本文へスキップ
中央職業能力開発協会 コンピュータサービス技能評価試験認定校 文部科学省ビジネス検定認定校

エクセル マクロ(Excel VBA)

Excel VBA(Visual Basic for Applications)は、エクセルで毎日行う、時間のかかる複雑な作業などをマクロを作成し、ボタンひとつで実行するだけで、操作ミスをしないで、 時間のかかる複雑な作業を簡単に自動化することができます。仕事などで役立ちます。

VBA(マクロ)の基礎知識

VBEの起動、VBEの画面構成、プログラムの概要、VBAの概要などを学習します。

Visual Basic Editor

マクロの記録・マクロの作成

マクロの作成手順、マクロ記録機能によるマクロの作成、複数の処理を組み合わせたマクロ、マクロの保存などを学習します。

マクロの内容の理解と修正

VBエディタの基礎、コメント行の削除、マクロのコンパイル、マクロの修正、モジュールの新規作成、モジュールの削除、プロシージャの作成、プロシージャの削除などを学習します。

変数と制御構造

変数の宣言、セルの値を変数に格納、条件を分岐する(If〜Then)、条件を分岐する(Select〜Case)、指定した回数処理を繰り返す(For〜Next)、 無限に処理を繰り返す(Do〜Loop)などを学習します。

プログラムの作成

MsgBox関数(ダイアログ ボックスにメッセージを表示)、InputBox関数(データ入力ダイアログ ボックスを表示)、警告メッセージの非表示、エラー発生時の対応、ユーザー定義関数の作成、デバッグ、実行時のエラー、ステップモード、ブレークポイント などを学習します。

マクロの登録と実行

メニューからの実行、ショートカットキーからの実行、コマンドボタンにマクロを登録、ツールバーにマクロを登録などを学習します。


マクロを使うとエクセルを使って、メッセージの表示や自動的に表を作成、入力画面(ユーザーフォーム)などを作成や、エクセル専用のアプリケーションを構築などができます。

マクロ実行前とマクロ実行後

矢印

下記は、上記の実行マクロ(プログラム)です。

VBエディタ

Excel VBAで作成した、毎月の家計簿ソフト

毎月の家計簿