FOMA裏技集/情報
パソコン連携技
着うた、iモーションまとめ

着モーション(着うた)を作成する方法

着モーション(着うた)を作成する方法

着モーション作成方法です。紹介するのは音声のみですが動画でもできます。
以下の手順でできます。

用意するもの

■音楽ファイル
携帯動画変換君
QuickTime(変換君で変換する場合QuickTimeが必要ですQuickTimeProである必要はありません)
△音楽の場合サウンド編集ソフト(波形編集ソフト。ここではSoundEngineを使います)
短い音声の場合いりません。
△映像の場合映像編集ソフト(ここでは紹介しません)

作成する前にやっておきたいこと

■音楽ファイルをWAVE形式に変換する(iTunesやQuickTime Proでできます)
WAVE形式(.wav)に変換する方法
■必要なソフトのインストール

わからないことがあったら?

作成手順

まず、作成したい音楽ファイルを着モーションに適したファイルサイズと長さにします。
ここでは波形編集ソフトSoundEngineを使います。
SoundEngineをダウンロードし解凍します。解凍したらSoundEngine.exeを起動させます。
SoundEngine
↑のような画面がでると思います。
そして、ファイル→開くから 着モーションにしたいWAVE形式の音楽ファイルを開きます。
SoundEngine
このような波形が出てきます。再生ボタンなどを使って切り出したい部分を探し、ドラッグしながら範囲を指定します。
着モーションにしたい部分が暗く反転したらファイル→その他の保存→選択範囲をファイルへコピーで保存します。

次に携帯動画変換君を使用して着モーション化します。
携帯動画変換君【フリーウエア】
上記サイトから携帯動画変換君をダウンロードして適当な場所に解凍。
携帯動画変換君
解凍したファイルの中のSetup.exeを起動して、
3GPPファイル, 着モーション設定を選択して設定ボタンをクリック。
設定を押すと3GP_Converter.exeを起動するので、出力先のディレクトリを「選択」ボタンを押して設定する(決めないとデスクトップに書き出されます)
次に変換するフォーマットを選択します。音だけや映像ありなど選べますので、作成したいファイルのタイプと各機種にあったもの選んでください。

設定 900 901以降 700以降
QCIF 映像64kbps音声40kbps(モノラル) 300KB
QCIF 映像64kbps音声80kbps(ステレオ) 300KB
音だけ 40kbps(モノラル) 300KB
音だけ 80kbps(ステレオ) 300KB
音だけ+静止画 40kbps(モノラル) 300KB
音だけ+静止画 80kbps(ステレオ) 300KB
QCIF 映像64kbps音声40kbps(モノラル) 500KB ×
QCIF 映像64kbps音声80kbps(ステレオ) 500KB ×
音だけ 40kbps(モノラル) 500KB ×
音だけ 80kbps(ステレオ) 500KB ×
音だけ+静止画 40kbps(モノラル) 500KB ×
音だけ+静止画 80kbps(ステレオ) 500KB ×

最後に、変換したい音楽ファイルをウインドウにドラッグ&ドロップすれば変換が開始されます。
携帯動画変換君
作成したファイルが300KBの設定の場合300KBを超える場合超えた部分が自動的にカットされますので注意。500KBも同様に500KB以上だとカットされます。
なので波形編集ソフトなどで編集しておいてください。


これで着モーション化されました。後はファイルをWeb経由で携帯に転送すると着モーションになります。
この方法で着モーションにならない場合もあります。着信音設定できなかった場合制限なし着モーションを作成する方法のバイナリ変更の値や、書き換えるバイナリの下一桁を±1(09を08に変えてみたり、0Dを0Fに変えてみたり)設定できるかもしれません。また、Web経由でないと着モーションになりません。なのでサイズは300KB以下(901、700からは500KB以下)である必要があります。

関連情報

 

トップ