Library (1) (2) (3) (4) (5) (6)

現代伝説考(2)

---恐怖と願望のフォークロア---

****** 目次 ******

*** まえがき ***

第1章.異空間伝説
 1.試着室・トイレ・風呂場
  1-1.試着室
  1-2.トイレ
  1-3.風呂場
 2.学校・寮・下宿
  2-1.学校
  2-2.寮・下宿
 3.医学伝説
 4.劇場系
 5.特異空間
  5-1.特異な空間
  5-2.自殺の名所
  5-3.縁切り伝説
 6.異国・異界・境界
  6-1.外国
  6-2.異界
  6-3.トンネル・川
 7.密室の世界
  7-1.民家・アパート
  7-2.事業所関連
  7-3.ホテル・旅館
  7-4.百貨店
 8.二次元空間
  8-1.鏡の中
  8-2.ブラウン管の向こう

第2章.高速移動する密室・現代カー伝説
 1.事故と霊
 2.妖しげな事故
 3.車とともに移動する霊・妖怪
  3-1.高速伴走するお化け
  3-2.消えるタクシー客
  3-3.つれ去られる話
 4.車とジンクス

第3章.人体と人格のメタモルフォーシス
 1.人体断裂
 2.人体消滅
 3.人体の部分
 4.異形の人
 5.人体異常
 6.人形
  6-1.リカちゃん人形解体
  6-2.動く人形の怪
  6-3.福と呪いの人形

第4章.食の怪
 1.不気味な食品
 2.人肉食品
 3.インチキ食品
 4.食事行為
 5.ビジネスと食品

第5章.奇人・変人・怪人伝
 1.奇人・変人
 2.怪人
 3.あやしげな行為
 4.著名人・職業柄・県民性
  4-1.著名人伝説
  4-2.職業柄
  4-3.県民性

第6章.美女と湖水のフォークロア
 1.水と女
  1-1.深泥池伝説
  1-2.水と女性の霊
 2.水と死体
 3.水と霊・祟り
  3-1.水の特異空間
  3-2.過去の水・現代の水
 4.水と妖怪
  4-1.河童
  4-2.蛇
  4-3.ペットボトルと現代伝説


現代伝説考(2)

---恐怖と願望のフォークロア---

第2章.高速移動する密室・現代カー伝説

 現代社会にかかせない文明の利器といえばまず自動車があげられる。自動車の特性はいうまでもなく高速な移動を可能にした点であるが、噂の生成という観点からはその密室性をはずすわけにはいかない。「異空間伝説」の章でもふれたように、現代伝説と密室性は重要な接点をもっていると考えられる。

 自動車のもつ密室性が噂を発酵させるとすれば、その高速移動性は現代カー伝説にさらなる今日性をつけくわえる役割をはたす。伝統世界の住人にとって、山や川といった自然の境界に仕切られた異界との往来はさほどたやすいことではなかった。ところが自動車の高速移動性は、瞬時にして人々を異界へと運んでいってしまう。かつての妖怪が異界からのメッセンジャーだとすると、現代の自動車は即座に異界とつないでしまうタイムマシンと想定してもよいだろう。われわれは自動車という密室空間に入った瞬間、すでに異界に接する環境に居るのだといえよう。

1.事故と霊

 高速に移動すれば、当然事故も頻発するし事故死者もでる。となれば、事故と霊にまつわる噂が多いのはうなずけることである。事故多発地点には、かならずなにかが「でる」。

 もうすこし生々しい体験談の報告もある。

 事故死者の幽霊がでるのとは逆に、もともとその土地にまつわる因縁があって、それで事故がおこりやすいという流れの噂も多い。

 暗闇を高速で走っている場合などちょっとした錯覚もおこりやすく、それが幽霊を見たという話につながりやすいということも考えられる。その場所が特異な空間であればなおのこと噂になりやすいであろう。

 日本人にとって伊勢神宮というのが、特別な意味をもつ霊的空間であることはいうまでもない。それがさらに「内宮」と「外宮」とを結ぶ参道ともなると、なにやら先にのべた内と外の「境界」という観点とも結びついてくる。同様の境界性は峠やトンネルについてもいえよう。

 バイク事故と霊の話もたくさんある。二輪車での走行では事故を身近に感じやすいであろうし、またちょっとしたミスが悲惨な事故にもつながりやすい。そういったバイクライダー仲間たちは独特の噂空間をつくっているようで、オリジナリティのあるライダー伝説が語りつがれる。

 つぎのものは、自分自身が事故跡の地縛霊にされてしまったライダーの体験談である。多少長くなるが、事故跡・錯覚・幽霊という噂発生の貴重な報告として引用しておこう。

2.妖しげな事故

 高度に発達した交通機関では、思いもよらない変な事故も起こりえる。ここでは、通常の交通事故以外のあやしい出来事を取りあげてみよう。普通ではありえない荒唐無稽な話でも、「ひょっとしたら」と思わせる可能性がわずかでもあれば噂は語りつたえられていく。

 ソアラというのはバブル景気時代を象徴するような国産高級車であり、話しの担い手であろう若者たちの願望をくすぐる。そのような高級車が、尋常では考えられない安い値段で売られているというのはいかにも胡散くさい。当然なにやらいわくがありそうである。そしてじつは、サンルーフという天窓から顔をだしていた女性の首がぶっ飛ばされたという、ショッキングな出来事があったという。さらには、ミラーに血まみれの女性の顔がうかぶという怪談風のオマケまでついている。

 かっこいい高級車という潜在的な願望に訴えかけながら、首がちょん切れるといった生理的な恐怖が重ねあわされている。このような恐怖と願望の重ねあわせが、伝説の基本的な構成要素であろう。それにさらに、多少冷笑的な滑稽味がつけ加わえられるところが現代伝説のひとつの特長でもあろうと考えられる。「ミラーに映る血まみれの顔」というのは、伝統的な幽霊譚を踏襲するために付加された尾ひれと見なしてもよかろう。

 首がちょん切れる話はバイクライダー伝説にもある。

 ここでは「首のないライダー」という異形が恐怖の主題となっているが、それに「強調」や「同化」という連続伝達のなかでの噂の変容過程が重ねられるとつぎのような話へと展開される。ここでいう「強調」とは話の一部分がより印象づよく変形されることであり、「同化」とは合理的な説明が付加されていくことである。つぎの投稿における「ピアノ線による首チョンパ」は前者であり、聞き手の目に事件が印象づけられる。そして「首なしライダーの正体」の明示は、後者の合理的な説明に相当する。

 もちろんこの噂話では、「身障者の滑稽化」という差別要素をも指摘しておかなければならない。噂の差別性について若干付言すれば、噂そのものが「異者の排除」という隠された主題をはらむ以上、噂から差別性を抜き去ることは不可能に近いであろう。公言できない差別性が噂という形で陰で語られるという意味では、噂は人間のもつ暗部をつねに引きずっている。そして噂の分析とは、そのような暗部をも視野に入れることによって可能であろう。ここでの文脈においてはそのような差別性は一旦留保して、「恐怖の滑稽化」という現代伝説の一般的傾向に着目しておこうとおもう。

 「語り」という時間的経過の中で共同性を想起させるのが伝統的な昔語りの一要素であるが、上記のような現代伝説はそのような時間の共有や共同性をほとんど含んでいない。伝統的な社会のように話し手と聞き手が、共通の時間と空間を共有するような生活背景はすでになく、噂を伝えあうその場とその瞬間のみが現代伝説の接点となっている。

 となれば、瞬時の生理感覚に訴えるような恐怖と、話題そのものへの冷笑といった感性の共有だけが際だってくる。おどろおどろしい怨念譚よりも、瞬間的な刺激と滑稽が現代伝説で好まれる由縁であろうか。

 瞬間的な生理感覚にもっとも訴えやすいものには、視覚イメージがある。五感の中でも現代人にもっとも突出しているのは視覚であり、それには映画やテレビの画像も大きく寄与しているであろう。その関連を指摘した投稿もあった。

 恐怖の滑稽化といえば、次のように滑稽そのものを狙いとした噂もある。

 自動車以外に、電車もわれわれが身近に利用する乗り物である。電車を待っているときなど、ふと「ホームから落ちたら……」と不安を感じることがある。

 これも、瞬間的な恐怖が題材になっている。視線があうというところで、その場の凝縮した情景が切り取られたように視覚化される。しかもその恐怖のただ中におかれた少女の発する言葉が、助けを求めるのではなく「見ないで!」というところがかえって不思議なリアリティを感じさせる。目のあったホームの女性のほうにも、そのまま少女の恐怖が転移してくるかのようである。

 ホームの女性に感情移入している聞き手にも、同じく恐怖が伝わってくるであろう。と同時に、いささか位相のずれた少女の言葉は滑稽感をも感じさせる。部外者の立場にいるわれわれ聞き手には、突きはなした滑稽感を感じとる余地も残されているからである。このような純粋な恐怖の物語の中にも、現代伝説の滑稽化傾向がまぎれこんでいる。

 もうひとつ電車での話題。これもいかにもありそうな話で、しかも生理感覚に直接うったえかけてくる。

 この話題に触発されて、つぎのような笑話が投稿された。恐怖から滑稽へという、現代伝説の流れをものがたる状況証拠のひとつといえるかも知れない。

3.車とともに移動する霊・妖怪

3-1.高速伴走するお化け

 事故にかなならずしも関係しなくとも、車にまつわる霊や妖怪は登場する。古典的な妖怪に「べとべとさん」というのがあるそうだ。ひと気のない山道などを歩いていると、ペタペタと足音がついてくる。振り向いてみてもなにも姿が見えない、というやつである。

 ここにあげる「高速伴走するお化け」は、この「べとべとさん」の現代版といえようか。自動車などで高速で移動する現代人には、お化けも同じように高速でついてくるところがおもしろい。

 「異空間伝説」の章でもあげたように、この高速老婆は北陸自動車道にも「でる」と報告されている。高速道路を川や橋にたとえるとするならば、この高速並走老婆もまた「境界」に出没する妖怪のひとつと考えられる。

 このような、これといった悪さをするわけでもない妖怪どもはなんのために境界に現れるれるのだろうか。妖怪と出くわす人の意識の側からみれば、異界への漠とした畏れが潜在的にあるだろう。それに、孤独な情況で不安が増幅されて妖怪が登場することになる。高速道を疾走する車の運転者であれば、さらに事故への不安感がつけ加わるはずである。

 バイクライダーにも、この種の話はある。いくら速く走っていても追い抜かされてしまうというのが主題であるが、ライダーにとって後ろから追い抜かれるというのは不安を感じさせる瞬間でもあろう。

 同じ投稿から、トンネル編も。

 バイクの後部シートを重くする幽霊は先にも紹介したが、この投稿ではその出典らしきものも示されているので引き続き引用する。

 ライダーたちは事故に鋭敏であろうから、当然事故の噂とともに幽霊も登場する。たくさん事故の起こった場所で、ライダー仲間に幽霊の噂が伝えられても不思議ではないだろう。この話の舞台も「峠」であり、異界との境界という設定にあてはまる。死んでもバイクに未練がある幽霊というあたりは、いかにもライダーの噂としてふさわしい。

 なにやら得体の知れないものが並走してくるというのは、それ自体で不気味なものである。電車にも並走する幽霊譚がある。

 高速道の自動車やバイクほどには事故への不安は感じないにしても、電車というのはまったくあなたまかせに乗っているよりしようがないものである。走行している電車からはかってに降りるわけにはいかないし、ある種の閉所に閉じこめられたような不安もある。そしてまた、ほとんど見ず知らずの多数の人々が、これほど身近に接する機会もかつてはなかったであろう。そのような都会生活の不安が、電車内では集約的にあらわれてくる。

 満員電車内での痴漢が「悪さをする妖怪」だとすれば、終電車のがらんとした雰囲気の中ではまた別の妖怪が現れる。なんの悪さをしないでもその存在自体が不気味な妖怪が、この場合の「おかっぱ頭の少女」に相当する。

 噂に出てくる老婆とならんで、「少女」というのも分析にあたいする。少女という概念が成熟した女性との対極にあるとすれば、処女性・霊性といったシャーマンに近接したイメージも描ける。また、少年(男の子)が将来においてそれなりの社会的機能を想定されやすいのに比較して、未確定性の不安もはらんでいる。この幽霊電車に、坊ちゃん刈りの少年が乗っていてもさほど怖くはないのである。

 この幽霊電車の出現する場所が「荒川を渡るあたり」という、境界上に位置するということも指摘しておいて、つぎにうつろう。

3-2.消えるタクシー客

 いわゆる「タクシーから消える女性客」という噂が、いくつもある。共通項は、行き先が水に関係する場所であったりシートの座っていた跡が濡れていたりと、水と縁が深いことであろうか。「水と美女」については、後章で独立して取りあげる予定である。ここでは、現代伝説とタクシーの関連を中心に考えてみよう。

 この種の噂は消えた幽霊が発生源でないかぎり、当のタクシー運転手からでてきた可能性が強いと考えられる。タクシードライバーは一日のうちに何人もの見知らぬ客を乗せる。人相の悪い客に、深夜もの寂しい行き先をつげられた場合などには、タクシー強盗の恐怖にかられることもあるだろう。乗り逃げされた経験も一度や二度はあるはずである。そんな不安感がタクシー伝説の土壌となっているとおもわれる。

 強盗や乗り逃げにあえばそれはもう噂の次元ではないが、実害はなくても気味の悪い女性を乗せた場合などは仲間内で噂を交換しあうことになるだろう。そういった状況から噂が発酵してくる可能性が考えられる。見知らぬ他人と身近に接するという不安が現代都市生活の基調にあるとするならば、タクシーという密室で幾多の他人と遭遇するタクシードライバーは、現代人の不安を代行する語り部のひとりであろう。

 「消える女性客」は、もちろん「境界」に位置するトンネルにも出現する。

 突然道ばたに現れれるという点からは、伝統妖怪の山姥(やまんば)や産女(うぶめ)などとの関連も考えられる。宮田登著『妖怪の民俗学(*1)』によると、山姥はいろいろと悪さをする鬼婆や鬼女の系列と、出産時に里に現れ村人に手助けを求めるという産女の系列があるようである。後者の「産女」は、妊娠中に死んだ女性の霊が胎児だけは助けたいとの一念からこの世にあらわれ、旅人たちに子を託して去ってゆくという形をとるものが多い。もちろん産女も、道の辻や橋といった境界と見なせる場所に多く出現する。

 産女には出産という生と死にまつわる怨念が強く感じられるが、「消える女性客」の話からは生への執念はほとんど読みとれない。産女伝説が消える女性客の噂の母胎となっていると仮定すると、そこから出産という生命現象が欠落してしまうところに後者の現代伝説性をみることもできよう。血脈の維持を重視する母性よりも、「個」としての女性が主題として浮上しているのである。とすれば、その個としての存在の痕跡が「シートに残された水」だけだというのも、なにやら現代的な意味を詮索する要がありそうである。

 産女に似た話で、舞台が海べりになると「濡れ女」や「磯女」の伝説がある。そして「消える女性客」にも海岸版がある。

 前掲著によると、濡れ女系の伝説には産女とは異なり、「牛鬼」という人に祟る妖怪がセットで出てくることが多いという。また磯女の叫び声が、聞いた人の躯を硬直させるといった説話もあるらしい。引用の後半などは、タクシー伝説と濡れ女・磯女系列の伝説が重ねあわされ混交されている例ともいえよう。ギリシャ神話「サイレン」を思いおこさせる話でもある。

 「消える女性客」の話も、それが語られる年代や土地柄と結びついて独自の色あいをみせる。

 昭和十年代頃といえば、タクシーはけっして庶民の乗り物とはいえないだろう。ある程度裕福な家庭の若い娘という設定が、聞き手の願望をくすぐる。また「斉宮」という土地の響きからは、娘の処女性をも想起させる。タクシー伝説にでてくる女性はほとんどが影のうすい女性であり、妊娠や性のにおいを感じさせない処女性をただよわせている。どう考えても、山姥や産女系列の怨念とはなじまない要素をかかえているのである。

 もうひとつ、京都の深泥池にもタクシー伝説が報告されているが、これは池にまつわる古来の伝説が深くかかわっているようなので、後段の「水と美女」の項にゆずることになる。

(*1)『妖怪の民俗学』宮田登 著(岩波書店「同時代ライブラリー」1990)

3-3.つれ去られる話

 端的に出典が明示されているように、前掲書『うわさの本』でくわしく取りあげられている噂である。ここでは筆者の佐伯修により、八王寺という都市のもつ位相空間が精緻に分析されている。栗本慎一郎を思わせる「都市の光と闇」という視点も興味深いが、とりわけ八王寺市のもつボーダー性という指摘に注目しておきたい。

 膨張しつづける東京首都圏は、ここ八王寺にきて西部に広がる関東山地にせき止められる。まさに「光の都市東京」の終端に位置するのである。そのような境界の街において、車の高速移動性は異界と往来するトランスポートマシンの性格を存分に発揮するであろう。

 同じ投稿の続きで、神戸六甲山の噂もあげられている。

 「六甲おろし」という駄洒落はおくとしても、六甲山から神戸の街の夜景を見おろせばこの山系のもつ境界性は即座に感知されるだろう。「光の街神戸」は、六甲山系により決定的に北部への進展をせき止められている。ここでも、境界と車という舞台装置が中心的な役割をしめていることはいうまでもない。

 「カー・ナンパ」というのは、見知らぬ男女がインスタントな交遊関係をとり結ぶ現代若者の性風俗のひとつである。声をかけられる女性の側からすれば、未知のスリルと不安を同時にあじわう瞬間でもあろう。そして、車でどこかへ連れていかれる。

 この種の「つれ去られる話」の不安には、現実の誘拐事件の記憶が背景にあるとも考えられる。ベレー帽をかぶった芸術家を自称する犯人が、白いスポーツカーで若い女性を誘惑した連続誘拐殺人事件は、今でも記憶に生々しい。事件を知っている者は、「白いローレル」という言葉から即座に当時の記憶をよみがえらせることであろう。

 自動車が普及する前までは、子供たちは夕方おそくまで道端で遊ぶのが常であった。そのころ親たちは、「早くかえらないと、人さらいにつれ去られるよ」といって子供たちをおびやかしたものである。場合によっては「サーカス団に売り飛ばされる」という言葉がつけ加えられることもある。ふるくには「神隠し」という伝承の記憶もある。そのような意識の底に沈潜した記憶が「つれ去られる話」のリアリティにかぶせられているともいえよう。

 境界に位置する場所柄と高速移動する車をからませれば、即座に「異界」は出現する。その異界は、街はずれのモーテル群といった「光の空間」である場合もあれば、ほうり出される山中という「闇の空間」であったりする場合もある。そして、その意志決定はナンパするオニーチャンやオジサンの側にゆだねられている。彼らは、ときによると悪さをする現代の妖怪にたとえられるであろう。もちろん、魅力ある妖怪に出くわすスリルをあじわいたいという若い女性の側の心理も、カー・ナンパという現代風俗をささえているのではある。

4.車とジンクス

 車が高速で移動するかぎり事故はつきものである。そして事故を避けたいという人間の心理は、現代人に神頼みをもさせる。交通安全祈願のお札はだれの車にもぶら下がっているはずである。さらには、なにげなく飾っているミラーマスコットのたぐいにもそれなりの意味あいがあるらしい。

 現代文明を代表する自動車と妖怪とはいかにも奇異な感じがするが、これまで検討してきたことを振り返るとけっして不思議なことではない。車と妖怪・霊のむすびつきは、現代カー伝説というひとつのジャンルを形成するほど密接な関係をもっているのである。

 昔の旅人たちも、見知らぬ土地を旅するときにはどんな魔物と出くわすかもしれなかった。旅立つときに火打ち石を打って無事を祈った習慣からしても、それなりに道中での魔物よけの工夫もあったはずである。そのような慣習が、現代の車のマスコット人形として引き継がれていると考えてもおかしくはないであろう。

 交通違反が犯罪行為であるという意識はかなり希薄であろう。違反で捕まるのが単なる不運だということになれば、できるだけそのような不運を回避したいと考えるのが人の常。となれば、突然現れて違反キップを切る警察官は「悪さをする現代妖怪」と見なされてしまうのであろうか。

 直接の搭乗者の側からではなくても、車にちなむジンクスのたぐいはたくさんあるようだ。

 日常生活のなかでは忘れている「死」も、街中で霊柩車と遭遇すると突然に思いおこされる。そのような不吉な想念を意識から遠ざけるために、「霊柩車のジンクス」はそれなりの役割をはたしているのかもしれない。好運と不運の両方のジンクスがあるというのもおもしろい。「幸福と不幸は紙ひとえ」という諺をも思いおこさせる。

 霊柩車のジンクスは、ほかのジンクスとも結びつきやすい。

 宅急便などを中心に、ボディの側面にシンボルマークを掲げた商用車がたくさん走るようになった。そのようなマークからもジンクスが誕生する。

 「赤い褌の飛脚」のマークというのも、街中で見るのは奇異な思いになる。そんなちょっとしたことからジンクス話が発生するのであろう。そして、急速に成長した企業にたいするヤッカミや噂になったビジネス・スキャンダルの記憶などもともなって、さらに噂は発展していく。

 車のボディの特長ある形態やその色もジンクスとされやすい。

 これは、若い女性や子供のあいだではかなり普及したジンクスであったらしい。街角での軽い遊び心をくすぐる噂であろう。カブト虫の愛称で一世を風靡したフォルクスワーゲンは、子供の目からも見わけやすい特長あるボディであった。また外国車特有の、国産車にはない色あいも目だつところである。そんなこんなで、さまざまなラッキーカラーやアン・ラッキーカラーが登場する。

 最後に、車のジンクス・アラモード。


「第3章.人体と人格のメタモルフォーシス」⇒