FOMA裏技集/情報
パソコン連携技
着うた、iモーションまとめ

制限なし着モーションを作成する方法

制限なし着モーションを作成する方法

miniSDへのコピーや赤外線通信できる着モーション作成方法です。

用意するもの

■音楽ファイル
QuickTime Proもしくは携帯動画変換君
(QuickTime Proもしくは携帯動画変換君で作ったiモーションでなりません。)
■バイナリエディタ
■サウンド編集ソフト(波形編集ソフト。ここではSoundEngineを使います)

作成する前にやっておきたいこと

■音楽ファイルをWAVE形式に変換する(iTunesやQuickTime Proでできます)
WAVE形式(.wav)に変換する方法
■必要なソフトのインストールインストール

わからないことがあったら?

作成手順

まず、作成したい音楽ファイルを着モーションに適したファイルサイズと長さにします。
ここでは波形編集ソフトSoundEngineを使います。
SoundEngineをダウンロードし解凍します。解凍したらSoundEngine.exeを起動させます。
SoundEngine
↑のような画面がでると思います。
そして、ファイル→開くから 着モーションにしたいWAVE形式の音楽ファイルを開きます。
SoundEngine
このような波形が出てきます。再生ボタンなどを使って切り出したい部分を探し、ドラッグしながら範囲を指定します。
大体目安は30秒から1分くらいを目安にしてください。
着モーションにしたい部分が暗く反転したらファイル→その他の保存→選択範囲をファイルへコピー で保存します。
そして、QuickTime Proで3GPP形式に変換します。
着モーションはminSDなどで再生するのとは違いファイルサイズが300KB(901からは500KB)以下でないとできません。
そしてQuickTime Proで3GPP形式(MobileMP4)で変換します。
300KB(901からは500KB)以下になったらバイナリエディタで書き換えます。

バイナリエディタで書き換える前に読み込む iモーションファイルの総バイトが、奇数か偶数かを調べます。
作成したいiモーションのプロパティのディスク上のサイズではなく、サイズの()内のバイトで判断します。
ファイルサイズ
iモーションファイルをバイナリエディタで開きます。
「バイナリエディタ」でGoogleなどで検索するとすぐに見つかると思います。
ここではStirlingを使います。バイナリエディタがわからない人はStirlingを使ってください。
バイナリエディタを解凍し、起動させます。
そしてバイナリエディタでQuickTimeで作成したiモーションを開きます。
すると下のようなかんじに表示されると思います。
バイナリエディタ

書き換える値は、バイト値が4 63 6D 64 00 00、文字列がdcmd..の部分を捜します。上記の赤線の部分です。
赤線の00 00の部分を以下のように書き換えます。
動画がある場合
ファイルの総バイトが奇数の場合64 63 6D 64 00 00→64 63 6D 64 0D 0Cに書き換える。
ファイルの総バイトが偶数の場合64 63 6D 64 00 00→64 63 6D 64 09 08に書き換える。
動画がない場合
ファイルの総バイトが奇数の場合64 63 6D 64 00 00→64 63 6D 64 09 0Eに書き換える。
ファイルの総バイトが偶数の場合64 63 6D 64 00 00→64 63 6D 64 0D 0Aに書き換える。

これで着モーション化されました。後はファイルをWeb経由で携帯に転送すると着モーションになります。
この方法で着モーションにならない場合もあります。着信音設定できなかった場合制限なし着モーションを作成する方法のバイナリ変更の値や、書き換えるバイナリの下一桁を±1(09を08に変えてみたり、0Dを0Fに変えてみたり)設定できるかもしれません。また、Web経由でないと着モーションになりません。なのでサイズは300KB以下(901、700からは500KB以下)である必要があります。また、一度miniSDにコピーするとインポートしても着信音設定できません。

トップ