MGB MODEL

 

モデル

LE50

ボディ形式

2シーターまたは4シーター・ハッチバッククーペ

型式記号

生産期間

2012〜2014

生産台数

50

概要

 英国産ライトウェイト・スポーツのチューニング・パーツの製造/販売を行っているフロントライン・ディベロップメンツ社が送り出した、ある意味で「究極のチューンドMGB」。

何故なら強化型ヘリテイジ・ボディを始めとして、使われているパーツは既存MGBのシャーシィb除いて基本的にすべて再生産パーツや他車種用のパーツで構成されているからだ。

 それは心臓部であるエンジン/トランスミッションにも及び、搭載されているのはマツダMX5NCロードスター)用にチューンアップを施したものであり、さらに後輪サスペンションに至っては市販MGBでは用いられたことのない5リンク式に変更されている。

 これらにより発揮されるパフォーマンスは「最強のMGB」であったRV8をも凌駕する最高速度256q/h、0−60mph加速5.1秒を誇る。

 問題はMGB誕生50周年に因んだと思われる限定台数50台というごく少数に留まる事と、日本円で1000万円にも達する価格であろう。

 なお2015年現在では、トゥアラー・ボディで更にエンジンを強化した<アビンドン・エディション>というのもラインナップに加わっているが、こちらは79900ポンド、日本円で1500万円を超える。

写真

 

le_slide3(TRIM)

 

Contents