Command Line 引数

C:\DATA\C#\BAT\Prog1>CmdLine 123 abc "abc xyz" "1 2 A B"
0番目の引数は 123です。
1番目の引数は abcです。
2番目の引数は abc xyzです。
3番目の引数は 1 2 A Bです。

Command Line から渡された引数を取得します。
Command Line の引数はストリング配列(string[])です。
 

前田稔(Maeda Minoru)の超初心者のプログラム入門

プログラムの説明

  1. コマンドラインから起動するときに、パラメータを設定することが出来ます。
    【コマンドラインの例】
    C:\DATA\C#\BAT\Prog1>CmdLine 123 abc "abc xyz" "1 2 A B"
    CmdLine.exe が起動するプログラムで、123 abc "abc xyz" "1 2 A B" がパラメータです。
  2. Command Line から渡されたパラメータは、空白で区切られ string の配列として渡されます。
    文字列の中に空白を含むときは " " で囲って下さい。
    CmdLine 123 abc "abc xyz" "1 2 A B"
  3. Command Line のパラメータは main() 関数で受け取ります。
    受け取った string[] args は、通常の string 配列と同様に扱います。
        public static void Main(string[] args)
    
  4. 渡された引数を、番号を付けて表示してみました。
        for(int i=0; i<args.Length; ++i)
            Console.WriteLine("{0}番目の引数は {1}です。", i, args[i]);
    
  5. 全ソースコードです。
    /*************************************/
    /*★ Command Line 引数     前田 稔 ★*/
    /*************************************/
    using System;
    
    class Prog
    {
        public static void Main(string[] args)
        {
            for(int i=0; i<args.Length; ++i)
                Console.WriteLine("{0}番目の引数は {1}です。", i, args[i]);
            Console.ReadLine();
        }
    }
    
  6. CmdLine.exe にファイルをドラッグ&ドロップして起動することも出来ます。
    完成したプログラム(CmdLine.exe)をデスクトップに置きます。
    Windows Explorer などから適当なファイルを選択して CmdLine.exe にドラッグ&ドロップするとファイル名が表示されます。
    または、次の方法で試して下さい。
    Windows Explorer で CmdLine.exe が格納されているフォルダーを選択して表示します。
    適当なファイルを選択して CmdLine.exe にドラッグ&ドロップするとファイル名が表示されます。
    コンソールウインドウがすぐに消えて確認出来ないことがあるので Console.ReadLine(); で停止します。
    Enter キーをタイプして終了して下さい。
  7. C/C++ でも同様のプログラム Command Line の取り込み を作成しています。
    リンクがエラーになるときは「前田稔の超初心者のプログラム入門」からたどって下さい。
    C++ ではプログラム名(CmdLine.exe)から始まりますが、C# ではプログラム名が渡されないので、添え字の値に要注意です。
    Form(Windows) の場合は Command Line を参照して下さい。
    アプリの例は Text Editor を参照して下さい。

超初心者のプログラム入門(C# Frame Work)