院長

ご挨拶

院長写真

院長の前川眞司です。

使命と感じること。

 歯を治すということは 満足な食生活を可能にし、気持ちと体の健康を作り出すことです。そのためにできる限りの知識と技術を身に着け、患者さんに提案していきます。

どうしてインプラントをやるのか。 

 一生、自分の歯で食べられることは、実に幸せなことでありますが、現実的にはそうでない人もまだまだ大勢おられます。
すでに、歯を何本か失った人。これから、数年で歯がなくなる可能性の高い人。
不具合な入れ歯で、我慢している人。
そういった人たちは、いまはどうにか食べることができていても、数年後にかなり不自由を感じることになります。
時間が経つほど、状態が悪くなり、柔らかい食べ物しか食べられなくなる人もよく目につきます。そのうち栄養摂取にも偏りが出てきます。


二十数年間のインプラント治療を通じて、感じていること。

正しく治療されたインプラントは信頼性が高く安定しています。
むし歯や歯周病で歯を失っても、インプラントは最後まで残る可能性が高いです。
さらに歯を失ったとき、もちろんインプラントを追加していくこともできます。
インプラントを追加しないで、入れ歯を使うことになったとしても、
埋めてあるインプラントをうまく利用することで、普通の入れ歯ではできないような快適さを回復できます。
インプラントは、口の中ではむし歯になったり、動いたりしないので、入れ歯の支えとしては、天然の歯よりはるかに、有効です。

インプラント治療を受けたいと考えてる方に

 まず、患者さんの希望や疑問 不安をお聞きし、そのうえでふさわしい治療を考えて、提案することから始めます。そしてインプラント治療がその方に望ましいと判断できたときに、ベストだと考えられる計画を立てて、時間をかけて説明させていただきます。インプラント治療のメリットはもちろん、長期的な予測もお話しさせていただき、納得していただいて治療をさせていただいております。  インプラント治療はちょっと怖そうな感じもするでしょうし、確かにお金もかかります。しかし人間というのは、しっかり食べられることに大きな喜びを感じることはもちろん、自信というものがつくようです。 私は、インプラント治療というのは歯科治療の中でも成功率が高く、患者さんの満足感が最も大きい治療方法の一つだと感じています。  インプラント治療に興味があるけど不安だという方は軽い気持ちでご来院ください。そこはじっくりと解説いたします。

 


プロフィール

院長 前川眞司

大阪大学 歯学部卒業

平成4年 亀岡市安町で開業

平成20年 北古世町に移転

所属学会

日本口腔インプラント学会

国際口腔インプラント学会 認定医

日本メタルフリー歯科学会

趣味

自転車で散歩

空手

アマチュア無線