Library
運 命
幸田露伴 


 世おのづから数といふもの有りや。有りといへば有るが如く、無しと為せば無きにも似たり。洪水天に滔るも、禹の功これを治め、大旱地を焦せども、湯の徳これを済へば、数有るが如くにして、而も数無きが如し。秦の始皇帝、天下を一にして尊号を称す、威[焔] まことに当る可からず。然れども水神ありて華陰の夜に現はれ、壁を使者に托して、今年祖龍死せんと曰へば、果して始皇やがて沙丘に崩ぜり。唐の玄宗、開元は三十年の太平を享け、天宝は十四年の華奢をほしいまゝにせり。然れども開元の盛時に当りて、一行阿闍黎、陛下万里に行幸して聖祚疆無からん、と奏したりしかば、心得がたきことを白すよとおぼされしが、安禄山の乱起りて、天宝十五年蜀に入りたまふに及び、万里橋にさしかゝりて瞿然として悟り玉へりとなり。此等を思へば、数無きに似たれども、而も数有るに似たり。定命録、続定命録、前定命録、感定録等、小説野乗の記するところを見れば、吉凶禍福は皆定数ありて、飲 笑哭も悉く天意に因るかと疑はる。されど紛々たる雑書、何ぞ信ずるに足らん。假令数ありとするも、測り難きは数なり。測り難きの数を畏れて、巫覡卜相の徒の前に首を俯せんよりは、知る可きの道に従ひて、古聖前賢の教の下に心を安くせんには如かじ。かつや人の常情、敗れたる者は天の命を称して歎じ、成れる者は己の力を説きて誇る。二者共に陋とすべし。事敗れて之を吾が徳の足らざるに帰し、功成つて之を数の定まる有るに委ねなば、其人偽らずして真、其器小ならずして偉なりといふべし。先哲曰く、知る者は言はず、言ふ者は知らずと。数を言ふ者は数を知らずして、数を言はざる者は或は能く数を知らん。

 古より今に至るまで、成敗の跡、禍福の運、人をして思を潜めしめ歎を発せしむるに足るもの固より多し。されども人の奇を好むや、猶以て足れりとせず、是に於て才子は才を馳せ、妄人は妄を恣にして、空中に楼閣を築き、夢裏に悲喜を畫き、意設筆綴して、鳥有の談を為る。或は微しく本づくところあり、或は全く拠るところ無し。小説といひ、稗史といひ、戯曲といひ、寓言といふもの即ち是なり。作者の心おもへらく、奇を極め妙を極むと。豈図らんや造物の脚色は、綺語の奇よりも奇にして、狂言の妙より妙に、才子の才も敵する能はざるの巧緻あり、妄人の妄も及ぶ可からざるの警抜あらんとは。吾が言をば信ぜざる者は、試に看よ建文永楽の事を。

 我が古小説家の雄を曲亭馬琴と為す。馬琴の作るところ、長編四五種、八犬伝の雄大、弓張月の壮快、皆江湖の嘖々として称するところなるが、八犬伝弓張月に比して優るあるも劣らざるものを[侠]客伝と為す。憾むらくは其の叙するところ、蓋し未だ十の三四を卒るに及ばずして、筆硯空しく曲亭の浄几に遺りて、主人既に逝きて白玉楼の史となり、鹿鳴草舎の翁これを続げるも、亦功を遂げずして死せるを以て、世其の結構の偉、輪奐の美を観るに至らずして已みたり。然れども其の意を立て材を排する所以を考ふるに、楠氏の孤女を仮りて、南朝の為に気を吐かんとする、おのづから是一大文章たらずんば已まざるものあるをば推知するに足るあり。惜い哉其の成らざるや。
 [侠]客伝は女仙外史より換骨脱胎し来る。其の一部は好逑伝に藉るありと雖、全体の女仙外史を化し来れるは掩ふ可からず。此の姑摩媛は即ち是彼の月君なり。月君が建文帝の為に兵を挙ぐるの事は、姑摩媛が南朝の為に力を致さんとするの藍本たらずんばあらず。此は是馬琴が腔子裏の事なりと雖、仮に馬琴をして在らしむるも、吾が言を聴かば含笑して点頭せん。

 女仙外史一百回は、清の逸田叟、呂熊、字は文兆の著するところ、康煕四十年に意を起して、四十三年秋に至りて業を卒る。其の書の体たるや、水滸伝平妖伝等に同じと雖、立言の旨は、鋼常を扶植し、忠烈を顕揚するに在りといふを以て、南安の郡守陳香泉の序、江西の廉使劉在園の評、河西の学使楊念亭の論、広州の太守葉南田の跋を得て世に行はる。幻詭猥雑の談に、干戈弓馬の事を挿み、慷慨節義の譚に、神仙縹緲の趣を交ゆ。西遊記に似て、而も其の誇誕は少しく遜り、水滸伝に近くして、而も其の豪快に及ばず、三国志の如くして、而も其の殺伐はやゝ少し。たゞ其の三者の佳致を併有して、一編の奇話を構成するところは、女仙外史の西遊水滸三国諸書に勝る所以にして、其の大体の風度は平妖伝に似たりといふべし。憾むらくは通篇儒生の口吻多くして、説話は硬固勃率、談笑に流暢尖新のところ少きのみ。
 女仙外史の名は其の実を語る。主人公月君、これを輔くるの鮑師、曼尼、公孫大娘、聶隠娘等皆女仙なり。鮑聶等の女仙は、もと古伝雑説より取り来つて彩色となすに過ぎず、而して月君は即ち山東蒲台の妖婦唐賽児なり。賽児の乱をなせるは明の永楽十八年二月にして、燕王の簒奪、建文の遜位と相関するあるにあらず。建文猶死せずと雖、簒奪の事成つて既に十七春秋を経たり、賽児何ぞ実に建文の為に兵を挙げんや。たゞ一婦人の身を以て兵を起し城を屠り、安遠候柳升をして征戦に労し、都指揮衛青をして撃攘に力めしめ、都指揮劉忠をして戦没せしめ、山東の地をして一時騒擾せしむるに至りたるもの、真に是稗史の好題目たり。之に加ふるに賽児が洞見預察の明を有し、幻怪詭秘の術を能くし、天書宝剣を得て、恵民布教の事を為せるも、亦真に是稗史の絶好資料たらずんばあらず。賽児の実蹟既に是の如し、此を仮り来たりて以て建文の位を遜れるに涙を堕し、燕棣の国を奪へるに歯を切り、慷慨悲憤して以て回天の業を為さんとするの女英雄となす。女仙外史の人の愛読耽翫を惹く所以のもの、決して尠少にあらずして、而して又実に一篇の淋漓たる筆墨、巍峨たる結構を得る所以のもの、決して偶然にあらざるを見る。
 賽児は蒲台府の民林三の妻、少きより仏を好み経を誦せるのみ、別に異ありしにあらず。林三死して之を郊外に葬る。賽児墓に祭りて、回るの路、一山の麓を経たりしに、たまたま豪雨の後にして山崩れ石露はれたり。これを視るに石匣なりければ、就いて窺ひて遂に異書と宝剣を得たり。賽児これより妖術に通じ、紙を剪つて人馬となし、剣を揮つて咒祝を為し、髪を削つて尼となり、教を里閭に布く。 には功あり、言には験ありければ、民翕然として之に従ひけるに、賽児また饑者には食を与へ、凍者には衣を給し、賑済すること多かりしより、終に追随する者数万に及び、尊びて仏母と称し、其勢甚だ洪大となれり。官之を悪みて賽児を捕へんとするに及び、賽児を奉ずる者董彦杲、劉俊、賓鴻等、敢然として起つて戦ひ、益都、安州、[呂]州、即墨、寿光等、山東諸州鼎沸し、官と賊と交々勝敗あり。官兵漸く多く、賊勢日に蹙まるに至つて、賽児を捕へ得、将に刑に処せんとす。賽児怡然として懼れず。衣を剥いで之を縛し、刀を挙げて之を斫るに、刀刃入る能はざりければ、已むを得ずして復獄に下し、械枷を体に被せ、鉄紐もて足を繋ぎ置きけるに、俄にして皆おのづから解脱し、竟に遯れ去つて終るところを知らず。三司郡県将校等、皆寇を失ふを以て誅せられぬ。賽児は如何しけん其後踪跡杳として知るべからず。永楽帝怒つて、およそ北京山東の尼姑は尽く逮捕して京に上せ、厳重に勘問し、終に天下の尼姑を逮ふるに至りしが、得る能はずして止み、遂に後の史家をして、妖耶人耶、吾之を知らず、と云はしむるに至れり。
 世の伝ふるところの賽児の事既に甚だ奇、修飾を仮らずして一部の稗史たり。女仙外史の作者の藉りて以て筆墨を鼓するも亦宜なり。然れども賽児の徒、初より大志ありしにはあらず、官吏の苛虐するところとなつて而して後爆烈迸発して[焔]を揚げしのみ。其の永楽帝の賽児を索むる甚だ急なりしに考ふれば、賽児の徒窘窮して戈を執つて立つに及び、或は建文を称して永楽に抗するありしも亦知るべからず。永楽の時、史に曲筆多し、今いづくにか其実を知るを得ん。永楽帝簒奪して功を成す、而も聡明剛毅、政を為す甚だ精、補佐また賢多し。こゝを以て賽児の徒忽にして跡を潜むと雖、若し秦末漢季の如きの世に出でしめば、陳渉張角、終に天下を動かすの事を為すに至りたるやも知る可からず。嗚呼賽児も亦奇女子なるかな。而して此奇女子を藉りて建文に与し永楽と争はしむ、女仙外史の奇、其の奇を求めずして而しておのづから然るあらんのみ。然りと雖予猶謂へらく、逸田叟 の脚色は仮にして後纔に奇なり、造物爺々の施為は真にして且更に奇なりと。

----------------------------------------
入力  Y2
校正  nani
公開サイト 書籍デジタル化委員会
http://www.wao.or.jp/naniuji/
1999/04/**/掲載途中
NO.004
底本 『明治文学全集』/19**/
----------------------------------------
(註)
コード外の文字は[ ]で示し、別字またはカナで表記。
ウムラウト、アクサンなどは省略。