TreeView に登録する

C# で TreeView にノードを登録します。

前田稔(Maeda Minoru)の超初心者のプログラム入門

プログラムの説明

  1. TreeView は Windows エクスプローラでお馴染みの階層構造を持ったフォルダーなどを表示します。
    ListView に比べて階層構造を持つ分だけ難しくなります。
    最初に単純な数件のノード(ListView では Item)を登録してみましょう。
    空のプロジェクトを作成して下さい。
    詳細は Form を作成する を参照して下さい。
    自動生成を使って Form を作成 の場合も同じ要領です。
  2. [デザイン] を表示して、[ツールボックス] から [TreeView] をフォームに貼り付けます。
    ソースプログラム(CSForm.cs)に InitializeComponent() のメソッドが追加されます。
  3. MyForm の Constructor から InitializeComponent() を呼び出します。
    これだけで TreeView が表示されます。
        public MyForm()
        {   InitializeComponent();
        }
        
  4. Load をデリゲート(委譲)して TreeView に登録するイベントハンドラ(MyForm_Load)を設定して下さい。
        public MyForm()
        {   InitializeComponent();
            Load += new System.EventHandler(MyForm_Load);
        }
        
  5. MyForm_Load() でノードを TreeView に登録します。
    TreeNode[] はノードの配列で "鈴木", "田中", "佐藤" を定義しています。
    Nodes.AddRange() でノードの配列を TreeView に登録します。
    TopNode.Expand() で TreeView の先頭ノードを展開します。
        private void MyForm_Load(object sender, System.EventArgs e)
        {   TreeNode[] NodeRoot =
            { new TreeNode("鈴木"), new TreeNode("田中"), new TreeNode("佐藤") };
            treeView1.Nodes.AddRange(NodeRoot);
            treeView1.TopNode.Expand();
        }
        
  6. 同じ処理をノードの配列を使わずに記述してみましょう。
    treeView1.Nodes.Add() で一件ずつ登録します。
    こちらの方が解り易いでしょうか (^_^;)
        private void MyForm_Load(object sender, System.EventArgs e)
        {   treeView1.Nodes.Add(new TreeNode("鈴木"));
            treeView1.Nodes.Add(new TreeNode("田中"));
            treeView1.Nodes.Add(new TreeNode("佐藤"));
            treeView1.TopNode.Expand();
        }
        

超初心者のプログラム入門(C# Frame Work)