釣りコラム みけっぴの波止釣り

波止で釣った魚図鑑ぶ〜ぶ〜ライフミッションGoogle

釣り日記(ダイジェスト, 全ての釣り日記, 2017年, 2016年, 2015年
       2014年, 2013年, 2012年, 2011年, 2010年, 2009年,
       2008年, 2007年, 2006年, 2005年, 2004年, 2003年以降
釣りコラム(41話以上21〜40話1〜20話

若狭湾の波止場での釣りを中心に釣行結果を釣り日記として更新しています。
 最近の一言:2017年の初釣りは本命のクロソイが不発。

■みけっぴ最近の釣り日記(直近5回分)-------------------------------
2017/01/07朝 [晴れ] 福井県若狭湾 小浜新港
(評価=3)クロソイ狙いだったが負け。メバルとカサゴが数匹で本命はゼロである。テトラの穴釣りでメバル1匹以外は全て同じ穴。3〜4号の玉オモリに10号のセイゴ針でエサはオキアミ。大きなアタリはあったが切られた。
宮井啓吉(メバル2,カサゴ2,メジナ1)
2016/12/18朝 [晴れ] 福井県若狭湾 敦賀新港
(評価=3)超雑魚除きサバ33cmが1匹だけという貧釣果。この1匹はサビキ。これで今年も竿納め。サワラ狙いだったがずっとサビキで青物狙いしとけばよかった。ジグでサワラ釣っていた人もいたが、特定の場所でスレがかりばかりだ。
宮井啓吉(マサバ1,ハオコゼ4,ササノハベラ1)
2016/11/12朝 [晴れ] 福井県若狭湾 ひるが海上釣り堀
(評価=3)自分はマダイ1匹とハマチ7匹。会社の他メンバー2人もハマチ8匹とカンパチ1匹で計17匹。あまり釣り過ぎるとコストオーバーになるため様子見て打ち止め。釣堀デビューの2人も手堅くゲット。4匹はすぐに捌いて刺身&塩焼きで食べた。
宮井啓吉(マダイ1,ハマチ7)
2016/11/05朝 [晴れ] 福井県若狭湾 日向漁港
(評価=4)おまけ針付きの投げサビキで、ウマズラハギが大量。合間に穴釣りでカサゴ24cmなども楽しめた。ハゲは小さいものの鍋にはもってこいのサイズで肝も頑張って全部収集した。小物だらけだが天気も良く気分の良い釣行となった。
宮井啓吉(マダイ3,キューセン1,ゴンズイ2,ショウサイフグ2,カサゴ4,ウマズラハギ24)
2016/10/30朝 [曇り] 福井県若狭湾 敦賀新港
(評価=1)撒き餌は大量に持っていったが仕掛をほとんど持参していなかった痛恨のミス。釣果は投げサビキおまけ針にマダイ1匹だけ、とほほ。ハリスが何回も切られ仕掛がなくなってサワラのせいだと隣の人に教えるとルアーで小さいのを釣ったのでもらった。
宮井啓吉(マダイ1)

■釣りコラム最新号---------------------------------------------------

釣りコラム 第58回:テトラのコマセ穴釣り(2017/02/12)

コラム第56回では年間の釣りスタイルについて言及した。その中で、1月のクロソイ、8月のキジハタなど、テトラの穴釣りはみけっぴのお気に入りの釣り方である。魚さえ居れば即ヒットし、強引に巻き上げないと隙間に逃げられエラを張られる。こうなると、少し待って抜ける確率は10%、あとは切れるだけである。仕掛けは30cmオーバー狙いならライン2.5号、キジハタの平均的なサイズ25cm〜30cmであれば、ハリス2号で十分である。エサもイワシの切身などで狙う人も多いがオキアミで十分だ。
さて、釣り方についてはテトラの穴という穴をくまなく調べつくすというのがセオリーではあるが、実は効率が悪い。お気に入りの穴で釣って、休憩。休憩前にはまきえするというのがのんびり楽しめる。しかし、そのお気に入りの穴を見つけるまでには、●日かけて穴という穴をくまなく調べるのである。その条件は、1:深いこと、2:他の人が釣りしない穴であること、3:やり方を工夫しないとすぐに根掛りする穴であること、4:潮がある程度動くこと、である。
 
ハリスを長くすれば釣れる魚種が増える
テトラの穴釣りで最も釣れるのはカサゴである。テトラ玉やブラクリはハリスがなく、根魚以外はあまり釣れない。これが、指4本くらいの長さにハリスをすることで、イシガキダイやメバルが釣れてくるようになる。ギンポやべらなど、様々な外道も釣れるので釣りが面白い。この釣りの肝は根掛り対策である。何も考えなければ、10回投入して10回根掛りで切れるというのも珍しくない。一般に、ハリスが短いほど根掛りが少なくなるが、そういう次元の話ではない。1つ、テクニックとして分かったのが、海が穏やかなときは軽いオモリ2号、波が立っているときは思いオモリ4号にすれば、根掛りは激減する。カサゴにキジハタ、クロソイ、メバル、イシガキダイ、アイナメ、ムラソイなどなど、福井県若狭湾も魚影が濃い。あ〜、記事を書いているうちにテトラの穴釣りがしたくなってきた。


釣りコラム 第57回:フィッシングショー大阪2017に行ってきました。(2017/02/05)

 2017年2月4日(土)、インテックス大阪で開催のフィッシングショー大阪2017に行ってきた。毎年やっているが3年ぶり。次男と2人で電車で9:40に会場入り。小学生は無料で、大人は前売り券1200円也〜。すぐにマス釣りを申込んだが、既に大量の申込で16:00の部になってしまった。釣り講座の方もかなり申込があり、朝の部で空いているのは、最も不人気のバス釣りだけ。4月に次男と琵琶湖でボートフィッシングする予定なので申込。500円で1時間、講義がきけるだけでなく、ライン、フック、ワーム、ラバージグ、クランクベイト、スピナーベイト、バレットシンカーなど釣具付である。無料のバッジ作りやちりめん生き物探し&金魚釣り、ぬいぐるみ釣りなど次男は超楽しんだようだ。今年も人が多く、盛り上がっていた。

 イベントに参加すれば、フィッシングショーも満足だ!
朝9:00に会場であるが、マス釣りなんかは9:45には当日の参加はできなくなる。それもそのはず、約10分間、設営プールで1人に1人のインストラクターが付いて、釣れなくても5匹を持ち帰り、クールバックと氷付きで500円である。釣り講座も500円で1時間の講習だけでなく教材の釣具は1,000円分以上は持ち帰りである。その他、子供も喜ぶ体験型イベントが多くなっており、子供は楽しめる内容だ。3年ぶりに来て正解だった。いつもの負けパターンは、行く時間が遅くイベントに参加できずにパンレットを買いあさって変えるパターンだ。今後も、9:15までには来場することを覚えておく。


釣りコラム 第56回:釣りのシーズン計画(2017/01/07)

季節によって釣れる魚は決まっていて、場所とエサさえ合えば波止場からでも満足できる釣果が期待できる。1万円以上もかけて、船に乗ったり釣り放題の海上釣堀に行く必要もないのだ。また、何を釣ろうかと優柔不断になったあげく、貧釣果で後悔することもよくあるが、そうならないように毎年使える釣行年間スケジュールを作成する。HPで釣り日記を公開した2003年からの14年間の釣果を分析した結果、今後は下表に基づくプランで釣行する。

ターゲット 備考
1月 小浜新港のクロソイなど根魚 @テトラのコマセ穴釣り
2月 シーズンオフ フィッシングショー大阪にでも行く
3月 管理釣り場での渓流魚釣り 信楽川の勢多漁協組合でA流し脈釣り
4月 琵琶湖のブラックバス 小林貸船店のレンタルボートでBサビキワーム
5月 小浜新港のコウイカ・シロギス C底エギサビキ
6月 小浜新港のカミナリイカ・シロギス C底エギサビキ
7月 海の釣り堀または釣り公園 釣堀はDスパボ、釣り公園はEカゴちょい投げ釣り
8月 日向漁港のキジハタなど根魚 @テトラのコマセ穴釣り
9月 日向漁港のアオリイカ F表層エギサビキ
10月 海の釣り堀または釣り公園 釣堀はDスパボ、釣り公園はEカゴちょい投げ釣り
11月 敦賀新港のマアジなど青物 Gズボサビキ
12月 敦賀新港のサバなど青物 Gズボサビキ

 上記のスケジュールをベースに釣行し、道具や戦略をパターン化する。
パターンフィッシングで費用・時間を効率的に使うことができるだろう。次回のコラムから各仕掛けを説明していく。


釣りコラム 第55回:釣り堀に対する考えの変化(2016/10/16)

釣り堀は邪道なので絶対にしないと誓っていたが、釣り堀でも良いかとデビューしたのは昨年のこと。お金に余裕があったのだろう。つい最近、世帯手取り収入が年間60万円ダウンする事件が発生した。そのためか、何やらサイフが寒い。今日は滋賀県大津市の湖西に今年オープンした釣釣り堀「アクアヘブン」に行ってきた。内容的には悪くなかったはずなのだが、大人1名+子供1名の入場料が5000円、貸し竿が800円、ルアーが1650円、合計7450円也〜。家でニジマスを塩焼きにして食べたが、30cmになってくると味も旨みがない。1匹1500円の魚を食べていると思うと、何か悲しい感じになってしまった。周りを見てもニジマスがポツポツ釣れているが、皆、純粋に釣りを楽しんでいる感じだ。何かが違う。
 
こんなことなら、釣り堀は卒業だ。テトラの穴釣りや投げ釣りのようなドキドキ感、ハングリーなあの感覚を取り戻そう。
ということで、釣り堀は卒業することを宣言します。ボートや筏ならバケーション気分なのでOK。

釣りコラム 第54回:20年経ってようやく釣り125種目達成!(2016/08/13)

ついに、ついに125種目達成だ。ある時は近所のドブ川で雑魚釣りして白い目で見られ、ある時はホノルルのアラワイ運河でジョギングコースから釣りをして笑われ、20年間、種類UPを目指して、ようやく125種目を釣り上げた。乗り物酔いの関係で海の船釣りはやらないので、それで125種目はなかなか他に居ないだろう(日本に100人居るだろうか?)。思い出深い釣り物を紹介していく。

順位 写真 順位 写真
和歌山県串本港で釣ったシロサメ。サビキにイソメを付けてぶっ込むと3匹、このサメがかかっていた。40cmくらいと小さいが3匹とあって、ひきはイマイチでもすごい重量感。 125種目のラストはこいつ。ホームの福井県日向漁港。すごいヒキでどんな大物かと思いきやホタテウミヘビ120cm級だエサはホタルイカ。こんなんが最後なんて。。。
福井県敦賀のフェリー横の海釣り公園。波止場でオニカサゴ30cmが釣れてラッキー。サビキに青イソメ大量で投入したら釣れた。 ホノルルのアラワイ運河でルアーで来たオニカマス。地元名はバラクーダ。他にもティラピアが釣れ、旅行がてらの思い出の釣りとなった。海外での釣りとあって、心が躍った。しかも陸っぱり。
福井県敦賀のフェリー横の海釣り公園。サワラ50cmくらいが数釣り。全てルアー。フィーバータイム突入したみたいで連ちゃん。手返し良かったらもっと釣れるのに。 福井県三方五湖の1つ、日向湖南岸での釣り。ウキなしのカゴ釣りでイソメを大量に付けてぶっ込みでマコガレイ35cmをゲット。肉厚で美味しかった。以降も何枚か釣れた。
福井県敦賀のフェリー横の海釣り公園。ウキサビキでアジ釣りしていたらこいつが来た。高級魚のキジハタ38cmをゲット。 福井県の八代漁港で釣った化け物、ムラサキダコ80cm。超重量級だがヒキは×。超レアで博物館も欲しているらしい謎の生き物。タコジグにて。

と大きい魚は他にも釣っているが、上表が思い出深い釣り魚?である。いろんな魚種を釣ってみないと、自分に合った釣り魚は分からないだろうと、種類を追い求めたが、20年もかかってしまった。今後は狙いを絞って狙いたい。心残りなのは、イシモチ、ニベ、ヒラメ、マゴチを釣っていないことだ。でも、これからは特定の魚を貪欲に狙っていく。何の魚かはヒミツ。それでは125種類、何を何匹釣ったか、統計開始の2009年からではあるが、以下に示す。
[累計用釣果内訳メモ(降順)]2016年11月03日時点。
マアジ,640
カサゴ,250
シロギス,249
ブルーギル,212
クサフグ,155
ヒイラギ,104
カタクチイワシ,64
アオリイカ,55
マダイ,49
コアユ,41
アイナメ,41
ネズミゴチ,40
ササノハベラ,40
サヨリ,38
メジナ,37
キジハタ,37
カワハギ,35
ネンブツダイ,34
イトヒキハゼ,31
コモンフグ,29
メバル,28
イサキ,27
アイゴ,25
オハグロベラ,24
ゴンズイ,26
アナハゼ,22
カマス,19
マコガレイ,17
ウミタナゴ,17
ヒガンフグ,17
マハゼ,17
ハオコゼ,15
ホンベラ,14
イシダイ,14
サワラ,14
キュウセン,14
オイカワ,13
キタマクラ,13
ザッパ,12
ブラックバス,12
ニジマス,11
カミナリイカ,8
アナゴ,7
ナマコ,7
ボラ,7
マブナ,7
クロサギ,6
シロサバフグ,6
スズキ,6
ニゴイ,6
ヒメジ,6
ウルメイワシ,6
コウイカ,5
ムラソイ,5
ゴマサバ,5
クロナマコ,5
アマゴ,5
マダコ,5
ギンガメアジ,4
コイ,4
サビハゼ,4
ニシキベラ,4
ティラピア4,
ワタリガニ,4
ワニエソ,4
ダイナンギンポ,3
スズメダイ,3
シロザメ,3
ウマヅラハギ,3
オオスジイシモチ,3
オトメベラ,3
キチヌ,3
クロスズメ,3
トラハゼ,3
ナマズ,3
ハス,3
ハリセンボン,3
マイワシ,3
マエソ,3
イシガキダイ,2
ホタテウミヘビ,2
オオモンハタ,2
ギンポ,2
ダイミョウサギ,2
カワムツ,2
ギギ,2
クツワハゼ,2
クロソイ,2
コノシロ,2
タカベ,2
タケノコメバル,2
タチウオ,2
ハマチ,4
マハタ,2
不明な魚A,2
ホウボウ,2
サーモン,1
トラギス,1
アカオビシマハゼ,1
クロホシフエダイ,1
シマアジ,1
アカエソ,1
アカナマコ,1
イソカサゴ,1
イラ,1
ウグイ1,
オニオコゼ,1
オヤビッチャ,1
カイワリ,1
カマツカ,1
ギンユゴイ,1
クロアナゴ,1
クロダイ,1
コクチフサカサゴ,1
コスジイシモチ,1
コトヒキ,1
ゴマアイゴ,1
シャコ,1
スッポン,1
ニザダイ,1
ヌマチチブ,1
ハコフグ,1
バラクーダ1
ホウライヒメジ,1
ムラサキダコ,1


釣りコラム 第53回:今まで乗ってきた車達(2016/07/24)

今まで9台の車に乗ってきた。釣行を考えると理想は、広くて、仮眠できて、荷物いっぱい積めて、燃費が良いことだ。キャンピングカーは広くて熟睡できて快適なのだが、燃費が最低。良くてリッター7kmである。滋賀県大津から海まで片道100kmはあり、往復210kmとすると、30リッター約3600円の交通費が発生することになる。過去を振り返ると、ホンダのバモスが費用的にも快適性でもバランスが良かったように思う。
 
釣行におすすめなのは、軽のワンボックス
さて、ここからが本題である。過去乗ってきた車達はほとんどが悲惨な最期を遂げた。その無残な様を紹介する。
1台目:日産のセレナ
 諸費用込み中古で60万円で購入。タイヤのインチが小さく、急坂で車体下をすってしまい緑色の液体が垂れていた。冷却水が漏れていたらしく、オーバーヒートでエンジンが焼け付いた。爆走中にいきなりエンジンストップ、パワステも利かなくなり、惰性で路肩へ。真っ白な煙が車内を立ち込め、「爆発する、逃げろー」と社外へ。JAF呼んでラジエーターに水を注ぐと、瞬時に沸騰して噴出していた。当然、ご臨終。1年もたずに豪快な最期を迎えた。7人乗りで、回転対座シートがお気に入り、見た目も気に入っていたのに、とほほ。
2台目:トヨタのタウンエース
 JAFでセレナを運んだ車屋で諸費用込み20万円で購入。自宅の車庫に入れる際に左ミラーを擦ってしまい、その時に誤って、急ブレーキと思ったら、アクセスと間違って全開してしまった。斜め向かえの家に突っ込んで行き、壁をなぎ倒してしまった。当然、弁償。車の方は自走できたが、凹んで前照灯が垂れ下がり目玉おやじ状態。ガムテープで貼り付け、しばらく乗っていたが、あまりに惨たらしいので次の車に乗り換えた。これも1年も経たず。セレナよりも車内は広かった。
3台目:ホンダのバモス
 初めての新車購入、150万円はしたと記憶している。納車日にメーターが動かなかったり、1週間もしないうちに対向車のダンプカーから石が飛んできてフロントガラス割れたり、3ヶ月ほどで、高速道路爆進中にエンジン止まってマイコンのバグでプログラムを書き換えてもらったりと踏んだり蹴ったり。ホンダはダメだ。バイクは好きだが。圧巻は、大事故。雨の日にタイトコーナーの立ち上がりで全開するとリアルタイム4WDであったが、4輪とも輪ともスリップ。右カーブで中央線をはみ出し、左にハンドル切ったら、いきなりグリップ戻って左のガードレールに激突、1回転して反対車線突っ切り、反対車線側のガードレールをなぎ倒した。膝のグー1個分くらいまで車もぺちゃんこで、タイヤも向いてはいけない方向を向いていた。70kmくらいでぶつかったはずで、エアバッグも開き、ぶつけてないはずの後ろも潰れていた。前席のドアは潰れて開かないので、後ろ席ドアから出て自走できないので当然レッカー。バンパーなどパーツが道路上に散乱していた。死に掛ける時は視界がスローモーションになるものである。ぶつかった瞬間、パワーウインドウのコンソールが外れ、ハーネス類が上に跳んでいくのがコマ送りで見えた。釣りに行く途中だったが、釣竿も全部折れていたほどの衝撃。エアバックのおかげかは分からないが、腕力で胸部を守ったので、胸は打っていないはずなのにそのときは咳が止まらなかった。散水管付きのガードレールだったので弁償も激高。まぁ、保険で何とかなったが。にしても、3年全額ローンで2年半でご臨終。ローンだけが残った。とほほ。
4台目:ホンダのトゥディ
 バモスを買ったディーラーに行ったら、新車の普通車を薦められた。アホかっ〜。どこにそんな金あるんじゃー。といったら諸費用込み30万円で軽自動車を紹介されたので購入。落ちぶれたものである。この車は平穏無事に済んだが、軽トラを除けば底辺の車である。1年も乗らなかった。
5台目:スズキのソリオ
 スズキ自動車販売の年始初売りで中古のソリオ、諸費用込み50万くらいを見つけた。購入を決めて契約日に事故車であることが判明、スズキも誤り、より新しい年式3年落ち以内を同価格で買えることになった。ラッキー。この車も平穏無事だったが、キャンピングカーが欲しくなったので、下取りにて終了。
6台目:キャンピングカーのバレットベースElite
 関東までソリオで走って行き納車。1年せずに、高速道路の吹田ICのS字路でトラックと挟まれ、壁に激突。助手席に乗っていた子供の足元を見ると、車内のはずなのに、高速道路の地面が見えていた。トラックは逃げていき、110番すると、白バイが来た。人身事故でないので捜査ができないとのこと。アホかっ、役立たずが。交通違反で警察のお世話になったことはあるが、財布取られたとき、バイク盗まれたとき、警察は全く役に立たなかった。今回もそうかと思いつつ、税金の無駄遣いをしている警察が腹ただしい。修理には60万円かかった。ソニー損保の保険も使えず、犯人が分からないと保険金も出ないとの事。結局、泣き寝入りするとともに、世の中の仕組みの理不尽さを知った。キャンピングカーは今でも乗っているが最高である。大人2人、子供5人でしょっちゅう車中泊旅行に行くが快適そのもの。見た目と走り、燃費はいけていないが、所有満足度はピカイチである。
7台目:スズキのアルト
 セカンドカーとして車体価格1万円で購入。3ヶ月ほどでエンジン不調。すぐにエンストするので停止中もアクセスを少し吹かせておく必要がある。買ったショップに持っていって文句言おうとしたら、既に店はなかった。自宅近くの修理業者にもっていくと、エンジンから異音がし、どうしようもないと言われた。6ヶ月になると、銀行の駐車場で二度とエンジンに火がともることはなかった。しゅーりょー。
8台目:ダイハツのエッセ
 妻の車で、2回事故でぶつけた。修理代が20万円と保険料金も激UP、ぶ〜。諸費用や次回車検代込み80万円の新古車買ったのに3年くらいで終了。ラティオの下取り車となった。
9台目:日産のラティオ
 新車購入としては2台目。パールホワイトのセダンで、見た目は気に入っている妻の車である。最高速は登り140km/h、下り180km/hと動力性能は低いが、コスパが非常に高い車で大絶賛である。
さて、10台目は釣行を前提とした軽自動車を2年半ごに買うつもりだ。


釣りコラム 第52回:海上釣堀の考察(2016/06/12)

 あれっ?前回のコラムからもう1年も経つのか。かなりサボってました。さて、今回は釣掘との付き合い方について。恐れていたことがついに起きた。昨日、2時間くらいの釣り、しかもペースの遅い釣りなのに、ひるが海上釣堀で少し釣り過ぎてしまい、魚買取の追加料金2600円と自分でさばける量でないため、鮮魚屋さんへの調理代3千円を合わせて、11,600もかかってしまった。釣りは楽しいが、食べるのも大変で、やりすぎた感が否めない。もう当分、タイの刺身は食べたくない。そんなこんなで、今後の釣堀戦略について、考察する。
 
1人なら、マダイは1匹、青物2匹、あとホウボウなどで〆
 子供と2人なら、マダイ2匹、青物3匹、あとはホウボウなどで〆
 入園料以外の料金を払うな!追加料金が発生しないようにしよう。
魚の追加買取料金は、何と40cm級マダイ1匹が1500円。スーパー「トライアル」の鮮魚店では、少しだけ小さめの35cm級マダイが980円である。割高感がすごい。これに対して、ツバスは500円。こちらは適正と言えよう。タコは600円、こちらも鮮魚店では同サイズ980円なのでOK。30cm級ホウボウは何と、ツバスとセットで500で良いよとのことなので、実はホウボウを狙うのが一番コスパ良好なのかも。味も気のせいか、ホウボウが一番おいしいような気がする。たぶん、ホウボウだけを釣れば、50匹釣っても追加料金は発生しないだろう。ということで、今後、釣堀に行く際は、上記の制限を念頭において、ホウボウハンターになることにする。普通にウキ釣りすると、マダイが嫌でも釣れるので、ウキなしのさぐり釣りでホウボウ量産を狙う。


■みけっぴの釣果統計---------------------------------------------------
 目指せ!3000匹。もう少し。

単年実績 累計実績
釣行
回数
釣った
魚種
釣った
釣行
回数
釣った
魚種
釣った
2017年 1 3 5 242 126 2848
2016年 15 26 115 241 126 2843
2015年 4 13 40 226 122 2727
2014年 5 27 106 222 120 2687
2013年 4 14 154 218 113 2581
2012年 1 3 4 214 111 2427
2011年 1 2 7 213 111 2423
2010年 4 8 34 212 111 2416
2009年 4 12 72 208 110 2382
2008年 7 18 93 204 108 2310
2007年 22 30 291 197 105 2217
2006年 28 31 463 175 103 1926
2005年 32 41 557 147 97 1463
2004年 17 29 264 115 84 906
2003年 10 26 114 98 79 642

釣り日記 みけっぴの波止釣り 釣り履歴表