ポタリング日記

● ツーリング・ポタ日記 blog


行ってきました六甲山  2006.04.18  by tep


休暇を取っていたのですが、予定が狂って、天気もいいし、六甲山へ (^^
初めての挑戦ですので、途中で引き返す、ということのないよう、ゆっくりと走ります。
思っていたより勾配はゆるやかで、小部峠までの方がハードな感じです。
六甲山牧場を過ぎて、しばらく走ると、何だか、どんどん下っているみたい。
不安な気持ちで走り続け、土木作業をしている人に
『まっすぐ行けばいい』 と教えられ、一安心。
一軒茶屋を見つけた時は、うれしかった。
しかし、車道を外れるとUターン状態で、コンクリートの坂が・・・。
大あわてで一番軽いギヤにして、歩行者に 『すみません』 を連呼して登る。
登り切ったと思ったが、クロケンさんの写真で見るような標識がない!
建物の前を回っていて、丘の上に人がいるのに気がつく。
これだなと思い、登っていて、草でスリップして、バランスを崩し、立ちごけ。
笑われてしまった (^^;
丘の右手に標識を見つけ撮影。
こけたため、1mほど押しが入り、走破ならず (- -)

六甲高山植物園
ミズバショウが見頃だということで、行ってみました。
入場券売り場のおばちゃんにお願いして、
ゲートの横に自転車を置かせてもらいました (^^
六甲山はリタイヤした人たちでいっぱいです。

お目当てのミズバショウ
今年は、一週間ほど見頃が遅れているそうです。
しかし、気温の具合がよくて、白い部分の先に茶色枯れたような状態が少なくて
きれいに咲いている、ということです。
ミズバショウはともかく、小さな高山植物は、
人がいっぱいいる所で見るもんじゃないな、と感じました。



帰りはバテバテ 
六甲山最高峰までは、それほど感じなかったのですが、
やはり、かなり脚にきていたようで、帰りは、ちょっとした登りでも堪えました。
衝原湖の先の笠松峠が登れないんじゃないか、と心配になりました。
天気もよかったし、暑くもなく寒くもなく、よかったです。
しかし、靴下二枚重ね、手袋もです (^^;
下りに備え、ウィンドブレーカとオーバーパンツを持っていきましたが、
必要ありませんでした。




● ツーリング・ポタ日記 blog