OGAWA's Page of Mountain and Fishing in Japan
   三重県・石谷川 沢登り    (2012年7月15日)
   Shower Climbing in Ishitani river in Mie prefecture    7/15/2012
nanatukamaisitani
                七つ釜と呼ばれるゴルジュ                                 滝壺は泳ぎで,滝は直登で突破    
                  This gulch is called seven kettles                                         We swimed across pools and climbed falls     

  -> Go to the English page (sorry under construction)


 
【概要】
 ●日程:2012年7月15日(日)

 ●天気:曇りのち晴れ

 ● メンバー:Nさん,Ogawa

 ● 地図

 ●概要
 Nさんの「梅雨明け直後の盛夏に涼しい沢登りに行こう」というお誘いに乗り,計画を立てていた。予想は的中し,この日から梅雨明けと言っても良い天気で,涼む事が出来た。

 入渓口である林道終点に朝8時に着。林道は荒れており,Nさんの車高の高いランカスターで来て正解だった。
 準備を整えハーネスも装着し,8時半遡行開始した。水量は平水。

 しばらくは単調な沢歩きが続く。Nさんの方針で,基本的に滝は直登,滝壺は泳ぎで突破する。
  七つ釜も泳ぎで滝の側面に取り付くが,この先は垂直の岩場でロープを出す事にする。Nさんがリードで登るがホールドにしていた岩が突然崩壊し,危うく フォールしかけた。私も岩にぶつからずにラッキーだった。Nさんが滝上でビレイして私が登るが,ホールドが崩壊したせいか登れない。仕方が無いのでプルー ジックでメインロープにアブミを作り,さらにゴボウも交えて何とか突破。怖かった。

 そこから先はロープをつけたまま,コンテで登るが,何度がNさんに岩の登りで引っ張り上げてもらう。Nさんの履いているゴム底の渓流シューズのフリクションが良さそう。「花崗岩なら滑らない!」らしい。
  ある大きな釜で,Nさんがロープを付けたまま泳ぎだした。二人の間のロープ長は5m程度しかなく,すぐにロープにテンションがかかりそうになる。仕方ない ので私もあとを追って泳ぎだした。ロープで繋がれたまま2人同時に釜を泳ぐという危険な状態で,さらにロープの束を首にかけていて顔まで沈みそうになる。 両足にロープが絡まった状態で滝の側壁に泳ぎ着き,つるつるの岩を這い上がった。あ〜怖かった・・・。

 堰堤を高巻いて川原でおにぎりの昼食。

 次の滝(10m?)を登ったところで遡行終了。

 下山は川に沿った登山道を降りるが,Nさんは3匹ほどのヒルがついていた。私の方は一見無事だったが,家に帰ってみると沢で着ていた服の中からヒルが3匹も出てきた。

 ※ゴム底の渓流シューズすぐに購入しました!


 [戻る return]