ToolBox からメニューを貼り付ける

ToolBox からメニューを貼り付けます。

前田稔(Maeda Minoru)の超初心者のプログラム入門

プロジェクトの設定

  1. 空のプロジェクトを作成して下さい。
    詳細は Form を作成する を参照して下さい。
    自動生成を使って Form を作成 の場合も同じ要領です。
  2. Form1 を右クリックして、ビューデザイナーから[デザイン] を表示して [メニューとツールバー] から [MenuStrip] を貼り付けます。
  3. [ここへ入力] の右端▼をクリックして、[MenuItem] を選択します。

  4. [toolStripMenuItem1] の名前でメニューが作成されます。
    作成されたメニューのプロパティから text を調べると[toolStripMenuItem1]になっています。
    この文字列を [ファイル(&F)] に修正します。
  5. [ファイル(F)] の下の [ここへ入力] の右端▼をクリックして [MenuItem] を選択します。
    プロパティの text に 終了(&X) とタイプします。
  6. [右端▼]を使わないで text を直接タイプする方が簡単で実践的です。
    ページ先頭の画像を参考にして下さい。
    [ファイル(F)] の右の [ここへ入力] に直接 ヘルプ(&H) とタイプします。
    [ヘルプ(H)] の下の [ここへ入力] に バージョン情報(&A)... とタイプします。
  7. メニューを処理するイベントハンドラを作成します。
    [終了(X)] を選択してプロパティからイベント(稲妻のアイコン)をクリックします。
    Click に [FileExit] とタイプすると FileExit() メソッドが追加されます。
  8. FileExit() メソッドにプログラムを終了するコードを追加します。
        private void FileExit(object sender, EventArgs e)
        {
            this.Close();
        }
        
  9. [バージョン情報(A)...] を選択してプロパティからイベントをクリックします。
    Click に [HelpAbout] とタイプすると HelpAbout() メソッドが追加されます。
  10. HelpAbout() メソッドにバージョン情報を表示するコードを追加します。
        private void HelpAbout(object sender, EventArgs e)
        {
            MessageBox.Show("Menu Event Sample Program  Ver 1.0");
        }
        
  11. MyForm の Constructor から InitializeComponent() を呼び出します。
        public MyForm()
        {
            InitializeComponent();
        }
        
  12. これでメニューの設定が完成です。
    メニューを選択して実行されることを確認して下さい。
    [Alt][H][A] でバージョン情報が表示されます。
    [Alt][F][X] でプログラムが終了します。
    アプリの例は Text Editor を参照して下さい、
  13. Windows 8.1(2014/04/13 Update 版) & Visual Studio 2005 で開発すると、 メニューの定義は Form1.Designer.cs に、イベントハンドラは Form1.cs に作成されます。

超初心者のプログラム入門(C# Frame Work)