(1)MGB vs ミジェット

ub2gbgenMGスポーツの購入を考える時、最初に突き当たるのが「MGBにするか、ミジェットにするか」という選択である。

確かに写真で見るとMGBとミジェットの違いというのは明確ではない。ボディ・スタイルも似通っているし、せいぜいサイズの大小が分かる程度のことである。

しかし実際はその性格はかなり大きく異なっている。それを一言で言うなら「敏捷性のミジェット、ゆとりのMGB」ということになるだろうか。

ボディが小型軽量であることや重心が低いことなどから、ワインディング・ロードを軽快に走るならミジェットである。絶対速度こそ遅いかもしれないが、ドライバーの意志に忠実でありながら限界域での挙動が穏やかでコントローラブルというのは、まさしくMGのスローガンである

「Safety Fast」の言葉通りと言える。

しかし反面限られた内装スペースは体格の良い人には辛いものであるし、小さい排気量と低いギア比は高速巡航には適さない。

対してMGBはトゥアラーであってもシート背後には広いスペースを持っているし、お世辞にも広いとは言えないもののトランクルームもボディが大きい分だけミジェットよりはマシである。

大きな排気量は絶対出力の数値以上にトルクフルで、しかも中低速域で力強いのも現在の交通環境の中では心強い。また本来オプションでUB2では標準装備とされた電磁式オーヴァ・ドライヴは、MGBにミジェットとは比べ物にならない高速巡航性能をもたらす。

ミジェットに比べれば敏捷性では劣るとは言え、MGBの運動性能もまた「スポーツカーの教科書」として「Safety Fast」そのものと言える。

何よりその限界挙動の穏やかさとロード・インフォメーションの豊かさは、低い動力性能のクルマを速く走らせるために必要な、限界近くまでの追い込みを可能にしてくれる。

 

総じて言えばMGスポーツを自分のガレージに納める理由が「週末の走り主体」ならばミジェット、オールラウンドに「普段の足から趣味の対象までを1台で」というのならMGBということになるだろう。

 

NEXT