HISTORY



MOTO SPACE が出来るまでを紹介してみました。
店を移転するにあたり、まずはブースをどうするかと言うことになり、
規定のブースではモトスペースの理想では無く、あれこれ考えている間に、結局作っちゃいました。
オートバイ専用ブースを作る為、ブースメーカーの設計士の方と、ブース内の風圧や、空気の流れ
などを何度もお話し、知人の設計士さんのお力も借りながら、毎日計算だらけの日々、
設計図を書くのも高校以来らしく、設計図完成・材料発注に2ヶ月程掛かりました。
作業開始からは1ヶ月強でしたが、とにかく夏の暑い季節、今考えるととても出来ないハードな日々でした。

1、 元は酒蔵の何も無い倉庫から始まりました。 2、作業開始。
塗装ブースを建てる為
床をつぶして穴掘り開始です。

3穴掘り。
何も知らずにやっちゃったもんだからスコップ?!で掘っちゃいました。今思えば
原始人みたい・・・。
4穴掘り。
さすが地名が大石だけあって
デカイ石がゴロゴロ。重たくて
大変でした。
こんな臼が2個も出てきて・・今は
手洗い場に活用、正月には餅つきと
大活躍されてます!
5、やっぱり穴掘り。
思った以上の残土にビックリ!!捨てるのに何往復も
しました。BOSS曰くできない事は無い!でやり切っちゃいました。
6、型枠。
底のガタガタを何度も均して
夏の暑い時期ココまででも
相当クタクタでした。
7、セメント張り。
さすがにセメント張りは
工務店に頼みました。って言うか近所の工務店さんが見るに見かねて応援してくれたって感じです。

8、セメント張り
水を流すので勾配を付けて
もらってます。セメントを撫で
るのが難しくて、邪魔ばっかり
してました。
9、壁作り。
セメントが乾く間、壁作りです。
10、壁作り。

11、ペンキ塗り。
あっちもこっちもぜ〜んぶ
真っ白です。
12、ペンキ塗り。
天上付近は大変!!でした。
手は疲れるしポタポタ、
ペンキまみれでした。
13、ブース製作。
まずは床作りです。
この辺りから設計図と
違ってグレーチングが入らなかったりと大変!

14、ブース製作。
まずは骨組みです。
鉄筋をカットしてくっ付けて
の繰り返し。この作業の間は
ずーと鉄工所の匂いがしてました。
結構いい匂いでした。

15、壁作り。
壁をカットしてはめ込みです。
この壁もやっと見つけた
た自慢の壁です。
16、ドア設置。
結構出来てきました。
嬉しくて皆で中にジーとしていたのを
思い出します。
17、前の扉作り。
難関の扉作りです。設計する時も素材や形、相当
調べて悩みました。
これが終わればペンキを塗って完成まじか!!
18、ガラス付け。
これで扉完成です。
ガラスのはめ込みは流石に
プロは早かったです。
これも持って来て頂いたガラス
屋さんが、あきれて内緒で
取り付けて下さいました。
19、照明。
これもまた特殊な照明の為、電気屋さんはクタクタでした。横に見えてる機械も製作所まで取りに行きました。遠かった。最後この狭い所に入れるのは、凄かったです・・・。
20、天窓作り。
太陽大好き!!なんで天窓作ろうと
急遽始まっちゃいました。

21、天窓作り。
大成功です。
天窓の威力は凄いです。
いっきに店が明るくなりました。雨漏りもせず今も快適です。
22、完成。
すべて終了です。
あと店内は営業しながら少しずつ快適に
作りこむ予定です。
今も少しずつ常に変化しながらの
モトスペースです。









































































 
完成まで協力して下さった皆様、本当に有難う御座いました。
皆様のおかげで思った以上に完成度の高いブースを製作することが出来ました。
ほんとに感謝です!!!