DoCoMo裏技集/情報
パソコン連携裏技集/情報

写真フレームを作成する方法

フレームを作成するには透過GIFを使います。
透過GIF拡張子を変えることでフレームになります。

用意するもの

作成する前にやっておきたいこと

作成手順

まずフレームにしたい画像を用意します。

各携帯の表示サイズ内である必要があります。

QVGA対応と書いてある携帯は320×240(px)です。

サンプル
フレーム

用意したのはJPEG形式のファイルです。これを携帯に転送してもフレームにはなりません。

透過GIFにする必要があります。

JPEGやPNGやBMPやGIF形式のファイルなどを透過GIFにするには画像変換ソフトを使います。

ここではIrfanviewというソフトを使います。

インストール方法はIrfanView32日本語版インストールガイドを参考にしてください。

IrfanViewを起動させます。

IrfanView

「ファイル→開く」からフレームにしたい画像を開きます。

画像読み込み

「ファイル→名前を付けて保存」をクリック。

ファイルの種類を「GIF - Compuserve GIF」に変更し、「設定ダイアログを表示」にチェックを入れます。

保存

「設定ダイアログを表示」にチェックを入れると下のような画面が出るので「透過GIFで保存」いチェックを入れます。

透過

チェックし終わったら保存をクリックします。

下のような画面が出てくるので透過したい色をクリックします。下の画像の場合白い部分です。

透過

これで透過されました。

透過を確認するために背景を変えてみて確かめるとわかりやすいです↓
背景を青色に変える
フレーム

上の画像のように透過GIFにします。そして透過GIFの拡張子を「ファイル名.GIF」から「ファイル名.ifm」にします。

後は、ファイルをWebにアップロードして携帯でダウンロードするとフレームになります。

トップ