさんは,うっかりザックを持つのを忘れて登ってきたので,開始点に取りに戻る羽目に。

 ★Mクラック (5.10A)
 Nさん,リードで登る。途中テンションが入るが,完登し,支点をつくって戻る。
 Ogawa,トップロープで登るが,核心の入り口で,手がぬめってフォール。2度チャレンジするがダメだった。腰痛を完治して再チャレンジしたい。

 ★Mクラックの左のフェース (5.10C)
 Nさん,トップロープでチャレンジするが,息切れのため途中断念。

 3時,二人とも体調があまり良くないので帰る事にする。
 駐車場に着くと,まだ車は全て残っており,我々が(一番遅く来て)一番早い。駐車場のおじさんにあきれられたことだろう。
 
 帰り道,登山用品店でヌンチャクを仕入れた事は言うまでもない。



 [戻る return]