宅建士の通信講座のテキストや問題集などの教材を徹底リサーチします!- 宅建試験の合格を目指す! -

独学で資格取得 - 目指せ!宅建士 -
宅建士の資格取得を目指す皆さんに役立つ情報を発信します!
宅建士(宅地建物取引士)の通信講座
「独学で資格取得 - 目指せ!宅建士 - 」ホーム宅建士のおすすめの通信講座宅建士の通信講座の教材(テキスト・問題集)を徹底リサーチ!
宅建士の通信講座の教材(テキスト・問題集)を徹底リサーチ!

更新日:2019年11月7日

宅建士のSTUDY

 宅建士の通信講座を選ぶ際に、重要なポイントとなるのがテキスト、問題集などの教材です!

 通信講座というのは、教材を使って、講師に教えてもらいながら学習を進めていくものですから、通信講座の良し悪しは、「講師」と「教材」で決まると言っても過言ではないと思います。

 テキストなどの教材の良し悪しは、見た目でいうと、フルカラーなのか、2色刷りなのか、白黒なのか、というのがまず始めに差が出る部分です。

 次に、内容的な面で見ると、

・重要なポイントに絞って記述してあるか(不必要なことをダラダラと書いていないか)

・重要なポイント以外でも参考とすべき知識は別途囲み記事などで記載してあるか

・理解しづらい事項は事例を使って解説してあるか

・イラストが適度に入っているか(文字ばかりで読みにくくなっていないか)

・知識が混同する事項は図表を使って整理してあるか

・記憶すべきポイントと理解すべきポイントなどメリハリをつけて記載してあるか

・用語解説や判例知識などもしっかりと記載してあるか

などなど、数え上げれば切りがありませんが、このページでは、宅建士の通信講座各社の教材について、上記のような視点から徹底的に調査してご紹介していきたいと思います。

宅建士の通信講座の教材(テキスト・問題集)を徹底リサーチ!

宅建士の通信講座「フォーサイト」の教材をリサーチ

 フォーサイトは、教室を持たない通信教育専門の会社であり、広告宣伝等をあまり行っていないため、一般的な知名度は低いかもしれませんが、宅建士をはじめ、行政書士やマンション管理士、社会保険労務士など、様々な通信講座を開講しており、通信講座の業界では非常に高い実績と人気を誇っている資格予備校です。

 当サイト内の「宅建士のおすすめ通信講座」のページでは、おすすめNo.1の通信講座としてご紹介しています。

 それでは、このフォーサイトの宅建士講座で使用される教材について、ご紹介したいと思います。

宅建士の通信講座 フォーサイト の教材(テキスト・問題集)

フォーサイト宅建士通信講座の教材
フォーサイト宅建士通信講座の教材
⇒ 教材紹介ページ(公式サイト)

使用教材

 宅建マンガ、eラーニング「道場破リ」

【基礎講座】基礎講座テキスト(5冊)

【過去問講座】問題集(5冊)、再現問題、模擬試験(1回分)、演習ノート

【直前対策講座】テキスト(2冊)

 その他、戦略立案編&メディア、合格必勝編&メディア、合格カードなど

管理人コメント

フォーサイトの宅建士通信講座の最大の特徴が、この教材にあります。

業界初の見やすくて記憶に残る、フルカラーテキストと特許取得の完全オリジナルのeラーニングシステム「道場破り」です。

フォーサイトのフルカラーテキストは業界初とされており、フルカラーにすることで、見やすくて効果的に記憶できるようになっています。

また、図表を豊富に使って解説することで、整理しやすく記憶に残り、直観的に本質を理解することができ、難しい法律用語もイメージしやすいイラストを入れることでスムーズに理解できるようになっています。

また、学習を始める前に読む「宅建マンガ」が付属しているため、学習内容や仕事内容を具体的にイメージすることができ、学習効率の向上に効果的なものとなっています。

次に、eラーニングシステムは、フォーサイトが特許を取得している「道場破り」という完全オリジナルのシステムで、講義の受講からテキスト参照、ゲーム感覚で取り組める確認テスト、一問一答式の単語カードや学習プラン作成まで充実した機能を備えたeラーニングシステムとなっており、ちょっとした隙間時間に宅建士の学習ができるようになっている点も、フォーサイトの大きな魅力です。

公式サイト

フォーサイト宅建士通信講座

宅建士の通信講座「スタディング」の教材をリサーチ

 「スタディング」は、スマホやタブレット等を使い、スキマ時間を使って、場所と時間を選ばずに効率的に宅建士の勉強をすることができるようになっているオンライン資格講座です。受講料についても、ITを活用した革新的な学習システム・運営システムを開発し、運営コストを大幅に削減した結果、おどろきの低価格となっています。

 当サイト内の「宅建士のおすすめ通信講座」のページでは、おすすめNo.2の通信講座としてご紹介しています。

 このスタディング宅建士講座の使用教材について、ご紹介したいと思います。

宅建士の通信講座 スタディング の教材(テキスト・問題集)

スタディング宅建士通信講座の教材
⇒ 教材紹介ページ(公式サイト)

使用教材

以下の教材をすべてスマホ等で利用する形態です。

・基本講座(ビデオ講義、WEBテキスト

・スマート問題集

・セレクト過去問集

・12年分テーマ別過去問集

※有料オプションで、冊子版テキストの提供もあり

管理人コメント

スタディングの宅建士講座では、すべての教材がオンラインで提供され、革新的なeラーニングシステムによりスマホのみで学習を完結させることができるようになっています。

スタディングの最大の特徴のひとつとして、印刷物のテキストなしで、スマホだけで分かるようテレビ番組のようなスタジオで、重要なポイントをスライドで示しながら説明していくスタイルとなっており、このスライドは、できるだけ図で解説したり、具体例(ケース)で理解できるように工夫されています。

そして、もうひとつの特長は、アウトプット用教材です。
スマート問題集、セレクト過去問集などがすべてスマホ等で利用することができ、いつでもどこでもアウトプット学習もすることができるようになっています。

なお、システムの機能として、メモ機能があるため、ノート代わりにメモをとることができますし、このメモを含めて、テキストや問題集などの全文検索機能があるため、調べたい事柄は一発で検索することができます。

また、問題集では、間違えた問題や復習が必要と自分でチェックした問題を抽出して復習できる機能もありますので、効率的に知識を習得していくことができるようになっています。

公式サイト

スタディング宅建士通信講座

宅建士の通信講座「クレアール」の教材をリサーチ

 クレアールは、「非常識合格法」を提唱する通信講座専門の資格学校です。この非常識合格法というのは、徹底的に無駄を省き、合格に必要な範囲だけに論点を絞り込んで効率的に学習するという考え方であり、つまり、満点を目指すのではなく、合格点のクリアを目指す学習法とされています。

 このクレアールの宅建士通信講座の教材について、ご紹介したいと思います。

宅建士の通信講座 クレアール の教材(テキスト・問題集)
クレアール宅建士通信講座の教材1
クレアール宅建士通信講座の教材2
⇒ 教材紹介ページ(公式サイト)
使用教材

テキストブック(3冊)

・過去問題集(3冊)

・分野別問題集(全4回)

・模擬試験問題集(全4回)

・一問一答Webテスト

管理人コメント

クレアールの最大の特徴は、「非常識合格法」と呼ばれるクレアールの新合格方程式です。

この学習法は、「合格必要得点範囲」を、短期間で確実に習得する独自の学習法とされています。

「合格必要得点範囲」とは、過去問分析から抽出した合格のために必要十分な学習範囲であり、そこに学習範囲を絞り込み、徹底的に学習することで、短期間での合格を実現する学習法です。

クレアールオリジナルのテキストブック、問題集などの教材は、この「非常識合格法」を実践し、「講義」「テキスト」「問題集」が完全にリンクすることにより、効率的に学習を進めることができるようになっています。

※2019年試験向けまでは、氷見講師著書の「楽学宅建士」シリーズが使用されていましたが、2020年向けからは、クレアールオリジナルにリニューアルされました。

また、eラーニングとして、Web問題集「一問一答WEBテスト」も備えているため、スキマ時間での問題演習も可能となっています。

公式サイト

クレアール宅建士通信講座

宅建士の通信講座「アガルートアカデミー」の教材をリサーチ

 アガルートアカデミーは、2015年1月に開校した比較的新しい資格予備校で、オンラインによる講義の配信を中心とした通信講座を提供しています。
 アガルートアカデミーの宅建通信講座は、フルカラーテキストと、元大手資格予備校講師による講義を、その特長としています。

 このアガルートアカデミーの宅建士講座の教材について、ご紹介したいと思います。

宅建士の通信講座 アガルートアカデミー の教材(テキスト・問題集)
アガルートアカデミー宅建士通信講座の教材1
アガルートアカデミー宅建士通信講座の教材2
⇒教材紹介ページ(公式サイト)
使用教材

総合講義 テキスト(4冊)

・過去問解析講座 問題集(4冊)

・模擬試験(1冊)

管理人コメント

 アガルートアカデミーの宅建士通信講座では、完全オリジナルの「フルカラーテキスト」が使用されます。このテキストは、宅建試験に精通した講師がすべて作成したもので、合格に必要な知識を精査し、盛り込まれたものになっています。

 学習で常に使用するテキストをフルカラーにすることで、視覚的にスムーズに理解できるようになっています。

 また、このテキストでは、レイアウトにもこだわっており、図表にまとめたり、アイコンやマークを使用することにより、膨大な知識量を整理し、見やすさとわかりやすさが追求されたテキストになっています。

 次に、過去問解析講座で使用する問題集は、講師陣が厳選した過去問のほか、自ら問題を新たに書き起こしたものを収録し、インプットした知識を確実に得点力に結び付けられるように編集されています。

 なお、問題集のレイアウトは、問題が右ページで、その裏(左ページ)に解答・解説を掲載し、問題を解きながら答えが見えてしまわないようなレイアウトになっています。

公式サイト

アガルートアカデミー宅建士通信講座

宅建士の通信講座「L・A<エル・エー>」の教材をリサーチ

 エル・エーは、オリジナルのテキストを用意せずに、市販されている宅建士のテキストを利用することにより、テキスト代は市販の書籍を購入するのと同額に抑え、そのテキストを利用して、プロの講義を提供するというのが、エル・エーの神髄です。

 このエル・エーの宅建士講座の教材について、ご紹介したいと思います。

宅建士の通信講座 エル・エー の教材(テキスト・問題集)

⇒教材紹介ページ(公式サイト)
使用教材

市販「パーフェクト宅建」シリーズ

 基本テキスト(1冊)、過去問題集(1冊)

・演習問題(答練)(5回)

・復習ミニテスト(各講義後)

・その他板書ノート、補助レジュメ、質問カード等

管理人コメント

エル・エーの宅建士通信講座では、オリジナルのテキストを用意せずに、市販されている宅建士のテキストを利用するという、宅建士講座としては異例の形態をとっています。

それは、作成者の個性による不安定性、偏りを排除し、より多くの受験生にとってなじみやすい、わかりやすい教材群とすることがその狙いとされています。

エル・エーの宅建士講座では、そこに十分な映像講義をプラスすることで、より学習しやすい教材、より深い理解を実現しようとしています。

※現在、エル・エーでは、住宅新報社の「パーフェクト宅建」シリーズが使用されています。

公式サイト

L・A<エル・エー>宅建士通信講座

宅建士の通信講座「ヒューマンアカデミーたのまな」の教材をリサーチ

 次にご紹介する「ヒューマンアカデミーたのまな」は、ペット、ネイル、医療、カウンセラー、保育などから、ビジネス資格、Web、趣味・実用、語学まで、多種多様にわたる講座を開講していることから、皆さんもよくご存知の講座だと思います。

 こういった多様な講座の中に、実は、宅建士や行政書士などの資格講座も開講しており、多様な受講生を対象に培ってきた通信教育のノウハウが活かされています。

 このヒューマンアカデミーたのまなの宅建士通信講座の教材について、ご紹介したいと思います。

宅建士の通信講座 ヒューマンアカデミーたのまな の教材(テキスト・問題集)


⇒教材紹介ページ(公式サイト)
使用教材

ヒューマンアカデミー宅建士講座「大澤茂雄」講師著書の「合格しようぜ!宅建士」シリーズ

合格しようぜ!宅建士 基本テキスト

・合格しようぜ!宅建士 テーマ別セレクト問題集

・合格しようぜ!宅建士 過去15年問題集

管理人コメント

ヒューマンアカデミーたのまなの宅建士講座では、「大澤茂雄」講師著書の「合格しようぜ!宅建士」シリーズが使用されます。

この基本テキストは、2色刷りとなっており、大澤講師の講義と同様、難しい法律用語は日常的な言葉に置き換えて、わかりやすく記述してあります。ただし、基本テキストとしては異例の「対話形式」という個性的な記述になっていますので、好みが分かれるところかもしれません。

公式サイト

ヒューマンアカデミー宅建士通信講座

宅建士の通信講座「ユーキャン」の教材をリサーチ

 ユーキャンは、言わずと知れた、あらゆる通信教育講座を手掛ける大手資格スクールです。

 このユーキャンの宅建士講座の教材について、ご紹介したいと思います。

宅建士の通信講座 ユーキャン の教材(テキスト・問題集)

使用教材

基礎テキスト(3冊)

・過去問で鍛える!実戦テキスト(3冊)

・”みんぽう”って何?

・過去問題集

・添削課題集(模擬試験)

管理人コメント

ユーキャンは、他の通信講座と異なり、講義がありませんので、まさにこの「テキスト」が肝になっています。

講義なしで、毎年多くの合格者を輩出していますので、テキストだけで言えば、通信講座の中ではナンバーワンと言えるかもしれません。

とにかく、ユーキャンの教材は、わかりやすく作られています。「庶民向け」というイメージでしょうか。もちろん、全く初めての方にもよくわかるよう、なじみの薄い法律用語は噛み砕いて説明してくれています

この講座のメイン教材となる「基礎テキスト」は、宅建試験に出る部分のみに絞り込んだ効率的な薄いテキスト3冊のみで構成されており、過去問の中でも特に出題率の高い問題を厳選して収録した「過去問で鍛える!実戦テキスト」を使って、得点力を身に付けていきます。

副教材として、民法の入門ブック「”みんぽう”って何?」が付属しており、民法をまったく知らない人でもスムーズに学習に入っていけるよう、会話形式で気楽に学べるようになっています。

その他、過去問と模擬試験も付属していますので、知識の整理や理解度を確認し、総復習として、模擬試験(添削課題)で最終の仕上げを行うことができます。

公式サイト

ユーキャン宅建士通信講座

宅建士の通信講座「資格スクエア」の教材をリサーチ

 資格スクエアは、「必要な学習を、適正な価格で。」を第一に掲げ、実績のある講師と効率的な学習システムで合格へと導くオンライン資格講座です。

 この資格スクエアの宅建士講座の教材について、ご紹介したいと思います。

宅建士の通信講座 資格スクエア の教材(テキスト・問題集)
資格スクエア宅建士通信講座の教材1
資格スクエア宅建士通信講座の教材2
資格スクエア宅建士通信講座の教材3
⇒教材紹介ページ(公式サイト)
使用教材

オンラインレジュメ

・資格スクエアが市販する
「クラウド宅建士 OUTPUT(問題集)」

管理人コメント

資格スクエアの教材は、上記のとおり、オンラインで提供されるレジュメと、問題集1冊だけという、非常にシンプルな構成になっています。

本当にこれだけで合格できるとすれば、ものすごく省エネな学習法だと思いますが、実際のところ、独学で学習する方は、これに近い学習法で合格するわけですから、本来は、これだけで十分なのかもしれません。私自身も、独学の学習では、メインのテキスト1冊と、過去問だけで合格しましたので。これに比べると、他社の通信講座は教材が多すぎるのかもしれません。。

まず、インプットに使用する「オンラインレジュメ」については、スマホで講義を聴きながら、同時に画面に表示されるようになっていますので、スマホ1台があれば、インプット学習ができるようになっています。

そして、アウトプットについては、資格スクエア代表の「鬼頭政人」氏がプロデュースした「クラウド宅建士」シリーズの問題集が使用されます。この問題集は、過去20年の過去問から合格に必要最低限の問題を厳選した一問一答式の問題集になっており、イラストも豊富で、短時間で効率よく知識を習得できるようになっています。

公式サイト

資格スクエア宅建士通信講座
不動産業に関連する4大資格として、宅建士のほか、管理業務主任者、マンション管理士、賃貸不動産経営管理士があります。

ホーム

管理人へのお問合せは、こちら。当サイトはリンクフリーです。
Copyright (C) 2007 独学で資格取得 - 目指せ!宅建士 - All Rights Reserved.